少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブル

カットインのコツ!海外と日本のサッカー選手の違いとは?

投稿日:


カットインが得意な海外のサッカー選手と言えば、ロッペンやディマリアが有名ですね。
この2人のカットインはとてもスピーディーですが、実は多くの日本のサッカー選手とは全く違ったコツが見られます。

ところが、日本人の多くは、このコツを理解していないため、膝、足首、股関節を酷使した動きの遅いカットインになっています。

そこで今回は、2人のサッカー選手の動きから分かるカットインのコツ、正しいやり方、練習法について解説します。

1.カットインとは

(1)カットインとは?

カットインとは、次の動画の0:24からのシーンに見られるように、サイドからペナルティーエリアに向かってドリブルで切れ込むサッカーのテクニックです。
サイドハーフのサッカー選手たちがよく使います。

カットインとは反対に、ゴールラインに向かって真っ直ぐ進むドリブルをカットアウトと言います。

カットインは、ペナルティーエリアに向かって切れ込むことで、ドリブルやクロスからのシュートなど、攻撃の選択肢が増えるという特徴があります。
ところが、カットアウトは直接シュートし難いので、どうしてもクロスが多くなり、攻撃の選択肢が限定的になります。

また、カットインはアウトサイドを使ってディフェンスを抜きながらペナルティーエリアに向かうため、右サイドは左利き、左サイドは右利きの選手を置くフォーメーションが多いです。
近年でも、クラブチームや代表チームでこうしたケースが多く、それだけサッカーにおけるカットインの重要性が高いのでしょう。

 

(2)カットインの動作の特徴

カットインの動作は、ターンとブレーキという2つに分けることが出来ます。
そして、この2つの動作の仕組みをきちんと理解することがコツになります。

そこで、海外のサッカー選手の例として、ロッペンとディマリアのテクニックを見ながら、ターンとブレーキの動作を考えてみましょう。

2.ロッペンとディマリアの例

ロッペンとディマリアのカットインの特徴は、ターンとブレーキが空中動作であるという点です。

(1)ロッペンのカットイン

ロッペンのカットインは、アウトのタッチ~ターンまで、次のように5つの動きに分けられます。

①アウトサイドでタッチ

最初に右足を地面に付けた状態で、アウトサイドでボールにタッチします。
この時のタッチは深く見えますが、実際には軽く触れる程度なので完全にボールを止めているわけではありません。

②体が浮く

ここでは、アウトサイドのタッチを終えて左足が着地しているので、ボールに軽く触れている程度です
この時、右足が宙に浮いています。
つまり、体が浮き始めている状態ですね。

③空中でターン

ここでは、両足がわずかに宙に浮いています。
体を「く」の字にして、両膝が曲がっていることからも明らかです。
つまり、空中でターンを始めた状態です。

④ターンの終了

ここでは、空中でのターンを終えて、ドリブルを再開する直前の状態です。
ちなみに、このターンは空中で体をひねる動作であって、体幹ひねりの動きです(詳細は後述します)。

⑤ドリブルの再開

ここでは、ペナルティーエリアに向かってドリブルを再開しています。

これまでの一連の動きから考えると、ロッペンのカットインは空中動作でターンをするところに特徴があります
しかも、日本人のカットインのように、膝を使ってブレーキをかける様な動作は見られません。

こうした空中動作は、次のような体幹ひねりと同じです。

体が宙に浮いている状態は一種の無重力なので、地面に着地しているような摩擦抵抗はありません。


また、空中動作は全身のバネ作用を使うことが出来るので、足のパワーだけに頼った日本人的な動きの遅い動作にはなりません。
つまり、スピーディーなカットインが出来るのです。

一方、こうした空中動作は、フィギュアスケートの3回転や4回転のジャンプにも似ています。
この場合、強い遠心力がかかるので、体幹と軸の強さで体を支える必要があります。

ロッペンのカットインも同様に、ターンの時に強い遠心力がかかります。
しかも、直線方向のドリブルから急激なターンをするので、やはり体幹と軸の強さが必要です。

ロッペンのカットインはとても速く、ディフェンスが分かっていても止められない秘訣は、実はこうした空中動作と体幹・軸の強さにあったのです。

(2)ディマリアのカットイン

ディマリアのカットインの特徴は、ブレーキを掛ける時に膝抜きを使い、ターンの時に体幹をひねることです。
つまり、最初に膝抜きでブレーキ、次に体幹ひねりでターンという2段階の動作になります。

①利き足がボールに追いつく

ここでは、アウトサイドでボールにタッチしているように見えますが、実際にはロッペンよりも、さらにソフトに触る程度なので完全にはボールの動きを止めていません。
どちらかと言えば、利き足がボールに追いついた程度の状態です。

