少年サッカー育成ドットコム

私のブラジルでの経験を活かし、 サッカー未経験の方にも分かりやすく、科学的で正しい理論をご紹介します

シュート

ボレーシュートの3つのコツ!プロの蹴り方を徹底解説

投稿日:


ボレーシュートは、それほど難しくありません。
コツを掴めば意外と簡単に覚えられます。
なぜなら、ボレーシュートと、それ以外のキックとの違いは、たった一つだけしかないからです。
インサイドキック、インステップキックなどが蹴れるのなら、誰でも身に付きます。

特に、ボレーシュートはトラップ動作が不要なので、DFがプレスをかける前に打つことが出来ます。
そうすると得点の可能性が高くなるのです。
そうした意味で、ボレーシュートは育成年代の子供たちにとって、ぜひ覚えてほしいテクニックの一つです。

そこで、今回は、ボレーシュートの3つのコツ、プロ選手たちの蹴り方(日本人と海外の選手との違い)を徹底解説します。

1.ボレーシュートの3つのコツ

日本の育成年代におけるボレーシュートの指導では、ふつうのキックと全く違う蹴り方をする…、難しいテクニックが必要…などと教える傾向があります。
ところが、ボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけです。
浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのテクニックがそのまま活かせるのです。

そうした場合のボレーシュートの蹴り方として、ぜひ覚えていただきたいコツが大きく分けて、3つあります。
(1)タイミングを掴む
(2)ミートする
(3)体幹を捻る

そこで、次からは、こうしたボレーシュートの3つのコツを順に解説します

(1)タイミングを掴む

ボレーシュートで最も多い失敗例は、インパクトのタイミングが合わないことです。

次の動画は、サッカー初心者の大人が出演したものですが、育成年代の子供たちであっても、こうしたシーンはよく見かけませんか?
この動画の出演者の多くは向って来るボールを蹴り足で迎えに行くので、こういう失敗が多くなるのです。

つまり、蹴り足を基準に考えているのです。

これは、サッカー経験の有無という点を別にして、ボレーシュートを蹴る時の浮き球の特性を理解すれば、ふつうのキックのタイミングの取り方がそのまま活かせます。

そうした点で、ボレーシュートのタイミングの掴み方は2つあります。

①軸足をボールに合わせる。

ボレーシュートも、それ以外のキックも、バックスイングした蹴り足が、軸足の横に来た時点でインパクトします。
つまり、ボレーシュートは、軸足をボールに合わせる(いわゆる軸足の踏込)という考え方が必要なのです。

こうした場合、ボレーシュートの失敗例の多くは蹴り足を合わせようとしています。
ところが、いくら蹴り足を合わせてもまともなインパクトは出来ないのです。

その際、ボレーシュートとふつうのキックの違いは、ボールがグラウンダーなのか?浮いているのか?だけの違いしかありません。
そうすると、ボレーシュートはふつうのキックと比べて、体を斜めに傾けた状態で蹴れば良いだけです。

また、軸足をボールに合わせるというのは、体の前の方でインパクトするということです。
ジャンピングボレーの場合でも、同じ考え方です。

こうした考え方は、球技全般に言えることです。
例えば、バレーボールのスパイクは浮き球を体の前でインパクトするという点で、タイミングの掴み方としてはボレーシュートと全く同じ原理なのです。

ところで、先ほどの動画の1:21からのシーンでは、メガネをかけた方のボレーシュートが見事に決まっています。
成功した理由は軸足をボールに合わせたからです。

でも、インパクト直前に、左腕を水平に伸ばしているところから見ると、サッカー経験者かも知れませんね。

②自分に合う高さで蹴る

ボレーシュートは、よく落ち際を蹴ると言いますが、そうした発想だけでは上手く行きません。

特に大切なのは、浮いたボールに対して、自分ならどの程度の高さであれば正確にインパクト出来るのか?という感覚を理解することです。
特に、育成年代の子供たちには体格差がありますし、足の長さも違います。
だから、一概にヒザの高さで…とか、太ももの高さで…とか、決め付ける必要はないのです。

また、ボレーシュートの最大のメリットは、トラップ動作が不要なので、速くシュート出来るということです。

トラップ動作はコンマ数秒だけ余計な時間が必要なため、その間にDFがシュートコースを塞いでしまうことも多いです。

そうした際にボレーシュートを蹴るとしたら、ヒザや太ももの高さで蹴っても、グラウンドからほんのわずかに浮いている状態で蹴っても、シュートまでの時間はほとんど変わりません。

