ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ヘディングシュートの4つのコツ!クリロナのテクニックを徹底解説

ヘディングシュートと言えば、やはりクリスチアーノ・ロナウドですね。

特にジャンピングヘッドやダイビングヘッドは、正に圧巻のテクニックと言っても良いでしょう。

でもこうしたヘディングシュートは、彼の身体能力が高いから出来る…というわけではありません。

実は彼のヘディングシュートは、日本のサッカー選手とは違ったコツが4つあり、しかも科学的に考えれば誰でも出来るのです。

そこで今回は、クリスチアーノ・ロナウドのテクニックを分析しながら、ヘディングシュートの4つのコツを徹底解説します。

1.ヘディングシュートの4つのコツ

日本の育成年代のヘディングシュートの指導は、たくさんの改善点があります。

例えば、額の生え際でインパクトする、首を振って叩きつける、膝のバネを使ってジャンプする…などですね。

これに対して、クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートは全く違い、サッカーの基本に忠実で、科学的に考えても極めて合理的です。

そして彼のヘディングシュートを分析すると、育成年代の子供たちに、ぜひ覚えてほしい4つのコツがあります。

(1)頭と首を固定する
(2)半身になる
(3)当てる場所と感覚
(4)全身のバネを使う

そこで次からは、こうしたヘディングシュートの4つのコツを順に解説します。

(1)頭と首を固定する

日本の指導では、ヘディングシュートは首を振ってボールを叩きつける…とよく言われますが、これは間違いです。

正しいのは、首を固定してミートすることです。

そこで、次にこの点を詳しく解説します。

① 頭と首を固定する意味

クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートは、頭と首を固定しているので、インパクトの瞬間でもブレません。

むしろ、背中を弓なりに反らす様子から分かる通り、全身のバネを使っています(全身のバネについては後述します)。



これに対し、日本の指導では、頭と首を振ってボールを叩きつけることで、ヘディングシュートの威力をパワーアップ出来る…という迷信があります。

たぶん「ヘディングシュートは足でボールを蹴るのと同じ…、だから足の代わりに頭でボールを叩く…」という誤解があるのでしょう。

たしかに、キックは(ボレーシュートを除く)、ボールが止まっているか、わずかに動いている程度なので、足のパワーを使わないと飛びません。

これに対して、ヘディングシュートは、時速100㎞以上(プロの場合)で飛んでくるボールをインパクトします。

そうすると、こうした状況で頭と首を振って叩きつけるのは、よほど遅いボールでない限り、かえってボールスピードに負けてしまい、上手くインパクト出来ないのです。

ここで、ヘディングシュートのように飛んでくるボールをインパクトする…という仕組みを、バレーボールを例に考えてみましょう。

バレーボールの場合、相手のスパイクをブロックで跳ね返しますよね。

そうすると、この時のスパイクの力が100としたら、ブロックを使ってそのまま100の力を相手コートに跳ね返してしまうわけです。

また、ブロックで特に重要なのが指先から肩までの腕全体の角度なので、これを一定の角度で固定することにより、頑丈な壁を作ってボールを跳ね返えします。

この原理をヘディングシュートに置き換えると、頭から首までの角度を一定に保つ(固定する)ということになります。

つまり、インパクトの時に頭と首を振って叩きつけるのではなく、固定するのが正解なのです。

そうすることで、向かって来るボールのスピードが100としたら、バレーボールのブロックと同じように100のままでシュート出来るわけですね。

だから、頭と首の固定が必要なのです(クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートも同じ原理)。

スポンサーリンク

② 首を振って叩きつけるのは間違い?

日本の指導では、次の動画のように、へディングシュートは頭と首を振って叩きつける!という発想があります。

でも、あなたはこの練習を見て疑問に感じませんか?

そもそも試合中、真正面からこんなに遅いボールが飛んで来ることはほとんどありません。

そもそもヘディングシュートは、コーナーキックやクロスのように横方向から飛んで来るボールが多いはずです。

そうすると、いくら真正面からのヘディングシュートを練習しても、あまり意味がないのです。

さらに問題なのが、「ヘディングシュートは頭と首を振って叩きつけるのが常識!」と選手たちが信じ込んでしまうことです。

先ほども解説しましたが、ヘディングシュートの時に飛んで来るボールのスピードは、プロであれば時速100㎞以上になりますよね。

クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートを見ても、よほど遅いボールでない限り、頭と首を振って叩きつけることはありません。

たしかに、次の画像のように、頭と首を振っているように見えるシーンもありますが、これはフォロースルーの反動でしかないのです。

こうしたシーンだけを見て、どんなボールでも、ヘディングシュートは頭と首を振る!と思い込むのは単なる勘違いになります。

やはりヘディングシュートは、よほど遅いボールでない限り、頭と首を固定してインパクトすることが大切です。

そうすることで、強いヘディングシュートが打てるのです。

さて次は、ヘディングシュートの4つのコツの2つ目「(2)半身になる」を解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。