②膝抜きでブレーキ

ここでは1回目の膝抜きをしています。
ディマリアのカットインの特徴は、膝抜きを使って体にブレーキをかけることです。
また、股関節と膝の曲がり具合を見る限り、ロッペンと同じような空中動作になっています。

③左足が着地

ここではボールがほぼ動いていないか、止まりかけている状態です。
これ何を意味するのかというと、ディマリアはボールの動きが遅くなるのを見定めているということです。
別の見方をすると、ボールが自然に止まるのを待っているようにも思えます。

④膝抜き

ここでは2回目の膝抜きをしています。
次のアウトサイドのタッチに備えて、体にブレーキをかけようとしているのでしょう。

⑤アウトサイドのタッチ

ここでは、左足を伸ばしてアウトで深めのタッチしています。
これによって、ボールを左方向に移動させます。

⑥膝抜きとターン

ここでは、先ほどボールを左側に動かしたので、今度は3回目の膝抜きと体幹ひねりによってターンを開始しています。

⑦体幹ひねりでターン

ここでは、体幹ひねりを使ってターンをしている途中です。

⑧ドリブルの再開

ここでは、ペナルティーエリアに向かってドリブルを再開しています。

これまでの一連の動きから考えると、ディマリアのカットインはロッペンと同じように空中動作である点は同じです。

ただし、膝抜きでブレーキ(小刻みに繰り返す)、次に体幹ひねりでターンという2段階の動作は、ディマリアの独特な動きです。

ちなみに、膝抜きのことを簡単に言うと「膝かっくん」のことです。
これは、立っている状態から、股関節と膝を急に脱力すると、このような動作になります。

膝抜きは、古武術の特有な動作です。
例えば走っている状態から止まる時、止まっている状態から走り出す時など、動作を変える場合によく使う技術です。

その他にも、サッカーのシャペウは股関節と膝を脱力してボールを跳ね上げますが、これも一種の膝抜きです。

参考記事:シャペウのコツは膝抜き!試合に役立つ練習法とは?動画付き

(3)ロッペンとディマリアの共通点と違い

①共通点

ロッペンとディマリアのカットインの共通点は、それぞれ空中動作を使うということです。
やはり、空中動作は地面の摩擦抵抗がない分だけ、スピーディーな動きになるのです。
しかも、空中動作は高重心でないと出来ません。
日本人のような低重心でドタバタしたような動きを続ける限りは、いくら真似てもロッペンとディマリアのような動きは身に付かないでしょう。
ここは、多くの日本人が気が付いていない肝心な点です。

②違い

ロッペンとディマリアのカットインの違いは、次のとおりです。

・ロッペンは、アウトでタッチした後でターンをします。

・ディマリアは、最初に膝抜きを使ってブレーキをかけてから、アウトでターンをします。

どちらのテクニックも一見して難しそうに思えますが、体幹ひねりや膝抜きなどの空中動作さえ覚えれば、小学生でも十分マスター出来ると思います。

3.カットインの間違ったやり方

ほとんどの日本人のカットインは、間違ったやり方です。
次の画像は、ロッペンのカットインを参考にした…とされていますが、やはり間違っています。

その理由は、空中動作を使っていないことです。

そのため、
・ターン直前で膝と足首を使ってブレーキをかける。
・ターンをする時も、膝を使って地面を蹴る。
という下半身だけを使ったカットインになっています。

これにより、カットインの動きが遅くなりますし、膝、足首、股関節の負担が大きくなるのでケガの元になります。

(1)アウトサイドでタッチ

ここでの動きはロッペンと同じように、アウトサイドでボールにタッチします。
問題は、この次の動きです。

(2)膝、足首、股関節でブレーキをかける

ここでは、ディマリアのような膝抜きを使わないので、膝、足首、股関節でブレーキをかけています。

足だけでブレーキを掛けるということは下半身だけを使っている状態なので、上半身を使っていません。

しかも、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいです。
そうすると、下半身で2G~3Gの衝撃を受け止めるわけです。
これでは、ケガの元になるだけです。

(3)両足で着地

ここでの姿勢を見ても、ロッペンのような空中動作は見られません。

そうすると、次のターン~ドリブル再開までの動きは、足で地面を蹴るしかありません。
その結果、先ほども解説したように、下半身で重たい荷物のような上半身を背負ってドリブルすることになるのです。
もちろん、足腰の負担は大きいですし、動きも遅いです。

