少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブル

サッカーのドリブル練習法!小学生向け基本メニュー8選

投稿日:


小学生の低学年のサッカーのドリブル練習にとって、最も大切な基本は何だと思いますか?
いろいろなテクニック、抜き方、フェイントなどを覚えることでしょうか?

たしかに、それもあるでしょうが、その前に大切なことを忘れています。

そこで、今回は、小学生の低学年のドリブルにとって、今だからこそ覚えるべき基礎と基本、練習法などを詳しく解説します。

なお、足裏のドリブル練習法については、別記事でご紹介します。

1.ドリブルの基礎基本と足の指の感覚

小学生の低学年がドリブルを練習する時は、先ず何よりも足の指の繊細な感覚を身に付けることが大切です。
そこで、次に、こうした点について解説します。

(1)なぜ足の指の感覚が大切なのか?

① 足指の感覚の習得は最優先

サッカーのドリブルにとって、足の指の感覚を繊細にすることは、とても大切です。
なぜなら、指は、「触覚」という5つの感覚器官(その他に視覚、聴覚、嗅覚、味覚)の一つだからです。
特に、繊細なボールタッチは足の指の感覚を磨くことで身に付くものです。
だからこそ、子供たちは、この感覚の習得が最優先なのです。

こうした場合、裸足でサッカーをするだけでも効果的ですが、日本の子供たちは裸足で過ごす時間が少ないので、足の指の感覚が劣っています。
裸足でサッカーすることが多い、サッカー大国ブラジルの子供たちと比べると、なおさらその違いがハッキリします。

また、大人は子供に対して、幼少期からいろいろなドリブルテクニック、抜き方、フェイントなどを覚えさせようとします。
でも、これは覚えさせるべき順番を間違っています。
例えば、ドリブルのフェイントを習得するとしたら、タッチのやり方、動作、スピードなどの練習が必要です。
でも、フェイントを覚える以前の問題として、タッチの強弱の程度や、タッチの質などという点は、足の指の感覚と密接に関係します。
つまり、指の感覚が未熟な状態で、いくらテクニックなどを覚えても、中途半端にマスターするだけであって、実際の試合で使いこなせるのか?という点では、ほとんど意味を持ちません。

たしかに、ゴールデンエイジが間近に迫っていることや、運動神経の早期発達のためには、いろいろな練習が必要かも知れません。
ところが、ゴールデンエイジの理論は科学的に解明されたものではなく、ましてや運動神経という名前の神経組織は存在しません(単なる通称)。
そうすると、テクニックの習得は、いつになっても間に合うものですし、そもそも小学生の低学年から始める必要もありません。
また、こうしたテクニックの類は、サッカーに必要な動作を習得するだけであって、足の指の感覚を繊細にすることは、ほとんど期待できないのです。

要するに、子供たちは、足指の感覚を繊細にすることが最優先なのです。

② 足指の感覚を繊細にする最適期

子供の皮膚は大人よりも薄く、特に小学生の低学年はドリブルやキックをするだけでも、刺激があります。
例えば、蹴る時の痛み、タッチの密着感や強弱などは、簡単に言えば全て肌への刺激です。
こうした刺激こそが、足の指の感覚の習得に繋がるのです。

これはピアノのレッスンと似ています。

例えば、ドの音を指先のタッチで音色を変えたとします。
その時に、刺激されるのが指先の感覚と聴覚としての音感です。
このようなことを繰り返しながら、曲を覚えてピアノが上手くなっていくのです。

こうしたヒトの感覚器官は、生まれ付き発達しているかどうかという個人差はありますが、後天的に鍛えることも可能です。
でも、サッカーの場合、成長とともに皮膚が厚くなるので、足の指の感覚も鈍くなってしまうのです。

そうした意味では、小学生の低学年までのドリブルは、足の指の感覚を鍛えるメニューに特化して練習するべき時期なのです。

(2)ドリブル練習に最適なシューズとは?

