少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

キック

キックと体幹・軸足の強化!効果的な練習法とは?

投稿日:

海外のトッププレーヤーたちのキックは、日本人とは比較にならないレベルの高さです。
狙ったところにピンポイントで蹴る技術は圧巻です。
どうして、これほどまでに違いがあるのでしょう?

そもそも、海外と日本の選手のキックフォームを比べると、それほど大きな違いはありません。
そうすると、同じように蹴れば、キックの精度も強さも同じ結果が出て良いはずです。
ところが、一点だけ大きな違いを指摘するとしたら、体幹と軸足の強さにあります。

そこで、今回はキックと体幹・軸足の強さの関係について解説します。

【キックと体幹の関係】

サッカーのキックと体幹の強さには深い関係があります。
そこで、体幹と軸足の関係、キックの遠心力について順に解説します。

(1)体幹と軸足の関係


海外の選手のキックが上手い秘密は、体幹と軸足の強さにあります。
海外の選手たちは利き足をメインに使い、逆足は軸足として使います。
また、軸足の筋肉は上半身の体幹の筋肉群と連動するので、軸足+体幹→体幹軸の強さになります。
つまり、サッカーのキックにとって最も大切なことは、体幹と軸足という強固な土台を築くということなのです。

(2)キックの遠心力を克服する

サッカーのキックは足の縦回転の遠心力を使ってボールを飛ばします。
この遠心力はとても強く身体への負担もかなり大きいです。
そのため、体幹と軸足を鍛えて遠心力を克服することが大切です。

次の画像は私の息子「とも」のインフロントキックの様子です。

バックスイングとフォロースルーの軸足の位置が全く動いていません。
これは、体幹と軸足を鍛えたことによって、キックの遠心力を克服しているのです。

体幹と軸足は、風車と鉄塔の関係にも似ています。
風車には強い遠心力がかかりますが、鉄塔が強固な軸になるので、風車を安定して回転させることが出来るのです。

サッカーの場合も同様で、体幹と軸足の安定⇒キックのボールコントロールということになります。

キックの時の足の遠心力に関しては、次の記事もお読みください。
参考記事:サッカーの正しい蹴り方!ヒザを強く速く振るのは間違い?

ところで、日本では体幹トレーニングをしても、軸足を鍛えるという発想がほとんどありません。
そうすると、軸の弱さという問題が起きます。

そこで、こうした日本の現状について、次に解説します。

【日本のサッカー選手の体幹と軸足】

サッカーのボールプレーは片足立ちで行います。
だから、片足という軸足を強化しつつ、合わせて体幹を鍛えることが大切です。

そこで、次に日本人のキックと体幹・軸足の関係について解説します。

(1)体幹と軸足が弱い

日本では軸足を鍛えるという発想が乏しいので、キックの際の強い遠心力に打ち克つことが出来ません。
軸足と体幹が弱いと、フォロースルーで身体が前に流れてしまう現象が多く見られます。

だから、日本代表でもJリーガーでもキックの精度はかなり低いです。
プロのレベルであったら、キックは狙ったところにピンポイントで蹴る必要があります。
こうした場合、先ずは蹴り方を改善しようと考えるでしょう。
ところが、軸の弱さに気が付いてこの部分を鍛えない限り根本的な解決にはなりません。

(2)左利きの選手はキックが上手い

日本で左利きと右利きの選手のキックを比べると、左利きの方が上手いです。
歴代の日本代表を見てもキック精度の高い選手と言えば、名波、中村俊輔、本田などの選手が挙げられます。
この3人に共通しているのは左利きということです。

その理由は、日本では左利きの選手に寛容な風潮にあります。
左利きの選手は右利きのように過度な逆足のプレーを要求されないので、利き足をメインに使うことが多くなります。
そうすると、左利きの選手は海外のプレーヤーと同様に逆足を軸足として使えるようになるのです。
また軸足が安定すると自然と体幹も強くなります。
その結果、左利きの選手はキックが上達するのです。

ブラジルでも左利きに対する有名な格言があります。
それは「一つのポジションに左利きと右利きがいたら、左利きの選手を選べ」ということです。
ブラジルで有名な左利きの選手と言えば、リベリーノ、ロベルト・カルロス、リバウドなどがおなじみです。
ロベルト・カルロスがフランス代表との試合で決めたアウトフロントキックは有名ですよね。


やはり、彼らの特徴は利き足のレベルの高さにあると思います。
だからこそ、体幹と軸足が強くなって正確なキックが蹴れるのでしょう。

実際にも、海外の子供たちはプロと同じように利き足をメインに使います。

そこで、次にこうした点について解説します。

【海外の子供は利き足をメインに使う】

私は30年前にブラジルのサンパウロのジュニアチームでアシスタントコーチをしていました。
ブラジルはサッカー強豪国ですが、利き足をメインに使うので軸足と体幹は強かったです。
なぜなら、利き足をメインに使うプレイスタイルは逆足を軸足として使うので、自然と体幹と軸が鍛えられからです。

