ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ヘディングシュートの4つのコツ!クリロナのテクニックを徹底解説

ヘディングシュートと言えば、やはりクリスチアーノ・ロナウドですね。

特にジャンピングヘッドやダイビングヘッドは、正に圧巻のテクニックと言っても良いでしょう。

でもこうしたヘディングシュートは、彼の身体能力が高いから出来る…というわけではありません。

実は彼のヘディングシュートは日本のサッカー選手とは違ったコツが4つあり、しかも科学的に考えれば練習しだいで誰でも出来ると思います。

そこで今回は、クリスチアーノ・ロナウドのテクニックを分析しながら、ヘディングシュートの4つのコツを徹底解説します。

スポンサーリンク

1.ヘディングシュートの4つのコツ

日本の育成年代のヘディングシュートの指導は、たくさんの改善点があります。

例えば、額の生え際でインパクトする、首を振って叩きつける、膝のバネを使ってジャンプする…などですね。

これに対して、クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートは全く違い、サッカーの基本に忠実で、科学的に考えても極めて合理的です。

そして彼のヘディングシュートを分析すると、育成年代の子供たちに、ぜひ覚えてほしい4つのコツがあります。

(1)頭と首を固定する
(2)半身になる
(3)当てる場所と感覚
(4)全身のバネを使う

そこで次からは、こうしたヘディングシュートの4つのコツを順に解説します。

(1)頭と首を固定する

日本の指導では、ヘディングシュートは首を振ってボールを叩きつける…とよく言われますが、これは間違いです。

正しいのは、首を固定してミートすることです。

そこで、次にこの点を詳しく解説します。

① 頭と首を固定する意味

クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートは、頭と首を固定しているので、インパクトの瞬間でもブレません。

むしろ、背中を弓なりに反らす様子から分かる通り、全身のバネを使っています(全身のバネについては後述します)。

これに対し、日本の指導では、頭と首を振ってボールを叩きつけることで、ヘディングシュートの威力をパワーアップ出来る…という迷信があります。

たぶん「ヘディングシュートは足でボールを蹴るのと同じ…、だから足の代わりに頭でボールを叩く…」という誤解があるのでしょう。

たしかに、キックは(ボレーシュートを除く)、ボールが止まっているか、わずかに動いている程度なので、足のパワーを使わないと飛びません。

これに対して、ヘディングシュートは、時速100㎞以上(プロの場合)で飛んでくるボールをインパクトします。

そうすると、こうした状況で頭と首を振って叩きつけるのは、よほど遅いボールでない限り、かえってボールスピードに負けてしまい、上手くインパクト出来ないのです。

ここで、ヘディングシュートのように飛んでくるボールをインパクトする…という仕組みを、バレーボールを例に考えてみましょう。

バレーボールの場合、相手のスパイクをブロックで跳ね返しますよね。

そうすると、この時のスパイクの力が100としたら、ブロックを使ってそのまま100の力を相手コートに跳ね返してしまうわけです。

また、ブロックで特に重要なのが指先から肩までの腕全体の角度なので、これを一定の角度で固定することにより、頑丈な壁を作ってボールを跳ね返します。

この原理をヘディングシュートに置き換えると、頭から首までの角度を一定に保つ(固定する)ということになります。

つまり、インパクトの時に頭と首を振って叩きつけるのではなく、固定するのが正解なのです。

そうすることで、向かって来るボールのスピードが100としたら、バレーボールのブロックと同じように100のままでシュート出来るわけですね。

だから、頭と首の固定が必要なのです(クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートも同じ原理)。

② 首を振って叩きつけるのは間違い?

日本の指導では、次の動画のように、へディングシュートは頭と首を振って叩きつける!という発想があります。

でも、あなたはこの練習を見て疑問に感じませんか?