先ほど、ドリブルは、足の指の感覚を鍛える練習メニューが必要であると解説しましたが、その際はシューズ選びも大切です。
こうした場合、シューズメーカーは耐久性を考慮するので、アッパー(皮)が厚めに作られています。
そうすると、革靴を履いてドリブル練習をするのと同じなので、足指の感覚は繊細になりません。

なるべくなら裸足で練習するのが良いのですが、そうでない場合は出来るだけ素足感覚の靴を選びましょう。
特にサッカーシューズでなくても良く、薄手のスニーカー、アップシューズなどでも大丈夫です。

私が最もおススメするのは、小学校の上履きです。

上履きのメリットは、
・皮(アッパー)が薄いので、素足感覚になる。
・靴底が薄く滑りやすいので、グリップ力が強化され、バランス感覚が身に付く。

ふつうに考えたら、このような靴でドリブルの練習をすると滑ったり転んだりして危ない!と思います。
だからトレシューやスパイクが必要…、などと思ったら間違いです。
練習だからこそ、こうした靴を履くべきなのです。

私が30年前に過ごしたブラジルのサンパウロの子供たちは、よく裸足でストリートサッカーをしていました。
裸足でサッカーをすることの良さは、足の指の感覚が鍛えられてタッチが繊細になることです。

一方、裸足が危険…というのであれば、せめて薄手のシューズを履いてドリブル練習をしてほしいと思います。

(3)足指の強化

サッカーのドリブルは、ボールをタッチしながら走る、歩く、止まるという動作の繰り返しです。
そうした場合、特に大切なのが、土踏まずのアーチ構造と足回りの筋肉群の強化です。

特に、日本の子供たちは偏平足が多く、土踏まずの未熟な偏平足予備軍も多いはずです。
また、近年では大人に多いはずの外反母趾の子供も増えつつあるようです。

一方、サッカーの場合は、土踏まずや足回りの筋肉群に大きな負荷をかけるので、特に足指の強化は大切です。

そこで、ぜひおススメしたいのが、次の動画のような足指グーパーと足指スリスリです。

その際、必ずリスフラン関節を動かすように意識してください。

そうすることで足回りの筋肉群が連動して、効果的な補強が出来ます。

詳細はこちらの記事をお読みください。
かかとの痛みの原因は土踏まず!アスリート必見超簡単強化法

この練習は、毎日1分ずつでも続ければすぐに効果が現れます。
効果の目安は、1~2週間程度で足の甲が盛り上がり、指と指の間が広がります。
3ヶ月~半年程度で、足首周り、ふくらはぎ、アキレス腱などの筋肉群が太くなります。

ぜひ試してください。

2.足の指を意識したドリブルの練習法

ここからは、いよいよ個別の練習メニューを紹介します。
どの練習も一見して地味に思えますが、先ほども解説したとおり、足指の感覚を繊細にするのは小学生の低学年までが最適期です。
いずれのメニューも足の指を意識することで、練習効果がアップします。
また、全て子供一人だけで出来る練習法です。
一セットあたりの回数やセット数などの目安は特にありませんが、子供が疲れ切ってしまうまで練習すると効果は半減します。
そうした点は、ご注意ください。

(1)走るドリブル

ここでは、走る動作とドリブルを一体化させる練習です。
特に、後述の②良い例のドリブルが出来ているのであれば、この練習は必要ありません。

① 悪い例

小学校低学年でよくありがちなのが、ボールを蹴って追いかけるドリブルです。

これでは、ボールを支配して自分のモノにしているとは言えません。
試合中で広いスペースがあるのであれば良いですが、密集状態では相手に簡単に奪われてしまいます。
単に蹴っているだけのドリブルは、なるべく早い時期に止めさせましょう。

② 良い例

サッカーのドリブルは、基本的に走る動作と同じです。
唯一の違いは、ボールにタッチするかどうかだけです。

ドリブルの時は、利き足を前に出した時に必ずボールをタッチするようにしましょう。

ボールにタッチするということは、自分のモノとして支配しているということです。
こうしたことは、基本中の基本です。
幼少期のうちに身に付けましょう。

詳細はこちらの記事をお読みください。
サッカーのドリブルで「運ぶ」ということの本当の意味とは?

