少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

キック

サッカーの蹴り方の科学!足の遠心力と重さを使ったキックとは?

投稿日:

サッカーのキックを蹴る少年
サッカーの蹴り方を科学的に考えると、パワーとスピードを生み出すのは、足の遠心力と重さになります。
なぜなら、遠心力によるエネルギーがボールに伝わることで、早く、遠くに飛ぶからです。
また、サッカーで蹴る時に足の重さを使うとインパクトのパワーを生み出します。

次の動画は、私の息子の「とも」が中学一年生のころのロングキックの様子です。


「とも」は小学四年生のころに、ヒザを使い過ぎて、じん帯をケガをしました。
そこで、正しい蹴り方を教えたところ、フルパワーの半分の力でも遠くに飛ぶようになりました。
もちろん、ヒザの痛みで悩むことは全くありません。
やはり、科学的に正しい蹴リ方を習得することが大切です。

ところが、日本のサッカー指導では、膝から下を強く!速く!振ることが、正しい蹴り方とされています。
実は、このような指導は大きな間違いを起こしています。

そこで、今回はサッカーの正しい蹴り方と練習法、膝を強く振ることの問題点などを科学的に解説します。

1.蹴り方の科学

サッカーの一流選手たちは、足の遠心力と重さを使ってボールを蹴ります。
自然身体構造研究所のタイツ先生こと吉澤雅之氏の解説動画をご覧になると、こうした蹴り方が科学的に正しいことがよく分かります。


ボールを蹴る時の遠心力とは、足の縦回転運動のエネルギーを利用するということです。
また、片足あたりの重さは体重の約18%なので、体重が60㎏の人の場合は約10㎏になります。
足の重さ使うということは、この10㎏分をパワーに利用するという意味です。

足の遠心力と重さを使った蹴り方時は、意外に思われるかも知れませんが、リラックスして軽くスイングした方が、ボールが速く遠くに飛びます。
なぜなら、筋肉の伸長収縮反射と関係するからです。

なお、筋肉の伸張反射は後ほど詳しく解説します。

ちなみに、先ほどのタイツ先生の解説はやや難しいので、次に図を使って詳しく説明します。

(1)足の遠心力を使った蹴り方

遠心力によってキックのスイングスピードを生み出すのは振り幅です。
振り子を例に考えてみましょう。
振り子
振り子の速度は最下点Cで運動エネルギーが最大になります。
そうすると、AとBが最下点Cを通過する時の速度は、どちらの方が速いと思いますか?
答えはAですよね。

これをサッカーに例えるとバックスイングの大きさの違いになります。

バックスイングを大きくすれば、その分だけ蹴る時のスイングスピードが速くなるのです。
つまり、遠心力を使って蹴ると、スイングスピードが速くなって、大きなパワーを生み出すのです。

(2)足の重さを使った蹴り方

足の重さを使うことによって、蹴る時のインパクトのパワーを生み出すことが出来ます。
このパワーは、物理的には運動エネルギーのことです。
足の重さを使ったキック
足の重さを使うためには、股関節から下をリラックスして力を抜いて軽く蹴ることが必要です。

この時、筋肉に思いっ切り力を入れてボールを蹴ったら、どうなると思いますか?
実は、パワーをロスするだけの結果になります。
なぜなら、サッカーのような動的なスポーツは、筋肉の伸長収縮反射によってパワーを発揮するからです。

伸長収縮反射とは、筋肉をゴムのように引っ張ってから反射的に縮ませるという動きです。
(例:膝振りの場合は、大腿四頭筋を引っ張ってから反射的に縮ませる)
この時に筋肉に力を入れたとしたら、それは弾力のない硬いゴムと同じです。
そうすると、筋肉を引っ張ることも縮ませることも十分に出来ません。

むしろリラックスした方が筋肉の伸長収縮反射が活かせるのです。
こういう考え方を「筋出力の最大化」と言い、自分の持つ筋肉のパワーを最大限に発揮する方法です。

筋肉の伸張反射は、次の記事を参考にしてください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

さて、以上の2つの考察を集約すると、ボールを蹴る時のパワーを生み出す原理が分かります。
・遠心力を使うために、バックスイング大きくするとスイングスピードが速くなる。
・重さを使うことで、インパクトのパワーを生み出す。
この2つの点が重要なのです。