(4)ドリブルの再開

ここでは、左足を伸ばしていますが、これは地面を蹴っているということです。
繰り返しになりますが、空中動作は使わずに下半身だけでドリブルしているのです。

やはり、低重心でドタバタしたような動きを続ける限り、このようなカットインになるわけですね。

4.カットインのやり方

私の息子「とも」のカットインは、ディマリアとロッペンの動きを組み合わせてアレンジしたものです。

いわば、良いとこ取りのテクニックですね。

育成年代の子供たちにぜひ覚えてほしいテクニックですし、とても簡単なので小学生でもマスターすることが出来るでしょう。

(1)ブレーキのかけ方

カットインのブレーキの掛け方ですが、先ほどの動画の1:01のシーンで、まるで「とも」の体が地面に浮いた状態で、ホバークラフトのように「すーっ」とブレーキをかけているように見えませんか?
これは、ディマリアのような小刻みな膝抜きではなく、小学生でも出来る簡単なやり方です。
また、合わせてみぞおち抜き(みぞおちを脱力、背骨を曲げたワップダウンでも良い)もしています。

もちろん、この動きに慣れて来たら、ディマリアのような小刻みな膝抜きをしても良いでしょう。

(2)ターンのやり方

先ほどの、膝抜きとみぞおち抜き(またはワップダウン)のブレーキに引き続いて、
ターンのやり方としては、
①アウトサイドのタッチ
②みぞおち抜き:反射(またはワップアップ)
③体幹ひねり(ロッペンと同様)
これらの動きを合わせて行います。

このうち、②の「みぞおち抜き:反射(またはワップアップ)」は、先ほど解説した「みぞおち抜き(またはワップダウン)」の反射作用です。
これは、「くの字」に曲げた板バネを、真っ直ぐに戻すような動きですね。

また、「みぞおち抜き:反射(またはワップアップ)」は、③の体幹ひねりとほぼ同時に動作します。
最初のうちは、やや難しそうに感じますが、慣れてくればタイミングが掴めるようになります。

実際にやって見ると分かりますが、足の力は不思議なくらいに使いません。
また、先ほどの日本人の間違ったカットインのように、膝、足首、股関節への衝撃もありません。
しかも、身体をリラックスすればするほど、全身のバネ作用が十分に発揮されるので、想像以上に速い動きが体感出来ます。

それでは、次にカットインをマスターするための練習法を解説します。

5.カットインの練習法

カットインをマスターするためには、ロッペンやディマリアのドリブルをいくら真似ても、あまり意味はありません。
なぜなら、空中動作の膝抜き、みぞおち抜き、体幹ひねりの習得が必要だからです。
また、カットインの練習法は、この二つの動きを覚えれば簡単に出来るようになります。
そこで、先ずは、次の練習法を繰り返してみてください。

(1)膝抜き

一本歯下駄トレーニングを続けていれば、いつの間にか「膝抜き」が出来てしまいますが、次の動画のように下駄を使わない簡単なトレーニングもあるので、ぜひ参考にしてください。

特に、最初の方の階段を下りるシーンはかなり参考になると思います。

(2)みぞおち抜き(またはワップダウン)

みぞおち抜きは次の動画を参考にしてください。
先ほどと同様な下駄を使わない簡単なトレーニング法です。

ちなみに、みぞ落ち抜きを覚えると、自然と反射的な動き(みぞおち抜き:反射)もマスターできます。
また、みぞ落ち抜きは背骨のバネ作用を利用したワップダウンに近い動きです。
そうすると、反射的動作としてのワップアップも自然と覚えてしまいます。

(3)体幹ひねり

体幹ひねりは次の動画を参考にしてください。
この動作は、カットインで素早くターンするために必要不可欠なテクニックです。
また、サッカーのいろいろな動きにも活かせます。
簡単な動作なので、ぜひ普段の練習にも取り入れてみてください。

体幹ひねりは、単に上半身と下半身を逆回転する動作ではありません。
上半身の動きに連れて下半身が勝手に動くものというようにイメージしてください。
そうすることで、上半身の捻りによる遠心力を効果的に下半身へと伝えることが出来ます。

(4)体幹と軸足を鍛える

ロッペンのカットインは、空中動作でターンをします。
そうすると、フィギュアスケートのような強い遠心力が発生します。
この遠心力を克服するためには、体幹と軸足を鍛える必要があります。

そのための練習として、特におすすめなのが「ちょんちょんリフティング」です。
これだけでも、体幹と軸足が十分に強化されます。
ムダなサッカー教材を購入するよりも、何倍も効果的です。

(5)カットインの練習

膝抜き、みぞおち抜き、体幹ひねりなどの動きが身に付いたら、実際にカットインを練習してみましょう。
出来れば、最初のうちはボールを使わず、ゆっくり歩きながらイメージトレーニングをしても良いです。

