少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブル

ドリブルが本当に上手くなる練習法とは?即効・対人メニュー!

投稿日:


サッカーのドリブルが上手くなるために、最も大切なことは何だと思いますか?
いろいろなフェイントを覚えて、相手を抜くテクニックを身に付けることでしょうか?
それとも、いろいろな足技をマスターすることでしょうか?

残念ながら、それは違います。

答えは、相手にボールが取られないためのテクニックを身に付けることです。

サッカーの試合は点を取ることも大切ですが、それ以前の問題として、ボールを守らない限り、チームとしても攻撃が続けられません。

実際のところ、海外のサッカークラブでもボールを失わない選手の方が評価は高いです。
例えば、選手がセレクションを受ける際、FW、MF、DFなど、どのようなポジションでも基準は変わりません。

だからこそ、育成年代のドリブル練習では、サッカーの試合に本当に役立つメニューを教える必要があるのです。

そこで、今回は、ドリブルが上手くなって、相手にボールを取られないための練習法を紹介します。

1.ドリブル練習と日本の現状

日本のサッカーのドリブル指導の現状で最も問題なのは、子供たちの意識の中で、ボールを取られない、奪われない、守るという考え方が乏しいことです。
日本はサッカー後進国ですが、海外の強豪国の子供たちと比べると、こうした基本的な点で大きな違いがあります。
そもそも、こうしたことはサッカーで最も大切なことですし、世界基準の考え方です。

ところが、子供たちに身に付かないということは、これまでのドリブル練習そのものに問題があるのです。

日本では、どこのクラブでも少年団でも、一般的なドリブル練習と言えば、コーンやマーカードリブル、ターン、フェイント、一対一の対人トレーニングなどがあります。
実は、こうしたドリブル練習は、日本でも海外でもほぼ同じメニューで変わりません。
そうすると、本当の意味でドリブルの上手い子どもたちがたくさん育って良いはずです。

それでは、どうして子供たちには世界基準の考えが身に付かないのでしょう?

そうした点で考えるべきことが5つあります。
それは、
(1)ボールを奪い合う経験が少ない
(2)一対一のトレーニング
(3)一人だけのトレーニングが多い
(4)相手を抜くことが優先される
(5)ボールを守るトレーニングが少ない

そこで、次にこうした5つの点について順に考えてみましょう。

(1)ボールを奪い合う経験が少ない

サッカーのドリブル練習でボールを取られないという意識は、子供たちが奪い合うという経験の中で生まれるものです。
これはサッカーのトレーニングであっても、遊びの中であっても芽生えます。

そうした場合、サッカーの世界的なプロ選手たちは、最初からクラブチームに所属していたわけではありません。
幼児期に、ストリートサッカーなどの遊びを通じて、ボールを奪い合う経験をたくさん積み重ねながら、守ることの大切さを学んで上手くなったのです。

その後、セレクションやスカウトなどによってクラブチームに入団し育成選手として成長するのです
ブラジルでも、スペインでも、サッカー強豪国の子供たちはほぼ同じような経験を積んでいます。

一般的に、育成のカテゴリーをジュニア、ジュニアユース、ユース、トップチームに分けると、次のようなピラミッドになります。

ところが、強豪国の場合は、ジュニアのさらに下にストリートサッカーがあります。
つまり、幼児期のストリートサッカーがボールを守るという意識付けのための、ドリブル練習の場なのです。
また、子供たちはサッカーにとって最も大切なことを身に付けた状態で育成選手となるわけです。
いわば、ストリートサッカーが育成システムの中に組み込まれていると言えるのでしょう。

こうした場合、日本では育成期の底辺の部分が欠けています。
つまり、ストリートサッカーのような経験のない状態で、クラブ、少年団、スクールに入団するのです。
しかも、クラブ、少年団、スクールのドリブル練習においても、ボールを守るという意識付けが不十分なままで育成を続けます。
だから、いつまで経っても上手くならないのです。

サッカーにとって大切な意識付けは、なるべく早い時期に覚えさせなくてはなりません。
これでは、いつまで経っても日本が強豪国に追い付けないのは当然だと思います。

(2)一対一のトレーニング

ボールを奪い合うサッカーのドリブル練習で最も多いのが一対一です。

これは、次の動画のように、ジュニア~ユース年代まで一貫して同じ方法でトレーニングします。

こうした一対一のトレーニングの特徴は、ほぼ一瞬で終わってしまうので、成功しても失敗しても学習効果は乏しくなります。
そもそも、学習とは反復によって身に付くものです。
長時間のトレーニングは必要はありませんが、短時間で集中出来るような反復メニューを考える必要があります。