そこで、次に、足の遠心力と重さを使った蹴り方の練習法について解説します。

2.遠心力と重さを使った蹴り方の練習法

遠心力と重さを使った蹴り方を習得するのは簡単です。
サッカーのキックで足の遠心力と重さを使った蹴り方の練習
股関節から下の筋肉の力を抜いて、振り子のようにスイングしてみましょう。
そうすると遠心力と重さを体感出来ます。
足首に重り(ウエイト)を付ければ、もっと実感しやすいです。

慣れてくれば、自然とスイングスピードがアップします。
そうすると、筋肉に力を入れない方が楽にヒザが振れる…と感じられるはずです。

まるで、騙されたように感じると思いますが、科学的には、これが正しい蹴り方なのです。

さて、遠心力と重さを使う感覚に慣れたら、次はボールを蹴ってみてください。
この時に大切なことは、リラックスして足をボールに当てる…ということだけです。
決して、遠くまでボールを蹴ろうとは考えないようにしましょう。

ボールを遠くに飛ばそうとして力んでしまうと、筋肉に力が入ってしまいます。
そうなると足の遠心力と重さを使うことが出来ません。

この感覚に慣れて来ると足に余計な力が入らないので、ボールコントロールが正確になります。

その理由は野球を例にするとよく分かります。
試しに全力でマトに向かってボールを投げてください。
次に力を抜いてボールを投げてください。
どちらがマトに当たりやすいですか?
力を抜いて投げた方ですよね。

サッカーの蹴り方も同じことです。
足の力を抜いて軽く蹴ることを覚えれば、キックのボールコントロールが格段に上達するのです。

しかも、今まで経験したこともないようなスピードとパワーを発揮します。
ぜひ、試してみてください。

さて、子供たちが、こうした蹴り方を身に付ければヒザの使い過ぎによる痛みで悩むことはありませんが、やはり現状の「ヒザ下を強く振る」という指導は問題があります。

そこで、次に、この問題について深く考えてみましょう。

3.膝を強く振る蹴り方の2つの問題

育成年代の子供たちが「膝下を強く振る」という蹴り方の指導を受けると、果たしてどのように理解すると思いますか?

強い膝振りを意識しすぎるために、結局は関節を酷使するだけになります。
たぶん、子供たちは誰でも一度は膝の痛みを経験したはずです。
つまり、これまでの指導は「膝下を強く振る」ということを、意識し過ぎたのです。

その結果、スポーツ理論と医学的所見という点で2つの問題を起こしています。
この点を2つに分けて考察しましょう。

(1)スポーツ理論からの膝振りの問題点

ボールを強く蹴ろうとして、力任せに膝下を強く振ろうとすると、ヒザ関節とその周辺の筋肉を無理に動かそうとするので、かえって動きが悪くなります。
その結果、リラックスした自然な膝振りが出来なくなります。
そうすると勘違いを起こして、さらにスイングスピードをアップさせようとして、ヒザ下の強い振りを繰り返すことになるでしょう。

先ほども解説しましたが、サッカーのような動的スポーツは筋肉の伸長収縮反射が必要です。
全身をリラックスして筋肉をゴムのように使うことが大切なのです。
決して、膝下を強く振ってはいけません。
ヒザを脱力した蹴り方が正しいのです。

(2)医学的所見からの膝振りの問題点

ひざ関節は筋肉そのものではないので、膝の力だけではパワーを出せません。
ヒザの周辺と上下に付いている筋肉群や骨格を動かすことによって、キックのパワーを生み出すのです。

その際「膝下を強く振る」ことを意識して、いくらヒザに力を入れても、じん帯などに炎症を起こすだけです。
太もも、ふくらはぎ、スネにも力が入るので、酷使すれば肉離れを発症するケースもあります。

先ほども解説したとおり、ヒザ関節と周辺の筋肉を無理に動かそうとして必要以上に力んでしまうと、ひざ関節、太もも、ふくらはぎ、スネが硬直するので、かえって動きが悪くなります。

