少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

キック

チップキックの蹴り方と3つのコツ!練習法も動画で解説

投稿日:

チップキックでお手本になる選手と言えば、やはりメッシでしょう。
あれだけの速いドリブルから、あっさりと決めた時は、見ている方にとっても壮快な気分にさせてくれます。
まさに神業ですね。


ところが、いくら練習しても、
メッシのように「ちょん!」と浮かせて蹴り方が出来ない…。
ループシュートみたいになって、大きく飛んでしまい、ゴールのクロスバーを超えてしまう…。
蹴り方が全く分からない…。
よいコツはないだろうか…?

そうした悩みで困っている方も多いのではないでしょうか?

でも、正しい蹴り方とほんの少しのコツを掴んで練習すれば必ず上手くなります。

そこで、今回は、チップキックの蹴り方と3つのコツ、練習法、GKとの駆け引きなどを詳しく解説します。

1.チップキックとは

チップキックが上手く蹴れない人は、ループシュートと同じ蹴り方になってしまっていることが多いです。
これでは、いくら練習しても上手くなりません。
そこで、先ずはそれぞれの違いと特徴を理解しましょう。
そうすることで、正しい蹴り方とコツを掴むことが出来ます。

(1)軌道の違いとゴールキーパーとの位置関係

チップキックとループシュートは、次の画像のように、蹴った後のポールの軌道、ゴールキーパーとの位置関係と言う点で、2つの違いがあります。

このように、チップキックとループシュートは、テクニックとしてはやはり別物です。

そこで、次に、それぞれの特徴を、私の息子「とも」の実演動画を交えながら解説しましょう。

(2)チップキックの特徴とは

チップキックの場合は、蹴った直後にボールが急激に浮きますが、飛距離は短いです。

その理由は、ゴールキーパーと一対一で、しかもGKの目の前で頭上を越えるように蹴るからです。
また、ゴールのクロスバーを越えないためにも、飛距離は短い方が良いのです。

(3)ループシュートの特徴とは

ループシュートの場合は、蹴ったボールが弧を描くので、インフロントキックのように飛距離は長くなります。
その理由は、ペナルティーエリアの外から蹴ることが多く、遠い距離からゴールを狙うためです。

たしかに、この方法でもボールは浮きますが、膝と股関節を使って蹴るためモーションが大きくなります。

そうすると、チップキックのように、トップスピードのドリブルをした状態で素早く蹴ることは、ほぼ不可能です。
しかも、キーパーの目の前で突然ボールが浮く…、というような蹴り方も出来ません。
要するに、膝や股関節を使った蹴り方は、あくまでもチップキックの動作ではない…とお考えください。

特に、多くの方がこの2つの蹴り方を混同しています。
ボールが浮くという点では似ていますが、蹴り方、軌道、試合での使い方などは全く違います。
こうした点は、ご注意ください。

さて、次は、チップキックの3つのコツと練習法などを解説します。

2.チップキックの3つのコツ

チップキックのコツは3つあります。
(1)膝抜きを使う
(2)親指と人差し指でボールを跳ね上げる
(3)ボールに追い付く

次に、この3点を順に解説します。

(1)膝抜きを使う

チップキックの蹴り方で絶対に必要なコツは、膝抜きです。
膝抜きは古武術でよく使われる動作ですが、その特徴は膝と股関節の脱力です。
サッカーの場合、チップキック以外にもシャペウなどに応用できるので、ぜひ覚えてください。

膝抜きの動作は、次の動画を参考に練習してください。

膝抜きのやり方は次のとおりです。
① ボールを引いて、股関節と膝を脱力しながら膝を曲げる。
② 次に、曲げた膝を急激に伸ばす。
③ 親指と人差し指を使ってボールを跳ね上げる。

