少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

キック

インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

投稿日:

インサイドキックが上手くなりたかったら、海外のサッカー選手の正しい蹴り方を覚えましょう。

日本の指導者は、いまだにパター型の間違った蹴り方が多いので参考になりません。

パター型のインサイドキックの問題点は、
・上体と軸足を蹴る方向に向ける。
・股関節を使って蹴る。
・パス&ゴーがやり難い。
これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックは、
・軸足をやや内側に向ける。
・体幹のひねりを使って蹴る。
・パス&ゴーがスムーズ。

そこで、今回は、パター型の間違った蹴り方と正しいインサイドキック、パスを正確にするための練習法について、詳しく分かりやすく解説します。
Embed from Getty Images

1.パター型のインサイドキックとは

ここでは、パター型の間違ったインサイドキックには、どのような問題があるのか?と言う点を詳しく解説します。

次の動画をご覧になるとよく分かりますが、パター型のインサイドキックには3つの特徴があります。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける
(2)股関節を使って蹴る
(3)パス&ゴーがやり難い

いずれもサッカーのプレーにとっては、大きな問題です。

そこで、次にこうした3つの問題を順に考えてみましょう。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける

インサイドキックで蹴る方向に上体と軸足を向けることは、2つの点で問題があります。

①相手にパスコースが分かってしまう

現代のサッカーは、とてもコンパクトな状況で試合をします。
そうなると、パター型のインサイドキックでは相手にパスカットされやすくなります。

例えば、次の画像で、AがBにパスをしようとします。

その時、Aがパター型のインサイドキックだとしたら、Bに上体と軸足のつま先を向けることになります。
それを見た相手チームのCは、パスコースを見破ってパスカット出来るのです。

つまり、軸足を蹴る方向に向ける…という蹴り方は、相手にパスコースを教えるようなものなのです。

②蹴り分けが出来ない

そもそも、パター型のインサイドキックで蹴る選手は、幼少期から「上体と軸足を蹴る方向に!」と指導されてきたはずです。
そうすると、上体と軸足を向けた方向にしか蹴ることが出来ません。
これは、インパクトの直前で、蹴り分けが出来ないことを意味します。

また、上体を蹴る方向に向けるということは、海外の選手のように、体幹をひねってパスコースを変えることも出来ません。

例:カゼミーロ(ブラジル代表)
この蹴り方は、蹴る直前にパスコースを変えています。
Embed from Getty Images

このように、インサイドキックで蹴りたい方向に上体と軸足を向けることは、いろいろな問題が起きます。

それでは、次に2つ目の問題点である、股関節を使って蹴る…について考えてみましょう。

(2)股関節を使って蹴る

パター型のインサイドキックは、ヒザ振りではなく、股関節の振り幅と筋肉の強さを利用します。
そうすると、人体特性と医学的な面から2つの問題が起きます。

①人体特性の問題

最初にご覧になった動画では、インサイドキックはストロークを長くする…と指導しています。
これは上体を立てたままで股関節を前後に大きく振ることを意味します。

実際に、やって見ると分かりますが、上体を立てて股関節を前後に大きく振るという動作は、股関節にかなりの負担になります。
そうなると、こうした負担を緩和するため、フォロースルーで無意識のうちに、そっくり返ります。

次の動画では大学の先生が実演していますが、やはりフォロースルーでそっくり返ったインサイドキックをしています。

このように、そっくり返ってしまうのは、股関節の負担を避けるという無意識下で起きた人体特性なのです。

②医学的問題

次の画像は、最初にご覧いただいた動画のコーチの、バックスイングからフォロースルーまでの動きを、「とも」が真似たものです。

足首を直角に開いた90°の外旋の状態でスイングしています。

これは何を意味すると思いますか?
パター型のインサイドキックを医学的に考えると、股関節の正常な可動域を、はるかに超えた状態でスイングしているということです。
つまり、股関節に負担を掛け過ぎているのです。

この状態で、強いキックを蹴ろうとすると、股関節の周囲の筋肉にも損傷を起こす恐れがあります。

また、このような動作を長期間続けると、グロインペイン症候群になる可能性も極めて高いです。
グロインペイン症候群とは、股関節周辺の痛みのことです。
サッカー選手では、長谷部誠、中村俊輔、中田英寿などが、この症例になっています。

こうしたことは、実は股関節の可動域と深く関係します。

そこで、可動域の問題を肩関節と比べながら考えてみましょう。

先ずは、股関節です。
股関節は、大腿骨と骨盤を結んだ関節です。

大腿骨の付け根の部分には、ボール型の球状関節があります。
この球状関節を使うことで、股関節を曲げたり回したりすることが出来るのです。
ところが、この球状関節は、骨盤に深く入り込んでいるため、肩関節に比べると可動域が制限されています。

一方、肩関節は、球状関節が浅く入り込んでいるので、可動域がとても広くなっています。
実際に、大きく腕を回したり出来るのは、こうした肩関節の可動域の柔軟な構造によるものなのです。

それでは、どうして股関節の可動が制限されていると思いますか?