(3)一人だけのトレーニングが多い

ボールタッチ、ターン、フェイントなどのサッカーのドリブル練習は、一人で出来るものです。
こうした練習を繰り返すことを否定はしませんが、どちらかと言えば動きを習得するだけ…という結果になりやすいです。

一方、コーンやマーカーを使ったドリブル練習も一人で出来るものですが、そもそも動かない相手に対するトレーニングです。
初心者レベルのトレーニングなら別ですが、サッカーの試合を想定するのであれば、ディフェンスのプレッシャーという対人メニューを数多く取り入れながら、こうした動きを見に付ける必要があります。

こうした一人で出来るトレーニングをいくら積んでも、サッカーで最も大切なボールを取られない、奪われない、守るという意識付けには不十分でしょう。

(4)相手を抜くことだけを覚える

子供たちが、サッカーのドリブル練習で相手の抜き方を覚えるのは大切なことです。
上手く行かなかったら、基本に立ち返って反復練習が必要でしょう。
そうした結果、やがて成功し、一つのテクニックをマスターすることになります。

ところが、試合中は必ずしも練習通りに上手く出来るとは限りません。
そうした場合、相手を抜くことが出来なかった原因が自分のテクニックの未熟さにあると考えることが多いです。
そうすると再びトレーニングを続けることになります。

こうした場合に注意していただきたいのは、子供たちがいくら練習で出来たとは言っても、単に成功体験を得ただけでしかないということです。

実は、試合中の失敗例の多くは相手のプレッシャーによるものです。
例えば、一つの抜き技を使おうとした時、練習とは明らかに違う状況(相手のプレス、スペースの狭さなど)であっても無理にチャレンジしてしまうことなどです。

こうした場合に大切なのは、Aという抜き技を使うのではなくBに変えるとか、ボールキープをするなどの切り替える能力です。
つまり、子供たちにとっては失敗を回避する知恵を身に付けることが重要なのです。
また、そうした経験を繰り返しながら、ボールを取られない、奪われない、守るという意識が強くなるのです。

相手を抜くことだけを覚えるのは、あくまでも抜き方の動作を習得するということです。
実際の試合に活かすためには、対人練習のプレッシャーをたくさん経験することで、初めて本当に上手くなったと言えるでしょう

(5)ボールを守るトレーニングが少ない

サッカーのドリブル練習でボールを守るための代表的なメニューと言えばボールキープです。
子供たちにとっては対人練習なので、さすがに、取られないとか守るとかの考えが起こります。

ところが、こうした場合に注意したいのが、このメニューだけで意識付けを高めるのは無理があるということです。
そもそも、ボールキープの次のプレーは、味方へのパスか?反転突破するのか?のどちらかしかありません。
そうした場合、反転突破する!というテクニックの習得に重点化しない限り、ドリブルを続けながら何としてでもボールを守る!という意識付けには繋がらないでしょう。

一方、実際の試合ではパスを主体とするので、ボールキープした時は球離れを速くすることが求められます。
そうすると、ドリブルをしながらボールを守るという機会がほとんどなくなります。
その結果、反転突破からのドリブルはあまり使わなくなってしまうのです。

もちろん、チャレンジする選手もいるでしょう。
ところが、失敗した場合は監督の顔色を見るので、やはりドリブルに消極的になってしまうこともあるようです。

ボールキープはボールを守るドリブル練習です。
そうした場合、対人練習のプレッシャーを数多く経験させながら、自力で守り抜くという意識付けも必要だと思います。

さて、こうした日本の現状を踏まえ、次からは、本当の意味でドリブルが上手くなる練習メニューを順に紹介します。

2.ドリブル練習メニュー

これから紹介する3つの練習メニューは、サッカーの試合中に必要とされるドリブルの要素が全て詰まっています。
また、子供にとっては、攻撃を続けながらボールを守るという意識付けにも役立ちます。