これは、ヒザの動きにブレーキをかけることと同じなのです。

むしろ、股関節と膝を脱力した蹴り方の方が、足の遠心力と重さが使えるので、自然で速いヒザ振りが出来るのです。

試しに、ヒザの関節、太もも、ふくらはぎ、スネに思いっ切り力を入れてスイングしてみてください。
そして、次に股関節と膝を脱力してスイングしてみてください。

実際にやって見ると分かりますが、スイングスピードはほとんど変わりません。
むしろ、慣れてくれば股関節から下を脱力してスイングした方がスピードアップするのです。
そうすることで、正しい蹴り方が身に付くのです。

4.サッカーの正しい蹴り方を覚えよう

私がブラジルでジュニアのアシスタントコーチをしていた頃のことです。
子供たちは貧弱な体付きなのにも関わらず、強くて速いキックを蹴っていました。
また蹴り方が自然で、しかもムダな力みが全くありません。


たぶん、あなたもいろいろな子供を見て「こんなに華奢なのに、どうしてあの子が蹴ると遠くまで飛ぶの?」なんて驚いた経験があるはずです。

これまでの解説を読んでお分かりになったと思いますが、特に難しい蹴り方をしているわけではありません。
スポーツや医学の分野において、科学的に正しい身体の蹴り方をしているだけなのです。

ところが、少年サッカーの多くの指導者は未だに「ヒザ下を強く振る」ことだけを繰り返し教えています。
果たして、小学生や中学生などの育成年代の子供たちが、真意をきちんと理解出来ていると思いますか?

ほとんどの子供は、ヒザを使ってボールを蹴る…と理解するはずです。
そして、ひたすらこの練習を続けてヒザを酷使するだけでしょう。
「ヒザ下を強く振る」という言い方だけでは大きな間違いの元になるのです。

指導者たちは、子供たちに正しい蹴り方を伝える責任があります。

一方、多くの子供たちがヒザの痛みで悩んでいるはずです。
サッカーをしているのだから仕方がない…などと思い過ごすのはやめてください。
親として、大人として、子供たちを救ってあげることが出来るはずです。
私は、日本の多くのサッカー少年たちが正しい蹴り方を理解してほしいと願っています。
ぜひ、参考にしてください。

-キック

執筆者:


  1. ゆいかなパパ より:

    はじめまして。
    年長の息子が、サッカーをしているのですが、インステップキックが全く蹴れません。(蹴り足のテイクバック、腕の使い方など)

    本人曰く地面を、蹴るのが怖いと言って蹴る感じになっていません。

    何から始めればいいのでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • ともパパ より:

      ゆいかなパパさんへ

      コメントをありがとうございます。

      子供さんが年長と言うことは、幼稚園か保育園ということでしょうか?
      よろしかったら年齢をお教えください。

      • ゆいかなパパ より:

        返信ありがとうございます。幼稚園で6歳になったばかりです。

      • ともパパ より:

        ゆいかなパパさんへ

        コメントをありがとうございます。

        私としては、小学校入学前の子供さんにインステップキックを練習させるのは、あまりおススメ出来ません。
        なぜなら、体格の問題として、身長や足の長さ、クツのサイズ、筋力や関節の成熟度も考慮する必要があるからです。
        そもそも、このキックは、身体に負担のかかるキックです。
        失敗すると、骨折、脱臼、捻挫などのケガをしてしまいます。

        一方、インステップキックは、足の甲の中心でボールの中心を蹴るものです。
        ほんのわずかでもズレると回転がかかったり、狙ったところにコントロールできません。
        そうした意味では、技術的にも難しいです。

        そうしたことを踏まえて、あえてアドバイスするとしたら、今の時点は次のことから始めたらいかがでしょうか?

        (1)インステップリフティング
        利き足だけを使って、無回転で出来るようにしてください。
        足の甲の中心でボールの中心を蹴る技術と、身体の開きをなくすという技術を習得するためです。
        バウンドリフティングは絶対ダメです。
        回数は1000回以上と言いたいところですが、
        小学校入学前で筋肉や骨格の成長の兼ね合いがあるのでムリは禁物です。

        (2)ちょんちょんリフティング
        強い軸を作って蹴り足の遠心力を克服するために必要です。
        多少は回転しても構いませんが、やはり1000回は必要です。
        これもムリはしないでください。

