少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの基本

サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較

投稿日:

サッカーは利き足を使うプレーが自然なスタイルです。
海外のトップ選手たちの技術の基本も全て利き足にあります。

もちろん、このような選手たちも、ときどき逆足を使うプレーが見られます。

だから逆足も練習しないと上手くならない…というわけではありません。
むしろ、利き足のレベルを最大限に引き上げるべきなのです。

そもそも、利き足と逆足の使い方には役割の違いがあります。
メッシ、マラドーナ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールでさえも、利き足と逆足を使い分けているのです。
Embed from Getty Images
これは事実であって一流選手の証明です。
日本の選手たちのように、無駄に逆足を使うようなプレーは見られません。

そこで、今回は利き足と逆足の役割について、海外と日本のサッカーの違いを詳しく解説いたします。

【海外の選手たちの利き足の使い方】

海外の選手たちは、利き足のレベルが極めて高いです。
だから、レベルの高い利き足をメインに使い、逆足はサブとして使います。
Embed from Getty Images
利き足が使えない局面(相手に利き足側を塞がれているケースなど)でも、利き足で何とかしようとします。
また、相手にボールを奪われそうな激しい局面ほど利き足を優先して使おうとします。
それだけ、自信を持っているということなのでしょう。

一方、逆足はレベルが低いので、利き足と同じような使い方はしません。
どちらかと言えばサブとしての役割があります。

逆足を使う時は、大きく分けて二つの点に着目することが大切です。

(1)ドリブル、トラップ
逆足でタッチをしても一時的なものでしかないので、すぐに利き足に戻します。
ここで大切なことは、常に利き足でボールを持つということです。

(2)キック
蹴る直前のタッチは、ほとんどが利き足を使っています。
なぜなら、レベルの低い逆足でも蹴りやすい位置に、正確にボールを置くためです。

二つのことに共通するのは、利き足の方が逆足よりも正確にコントロール出来るという点です。

そうすると、例えば逆足で蹴った場合、逆足を使った…という結果的な見方を重視するべきではありません。
むしろ、蹴る直前の利き足の使い方にあるということなのです。

ちなみに、メッシが逆足(右足)でシュートを打つ時も、その直前のタッチは利き足(左足)を使うことが多いです。

次の動画はメッシが右足を使ってシュートするシーンを集めたものです。


この動画をご覧になって、メッシが右足でシュートする直前のタッチはどちらが多いと思いますか?

利き足の左ですよね。

つまり、逆足を使う時でも、基本的なボールコントロールは利き足を使うことが大切なのです。

近年、海外のプロリーグの試合を放映する機会が増えましたよね。
Youtubeなどの動画サイトでもダイジェスト版を見ることが出来ます。

ここでの選手たちのプレーは、ほとんどが利き足を使っているという事実に気が付きませんか?

もちろん例外はあるでしょうが、利き足がメインで逆足がサブという考え方は世界標準です。

また、利き足がメインで逆足がサブという考えは、2018年のロシアワールドカップで日本代表と対戦した国の選手たちにも共通しています。

そこで、次に日本と対戦した3か国の選手たちの利き足と逆足の使い方を見てみましょう。

【2018ワールドカップの選手】

ここでは、日本代表とグループリーグで対戦した、コロンビア、セネガル、ポーランドのエース級の選手たちの利き足の使い方を解説しましょう。

(1)コロンビア

日本代表とは、2014年のブラジルワールドカップでも対戦したので、おなじみですね。
注目していただきたい選手は、バイエルンに所属するMFのハメス・ロドリゲスです。
ロドリゲスは、利き足の左をメインに使います。


2~3人の相手に囲まれてボールが奪われそうな時も、利き足の左で何とかしようとします。
やはり、利き足のボールコントロールには絶対的な自信があるのでしょう。

(2)セネガル

日本ではあまり馴染みのない国ですが、アフリカ予選では3次予選グループDを首位通過した強豪国です。
注目していただきたい選手は、リバプールに所属するFWのサディオ・マネです。


マネは、利き足の右をメインに使います。
アフリカの選手なので身体能力の高さが目立ちますが、ボールコントロールの精度は抜群です。
また、アウトサイドで利き足側に抜くプレーは、ぜひ日本の子供たちにも見習ってほしいですね。

(3)ポーランド

最も注目するべき選手は、バイエルンに所属するFWのロベルト・レヴァンドフスキです。


日本代表の香川が所属するドルトムントでもプレーしていたので、おなじみです。
レヴァンドフスキは、ヨーロッパ予選の得点王で典型的なストライカーです。
チームではフリーキックも蹴るので、利き足の右の精度は極めて高いです。
利き足をメインに使い、極限にまでレベルを引き上げたからこそ、抜群の技術が身に付いてるのです。