この練習メニューは、特に対人プレーでのプレッシャーの中でドリブルすることを重視しています。
そこで、トレーニングにあたっては必ず2人1組としてください。

また、このメニューの対象年齢は小学校低学年の幼児から可能です。
ぜひ普段の自主練にも取り入れてみてください。

(1)一対一ゲーム

この練習は、クラブや少年団などでよくやる、一回のマッチアップだけで終わってしまうような、ふつうの一対一とは違います。
攻撃側と守備側を限定したうえで、ひたすら1対1のマッチアップを繰り返します。

このトレーニングの最大の目的は、狭い場所の接近戦でボールを奪われない技術を身に付けることです。
私の息子「とも」は小二から続けましたが、ドリブル練習では最も効果が出たメニューです。

①練習の基本ルール

試合中の狭いスペースを想定してトレーニングします。
・グリッドの広さ→子どもの伸長×2(「とも」は165㎝なので約3m四方)
・一セット→約1分間

ア.攻撃側

相手のヒザの動きを見ながら、間合いを維持しつつ、抜いたらすぐに前を向いて再開します。
また、とにかく動き続けること(守備側を振り回すくらいに動き回る)が大切です。
攻撃をする時にいちいち止まっていたら、すぐにボールを奪われるからです。

イ.守備側

足を出したり、ユニフォームを掴んだり、フィジカルコンタクトはOKですが、積極的にボールを奪うことまではしないで適度に加減してください。
イメージとしては、動くカラーコーンになったつもりの方が良いでしょう。
この程度なら、お父さんやお母さんでも相手をしてあげられると思います。

②練習のポイント

この練習の目的は、狭い場所の接近戦でボールを取られない技術を身に付けさせることです。
その際の特に大切なポイントがいくつかあるので、順に解説します。

ア.膝下でのコントロール

ドリブル練習で足からボールが離れないことは、相手に取られないという点で基本中の基本です。
そのためには、相手を抜く時などでボールを大きく動かす以外は、常にヒザ下でコントロールしましょう。

ちなみに「とも」は、膝下のボールはほとんど見ていません。
そのため、足の指の感覚だけでコントロールしています。
また、常にボールの置き場を利き足の小指辺りに決めています。
そうすると相手のヒザだけではなく、相手の背後にいるカバーリングやスペースなどにも視野を向けることが出来ます。

(ア)ドリブル姿勢の矯正

子供に「ドリブルの時はヒザ下に…!」と、どんなに言い続けても、実際のところ習慣付けは難しいです。
そこで、次のようなドリブル姿勢の矯正が有効です。

全身をリラックスして、つま先と拇指球でグリップすると自然に膝が曲がります。
ドリブルに必要な筋肉が自然と鍛えられますし、前傾姿勢を維持することが出来ます。
また、足首を脱力すると筋肉の伸張反射が使えるので、タッチがソフトになって足からボールが離れにくくなります。

「とも」は小学校二年生から続けましたが、中学生になった今では当たり前のようなドリブル姿勢になっています。

参考記事:サッカーのドリブル練習法!小学生向け基本メニュー8選

(イ)足からボールが離れすぎた場合

練習中のドリブルで、足からボールが二個分以上離れたら、守備側はそこを狙って蹴り出してください。
そうすることで、自然とタッチの強弱を学ぶことが出来ます。
少し厳しいようですが、子供の将来を考えた場合はとても大切なことなので、この点は徹底してください。

イ.間合いの取り方

ドリブルでの間合いの取り方は諸説ありますが、基本的には「相手が足を出したくなる距離」と考えてください。

また、この間合いは相手を抜くために可能な限り接近することが大切です。
そうすると足を出してくるので、その瞬間を狙って抜くことが出来るようになります。
足が出るかどうかは、相手のヒザの動きを見逃さないようにしましょう。
なぜなら、ヒトが足を動かす時は最初にヒザが動くからです。

子供にとっては最初のうちは慣れないでしょうが、何度も繰り返すことで、間合いの距離感が身に付きます。

ウ.相手を抜いた後のタッチ

相手を抜く時に強くタッチしてボールを大きく出すのは、前方に広いスペースがある時だけです。
例えば、サイドハーフが相手のサイドバックと一対一で抜いた時くらいです。

ところが、狭い場所のドリブルでは一人を抜いても、次から次へとディフェンスがプレスに来ます。
そこで、相手を抜いたらなるべく早くタッチするようにしてください。
ドリブルで抜くということはボールを離すことですし、別の相手に取られる可能性もあります。
そうした場合、早くタッチをすることでボールを守ることが出来るのです。