それは、ヒトの股関節が、歩いたり走ったりする動作に限定して進化したからです。

そうした場合、歩いたり走ったりする動作は、ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けます。
これを、サッカーの蹴り方に例えると、インステップキックのように、蹴り足のつま先とヒザを前に向けるのが自然な動作だと言えるはずです。

ということは、先ほどの「とも」の画像のように、足首を開いた90°の外旋の状態でスイングする…という動作は、生物学的にも医学的にも自然の摂理に反しているということなのです。

そればかりではありません。
長年、こうしたインサイドキックを続けるとケガの発症にも繋がるのです。

このような問題の多いパター型のインサイドキックですが、その他にも、パス&ゴーがやり難いという特徴があります。
そこで、次にこの点を詳しく考えてみましょう。

(3)パス&ゴーがやり難い

次の画像は、パター型のインサイドキックで、最初にご覧いただいた動画のコーチのバックスイングからフォロースルーまでの動きを真似たものです。

この蹴り方では、パス&ゴーに向きません。
でも、頑張って上体を起こせば出来るでしょうが、これまで以上に股関節に負担をかけることになります。

例えば、最初の動画に出てきたコーチが、子供たちの頭を抑えて、無理に上体を立てさせていましたが、これを続ければ、何とかパス&ゴーが出来る…という意味です。

ところが、こうしたインサイドキックでは、股関節をさらに痛めやすくなるのは明らかです。

なぜなら、上体を立てるということが、股関節の前方向への可動域を無視した窮屈な姿勢だからです。

窮屈に感じる理由は、足首を90°に開いて外旋した状態で、上体を立てると股関節の可動域が平常時よりも狭くなるからです。

股関節を前方向に曲げる場合の可動域は、平常時で120~130°です。
ところが、足首を90°に外旋すると、せいぜい頑張っても45~60°くらいになります。

どうして、こうなるのか?というと、先ほども解説したとおり、歩いたり走ったりするというヒトの基本的な動作が、ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けることを想定しているからです。

つまり、足首を90°に開いて外旋した状態で、股関節を大きくスイングして蹴るというのは、どのように考えても非科学的なのです。

以上のように、窮屈な状態で蹴って…、さらに頑張って上体を立て直す…。
こうしたことを続けていたら、スムーズなパス&ゴーは出来ません。

さて、これまで説明したとおりパター型の間違ったインサイドキックはいろいろな問題があります。

そこで、次に正しいインサイドキックについて解説します。

2.インサイドキックの正しい蹴り方

次の動画は、私の息子「とも」のインサイドキックの蹴り方です。
海外の多くの選手は、ほぼ同じような蹴り方をしています。

正しいインサイドキックの特徴ですが、
(1)軸足をやや内側に向ける
(2)体幹ひねりを使って蹴る
(3)パス&ゴーがスムーズ

このように3つあります。

いずれもサッカーのプレーにとっては、大きなメリットです。

そこで、次にこうした3つの特徴を順に解説します。

(1)軸足をやや内側に向ける

インサイドキックの正しい蹴り方は、軸足をやや内側に向けるため、2つのメリットがあります。

①強いインサイドキックを蹴ることが出来る

軸足を内側に向けるのは、タニラダーでいう「パワーポジション」の姿勢と同じです。
パワーポジションは、ヒザをロックするという、身体が開かない半身の姿勢なので、自分の力を一点に集中させることが出来ます。

だから、力が入りやすく、強いキックが出来るのです。

実際に蹴ってみると分かりますが、自然なヒザ振りが出来ますし、パター型のような股関節の負担もありません。

画像引用:タニラダーHP

②相手にパスコースを見破られない

インサイドキックの正しい蹴り方は、軸足を蹴る方向ではなく、少し内側に向けるのです。

こうしたフォームの場合、相手はどこに蹴るのか分かりません。
そうするとパスコ―スを見破られないので、安全なパスを出すことが出来ます。

また、インパクトの直前までにインサイドの面を作れば良く、ボールを半分押し出す程度で強いキックが蹴れるのです。

海外の多くの選手たちも、軸足をやや内側に向けたインサイドキックです。
特にボランチの選手はパスの精度が必要なので、相手にパスコースを見破られるとパスカットされてしまいます。