詳細は次の記事を参考にしてください。
シャペウのやり方とコツは膝抜きにあった!図解と動画で解説

実際にチップキックを蹴る時も、次の画像のように膝抜きを使います。

このように蹴ることで、ボールが急激に浮き上がります。
また、チップキックは、蹴った直後にボールが急激に浮かないとゴールキーパーの頭上を越せません。
メッシなどの海外のトッププレヤーたちも、こうした蹴り方をしているのです。

(2)親指と人差し指で跳ね上げる

先ほどの(1)の解説の際に、「③親指と人差し指を使ってボールを跳ね上げる」と説明しましたが、これも大切なコツの一つです。

膝抜きの際に、足の上にボールが乗ると、指の関節が少し曲がります。
このわずかに曲がった親指と人差し指を「ピン!」と跳ね上げるのです。

でも、この跳ね上げは、指を鍛えないとそう簡単には出来ません。
そこで、おススメなのが、足指グーパーと足指スリスリの練習です。

詳細は次の記事を参考にしてください。
かかとの痛みの原因は土踏まず!アスリート必見超簡単強化法

(3)ボールに追い付く

チップキックでインパクトしようとして、前に進むボールに追い付かないうちに蹴ると、前に飛ぶだけになって上に浮きません。
実際に試してみると分かりますが、最も多い失敗例だと思います。

次の動画はチップキックのスローモーションです。
「とも」はボールに触らないようにしてスピードを十分落とし、シュート直前で徐々に歩幅を小さくしてタイミングを合わせてから蹴っています。

この場合、必ずボールの真横に軸足を置くようにしてください。
この時、ボールは前に進んでいるので、追い越すくらいの方が軸足を真横に置きやすいです。

どうしても上手く行かない時は、次の動画のような練習をしてください。
身体能力のコーディネーションの問題なので、必ず役に立ちます。


詳細はこちらの記事を参考にしてください。
サッカーのドリブル練習法!小学校低学年向けメニュー8選

さて、以上のように蹴り方を理解したら、次は実際の試合でのゴールキーパーとの駆け引きのコツも考えてみましょう。

3.チップキックとGKとの駆け引きのコツ

チップキックを使う時のGKとの駆け引きとは、如何にしてゴールキーパーの動作特性や心理状態を先読みするのか?ということです。
これが駆け引きの最大のコツです。
一人で練習する時も、必ずこうした点をイメージしてください。

次の動画は、FCバルセロナのメッシがバイエルンのGKのノイアーとの一対一で、チップキックを決めたシーンです。
特に、キーパー目線なのでGKの心理状態がよく分かります。

その場合の駆け引きのコツは4つあります。
(1)GKが姿勢を低くするのを確認する
(2)余計な躊躇をしない。
(3)シュートする直前に歩幅を小さくする。
(4)GKが前に出てきた場合は直ぐに蹴る。

次に、この4つのコツを順に解説します。

(1)GKが姿勢を低くするのを確認する

GKは一対一の時、グラウンダーのシュートに備えるため必ず姿勢を低くします。
チップキックを蹴る場合は、この時がベストタイミングです。

つまり、このように姿勢を低くした状態を確認するのが一つ目のコツです。

この場合、ドリブラーはドリブルからシュートを蹴るわけですが、最も蹴りやすいのはインサイドなどのグラウンダーのボールです。
なぜなら、トップスピードに近い状態でドリブルしていますし、ボールは転がって前に進んでいるからです。
たしかに、インステップ、カーブ、アウトフロントなどでも蹴れるでしょうが、いったんドリブルスピードを落とさないと上手く蹴れません。
そうすると、やはり、GKは9割以上はグラウンダーに備えて姿勢を低くするのです。

先ほどの動画でメッシが蹴った瞬間に、ノイアーは片膝を付いていました。

たぶん、グラウンダーのシュートに備えたのでしょう。
これでは、チップキックへの反応は出来ません。

(2)余計な躊躇をしない

チップキックの失敗例でよくありがちなのが、躊躇してタイミングを逃してしまうことです。
蹴ると決めたら、失敗しても良い!と思い切ってシュートするのが二つ目のコツです。