また、利き足側に抜く時は、利き足→軸足→利き足という2歩で追い付くことになりますが、この間の距離はボールを危険にさらしているという認識も合わせて覚えてください。

エ.ターンの使い方

一対一ゲームのトレーニングをしていると、子供が後ろ向きになってしまうことがよくあります。
そうした場合は、ターンを覚えるための絶好の機会です。
動画の中でも、私の息子「とも」はアウトサイドやインサイドを使ったターンをたくさん使っています。

接近戦でターンを使うということは、動き続けること(守備側を振り回すくらいに動き回る)を意味します。
そうすると連続した攻撃態勢が取れるので、複数の相手にも対応できるようになります。

(ア)アウトサイドのターン

背後からボディコンタクトを受けた場合、背中や肩で押すか、手で跳ねのけるようにアウトサイドを使ってターンをしてください。
そうすると、ピンチを切り抜けることが出来ます。

アウトサイドのターンは小回りが利くので、相手と密着した状況であっても、簡単に間合いを作り出すことが出来るのです。

ちなみに、メッシもこうしたアウトサイドのターンをよく使います。

(イ)インサイドのターン

利き足側にドリブルする時は、インサイドのターンを使うことも有効です。

元FCバルセロナのシャビも、次のようなインサイドのターンをよく使います。

サッカー元日本代表の中村俊輔は2009年シーズンにエスパニョールに所属していましたが、その当時対戦したバルサのシャビ、イニエスタ、メッシなどが良く使うターンの動きに振り回された挙句、戦意が喪失したそうです。
それくらい、ドリブルにとってターンは効果的だということです。

アウトサイドやインサイドのターンは、クライフターンやリベリーノターンに比べて、とてもシンプルですが、ボールが取られないという点ではとても有効なテクニックなのです。

オ.ボディコンタクト

ドリブルでボディコンタクトを受けた時は、手を使って応戦してください。
その際、相手が必要以上に出てこられないように、間合いを作ってボールを守りましょう。

カ.懐のドリブル

巷では懐のドリブルという考え方があります。
これは、利き足と軸足で三角形を作り、その間にボールを置いて守ろうという考え方です。
たしかに、世界的なドリブラーはこのような体勢を取ります。
でも、一対一ゲームを練習すると、自然とこのような体勢を取ることが多くなります。
また、懐のドリブル以外にも、フィジカルコンタクトとしての手の使い方も合わせて身に付きます。

キ.抜き技はシンプルに

狭い場所の接近戦の時は、複雑で大げさなフェイントを使うよりも、シンプルなドリブルで相手を抜くべきです。
例えば、相手が足を出したところをアウトサイドで抜くことなどです。
こうした場合、メッシが2~3人を連続して抜く時はシンプルな抜き技が多いです。

そうすると、時間をかけずに密集から抜け出せますし、ボールを危険にさらす時間も短くなります。

ク.コーチング

守備側は、次のような声掛けでコーチングすると、攻撃側もいろいろな動きのタイミングを覚えられます。

「ボールが足から離れるのは一個分まで!」
「足から離れてるぞ!」

「ヒザを見ろ!」
「ヒザを見て動きを予測しろ!」。

「間合いを考えろ!」
「今だ!抜け!」
「迷うな!」

「(抜いたら)もう一回!」
「(攻撃側が後ろを向いたら…)早く前を向け!」
「後ろを向いていたら抜けないぞ!」
「早くターンしろ」

このように、適宜、良い声掛けをしてあげてください。
最初のうちは後ろを向いてしまうことが多いので、3秒以内にターンする…などのルールを作っても良いでしょう。

(2)足裏ゲーム

この練習は、先ほど解説した一対一ゲームとほぼ似ていますが、先ほどよりもさらに狭い場所を想定した足裏を使った接近戦のトレーニングになります。
ただし、足裏を使い過ぎると、それが癖になってしまい、実際のサッカーの試合ではスピーディーなゲーム展開が出来なくなるので注意してください。