つまり、トラップしないのであれば、どのような高さで蹴っても構わないのです。

あくまでも、ボレーシュートはトラップ動作が不要であり、シュートまでの時間短縮になるというメリットに目を向けるべきであって、蹴る時のボールの高さはほとんど関係ないのです。

そうした点で、先ず大切なのは、自分に合う高さの蹴り方を身に付けることです。
低いボールを蹴っても問題ありませんし、ハーフボレーのようにバウンドしたボールを蹴っても良いのです。

(2)ミートする

①ミートの意味

ボレーシュートを蹴る時は、ボールが浮いた状態ですし、地面との摩擦抵抗がありません。
そうすると、ミートするだけで強いキックが蹴れてしまいます。

ところが、ボレーシュートに比べて、グラウンダーのシュートは大きなパワーが必要です。
なぜなら、止まっているもの(またはほとんど動いていなもの)を動かすためには、強い力が必要だからです。

また、ボレーシュートで浮き球をミートするのは、ヘディングシュートと同じ原理です。
簡単に言えば、飛んでくるボールに足を当てるのか?頭を当てるのか?だけの違いです。

参考記事:ヘディングシュートの5つのコツ!クリロナの動きを徹底解説

ただし、ペナルティーエリアの外からボレーシュートを蹴る場合は、ミドルシュートを打てるだけのキック力が必要です。
つまり、ミートするとは言っても、自分自身の潜在的なキック力によってボールの飛距離は変わって来るのです。

そうした意味では、ボレーシュートでミートした場合の自分の飛距離を理解しておくことも必要です。

②蹴る場所

日本の育成年代の指導では、ボレーシュートの蹴る場所はインステップで…と教えるケースが多いですが、これはあまり意味がありません。

基本的には、インステップだけではなく、インサイドでもアウトサイドでも、どんな場所でも良いのです。

例えば、世界的なストライカーであるポーランド代表のレバンドフスキ―は、インサイドやインフロントで蹴ることが多いです。

ジャンピングボレーの場合は、単に足を当てるだけ…ということもよくあります。

ちなみに、私の息子「とも」は、次の3つの蹴る場所を使い分けています。
・インステップの中心から1㎝程度内側
・インサイド
・インフロント

ボレーシュートはどの場所で蹴っても良い…というのは、くれぐれも点を取ることがサッカー本来の目的という考えから来ています。

日本の指導のようにインステップの場所で蹴る…というのは手段であって、目的ではありません。
蹴る場所一つを取っても、日本と海外の指導は違うようですね。

(3)体幹を捻る

ボレーシュートは、ミートするだけでも十分ですが、体幹を捻ることでさらにパワーアップします。
なぜなら、ミートするということは、その分だけ、ふつうのキックよりも蹴り足のスイングがコンパクトになって、やや威力が落ちるからです。
そうした際に、体幹を捻ると蹴り足のパワーを補うことが出来るわけです。

体幹を捻る蹴リ方は、インサイドキックと同じ考えです。

正しいインサイドキックの蹴り方は、それなりにヒザを振っていますが、インステップキックやインフロントキックと比べると、バッスイングはあまり大きくありません。
その理由は、試合中の狭い場所でマークが厳しい時、バックスイングさえも取れないことがあります。
そうした時でも体幹の捻りだけで蹴ることが出来るのです。

参考記事:インサイドキックの蹴り方!日本の指導は間違い?

こうした場合、ボレーシュートはペナルティーエリアの中で蹴ることが多いため、さらに状況は厳しくなります。
だからこそ、体幹の捻りも使ってパワーを補う必要があるのです。

いずれにしても、ボレーシュートの蹴り方で、ミート+体幹捻りというテクニックは、パワーアップという点でかなりの武器になるとお考えください。

さて、これまで説明したボレーシュートの3つのコツを踏まえ、プロ選手たちは実際の試合ではどのように蹴っているのか?という点を、次に詳しく解説します。

2.プロ選手のボレーシュートの蹴り方

プロ選手のボレーシュートの蹴り方を参考にするためには、本物のテクニックを理解するという点で、日本と海外の選手のテクニックを比較することが大切です。

(1)日本人選手のボレーシュートの例

日本人は育成年代から、ボレーシュートの蹴る場所はインステップで…と教わるケースが多いので、大人になってもバックスピンが掛かった蹴り方になることが多いです。

①李 忠成の例

次の動画は、2011アジアカップ決勝の李 忠成のボレーシュートです。
一見すると、素晴らしいシュートに思えますが、バックスピンが掛かっています。
そうすると、ボールが浮き上がってクロスバーを越えることが多くなります。

