少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブル

マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説

投稿日:

Embed from Getty Images
マシューズフェイントの動きは大きく分けて、ディマリア型とメッシ型の2つに分かれます。
どちらのフェイントにも共通するのは、上半身のバネ作用を使うという点です。
特に、海外のサッカー選手は高重心なので全身のバネを使ったプレーを得意とします。

ところが、日本人のサッカーは下半身に頼ったプレーをする傾向があります。
だから、マシューズフェイントも足だけを使ったインサイドとアウトサイドの動作だけになります。
そうすると動作そのものが遅いため、スピーディーなフェイントになりません。

また、その他にもマシューズフェイントのやり方自体に、大きな間違いがあります。
そこで、今回は、日本人に多い間違ったマシューズフェイント、ディマリア型とメッシ型の正しいやり方、練習法などを詳しく解説します。

1.マシューズフェイントとは

マシューズフェイントは、元イングランド代表のスタンリー・マシューズが得意としたドリブルテクニックです。
日本では、単にイン・アウトとも呼ばれています。

(1)スタンリー・マシューズ

マシューズフェイントは、利き足側に相手を抜くドリブルという点で、とてもオーソドックスなテクニックです。


ふつうのフェイントは、いったんスピードを落としてから仕掛けるテクニックが多いと思います。
ところが、マシューズフェイントはスピードに乗ったままで、相手を抜くことが出来ます。
ほんの少し練習すれば、誰でも出来るテクニックなので、子どもたちにはぜひ覚えてほしいですね。

(2)日本人に多い間違ったマシューズフェイント

日本人がマシューズフェイントをやる場合、どうしても足の動きだけになる傾向があります。
先ほど、イン・アウトとも呼ばれている…と解説しましたが、次の動画は、上半身が棒立ちで足だけを使った典型的な動きです。

足だけのドリブルは、上半身を使わないので重りを背負ってプレーするようなものです。
しかも上半身と下半身の体重比は6対4なので、下半身の負担はかなり多くなります。

(3)試合では使えないマシューズフェイント

次の動画のプレーは複雑すぎるので、試合では使えません。

そもそも、マシューズフェイントはシンプルなテクニックです。
また、この方はフリースタイルの選手であって、サッカー選手ではありません。
単なるパフォーマーのレベルであって、参考にはなりません。

先ずは、基本の動きを身に付けた方が良いでしょう。

ところで、現代版のマシューズフェイントは大きく分けて、ディマリア型とメッシ型の二つのパターンがあります。
もちろん、二つのパターンともイン・アウトで相手を抜くのは同じですが、大きく違うのは上半身のバネ作用です。

そこで、次にこの二つのパターンを順に説明します。

2.ディマリア型

ディマリア型のマシューズフェイントは、比較的簡単なので、子供たちにはぜひマスターして欲しいですね。

ディマリア型は、イン・アウトでタッチする時、上半身のバネ作用として、肋骨の左右の部分を蛇腹のように交互に伸び縮みさせています。
海外のサッカー選手には、かなり多いパターンの身体の使い方です。

簡単に言えば、上半身を左右にクネクネ動かすと言う意味で、横方向のバネ作用を使います。

インサイドでタッチする時は、
肋骨の右側→伸ばす。
左側→縮む。

アウトサイドでタッチする時は、
肋骨の左側→伸ばす。
右側→縮む。

※ディマリアは左利きなので、右利きの人は、この反対の動きをしてください。

特に注意していただきたいのが、アウトのタッチで相手を抜く時に、軸足のヒザを踏ん張らない!ということです。
そもそも、肋骨の伸び縮みだけで十分なバネ作用が発揮出来るので、下半身の力は必要ないのです。
だから、足の力を使うのではなく、足の意識はインとアウトのタッチだけに集中してください。

3.メッシ型

メッシ型のマシューズフェイントは、複雑な身体の使い方をするので比較的難しいです。
この動きは覚えるまでには、かなり時間がかかるでしょう。
でも、ディマリア型より複雑な分だけ、スピーディーな動きになります。

ディマリア型は左右にクネクネと動く横方向のバネを使いますが、メッシ型は上下方向のバネ作用で身体を動かします。

私の息子「とも」も同じような動きをします。

そこで、「とも」のマシューズフェイントを参考にして動作解析をしてみます。

「とも」はメッシ型ですが、実は、大きな違いが一つだけあります。
それは、相手を抜く時に低い姿勢を維持したまま突破するという点です。
そうすることで、ドリブルスピードが格段にアップします。
そうした点も踏まえて順次解説します。

(1)軸足をボールの横に置く

マシューズフェイントは、軸足をボールの横に置くところから始まります。
日本ではインサイドのタッチから始まる…と教えることが多いですが、これは大きな間違いです。

(2)インサイドのタッチへ

軸足をボールの真横に置く動きからインサイドのタッチへ移ります。
この時点からフェイントが始まります。

先ほど、日本ではインサイドのタッチから始まる…と解説しましたが、日本人のマシューズフェイントは、ほとんどこのような動きになります。

そうすると、次の時点では面白い動きが見られます。
何と、インサイドでタッチしながら、軸足方向にジャンプするのです。

これは間違いというよりも、大きな問題です。
マシューズフェイントのインサイドのタッチは横方向へのフェイントですし、素早い動きが必要です。
また、横方向に身体を動かすためには、バネ作用も必要です。

ところが、ジャンプという動作は、身体がいったん上方向に行くので、その分だけ時間をロスします。
たしかに、コンマ何秒かの違いかも知れません。
でも、世界レベルの試合では、この違いが致命的になります。
また、ジャンプ動作は横方向へのバネ作用が使えないために生じる動作です。
これは、バネ作用が使えない日本人特有の動きなのでしょう。