だから、こうした相手を騙すようなフォームになったのでしょう。

トニ・クロース:ドイツ代表

軸足のつま先は、やや内側を向いています。
Embed from Getty Images

ブスケツ:スペイン代表

そもそも、スペイン人はパター型のような窮屈なインサイドキックは嫌がります。
Embed from Getty Images

(2)体幹ひねりを使って蹴る

インサイドキックはバックスイングが少ないという特徴があります。
その理由は、助走の距離が少なく、ほぼ一歩で蹴るからです。

そうした場合、体幹ひねりを使うことで、3つのメリットが生れます。
そこで、次にこの点を詳しく解説します。

①筋肉の伸張反射を使える

体幹ひねりを使うと、バックスイングの大きさに関わらず、強く、遠くに蹴ることが出来ます。
その理由は、筋肉の伸張反射の作用が発揮できるからです。

伸張反射とは、急激に伸ばされた筋肉が、元に戻ろうとして収縮する反射運動です。
伸ばしたゴムが急激に縮む仕組みと同じです。
この作用は、例えば、熱いものを触った時にすぐに手を離す…という反射神経の作用です。
だから、スピーディーな反射動作が起こるのです。

参考記事:伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

筋肉の伸張反射を利用する時は、バックスイングで、主に大胸筋や大腿四頭筋などを伸ばします。
そして、フォローするにかけて、これらの筋肉が急激に収縮します。
この時に大きなパワーを出すのです。

実際には、骨格のバネ作用、足の遠心力や重さなどの作用も合わさるので、爆発的なパワーを生み出します。

参考記事
バネ作用でサッカーがレベルアップ!ドリブルやキックに効果抜群
サッカーの正しい蹴り方!ヒザを強く速く振るのは間違い?

②蹴り分けが簡単に出来る

体幹ひねりを使うと、身体の向きを簡単に変えることが出来るので、蹴り分けがスムーズになります。

そうすると、私の息子「とも」のように、インパクトの直前でパスコースを変えるような蹴り分けが簡単に出来るのです。

③股関節の負担がない

体幹ひねりを使った蹴り方は、パター型のインサイドキックのような、股関節の負担はありません。
なぜなら、ヒザ振りが自然だからです。

そうすると、次の画像のパター型のインサイドキックのようにインサイドの面を作ったままで、股関節をスイングする必要は一切ありません。

(3)パス&ゴーがスムーズ

正しいインサイドキックは、蹴り終えてもバランスを崩すことはありません。
そうすると直立姿勢を保てるので、蹴り足が自然に前に出ます。
つまり、蹴り足が一歩目になって、パス&ゴーがスムーズになるということです。

現代サッカーはスピード化しているので、パスを出したら、直ぐに次のスペースに移動する必要があります。
つまり、パス&ゴーは絶対に必要なプレーなのです。

そうした意味でも、ぜひ、正しいインサイドキックを覚えてください。

(4)インサイドキックの当てる場所

最後になりますが、インサイドキックの当てる場所について解説します。
これは、U12~U13くらいまでに、最低でも3箇所は覚えてほしいところです。

①一般的なインサイドの面(蹴りやすいポイントで良い)→10~20m程度の距離を蹴る。

②インフロント⇒カーブ回転をかける。
厳密に言えばインサイドキックではありませんが、パスの種類を増やす意味でぜひ覚えましょう。

③くるぶしの近く→20m以上の長い距離を蹴る。

3.インサイドキックの練習法

インサイドキックを使ってパス練習をする時は、試合を想定したメニューを組むべきです
その場合のポイントは、2つです。
・キックの直前で左右のどちらかに蹴り分けること。
・狙った場所に正確に蹴ること。

次の動画は、私の息子「とも」と実演した、インサイドキックの基本的なパス練習のメニューです。

インサイドキックの練習メニューのポイントは、3つあります。
(1)左右の蹴り分け
(2)プレスからの蹴り分け
(3)マト当て

そこで、次に、3つの練習メニューを順に解説します。

(1)左右の蹴り分け

①蹴り分けとは?