(2)アウトのドリブル

① タッチの感覚を身に付ける

アウトのドリブルは試合中に最も多く使うタッチです。
先ずは、このタッチをきちんと身に付けましょう。

足の小指に全神経を集中させて、ボールの中心からやや下をタッチしながら直線ドリブルを繰り返してください。
特に、一つ一つのタッチを指先で感じながら、正確にボールを触ってください。
また、自分の走るスピードに合わせて、タッチの強弱を変えることも必要です。
こうした練習を繰り返すことで、足指のタッチの感覚が身に付きます。

なお、ドリブルのスピードはジョギング程度で良いので、決してスピードアップしないでください。
必要以上に速くすると、タッチが雑になってしまうので注意してください。

② 足首の脱力と筋肉の伸張反射

アウトのドリブルでタッチする際は、必ず足首を脱力してください。
その理由は、足首とスネの筋肉の伸長収縮を起こすためです。
そうすることで、足からボールが離れなくなり、いわゆる「柔らかいタッチ」が身に付きます。

詳細はこちらの記事をお読みください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

ちなみに、海外のトッププレーヤーのドリブルも、ほとんどこのようなスタイルになります。

この場合、市販のサッカー教材やネットなどの情報では、小指でボールを押す…などと掲載されていることがあります。
これをまともに受け入れると足首に余計な力が入ってしまうので、柔らかいタッチが身に付きません。
くれくれも、ご注意ください。

(3)ヒザ下ボールタッチ

このドリブルは、試合中の密集状態でヒザ下にボールを置いて、小刻みなタッチを繰り返すことを想定した練習です。
また、アウトのドリブルとヒザ下のボールタッチを適宜切り替えながらの練習も効果的です。

ドリブルでタッチする時の足首の脱力は、先ほどのアウトのドリブルと同じ要領です。
足首とスネの筋肉の伸長収縮を活かしながら、足指の感覚を繊細にしてください。

(4)つま先タッチ

① タッチの感覚を身に付ける

このタッチを覚えると、先ほどのアウトのドリブルとは違って、タッチした足のカカトが地面に接地出来ます。
そうすると、ドリブルがスピードアップします。

足のつま先に全神経を集中させて、ボールの中心からやや下をタッチしながら、直線ドリブルを繰り返してください。

先ほども解説したとおり、つま先タッチの特徴はドリブルスピードが速くなることですが、ハッキリ言いますと、このタッチはかなり難しいです。
なぜなら、先ほどのアウトのドリブルと比べて、ほんのわずかでもタッチが強いとボールが加速してしまい、足からボールが離れやすくなります。
そうすると、アウトのドリブル以上の繊細なタッチが必要になります。
でも、こうした練習を繰り返すことで、足指のタッチの感覚がさらに敏感になります。

子供がサッカーを始めたころは、誰でもつま先でボールを蹴っていたはずです。
ところが、いつの間にかドリブルやキックのやり方を矯正されて、つま先の感覚が鈍ってしまいます。
つま先とは指先の感覚であって、とても重要な感覚器官です。

日本では、こうした指導はほとんどありません。
だから、日本のドリブラーはプロアマ問わず、上手くならないのです。

ちなみに、世界的なドリブラーであるメッシやロッペンも、時々、つま先タッチを使います。

② 足首の脱力と筋肉の伸張反射

ドリブルでタッチする時の足首の脱力は、先ほどのアウトのドリブルと同じ要領です。
足首とスネの筋肉の伸長収縮を活かしながら、タッチしてください。

(5)アウト、インのターンドリブル

この練習の目的は、二つあります。

一つ目は、アウトサイドとインサイドのタッチの感覚を、体を回転させるターンの動きの中でも正確に覚えること。
二つ目は、アウトサイドとインサイドを使ったターンの感覚を覚えること。

練習方法は、アウトサイド⇒小指、インサイド⇒親指に全神経を集中して、小刻みなタッチを繰り返すことだけです。
そうすると、親指と小指の感覚が繊細になりますし、ターンの感覚が自然と身に付きます。

