ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブルが本当に上手くなる練習方法とは?即効・対人メニュー!

ドリブルが上手くなるために最も大切なことは何だと思いますか?
いろいろなフェイントを覚えて相手を抜くことでしょうか?
それともいろいろな足技をマスターすることでしょうか?

残念ながらそれは違います。

答えは相手にボールが取られないためのテクニックを身に付けることです。
サッカーの試合は点を取ることも大切ですが、ボールを守らないと攻撃が出来ません。
また海外のサッカークラブではボールを失わない選手は評価が高いです。
セレクションを受ける時でも、この基準は変わりません。
だからこそ育成年代のドリブル練習では、本当に役立つメニューを教えるべきなのです。

そこで今回はドリブルが本当に上手くなって、相手にボールを取られなくなるための練習法を紹介します。

スポンサーリンク

1.ドリブル練習と日本の現状

日本の小学生のドリブル練習

日本のドリブル指導で最も問題なのは、子供たちの意識の中でボールを取られない、奪われない、守るという考えが身に付かないことです。
また海外の強豪国の子供たちと比べても、こうした基本的な点で大きな差があります。
そもそもこうした考えはサッカーでは最も大切なことであり、世界基準です。
ところが子供たちに身に付かないのは、これまでのドリブル練習そのものに問題があるのではないでしょうか?

日本では、どこのクラブや少年団でもドリブル練習と言えばコーン・マーカードリブル、ターン、フェイント、一対一の対人トレーニングなどがあります。
こうしたドリブル練習は日本でも海外でもほぼ変わりません。
そうするとドリブルの上手い子供がたくさん育って良いはずです。

それではどうして子供たちにはボールを取られない、奪われない、守るという考えが身に付かないのでしょう?

そうした点で考えるべきことが5つあります。
それは、
(1)ボールを奪い合う経験が少ない。
(2)一対一のトレーニングのレベルが低い。
(3)一人だけのトレーニングが多い。
(4)相手を抜くことが優先される。
(5)ボールを守るトレーニングが少ない。

そこで、次にこうした5つの点について順に考えてみましょう。

(1)ボールを奪い合う経験が少ない

ドリブルの時にボールを守るという意識は、子供たちが奪い合う経験の中から生まれるものです。
これはサッカーのトレーニングでも遊びの中でも芽生えます。

海外の子供たちのストリートサッカー

そうした場合、海外のプロ選手たちは最初からクラブチームに所属していたわけではありません。
幼児期にストリートサッカーなどの遊びを通じて、ボールを奪い合う経験をたくさん積み重ねて守ることの大切さを学んだのです。

その後、セレクションやスカウトなどによってクラブチームに入団して成長したのです
ブラジルでも、スペインでも、サッカー強豪国の子供たちはほぼ同じような経験を積んでいます。

一般的に育成のカテゴリーをジュニア、ジュニアユース、ユース、トップチームに分けると、次のようなピラミッドになります。

育成のカテゴリーのピラミッドの説明画像

ところが強豪国の場合は、ジュニアのさらに下にストリートサッカーがあります。
つまり幼児期のストリートサッカーが、ボールを守るという意識付けのための練習の場になっているのです。
また子供たちは最も大切な意識を身に付けた状態で育成されるわけです。
いわば、ストリートサッカーが育成システムの中に組み込まれているとも言えるのです。

育成のカテゴリーのピラミッドにストリートサッカーが組み込まれた説明画像

こうした場合、日本では育成期の底辺の部分が欠けています。
つまりストリートサッカーのようなボールを奪い合う経験のない状態で、クラブや少年団に入団するのです。
しかも入団後のドリブル練習においても、ボールを守るという意識付けが不十分なままで育成を続けます。
だからいつまで経っても上手くならないのです。