以上のように、いずれのプレーヤーも利き足のレベルが高いです。
トラップ、キック、ドリブルとも、日本代表の選手たちのレベルとは比べ物になりません。

テレビなどでワールドカップの試合を見る時は、ぜひ彼らの利き足にも注目してください。

ところで、日本の育成年代の指導には、利き足がメインで逆足がサブという考えはあまり見られません。
実は、こうした点が大きな問題を生んでいます。

そこで、次に、日本サッカーの指導の現状について考えてみましょう。

【日本サッカーの現状】

日本の育成年代では、海外のように利き足がメインで逆足がサブという指導はほとんどありません。
そうすると、利き足を使って何とかしようという考えも生れません。
利き足と逆足の差を失くし、両足を自在に使えなくてはならない…という指導さえもあります。

その結果、育成年代の子供たちには、どのような事態が起きていると思いますか?

実は、利き足のレベルが中途半端になり、身体が開いて、軸の弱い選手が多くなっているのです。

一方、日本では逆足を使う場合の別の見方として、結果論的で狭い視野を持った考えも広まっています。
例えば、先ほども解説しましたが、メッシは右足を使うこともある…、だから逆足も使えなくてはならないという発想です。

実は、これがそもそもの間違いなのです。

最も大切なことは逆足を使う前のプレーにヒントが隠されているのです。
Embed from Getty Images
メッシが逆足を使う前に、どのようにして利き足でボールをコントロールしたのか?という過程に着目するべきです。

逆足で蹴る場合はキックしやすい安全な位置に利き足を使ってボールを運んでいるだけなのです。

こうした結果論的な考え方に固執する限り、いつまで経っても日本の育成年代は進歩しないと思います。

【世界標準の考え方に気が付く重要性】

先ほど「メッシが逆足(右足)でシュートをすることもある…、だから逆足も使えなくてはならない」と解説しました。
たぶん、日本の多くの子供たちは似たようなことを何度も聞かされたのではないでしょうか?

私としては、このような指導をした人たちは果たしてメッシの一連のプレーをきちんと分析しているのだろうか?という疑問さえあります。
きちんと理解しているとしたら、利き足がメインで逆足がサブという世界標準の考え方に気が付くはずです。

一方、小中学生の年代であれば、指導者に言われれば何らの疑問も持たずにひたすら逆足の練習を続けると思います。

そればかりではありません。
両足でボールをこねくり回すような間違ったプレーが身に付くケースも見られます。
幼少期から両足練習を繰り返すと、軸が弱い、身体が開く、利き足のレベルが中途半端になる、そうした子供を大量生産するだけです。

そもそもヒトはそれほど器用な生き物ではありません。
利き足と逆足を均等に使いこなすことは出来ないのです。

そうすると海外のように、利き足のレベルを伸ばした方が得策であるという発想が出て来るのです。
だからこそ、利き足がメインで逆足がサブという考え方に落ち着くのです。

日本はサッカー後進国ですが、これまでワールドカップに6回も出場しています。
それならば、海外のサッカーの現状から多くのことを学ばなくてはなりません
そろそろ、利き足と逆足の役割も習得するべきです。

そうして育成された子供たちが成長することで、サッカー先進国の道を歩むのではないでしょうか?

-サッカーの基本

執筆者:


  1. ゆいかな パパ より:

    ともぱぱさん

    こんにちわ。
    利き足に付いて非常に勉強になりました。

    この話の中にも含まれているアウトサイド側にドリブルをするよい練習方法はありますでしょうか?

    また以前トーキックに付いて教えて頂きましたが、練習方法を教えて頂けませんでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • ともパパ より:

      ゆいかな パパさんへ

      1.アウトサイド側にドリブルをする…というのはアウトで相手を抜くというご質問ですか?

      2.トーキックに関しては、先日のコメントの中で、
       決まりはないですが、ビリヤードのように正確にボールの中心を蹴れるようにしてください。
       とお伝えしました。
       特に決まりはないので、例えば、5~10m先の目標に当てるとかの練習で結構です。

      • 匿名 より:

        ともパパさん

        返信ありがとうございます。
        質問が下手ですみません。アウト側ではなくアウトで抜くですね。

        あと、息子はドリブル時、シュート時において上半身がガチガチになっています。
        何か改善策はありますでしょうか?

      • ともパパ より:

        杏仁さんへ

        息子はドリブル時、シュート時において上半身がガチガチになっています。とありますが、
        これは緊張しているということですか?

      • ゆいかなパパ より:

        ともパパさん

        すみません。ゆいかなパパからの質問です。
        緊張しているわけではないのですが、上半身がぎこちないです。
        分かりにくい質問ですみません。

      • ともパパ より:

        ゆいかなパパさんへ

        ぎこちない…というのは具体性がないので、よく分かりません。
        たしか、年長の子供さんですよね。
        だったら、それほど気にされる必要はないと思います。

        どうしても気になるようなら、Youtubeに動画をアップすればアドバイスも出来ると思います。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索