ボレーシュートは足を高く上げて蹴るため、インパクト直後のフォロースルーでは、どうしてもダウンスイングになる事が多いです。
そうすると、インフロントキックのようにボールを擦り下げることになるので、バックスピンが掛かりやすくなるのです。

でも、李 忠成が蹴った地点はペナルティーマークの辺りなので、クロスバーを越える前にゴールすることが出来ました。

ちなみに、李 忠成のボレーシュートは、当時の日本では好評価でしたが、海外ではほとんど取り上げられていません。
私が思うに、海外のメディアの見る目は確かだと思います。

それでは、海外のプロたちは、どのような蹴り方をしていると思いますか?
そこで、次に海外の選手たちのボレーシュートを解説してみましょう。

(2)海外選手のボレーシュートの例

海外の選手たちのボレーシュートは、多くの日本人に見られるような、インステップで…という蹴り方は意外と少ないです。
その理由は、ボールにバックスピンをかけない…、クロスバーを越えない…ということで、「枠」を狙う発想があるからです。
つまり、ボレーシュートの目的は得点することにある!という考え方があるわけですね。

ボールに回転をかけると言っても、多種多様です。
例えば、カーブ、アウト、ドライブ回転、グラウンダーなど、相手DFやGKの位置関係など、局面に応じていろいろな蹴り方をします。

①カーブ回転

次の画像は、元フランス代表のジダンのボレーシュートで、カーブ回転をかけています。
カーブ回転をかけると、空気抵抗の関係で失速するのでゴール手前でボールが落ちて来ます。
そうすると、クロスバーを越えることはほとんどありません。

蹴り方のコツとしては、ボールの中心を、インステップのやや内側かインフロントでミートすることです。
ミートする程度なので大きく曲がることはありませんが、カーブ回転をかけることが出来ます。

②アウト回転

次の画像は、2014ブラジルワールドカップでの、コロンビア代表のハメス・ロドリゲスのボレーシュートです。
大会でのベストゴールを受賞したことでもおなじみです。

このボレーシュートは、胸トラップからの半回転の後で、アウト回転をかけています。
この蹴り方も、先ほどのジダンのカーブ回転をかけたシュートと同じで、ゴール直前にボールが落ちて来るのでクロスバーを越えることはありません。

蹴り方のコツとしては、ボールの中心を、インステップのやや外側かアウトフロントでミートすることです。

その際、アウト回転は、意外とかかり難いので、体を回転させてボールのスピンを補う必要があります。
ハメス・ロドリゲスは、ボレーシュートの前に胸トラップから半回転したので、自然なアウト回転が掛かりました。
ところが、最初からゴール方向を向いて蹴る場合は、次の画像のようにフォロースルーで体を回転させるように蹴ると、アウト回転が掛かりやすくなります。

③ドライブ回転

次の画像は、ウルグアイ代表のカバーニのボレーシュートで、ドライブ回転をかけています。
ドライブ回転をかけると、ボールが浮き上がることはないので、クロスバーを越えることもありません。

蹴り方のコツとしては、バックスイングをほとんど取らずに、フォロースルーだけで蹴るようにします。
どちらかと言えば、ヒザと股関節を使ったループシュートの蹴り方と同じです。

④グラウンダー

次の動画は、ウルグアイ代表のカバーニのボレーシュートです。
カバーニの特徴はヒザと同じか、やや下の辺りの高さで蹴ることです。
そうすると、バウンドしたグラウンダーのボールになります。

こうしたグラウンダーのシュートは、叩きつけるヘディングシュートと同じです。
ゴールキーパーは、ふつうに浮いたシュートよりも、はるかにキャッチし難いのです。

私が思うに、育成年代の子供たちのボレーシュートは、カバーニの蹴り方を手本にするべきではないかと思います。
インパクトも、ヒザくらいの高さで蹴っているので、子供たちにとってもタイミングが合わせやすいと思います。

ボレーシュートは、インステップで豪快に浮かす必要はありません。
大切なことは、正確に蹴って点を取ることです。
そうした点は、くれぐれも勘違いしないでください。

3.まとめ

これまで、ボレーシュートのコツや、プロ選手たちの蹴り方を解説しました。

ボレーシュートのコツとして、次の3つを解説しました。
(1)タイミングを掴む
(2)ミートする
(3)体幹を捻る

プロ選手たちのボレーシュートの蹴り方としては、日本と海外の選手のテクニックを比較しながら、その違いを解説しました。

特に、海外の選手たちのボレーシュートは、インステップでまともに真っ直ぐ蹴る…というのは意外と少ないです。
その理由は、ボールに回転をかけることで、シュートを「枠」に入れるという発想があるからです。
つまり、ボレーシュートの目的は得点することにあるという考え方があるわけです。

ボレーシュートとふつうのキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけです。
こうした、浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのテクニックがそのまま活かせるシュートなのです。

ぜひ参考にして、多くの子供たちのボレーシュートが上手くなることを願っています。

【画像引用:Youtube.com】

-シュート

執筆者:


  1. サッカー大学生 より:

    ともパパさん

    ご無沙汰しています。

    ボレーシュートを蹴ると上に上がっていってしまいます。
    動画:https://youtu.be/PLdMykLSl3Q

    足は振り切らずにミートを意識して、足の当たる位置は足の甲の真ん中くらいだと思います。

    動画を見ると、擦り下げてしまっているのが原因なのかなと自己分析しています。

    どうすればよいのでしょうか?

    ちなみに、体は硬いのでストレッチなどは必要でしょうか?サッカーに役立つ風呂上がりのストレッチなどあれば教えていただきたいです。

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      実際に蹴ってみて窮屈に感じませんか?

      一見すると、軸足をボールに合わせずに、蹴り足で迎えに行っているような蹴り方になっています。
      野球のバッティングで言えば、スローボールを待ちきれずに体が突っ込んでしまうような状態ですね。
      その反対にスピードボールに振り遅れたようなシーンもありました。

      先ずは、記事中の最後の方のカバーニの動画をご覧ください。
      この時のカバーニは、クロスボールが向って来るのを余裕を持って「待っている」ように見えませんか?
      つまり、サッカー大学生さんは、インパクトまでの間に待ちきれずに動き過ぎているのです。

      そこで、対応方法としては、
      1.クロスボールの落下地点を見て、ボールが落ちて来るのを待つ。
      2.落下地点に軸足を合わせる。
      3.インパクトする。

      軸足を合わせるのは、グラウンダーのボールを蹴る時よりも、ボールから軸足を離してゆとりを持つようにしてください。
      また、インパクトの際は、足の甲というよりは、指の付け根~足の甲の中間辺りで、やっと蹴れるくらいにゆとりを持った方が上手く行くと思います(実際には足の甲で蹴りますが…)。
      ※軸足をボールに合わせるとは、インパクトのポイントを軸足側(前の方に移動)でという意味です。

      軸足さえ合えば必ず良いキックが出来ると思います。

      ちなみに、「とも」の蹴り方はカバーニを参考にして教えました。
      https://youtu.be/05RufbSlFPM

      それとストレッチの件ですが、次の記事の後半を参考にしてください。
      もしも、体が硬いのであれば、夏場の今頃であれば、朝、昼、晩と頑張っても良いと思います(笑)。
      http://football-junior-training.com/soccer-stretch-reflex

      • サッカー大学生 より:

        返信ありがとうございます。

        たしかに、窮屈で、待ちきれずに先に体が動いていました(>_<)

        ストレッチも続けていきたいと思います(^^)

        ありがとうございます!

      • ともパパ より:

        どういたしまして。

        これからも頑張ってください。

  2. インターセプター より:

    左だけですがやっとリフティングが数えるのが面倒臭くなるぐらいにはできるようになりました。そろそろ右をやらせた方が良いですか❓

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      ちなみに、何歳または何年生でしょうか?

  3. 杏仁 より:

    李忠成選手のこのシュートは当時
    凄く騒がれていた記憶が御座いますが
    個人的に何か違和感があったのを覚えております。
    今回のともパパさんの解説でスッキリ致しました。ありがとうございます。
    ボレーは①軸足をボールに合わせる!
    目から鱗です、今までボールに蹴り足を合わせることばかり考えておりました。
    早速練習致します。

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      ボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけです。
      浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのテクニックがそのまま活かせます。
      そうすると、ボールを軸足に合わせる…というのは、目新しい考え方ではなく自然な発想だと思います。

      また、海外の選手たちのボレーシュートの目的は得点することにある!という考え方があります。
      その根底には、ボールにバックスピンをかけない…、クロスバーを越えない…ということで、「枠」を狙う発想があります。
      もちろん、バックスピンをかけてしまう選手もいるでしょうが、そうした選手たちは世界的にはトップにはなれません。

      ボレーシュートは特別なテクニックではありません。
      自然でシンプルに考えると上達すると思います。
      これからも頑張ってください。

2つのブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。

ブログ内検索