①練習の基本ルール

一対一ゲームとの違いは、グリッドを少しだけ狭くすること、足裏を使うことです。
グリッドを狭くする理由は、実際の試合で足裏を使うエリアがかなり狭い場所(密集地帯)ですし、ボールをあまり大きく動かせないからです。
そうすると、足裏ゲームのトレーニングでは、一対一ゲームよりも狭さとボールを守ることにいっそう慎重にさせる意図があります。

また、全てのタッチを足裏にするのではなく、総タッチ数の半分程度(3~4割くらいでも良い)は足裏を使う…というルールで良いでしょう。
これは、子供の足裏のテクニックの上達度合いにもよるので、柔軟に対応してください。

なお、足裏ドリブルに関しては次の記事を参考にしてください。

参考記事:足裏ドリブル練習メニュー!小学校低学年向け10選

②練習のポイント

一対一ゲームとの違いは特にありませんが、足裏でドリブルする時に知っておいていただきたい特徴があります。

ア.膝下でのコントロール

足裏のドリブルは、常に膝下にボールを置くことになります。
そうすると、狭い場所でボールを扱う時の習慣付けになります。

イ.間合い

足裏でドリブルすると、相手は我慢出来ずに足を出すか飛び込んで来ることが多くなります。
その理由は、ボールの動きが遅いため「簡単に奪えそう…」という心理が働くからです。
そうすると相手から間合いを詰めて来ることが多くなるので、慌てずに落ち着いて動きを見ながら、抜いて行くことが大切です。

(3)後出しじゃんけんゲーム

この練習は、先ほど解説した一対一ゲームや足裏ゲームを補強するトレーニングです。

最も大切なことは、ドリブルの時に相手のヒザの動きを認知させることです。
相手の動きを見てから自分が動けば良い…。
そうした意味で後出しジャンケンになるわけです。
小学校低学年の子供ならゲーム感覚で練習しても楽しいと思います。

①練習のポイント

ア.練習の手順

(ア)相手と向き合う。
(イ)相手の膝の動きを確認する。
(ウ)ボールを動かす。

この時、なるべく利き足側に抜くようにしましょう。

参考記事:ドリブルで利き足側に抜くことの3つの意味!

また、アウトサイドだけではなく、インサイドや足裏を使うなど、いろいろと動かしてみましょう。
特に、大切なのは、相手の動きを見てからボールを動かして守るという点です。

イ.人の動作特性を理解させる

ドリブル練習では、相手はどのように動くのか?というヒトの動作特性を理解することも必要です。

こうした場合、ヒトが足を動かす時は、必ず最初に膝が動きます。
先ずは、相手の左右の膝のうち、どちらが先に動くのか?に集中してください。

また、片方の足が動いたら、もう一方の足は動かせません。
だから、どちらかの足が動いたら、動いた方の足の動きに着目してください。

ウ.間合いと間接視野

間合いを判断するために、ボールと相手の膝の両方を間接視野で見るようにしましょう。
そうすることで、
・足を出す時のヒザの動きを、いち早く察知できます。
・足を出したくなる間合いの距離が判断できるようになります。
つまり、相手の動きを手玉に取ることが出来るようになるわけです。

②ドリブルの予測、認知、判断

後出しじゃんけんゲームは、ドリブルでの相手の動きの予測、認知、判断に役立ちます。
そこで、次に一対一ゲームを例にして、「とも」が、どのように考えながらドリブルしているのかについて解説します。

ア.相手が向かって来る場合

間合いの中に入る直前、左右どちらのヒザが動くのか様子見!

相手の左ヒザが動いたので、左→右の順で足を出すはず!

予想どおり左足を出した…。
次は右足を出すはず!
※この時点で先読みしてアウト抜きを始めます。

やっぱり右足を出した!

この時、相手の背中のスペースを見て、次の勝負に備えるわけです。

イ.相手がほぼ止まっている場合

右足を出している…。
次は左→右の順で足を出すはず!

予想どおり左足が動いた…。
次は右足を出すはず!