時々、ジュニアユースやユースの練習を見ましたが、やはり利き足をメインに使っていました。


当時は逆足の練習もさせましたが、実際に選手たちが試合で使うのはほとんどが利き足です。
どのような局面でも、まずは利き足で何とかしようとします。
相手に利き足側を塞がれても、必ずと言って良いほど利き足で勝負を仕掛けて抜こうとします。

現場のコーチたちも、私も、利き足を使って試合で結果を出している限り、必要以上に口うるさく指導はしません。
要するに結果が全てなのです。
そうした経験を経ながら、子供たちはトップ選手の道へと進むのです。

さて、これまでの解説の中で利き足をメインに使うことで体幹と軸足が鍛えられる…。
その結果、キックのレベルも上がると解説しました。
でも、単に利き足だけを使っていれば良いというわけではありません。

やはり、きちんとした練習法に基づいて鍛えなくてはなりません。

そこで、次に、体幹と軸足のトレーニング法について解説します。

【体幹と軸足のトレーニング】

先ほども解説しましたが、サッカーのボールプレーは片足立ちで行います。
その場合、一般的な体幹トレーニングをしてもフィジカルは鍛えられますが、ボールコントロールには活かせません。

ところが、片足立ちの状態で軸足を鍛えると、サッカーのボールプレーに必要な体幹が強くなります。
そうすると、キックも必ず上手くなります。

そのための練習方法として最適なのは利き足のリフティングをたくさんすることです。
もちろん、実際の試合でも利き足メインの考え方を活かしてください。

(1)ちょんちょんリフティング

トレーニングの注意点は次の記事をお読みください。
参考記事:サッカーの利き足と体幹軸の関係!簡単な体幹軸強化法

テニスボールやスーパーボールを使ったリフティングもおススメです。

(2)インステップリフティング

1m四方のなるべく狭いスペースで練習することで、軸が安定します。

(3)コンビネーション

インステップ、アウトサイド、インサイド、頭、胸、太ももなど、身体のいろいろなところを使いましょう。

【キックの上達には体幹と軸足の強化が必要】

サッカー選手が体幹とともに軸足を鍛えて安定させると、強いキックが蹴れますし、ボールの飛距離も伸びます。
また、キックのボールコントロールも飛躍的に高くなります。

私の息子の「とも」は先ほどの強化法を練習を続けたことで、軽く蹴ってもボールが飛びます。
次の動画は中一の頃のインフロントキックの様子です。

無回転シュート。

カーブ。

サッカーでキック力を付けてボールを遠くに飛ばしたい!
強いシュートが蹴りたい!
そうした子供たちはかなり多いと思います。
ところが、日本のサッカー界は体幹トレーニングはしても、軸足を鍛えるという点に気が付いていません。
むしろ、世界的にも最も遅れている部分です。

体感トレーニングと一緒に軸足を鍛えて安定させる…。
こんな簡単なことでキックが上手くなるのです。
ぜひ、たくさんの子供たちに知ってほしいと思います。

-キック

執筆者:


  1. ひでママ より:

    こんばんは。数ヵ月前にともパパさんのblogに出会い一本歯下駄、片足リフティング等練習始めました。
    息子は小4でサッカー歴は5年位です。
    片足ちょんちょんリフティングの件でお伺いさせてもらってよろしいでしょうか。
    今200回前後出来るようになってきましたが、股関節が痛くなるようです。
    どこかやり方が悪いのでしょうか?
    このまま続けても大丈夫でしょうか?
    アドバイスいただければありがたいです。
    よろしくお願いいたしますm(__)m

    • ともパパ より:

      ひでママさんへ

      ちょんちょんリフティングに関してですが、「ゴリラの姿勢」を意識して練習すると、通常はハムストリングスが筋肉痛になるはずです。
      アメブロの記事はこちらです。

      https://ameblo.jp/football-honjo/entry-12334078397.html

      股関節が痛いというのは、いろいろと複合的な原因があるかも知れません。
      痛みがあるわけですから、いったん練習そのものをしばらく休んで痛みが引くまで様子を見た方が良いと思います。

      それと、片足けんけんを100回程度やらせて見てください。
      それでも痛みが出るようでしたら、やはり複合的な原因があると思います。

      また、股関節と言ってもどの辺の痛みなのでしょうか?
      軸足の方でしょうか?
      蹴り足の方でしょうか?
      それとも両方でしょうか?