この場合、GKがシュートを予測して身構えるのは、相手がキックモーションに入った時です。
ところが、チップキックは、つま先で蹴れるため、走っているフォームのままでシュートを打つことが出来ます。
そうすると、GKにとっては、いつキックモーションに入るのか?全く分かりません。
そうした意味では、チップキックはゴールが決まりやすいシュートなのです。

先ほどの動画でも、メッシはボールに追いついてから、2回タッチしましたが、その後はチップキックを蹴るまでタッチしていません。
そうすると、ノイアーはグラウンダーのボールを警戒して体勢を低くすることくらいしか出来ないのです。

だから、「失敗するのではないか…」などと、躊躇する必要はないのです。

(3)シュートする直前に歩幅を小さくする

チップキックの蹴り方として、シュートする直前は歩幅を小さくしてタイミングを合わせのが三つ目のコツです。

こうした場合、GKにとっては、いつシュートモーションに入るのか?分からないので緊張感が高まっています。
つまり、歩幅を小さくすることは、結果的にGKにとっての心理的なプレッシャーになるわけです。

ちなみに、あなたがGKになったつもりで、次の画像の「とも」の動きを見てください。

そうすると、シュート直前は下半身の動きとボールの位置だけを見ているはずです。
なぜなら、いつシュートモーションに入るのか?ということだけを考えているからです。

でも、「歩幅を小さくしてタイミングを合わせる」という動作をすると、キーパーにシュートモーションがバレてしまうのではないか?という疑問がありませんか?

実は、キーパーにとって「徐々に歩幅を小さくしてタイミングを合わせる」という動作は分かり難いのです。
先ほどの動画でも、メッシは徐々に歩幅を小さくしてタイミングを合わせていましたが、結局ノイアーはシュートを止められません。
だから、安心してチップキックを蹴ってください。

(4)GKが前に出てきた場合は直ぐに蹴る

チップキックを蹴ろうとした時に、もしもGKが前に出てきたとします。
その時は即座にシュートするのが、四つ目のコツです。

その理由は人間の動作特性にあります。
人間の動作は大きく分けて、上、下、前、後、左、右の6つに分かれます。
そうした時、一方向に動き始めたら、すぐに別方向に動くことは出来ないのです。
だから、シュート直前でGKが前に出てきた時に、チップキックをすると、GKはすぐには上方向に反応出来ないのです。

先ほどの動画でも、ノイアーはいったん下方向に構えたところ、メッシがチップキックを蹴るとすぐには反応できません。
かろうじて、手を上げた程度です。

つまり、ドイツ代表の正ゴールキーパーでも、このような反応しか出来ないのです。
だから、GKが前に出てきた場合は直ぐに蹴ってしまいましょう。

もちろん、チップキックだけではなく、インサイドでもトーキックでも、どのような蹴り方に変えても大丈夫です。

以上のように、チップキックを練習する時は、必ずゴールキーパーとの駆け引きの四つのコツを意識してください。

4.チップキックの蹴り方とコツのまとめ

今回、解説したチップキックの蹴り方は、それほど難しくはありません。

また、チップキックの蹴り方のコツは3つあるので、たくさん練習して身に付けましょう。
(1)膝抜きを使う
(2)親指と人差し指でボールを跳ね上げる
(3)ボールに追い付く

合わせてGKとの駆け引きのコツは4つあるので、これもぜひ覚えてください。
(1)GKが姿勢を低くするのを確認する
(2)余計な躊躇をしない。
(3)シュートする直前に歩幅を小さくする。
(4)GKが前に出てきた場合は直ぐに蹴る。

チップキックを習得すると、シュートのバリエーションが増えますし、新たな武器を手に入れたようなものです。

ぜひ、練習して上手くなっていただくことを願っています。

-キック

執筆者:

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索