特に、試合中の密集状態ではアウトとインのタッチを頻繁に使います。
そうした場合はいちいちボールを見るのではなく、足指の感覚だけでボールを動かせるよう、繰り返し練習してください。

また、試合中でのターンの回転半径は小さければ小さいほど有効です。
そこで、小さな回転を心がけるようにしましょう。

なお、この練習はマーカーがなくても目印になるもの(小石、木切れなど)があれば、それを使っても良いでしょう。

(6)アウト、インのマーカードリブル

この練習は、マーカーを使って、アウトサイドとインサイドでタッチするという、単純ですが、とても大切な練習メニューです。

① アウトとインのタッチ

先ほどの(1)~(5)までの練習を活かしながら、突破のドリブルを想定して親指と小指を使ったカットドリブルを繰り返してください。

② 体重移動

次の動画は先ほどのスローver.ですが、小学校低学年の子供には、実際にはこうしたスムーズな動きは難しいと思います。
なぜなら、軸足が弱いので、体が棒立ちになってドタバタしたドリブルになりやすいからです。

また、三半規管の発達が未熟な場合もあるので、そうした時は、次の体操も並行して練習してください。
ただし、めまいがしたり、気分が悪くなったら止めてください。

(7)コーディネーションドリブル

この練習は足指の感覚とともに、コーディネーション能力を養成するための練習です。
特に、変換能力と定位能力が養成されます。

やり方としては、前に蹴ったボールを追いかけて、出来るだけ少ないタッチ回数で、通常のドリブル状態に移るというものです。
また、ボールに触らないことで、どのようにボールのスピードか落ちて行くのか?ということも自然に覚えられます(後述の「触らないドリブル」のこと)。

最初のうちは、ボールを追いかけることだけに集中してしまい、足指のタッチの感覚が疎かになりがちです。
でも、足指を使っていかにタッチするのか?という点も大切なので、そうした点もご注意ください。

(8)タッチ切り替えドリブル

この練習は、これまでの足指の感覚を繊細にするというテーマの総決算です。

具体的な練習方法ですが、ドリブルのタッチは自由ですが、3m以上同じタッチをしないという条件付きです。
つまり、タッチを切り替えるということです。
イン・アウト、アウト、つま先、ヒザ下ドリブル、スピードの強弱、触らないドリブルなどを繰り返します。
触らないドリブルとは、足から離れたボールをすぐに触るのではなく、触らないことで自然にボールスピードを落としてからタッチすることです。

注意点としては、
・1セット1分間。
・インターバルは3~5分間。
・一日3セットくらいまで。
※心身ともにリフレッシュした状態で練習しましょう。ムリは禁物です。

ちなみに、こちらの動画は、私の息子「とも」が小二の時の練習の様子です。
大切なことは、いろいろなタッチを繰り返すことです。
スピードよりも正確さを大切にしましょう。

3.ドリブル練習の補強メニュー

ここでは、先ほどまでに紹介したメニューを補強する練習法を紹介します。

(1)利き足リフティング

ドリブルに限らず、サッカーは片足立ちでボールを扱うスポーツなので、体幹と軸足の強化が必要です。
特に、アウト、インのマーカードリブルは軸足が弱いとスムーズに体重移動できません。
そこで、次のような利き足リフティングを繰り返してください。

・ちょんちょんリフティング

・インステップリフティング

(2)一本歯歯下駄トレーニング

特に、アウト、インのマーカードリブルで相手を速く抜く動作を身に付けるためには、身体のバネ作用が必要です。
こうした場合、一本歯下駄トレーニングが効果的ですが、下駄を履かずに次の動画の動きをマネするだけでも効果はあります。

・ワップダウンとワップアップ
次の動画の0:59からのシーンを参考にしてください。

・体幹ひねり
次の動画の1:25からのシーンを参考にしてください。

詳細はこちらの記事をお読みください。
一本歯下駄トレーニングの練習メニューおすすめ22選!
一本歯下駄トレーニングが身体能力アップに役立つ5つの理由!