      よろしかったら、「ちょんちょんリフティング」と「片足けんけん」をしている様子を動画に撮影して、Youtubeに「限定公開」でアップしていただき、URLを教えていただけませんか?
      そうすると、原因が分かるかも知れません。
      その場合、このブログの「お問い合わせ」からメッセージをいただくと、第三者には情報が漏れません。

      よろしくお願いします。

      • ひでママ より:

        ともパパ様

        早速返信頂き大変感謝しております。
        お言葉に甘えて動画の方、アップさせていただきましたのでお問い合わせの方に入れておきます。

        急ぎませんのでお時間いただけるとき、見ていただきアドバイスいただけましたらありがたいです。

        よろしくお願いいたしますm(__)m

  2. 杏仁 より:

    ともパパさん
    こんにちは
    息子も幼少の頃から利き足中心の練習を行なっております。
    しかしながらどの年代になっても指導者は
    「そこは逆足だろ!」「左を使え!」のオンパレードです。
    ゴール前で左にボールが流れた際
    右のアウトでシュートした時など顕著に言われるようです。
    左も使えるように練習しなくてはならないでしょうか。

    • ともパパ より:

      杏仁さんへ

      所要があったため、コメントの返信が遅れてしまい、大変失礼しました。

      さて、逆足を使う件ですが、理想としては利き足でのテクニックとプレーが全て完璧…、というのであれば、逆足の練習も良いと思います。
      でも、そこまでのレベルに達していない場合は、まだ利き足のレベルが低いとお考えください。
      もしも、レベルが低い状態で逆足を練習したとしたら、利き足のレベルは上がらず、身体が開き、軸の弱い選手になるだけです。
      典型的な日本の選手ですね。

      ところで、息子さんはたしか中学生ですよね。
      先日、公開した記事の中で解説した、利き足をメインとして使い、逆足をサブとして利用する…という考え方が理解できているのであれば、逆足も練習した方が良いです。
      サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較
      http://football-junior-training.com/soccer-dominant-foot
      中途半端な理解であれば、これまで通り利き足のレベルを上げてください。

      海外の選手たちのキックを例にすると、蹴る直前のタッチは、ほとんどが利き足を使っています。
      なぜなら、レベルの低い逆足でも蹴りやすい位置に、正確にボールを置くという慎重さが必要だからです。

      つまり、単に逆足を使う…という発想ではありません。
      利き足を使ってから⇒逆足を使うという順序立てた考えが必要です。

      こうした点を踏まえて、もう一度、息子さんと逆足の使い方について、振り返ってみてください。
      例えば、無駄に逆足を使ったことはないのか?意味のある使い方をしたのか?

      サッカーで大切なのは、いかに試合で活かすのか?という点です。
      そうした考え方を踏まえれば、逆足を使うのは間違ったことではありません。

      要するに「試合で活かせる逆足の使い方」です。

      くれぐれも「練習が必要なのか?」という考えではありません。
      常に、試合目線でお考えください。

      もしも、練習するとしたら、試合中の局面をイメージしてみてください。
      試合中の局面で、どうしても逆足を使った方が良い!利き足よりも効果的だ!
      また、利き足を使っても、本当にどうにもならなかったのか?
      利き足が使えなかったのは、自分のレベルが低かったためではないか?

      例えば、右のアウトでシュートするプレーと左を使ったプレーは、どう違うのか?ということを考えるのも必要です。
      もしも、左でシュートしたら身体が開くはずなので、一瞬ですがシュートモーションが遅れるはずです。
      でも、先ほども言った通り、逆足でも蹴りやすい位置に、利き足で正確にボールを置くという慎重さがあったのであれば、逆足を使ってもスムーズなシュートになっていたと思います。

      ここまで、突き詰めて考えてください。

      また、海外のプレーを見れば答えは見つかります。
      そうした場合、利き足のアウトを使ったシュートは間違いではありません。
      常に、海外の試合に答えを求める姿勢も必要です。

      日本はサッカー後進国なので、日本の指導に答えを求めるはナンセンスです。
      一つ一つのプレーを自分で考えなくてはなりません。
      もっと言えば、日本には教科書のようなものがないのです。
      そうしたことを考えたうえで、その局面に応じた、逆足の使い方だけに特化した練習をすれば良いと思います。
      そうすると、インサイドキックやグラウンダーのトラップなど、かなり限定されると思います。

      ただし、逆足の練習を始めた時点で、利き足のレベルが低くなり始めるのも事実です。
      人間は、それほど器用ではありません。
      利き足と逆足が同時にレベルアップするということはありません。
      つまり、両天秤…にはならなということです。

      そうした点も、十分に考慮してください。

      • 杏仁 より:

        ともパパさん
        ご丁寧に大変ありがとうございます。
        息子とも妥協無き様にきちんと話をしてみます
        私はサッカー素人ですが
        ともパパさんのブログでたくさん学ばせて下さい。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索