これまで解説したインサイドキックの正しい蹴り方を身に付けると、左右の蹴り分けがスムーズになります。
また体幹ひねりを使うので、インパクトの直前でパスコースを変えることも出来ます。

そもそも、インパクトの直前でパスコースを変えるというテクニックは、簡単そうで意外と難しいです。
例えば、FCバルセロナの選手たちはショートパスをたくさん繋ぎますが、相手選手の間で受けることが多いです。

そうした場合、相手選手との距離が近くて、トラップの際にボールを奪われたら意味がありません。
だから、パスの出し手は相手DFの動きを見ながら、ときどきパスコースを変えることがあります。

こうしたプレーは、Youtubeなどで一度チェックしてみてはいかがでしょうか?
ポイントとしては、蹴る直前の蹴り足の向きは?、体幹をどのように捻ってキックしているのか?、という点に着目してください。
くれぐれも、足だけを使って蹴ろうとするとかなり難しいでしょう。

②蹴り分けは体幹の使い方が重要

サッカーは足だけでプレーするものではありません。
特に、インサイドキックの蹴り分けはパスを出す直前に行うものです。

そうした場合、例えば密集状態では十分にヒザを振って蹴ることも出来ないはずです。

このような試合中の状況も想定して、足だけに頼った蹴り方ではなく、これまで解説した体幹を使った正しいインサイドキックをぜひ覚えてください。

③左右の蹴り分けの練習方法

左右の蹴り分けは、ぜひワンタッチで練習しましょう。
なぜなら、試合中の状況を想定しながら、パスコースを変えるためです。

そもそも、試合中の密集状態ではトラップする暇もないはずです。
だからこそ、試合中の状況を意識してワンタッチで練習する必要があるのです。

もちろん、慣れるまではツータッチでも構いません。

なお、利き足側に蹴り分ける場合と、軸足側に蹴り分ける場合とでは、身体の使い方が少し変わるので注意してください。

(ア)利き足側に蹴り分ける場合

利き足側に蹴リ分ける場合は、インサイドキックのボールインパクトが落ちやすいです。
そこで、強いインサイドキックを蹴るために「みぞおち抜き」と「ワップダウン」の動きをプラスします。

その際、軸足(立ち足)をリラックスしてください。
ただし、インパクトの時はしっかりと踏み込みましょう。

インパクトの際は、次の3つを意識してください。
・体幹ひねり。
・みぞおち抜き。
・ワップダウン。

みぞおち抜きとワップダウンは、「背骨を直立した姿勢」から「く」の字に曲げるという重力落下運動を利用して、蹴る方法です。
重力落下運動とは、大きく背伸びをした状態から、一気に力を抜いてストーンと身体を沈ませます。
この落下運動をインサイドキックのパワーに変換するわけです(直立姿勢→「く」の字に曲げる)。

これにより、ヒザ振り+体幹ひねり+みぞおち抜き+ワップダウンの相互作用により、インパクトのスピードが速くなるわけです。

ちなみに、背伸びしてから沈むという動作は、筋肉の伸張反射も使っています。

体幹ひねり、みぞおち抜き、ワップダウンの動き、筋肉の伸張反射は、次の記事を参考にしてください。

参考記事
一本歯下駄トレーニングの練習メニューおすすめ22選!
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

こうした面倒なことをしないで、逆足で蹴ったらどうか?なんて思う人も多いでしょう。
でも、そうすると身体が開いてしまいます。
それに、そのようなことを考える前にきちんと利き足のレベルを上げましょう。
利き足のレベルを上げれば、必ずサッカーが上手くなります。

実際にも、海外のトッププレーヤーたちは、利き足を上手に使ってインサイドキックのパスを蹴り分けています。
日本はサッカー後進国です。
海外の選手たちのプレーからきちんと学びましょう。

(イ)軸足側に蹴り分ける場合

軸足側に蹴る場合は、フィギュアスケートのスピンのように、軸足でくるっと回るようなイメージで蹴ってください。
そうすると、足の重さと遠心力が使えるので、ボールインパクトのスピードが速くなります。

インパクトの際は、次の2つを意識してください。
・体幹ひねり。
・足の重さと遠心力を使う

足の重さと遠心力の使い方は次の記事を参考にしてください。

参考記事:サッカーの正しい蹴り方!ヒザを強く速く振るのは間違い?