そのうえで、次の二つの動きを意識してください。

①ターンの直前で膝抜きとみぞおち抜き
②ターンの時に体幹ひねり

カットインをする時の体幹ひねりは、実際にはほんのわずかだけです。
でも、イメージトレーニングをする時は「出来るだけ大きく速く体幹をひねってみよう!」。
そんなふうにイメージしながら繰り返し練習してみてください。

さらに、最も大切なことは、ターンの時は体幹ひねりだけを意識して、絶対に足で踏ん張らないということです。
体幹ひねりは、フィギュアスケートのスピンやハンマー投げのように強い遠心力を生み出すので、足のパワーを使うよりも速いターンが出来ます。

むしろ、足の役割は利き足のアウトサイドで軽くボールをタッチするだけ…。
軸足さえもほとんど使わない…。
こんなふうに考えてみてください。

旧来型の足の力だけに頼ったカットインの動きが身に付いている方は、慣れるまでが大変かも知れません。
でも、急がば回れ!です。
ぜひ、焦らずに練習してみてください。

6.カットインのまとめ

これまで、ロッペンとディマリアのカットインを参考にして、正しいやり方や練習法を解説しました。
特に、海外のサッカー選手と日本人の違いは、空中動作にあることもお分かり頂けたと思います。
また、空中動作は高重心でないと使えません。

日本人のような低重心でドタバタしたような動きを続ける限りは、いくら真似ても本当の動きは身に付かないでしょう。
ここは、多くの日本人が気が付いていない大切な部分です。

特に、ロッペンのカットインは、日本の子供たちにも人気のテクニックです。

指導者たちが子どもたちにカットインを教える場合は、表面的な動きだけではなくきちんとした動作解析をしたうえで、正しいやり方を教えるべきでしょう。

日本中のたくさんの子供たちが、正しいカットインが出来るようになることを願っています。

-ドリブル

執筆者:


  1. サッカー大学生 より:

    ともパパさん

    長い芝についてのコメントに対する返信が遅れてしまいどうもすみません。

    ただいま、アメリカに来ており、長い芝ではじめてやったので

    対策法を教えていただきたいなと思って質問させていただきました。ありがとうございます!!

    たしかに芝では、パスが減ってドリブルが増えたと感じました。インサイドパスも従来の軸足をまっすぐに置くやり方から内側に置くやり方に矯正したことで縦へのパスコースがなくなった時でもインパクト直前にサイドの味方に出せるようになったのは良かったです!!

    カットインについて質問させていただきます!

    そもそもカットインとは減速しながら中に切れ込む技という解釈で良いでしょうか?

    今までアウト抜きのこともカットインだと思っていました。アウト抜きの場合、減速ではなく加速していくのでカットインではないと思うべきでしょうか?それともアウト抜きもカットインの部類に入りますでしょうか?

    中に侵入する点ではどちらも同じなので些細なことかもしれませんが質問させていただきます。

    あと、体幹ひねりというのはプレー中意識しますか?僕自身、体幹ひねりをやるときは上半身を行きたい方向に先に動かしてあげることだけを意識しています。そうすると結果的に下半身が遅れて付いてきてくれるので。

    ともくんも体幹ひねりをするときは上半身を動かすことしか考えていませんか?

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      1.そもそもカットインとは減速しながら中に切れ込む技という解釈で良いでしょうか?

      →結果的には減速になりますが、あまり意識しない方が良いと思います。
      その理由は、減速を意識すると無意識のうちに下半身でブレーキを掛けてしまう恐れがあるからです。
      むしろ、ブレーキをかけてからターンまでの流れをスムーズにしよう!という意識に変えると良いです。

      2.今までアウト抜きのこともカットインだと思っていました…

      →基本的に中に切れ込むプレーは全てカットインです。
      また、1~2mだけ切れ込もうが、ペナルティーエリアまで進もうが、全てカットインです。
      その反対にコーナーフラッグの方に向かってドリブルするのが、カットアウトです。
      私としては、大ざっぱに考えています。

      3.体幹ひねりというのはプレー中意識しますか?

      →「とも」の場合は全く意識していないと思います。
      また、上半身から動かすということも同じです。
      意識するのは練習の時だけです。
      脳科学的に言えば、練習で意識したことが潜在意識に刷り込まれるので、プレー中は無意識になるはずです(一種の癖になる)。
      結局は、ふだん如何に意識して練習するのか?癖になるくらいまで意識するのか?がポイントだと思います。

      • サッカー大学生 より:

        返信ありがとうございます!!

        練習で意識したことが癖のようになるくらいまでやりたいと思います。

      • ともパパ より:

        どういたしまして。
        これからも頑張ってください。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索