(3)ドリブル姿勢

① 骨盤前傾トレーニング

この練習は、特に姿勢の悪い人には効果的です。

・カカトを浮かして、つま先立ちになる。
・背筋を伸ばして胸を張り、お尻を突き出す姿勢を保つ。
・一日あたり30秒~1分くらい。
※必要以上に練習し過ぎると、かえって背骨の発達に影響を及ぼします。
この点は注意してください。

詳細はこちらの記事をお読みください。
骨盤前傾で身体能力をアップ!一流サッカー選手の特徴とは?
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

② 前傾姿勢トレーニング

この練習は、前傾姿勢を維持するために、体の後ろ側の背骨や筋肉を使って、上体を支える感覚を身に付けるものです。
ドリブルを練習する時は、常にこの姿勢を意識しましょう。

・軽くヒザを曲げて腰を落とす。
・足の指を使ってグリップする(つま先立ちはしないこと)。
・背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識する。

詳細はこちらの記事をお読みください。
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

4.まとめ

小学校低学年にとってのドリブル練習は、複雑なフェイントやテクニックを覚える時期ではありません。
一方、子供さんと同年代でサッカーの上手い子供がいたとしても、気にする必要はありません。
そうしたことは、成長が早いかどうかの違いだけです。

「十で神童、十五で才子、二十歳過ぎれば只の人」とも言いますしね。

育成年代として将来のことを考えた場合、今やるべきことは足の指の感覚を繊細にすることです。
いろいろなドリブルのテクニックは、成長すれば、後からいくらでも覚えられるものです。
要するに土台をしっかりするということです。

小学生の低学年にとって、今、何をやるべきか?
「急がば回れ」とも言います。

この点を大切にしてください。

-ドリブル

執筆者:


  1. カナタパパ より:

    いつも真剣に熟読させて頂いております。
    長男は小学6年生ですが、ドリブルはまだまだです。
    今回の低学年用のトレーニングを取り入れていきたいと
    考えています。中学になってもサッカーを続けて欲しいと思っておりますし
    今のうちに基礎を作ってやりたいです。
    ゴールデンエイジという言葉に踊らされてしまっていますが
    遅くはないでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      ゴールデンエイジの理論は、特にJFAが推奨していますよね。
      一見して、とても科学的な理論のように思えます。

      でも、この理論は科学で不可欠とされる「実証」がされていません。
      実証とは、例えば6~12歳の子供をサンプルとして1000~5000人程度抽出して、この時期の成長度合いを研究する…、というものです。

      でも、残念ながら、そうした体系的にまとめられた成果は、この世に存在しないのです。
      要するに「ゴールデンエイジ」が独り歩きしているだけですね。

      例えば、「即座の習得」なんていうことも、この時期を過ぎたら即座に習得できないのか?ということは、全くありません。
      ふつうに考えても、おかしな理論です。

      だから、気にする必要はありませんし、子供さんの成長に応じて、いろいろな技術を身に付けることが大切だと思います。

      いずれ、このテーマを記事にする予定です。
      その中で改めて、詳しく解説したいと思います。

  2. たかの父 より:

    2年生の息子は、まだサッカーのスパイクを嫌がるので試合、練習もトレーニングシューズでサッカーをしています。土のグランドでもトレーニングシューズなんですが、何年生からスパイクを履かせたらいいとか目安はあるのですか? きっかけがわからないため教えていただけるとありがたいです。

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうごさいます。

      スパイクの目安は特にありませんし、いつでも大丈夫です。

      「とも」がスパイクを履き始めたのは、小6になってからです。
      動画ではスパイクで撮影していますが、これは見栄えだけの問題です(笑)。
      ふだんの練習は、専らトレシューです。

      そもそも、スパイクとは靴底の鋲が地面に刺さることで機能を発揮するものです。
      特に、芝生での利用なら効果があるでしょう。

      ところが、日本は土のグラウンドが多いため、靴底の鋲の機能は役に立ちません。
      シューズメーカーは「抜群のグリップ力!」などと言いますが、これは単なる謳い文句です。

      いずれにしても、スパイクを履くかどうかは、子供さんに任せれば良いと思います。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索