これまで紹介したインサイドキックの練習メニューは、正確に蹴り分けることが狙いでした。
でも、相手からのプレスという試合を想定した練習も必要です。

そこで、次に、相手のプレスを想定したインサイドキックの練習方法をご紹介します。

(2)プレスからの蹴り分け

先ほど、ご紹介したインサイドキックの蹴り分けがスムーズに出来るようになったら、今度は2人1組になって、相手のプレスを想定した練習をしましょう。

蹴り分ける方向ですが、利き足側も、軸足側も、基本的な考え方は、先ほどの左右の蹴り分けと同じです。

ただし、プレスを受けると慌てやすいので、最初のうちはツータッチ(止めてから蹴る)で練習しましょう。
慣れて来たら、ワンタッチにしてください。

蹴り方のポイントは、

A.軸足(立ち足)をリラックスする。
そうすることで、トラップと蹴り分けがスムーズになります。

B.プレスに来る相手を出来るだけ引き付ける。
相手との間合いを取りつつ、慌てないようにしましょう。
イメージとしては、ドリブルの時にフェイントを使って相手を抜くプレーと同じです。

C.ボディコンタクトの直前で身体の向きを作る
身体の向きを作るときはタイミングが大切です。
最初から蹴る方向を向いていると、相手にパスコースが見破られてしまいます。
ここは、特に注意してください。

次の動画も参考になります。

最初のうちはプレスを受けて慌てるので、なかなか出来ません。
そういう時は、間接視野を使って、ボール、相手、蹴る方向を見るようにしましょう。
慣れれば、意外と簡単に出て来ます。

正しいインサイドキックの蹴り方を覚えると、必然的にパス&ゴーがスムーズになります。
パター型ではなかなかり難いので、出来るだけ早く正しい蹴り方を習得しましょう。

なお、この時にパスをしないでドリブルを仕掛けることも出来ます。
パスからドリブルの切り替えは、コーディネーション能力(変換能力)の一つです。
遊び感覚で、子供にやらせるとこうした切り替えが簡単に身に付きます。

ちんみに、この練習は、二人でやる鳥カゴみたいなものです。
二人一組で出来るので、ぜひ参考にしてください。

(3)マト当て

この練習は、インサイドキックで狙ったところに正確に蹴ることが狙いです。
試合中でもパスの精度は重要ですし、インサイドキックを使ってシュートすることも多いです。

そうした場合、最初のうちはゆっくり蹴っても良いので、先ずは正確さを重視して練習してください。
慣れて来たら、徐々に蹴るスピードをアップすれば良いだけです。

この時に大切なのが、ボールの軌道を正確にイメージすることです。

U13やU12であれば、10m程度の距離はピンポイントで当てましょう。
小学校低学年であれば、3~5mくらいで十分です。
「とも」は、小1のころに3メートルの距離から始めました。

やはり、狙ったところにインサイドキックで蹴るためには、ボール軌道の正確なイメージが大切です。
例えば、地面に見えない線をイメージするだけでも、かなり効果的です。

子供は、大人と違って余計なことを考えません。
だから、イメージ力が抜群なのです。
とにかく、繰り返し練習することでパスが正確になります。

幼稚園や保育園、小学校低学年までは遊び感覚でやっても良いでしょう。
例えば、ペットボトルをボウリングのピンの代わりに並べて、当てたりするのも面白いです。

夢中になって遊ぶうちにインサイドキックのコントロールを覚えるのも良いと思います。
ちなみに、ブラジルの子供たちも似たようなことをしていました。

また、単に、マト当てするだけではなく、試合を想定したイメージ練習も可能です。
例えば、次の図のように、CとDにマーカーやコーンをおいて、AからBにパスを出すという練習も出来ます。
この時に大切なのが、人ではなく「スペースにパスを出す」というイメージです。

テレビで見た試合中のパスのシーンを思い出しながら、マーカーやコーンの位置を変えて練習をすると、もっと効果的なトレーニングが出来ます。

4.インサイドキックの蹴り方と練習法のまとめ

日本では、いまだにパター型のインサイドキックを蹴る選手がいます。
Jリーガーにも、日本代表にも多いです。
これは、子供の頃に教えられた指導が原因です。

パター型の間違ったインサイドキックの特徴は、
・上体と軸足を蹴る方向に向ける。
・股関節を使って蹴る。
・パス&ゴーがやり難い。

これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックの特徴は、
(1)軸足をやや内側に向ける。
(2)体幹ひねりを使って蹴る。
(3)パス&ゴーがスムーズ。

海外の選手の多くは、このような蹴り方をしています。

日本はサッカー後進国です。
ぜひ、海外の正しいサッカーを見て、正しいインサイドキックを覚えましょう。

一方、インサイドキックの練習法は3つのメニューを紹介しましたが、私が30年前に過ごしたブラジルでも基本的なトレーニングばかりでした。

ブラジルは日本と比べるとサッカー強豪国ですが、基礎と基本はどの年代でもきちんと練習します。
基本を大切にするからこそ、サッカーが上手くなるのです。

ぜひ、こうした基本の練習を大切にしてください。
そうすることで、必ずインサイドキックが上手くなります。

-キック

執筆者:

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索