ちなみに、ディマリアもメッシも、マシューズフェイントの始まりはいつも軸足からですし、上方向のジャンプ動作は見られません。

(3)インサイドのタッチと横方向のバネ

インサイドのタッチがフェイントの動きになりますが、この時にほんの少しだけ横方向のバネを使っています。
元々「とも」のマシューズフェイントはディマリア型だったので、その頃の名残だと思います。
でも、このような動き自体がフェイントになっているのです。

ちなみに、メッシのマシューズフェイントには、こうした横方向のバネ作用はほとんど見られません。

(4)フェイントからの切り返し

ここから先の動きは、メッシ型の特徴である上下のバネ作用を活かして突破します。

特に、ワップダウンの際は全身を一気に脱力してください。
そうすると重力落下運動が働くので、素早く身体を縮められます。

参考記事:バネ作用でサッカーがレベルアップ!ドリブルやキックに効果抜群

また、フェイントからの切り返しでは、ヒザ抜きをしましょう。

この場合、日本では軸足を踏み込んで…と、指導されることが多いです。

これは、軸足のヒザを踏ん張って相手を抜くということです。
元々、日本人のドリブルは下半身だけを使う傾向があり、上半身の重りを背負ってプレーするわけなので、ヒザで踏ん張って…となるとケガをするだけです。

(5)ワップダウンを続ける

フェイントからの切り返し動作をしながら、さらにワップダウンの動きは続きます。
それと同時にタッチをアウトサイドに切り替えます。

(6)ワップダウンのピークから前への動き

ここで、ワップダウンがピークになったので、次は頭の重さを使った突破の動きになります。

また、アウトで抜く時は蹴るのではなく、小指でソフトにタッチしてください。
そうすると、足からボールが離れにくくなります。
参考記事:サッカーのドリブルで「運ぶ」ということの本当の意味とは?

(7)低い姿勢で突破の動き

この姿勢は、短距離走のクラウチングスタートと同じです。

速い飛び出しのためには、欠かせない姿勢です。
なせなら、背骨のバネ作用を使うための収縮動作を続けているからです。
この後で、バネの復元作用として、上体を素早く立て直すことが出来るのです。

(8)通常のドリブル姿勢へ

(4)から始まったワップダウンの動きから、ワップアップの反射的なバネ作用によって身体が浮き上がります。
これによって、通常のドリブル姿勢に戻ります。

先ほどの(4)~(7)まで低い姿勢のワップダウンを続けましたが、これは背骨のバネ作用の収縮動作です。
バネの収縮は弾性エネルギーを蓄積するので、この時点で一気に放出したわけです。

これまでの動きの中で、上下のバネ作用と頭の重さを使った突破の動きは、メッシ型と同じですが、一点だけ違う動作があります。

それは、ドリブル突破の時にクラウチングスタートのような低い姿勢を続ける点です。
特に、蹴り足を一歩目にしているところから見ると、ドリブルと言うよりも短距離走のスタートダッシュに近い動作になっています。

これは、「とも」が小学二年生のころに足を速くするための練習の一環として、短距離ダッシュのフォームを矯正したことに由来します。


参考記事:足が遅いなんて言わせない!三ヶ月で速くなった練習法とは?

やはり、頭の重さを使った低い姿勢からのスタートダッシュを身に付けるためには、こうした練習が最適です。

4.マシューズフェイントの練習法

練習のポイントは、大きく分けて2つあります。
一つ目は、インサイドとアウトサイドのカットドリブル。
二つ目は、バネ作用を使うための体操です。

(1)カットドリブル

次の動画の前半のシーンを参考にして、インサイドとアウトサイドのカットドリブルを繰り返してください。
練習の時はスピードは必要ありません。
正確なタッチを心がけてください。

(2)バネ作用を使うための体操

① ディマリア型の動き

ディマリア型の特徴である、肋骨の左右を蛇腹のように交互に伸び縮みさせる動きは、次の体操をすると効果的です。

一本歯下駄を履いてやっても良いですが、足首の捻挫には注意してください。

② メッシ型の動き

メッシ型の特徴は、上半身のバネを上下に使うことです。
そのためには、一本歯下駄体操がおススメです。

でも、一本歯下駄を履かなくても、時間はかかりますが、それなりの効果は出ると思います。
参考記事:一本歯下駄トレーニングの練習メニューおすすめ22選!

ア.首下回し

突破する時に頭の重さを使う…という動作を養成するための体操です。

イ.体幹ひねり、ヒザ抜きブレーキ

インサイドのフェイント動作からの素早い切り返しを養成するための体操です。

体幹ひねり

ヒザ抜きブレーキ

ウ.体幹割れ

この動きは、アウトで突破する時の飛び出しの動作を養成する体操です。

エ.ワップダウン、ワップワップ

この動きは、背骨のバネ作用を養成するための体操です。
特に、メッシ型には重要な動作なので、繰り返し行ってください。

5.マシューズフェイントのまとめ

現代型のマシューズフェイントは、ディマリア型とメッシ型の二つの種類に分かれます。
両方に共通していることは、上半身のバネ作用を使うことです。
ディマリア型は左右の横方向のバネ、メッシ型は上下方向のバネを使います。
これによって、フェイントの動きが速くなるのです。
Embed from Getty Images
ところが日本人の場合は、下半身だけでサッカーをする傾向があるため、上半身のバネ作用が使えません。
そうすると、インサイドのフェイントでジャンプしたり、アウトの切り返しで軸足を踏ん張ったりするという…、おかしな動作が起こるのです。

日本の指導は、こうしたフェイント一つを取っても間違いが多いです。

やはり、海外のトッププレーヤーのテクニックを学ぶべきでしょう。

【画像引用:Youtube.com】

-ドリブル

執筆者:

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索