サッカーにとって大切な意識付けは、なるべく早い時期に覚えさせなくてはいけません。
これではいつまで経っても、日本が強豪国に追い付けないのは当然なのでしょう。

(2)一対一のトレーニングのレベルが低い

ボールを奪い合うサッカーのドリブル練習で、最も多いメニューが一対一です。

これは次の動画のように、ジュニア~プロまで一貫して同じ方法でトレーニングします。

このトレーニングは極めて短時間のマッチアップで終わるので、成功しても失敗してもボールを守るという学習効果は低いままです。
そもそも学習とは反復によって身に付くものです。
長時間のトレーニングは必要はありませんが、短時間で集中出来るような反復メニューを工夫するべきです。

スポンサーリンク

(3)一人だけのトレーニングが多い

ボールタッチ、ターン、フェイントなどのドリブル練習は、一人で出来るものです。
こうした練習を繰り返すことは否定しませんが、どちらかと言えば動きを習得するだけになります。
そうするとボールを取られない、奪われない、守るという意識は身に付き難いのです。

一人でボールタッチを練習する子供

一方、コーンやマーカーを使った練習は、そもそも動かない相手に対するトレーニングです。
初心者レベルなら別ですが、サッカーの試合を想定するのであれば、ディフェンスのプレッシャーという対人メニューを数多く取り入れる必要があります。
やはりこうした一人で出来るトレーニングをいくら積んでも、ボールを取られない、奪われない、守るという意識付けには不十分でしょう。

(4)相手を抜くことだけを覚える

子供たちのドリブル練習で、相手の抜き方を覚えるのは大切なことです。
上手く行かなかったら、基本に立ち返って反復練習が必要でしょう。
そうした結果、一つのテクニックをマスターします。

ところが、試合中は必ずしも練習通りに上手く出来るとは限りません。
そうした場合、相手を抜くことが出来なかった原因が自分のテクニックの未熟さにあると考えることが多いです。
そうすると再びトレーニングを続けることになります。

こうした場合に注意していただきたいのは、子供たちがいくら練習で出来たとは言っても、単に成功体験を得ただけでしかないということです。

実は試合中の失敗例の多くは、相手のプレッシャーによるものです。
こうした場合に大切なのは、Aという抜き技を使うのではなくBに変えるとか、ボールキープをするなどの切り替える能力です。
つまり、子供たちにとっては失敗を回避する知恵を身に付けることが重要なのです。
そうした経験を繰り返しながら、ボールを取られない、奪われない、守るという意識が強くなるのです。

相手を抜こうとする小学生

相手を抜くことだけを覚えるのは、あくまでも抜き方の動作を習得するということです。
実際の試合に活かすためには、対人練習のプレッシャーをたくさん経験することで初めて本当に上手くなったと言えるでしょう

(5)ボールを守るトレーニングが少ない

サッカーのドリブル練習でボールを守るための代表的なメニューと言えばボールキープです。
子供たちにとっては対人練習なので、さすがにボールを取られないとか守るとかの考えが起きます。

ボールキープの練習

ところがこうした場合に注意したいのが、このメニューだけで意識付けを高めるのは無理があるということです。
そもそもボールキープの次のプレーは、味方へのパスか?反転突破するのか?のどちらかしかありません。
そうした場合、反転突破する!というテクニックの習得に重点化しない限り、ドリブルを続けながら何としてでもボールを守る!という意識付けには繋がらないのです。

一方、実際の試合ではパスを主体とするので、ボールキープした時は球離れを速くすることが求められます。
そうするとドリブルをしながらボールを守るという機会がほとんどなくなります。
その結果、反転突破からのドリブルはあまり使わなくなってしまうのです。

もちろんチャレンジする選手もいるでしょう。
ところが失敗した場合は監督の顔色を見るので、やはりドリブルに消極的になってしまうこともあるようです。

ボールキープはボールを守るドリブル練習です。
そうした場合、対人練習のプレッシャーを数多く経験させながら、自力で守り抜くという意識付けが必要です。

さて次からは、本当の意味でドリブルが上手くなる練習メニューを順に紹介します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。