やっぱり右足を出した!
次の相手との勝負に備えよう…。

以上のように、3つの練習メニューを紹介しました。
これらの練習は、実際のサッカーの試合中に必要とされるドリブルの要素が全て詰まっています。
特に子供にとっては、攻撃を続けながらボールを守るという意識付けに役立ちます。
ぜひ参考にしてください。

3.まとめ

日本のサッカー界は、いつまで経っても本格的なドリブラーが育ちません。
これは現在の育成におけるドリブル練習の大きな問題点です。
これまでと同じようなドリブル練習をどんなに積み重ねても、子供たちのレベルアップはあり得ないでしょう。

Embed from Getty Images

こうした場合、特に必要なことはドリブルの対人練習の改善と強化です。
子供たちに対しては、そうしたトレーニングを通じて、相手を抜くことよりも、ボールが取られないことを徹底的に意識させるべきです。
これが、本当の意味でサッカーに役立つドリブル練習なのです。

一方、今回ご紹介した3つの練習法の最も大きな効果は、ボールを守りながら攻撃をするという、ドリブルにとって最も大切なテクニックが自然と身に付くことです。

これらのトレーニングを続けることで、実際の試合では複数の相手を連続で抜くことも出来るようにもなります。
なぜなら、相手を抜いたらすぐに前を向いて攻撃を再開するからです。
抜いたら次…、抜いたら次…というように、攻撃側と守備側が何度も向き合います。
こうした状況は、狭い場所で何人もの相手を次から次へとドリブルで抜くことと全く同じであって、一種の反復練習なのです。

日本のドリブル練習では、次から次へと反復するような対人トレーニングはありません。
やはり、反復することによって初めて学習効果が高くなるのです。

実は、このトレーニングは、私が30年前に過ごしたブラジルのストリートサッカーをヒントにしています。
ストリートサッカーは、狭い場所でかつ少人数で、繰り返し行います。

一方、サッカーの世界的なプロ選手たちは、幼児期にストリートサッカーなどを通じて、奪い合う経験をたくさん積み重ねながら、ボールを守ることの大切さを学んで成長したのです。

日本がサッカー大国となるためにも、これまでのドリブル練習を改善して、世界に通用するドリブラーがたくさん育ってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com】

-ドリブル

執筆者:


  1. サッカー大学生 より:

    ともパパさん

    質問があります。

    ほかの記事のところで質問するべきことなのですが、

    どうも出来なくなっているようなのでこちらにさせていただきます。

    長い芝生でのプレーはどのようにするのがいいとお考えですか?

    ドリブルがしづらく、パスも弱くなってしまい、トラップも難しいほどの芝の状況では

    ロシアW杯でメッシが苦戦したように、

    メッシタイプのドリブラーはどうやっても適応出来ないのでしょうか?

    個人的には、裏への速いグラウンダーのパスなら希望があるかなぁと思っています。

    しかし、そればかりでは一辺倒すぎて相手にすぐに対応されてしまうかと。

    • ともパパ より:

      長い芝生でのプレーであれば、私がブラジルにいたころを思い出します。

      この場合は、パスもしますが基本的にドリブルが多くなります。
      オフサイドラインも深めに取って、自陣に引き込んで奪ってカウンターをやったりします。
      これとは別に、相手がロングキックを蹴ってくれば、簡単にマイボールになります。

      ボールを奪うと、取り合えずサイドにパスしたり、中盤でパス回しをして、相手をじらすこともありました。

      その反対に、相手ボールでの中盤のパス回しでは、ボールを奪ってショートカウンターと言うのもありましたね。

      一方、ディフェンダーやボランチなどは、相手のドリブラーに備えてハードワークです。
      ブラジルでは、ダニエルアウベスとかカゼミーロなどの守備的な優秀な選手が多いですが、こうした生まれ育った環境も関係していると思います。

      また、パスか通りづらい時は、浮き球のパスも多かったですね。
      そうした場合、グラウンド状態が悪くイレギュラーなバウンドも多いので、子供たちのトラップは自然と上手くなりました。

      ブラジルのジュニアとかジュニアユースの子供たちは、Jリーガーをはるかに超えるような戦術眼を持っていると思います(笑)。

      ちなみに、パス戦術が有効なのは、芝生の状態が良い時です。
      カンプノウなどは、試合前に3回くらい水を撒いてボールが滑りやすくしています。

      ロシアWカップでメッシが苦戦したのは、今に始まったことではなく、バルサとアルゼンチン代表というチーム戦術の違いにもあったと思います。

      私が個人的に良かったと思うのは、ベルギーのアザールですね。
      彼なら、どんな環境でも適応できると思います。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索