        なお、この二つのリフティングは、いつやっても簡単に出来る!
        という程度にならないと、次のステップには進めないとお考えください。

        1~2年の長い目で見てください。
        そのうえで、実際のフォームを検討する方が良いと思います。

        ちなみに「とも」は、小学校一年の冬休み前からサッカーを始めました。
        それ以前は、たくさん遊んで身体を動かして身体能力を高くした方が良いと思ったので、何も教えませんでした。
        それでも、現在は特に何の問題もありません。

      • ゆいかなパ より:

        ともパパさんへ

        返信ありがとうございます。
        インステップキックに関してはまだまだ教える必要はないんですね。

        息子の周りの一部やYouTubeなどで同学年の子たちがしっかりしたフォームで蹴るのを見て、私が勝手に焦ってしまっていました。

        ともパパさんから言わせれば何がしっかりしたフォームだと聞き返されそうですが。。

        以前よりブログを拝見させて頂いていたので片足リフティングは継続的にやっています。
        なかなか回数が増えて来ないのと蹴った時に無回転ならない、蹴るポイントが高いなど課題は山積みですが、裸足で練習しています。

      • ともパパ より:

        ゆいかなパパさんへ

        急がば回れ!と言いますよね。

        同年代の子供が何を出来ようが、先ずは基本をしっかり身に付けるのが大切です。
        焦る気持ちは必要ありません。
        今の年代でやるべきことをやれば、結果は必ず後から付いてきます。
        いずれ追い抜いてしまいます。

        私は「とも」に基本の大切さを繰り返し説いています。
        〇〇が出来た…と思っても、それは単に出来ただけです。
        本当に大切なのは、百発百中のテクニックになるまで練習をすること!と言い聞かせています。

        極端な例ですが、小3~小5にかけてトラップばかり練習させたこともあります。
        その結果、どんなボールが来ても自分のものに出来るようになりました。
        今でも、トラップとリフティングは毎日練習します。
        それだけ、基本が大切だということです。

        それと、裸足の練習は素晴らしいことです。
        裸足の感覚は一生の財産になります。
        これはいつまでも、大切にしてあげてください。

        それと、ボールを扱う時は空気圧を低くしてみてください。
        蹴る時にボールが凹んで足との接地面が大きくなります。
        そうすることで、足の感覚も繊細になります。

        いずれにしても、今は基本だけをしっかりやって見てください。

      • ゆいかな パパ より:

        ともパパさんへ

        コメントありがとうございます。
        焦らずじっくり鍛えていきます。

        ちなみにですが、小学校入学前の子に効果的な基礎練習はなんでしょうか?

        質問ばかりですみませんがよろしくお願いします。

      • ともパパ より:

        ゆいかなパパさんへ

        小学校入学前と言うよりも、ずっと続けていただきたい練習があります。

        1.利き足リフティング
        これは体の開きを抑え、強い軸を作るためです。

        2.指先ドリブル
        親指、人差し指、小指などを使って裸足でドリブルしてください。
        特に決まりはありません。
        こんな感じをイメージしてください。
        https://youtu.be/urBELWCRVU4

        3.トーキック
        つま先を使って正確にボールが蹴れるようにしてください。
        日本では「止めろ!」と言われますが、それでは指先の繊細な感覚は身に付きません。
        これも決まりはないですが、ビリヤードのように正確にボールの中心を蹴れるようにしてください。

        いずれ、小学校低学年向けの練習メニューをまとめて記事にする予定です。

        それまでは、しばしお待ちください。

      • ゆいかな パパ より:

        ともぱぱさん

        コメントありがとうございます。

        低学年向けの練習方法楽しみにしてます。

        一つ質問ですが、ドリブルの練習方法を調べるとアウトサイドでのドリブルが推奨されていますが、実際自分でしてみると窮屈に感じてしまいます。

        息子のドリブルはインサイドが非常に多いと感じています。

        今回、教えて頂いたつま先ドリブルを教えてみます。

        ありがとうございます。

  2. ゆいかなパパ より:

    ともパパさんへ

    はじめまして。
    アメブロの時から見させて頂きました。
    今回、ブログを移動されたのでコメントを書くことができ、非常に嬉しく思います。
    現在、年長の息子がサッカーをしているのですが、私自身が経験者でなく、あまり教えてあげることが出来ていません。

    そこで色々アドバイス頂ければと思いますのでよろしくお願いします。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索