そもそも試合中、真正面からこんなに遅いボールが飛んで来ることはほとんどありません。

そもそもヘディングシュートは、コーナーキックやクロスのように横方向から飛んで来るボールが多いはずです。

そうすると、いくら真正面からのヘディングシュートを練習しても、あまり意味がないのです。

さらに問題なのが、「ヘディングシュートは頭と首を振って叩きつけるのが常識!」と選手たちが信じ込んでしまうことです。

先ほども解説しましたが、ヘディングシュートの時に飛んで来るボールのスピードは、プロであれば時速100㎞以上になりますよね。

クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートを見ても、よほど遅いボールでない限り、頭と首を振って叩きつけることはありません。

たしかに頭と首を振っているように見えるシーンもありますが、これはフォロースルーの反動でしかないのです。

こうしたシーンだけを見て、どんなボールでもヘディングシュートは頭と首を振る!と思い込むのは単なる勘違いになります。

やはりヘディングシュートは、よほど遅いボールでない限り、頭と首を固定してインパクトすることが大切です。

そうすることで、強いヘディングシュートが打てるのです。

さて次は、ヘディングシュートの4つのコツの2つ目「(2)半身になる」を解説します。

(2)半身になる

① 半身とは

半身とは体を斜めにした状態で、左右のいずれか一方を前に出し、もう一方を後ろに下げた姿勢です。

特にスポーツ選手にとって、全身のパワーを左右のどちらかに集中出来るので、とても大切な姿勢とされています。

こうした半身はヘディングシュートの場合も同じで、特にインパクトの瞬間にパワーを必要とするため、プロは必ずこの姿勢になります。

クリスチアーノ・ロナウドの姿勢も、体をやや斜めにして、ゴール方向に向けて半身の姿勢を取っていますよね。

つまり、半身の姿勢を取ることで、ヘディングシュートの威力を発揮しているわけです。

③ 体が開くとは

半身の姿勢とは反対に、両足が揃った棒立ちに近い状態を「体が開く」と言います。

体が開くと全身のパワーを左右のいずれにも集中出来ず、しかも分散してしまうのでスポーツには適さない姿勢です。

先ほどの赤いユニフォームを来た選手たちの動画では、真正面からのヘディングシュートを練習しているので体が開いた選手が多いですよね。

そうすると、これでは強いヘディングシュートが打てないのです。

また、真正面からのヘディングシュートを練習すればするほど、体が開くクセが染み付いてしまうので気を付けましょう。

③ 半身のメリット

クリスチアーノ・ロナウドのような半身の姿勢の最大のメリットは、強いヘディングシュートが打つために力を一点に集中できるということです。

これに対して、体が開くと力が分散する欠点がありますが、そもそもヒトの両足は体の側面にあるので、ふつうに立っている状態で体が開いています。

特に、ヒトの日常生活ではこの姿勢の方が楽なので、どうしても無意識のうちに体が開いてしまうことから、スポーツ選手は常に半身を意識することが大切ですね。

いずれにしても、ヘディングシュートでパワーを発揮するためには、半身の姿勢が必要不可欠なので、常に意識するようにしましょう。

※体の開きを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害

(3)当てる場所と感覚

①ボールを当てる場所

日本では、ヘディングシュートは髪の生え際にボールを当てる…と教えることがよくありますが、これではボールが上に行ってしまうのでシュートには使えません。

どちらかと言えば、大きくはね返すためのクリアーに使う場所です。

それでは、なぜ「ヘディングシュートで生え際に当てる…」という考えが広まったのでしょう?

それは、ヘディングシュートとふつうのヘディングを区別しないで、単に頭でボールを跳ね返すだけの同じプレーと考えているからだと思います。

実はヘディングシュートとふつうのヘディングは頭にボールを当てるという点は同じでも、その役割は全く違います。

そもそもヘディングシュートは得点するためのプレーであって、ヘディングはパス(クリアーも含む)やトラップするためのプレーという違いがあり、見た目は同じでも使い方が全く違うわけですね。

この場合、ヘディングシュートはキックと同様に、ボールを強く前に飛ばす必要があるので、眉毛の上~髪の生え際の下、こめかみ辺りになります。

この場所が最適な理由は、頭を真上から見るとよく分かります。

ヒトの頭を真上から見ると、顔~後頭部にかけて長方形になっていますが、長方形で強度が高いのは、角やその近辺です。

そうすると眉毛の上~髪の生え際の下と、こめかみは角の近辺にあるので、この場所にボールを当てるとインパクトが強くなるのです。

一方、額の中心部分は角ではないので、先ほどの場所と比べると強度がやや落ちます。

いずれにしても、ヘディングシュートでボールの当てる場所は、髪の生え際ではなく、眉毛の上~髪の生え際の下か、こめかみ辺りを使いましょう。

②ボールに当てる感覚を身に付ける

ヘディングシュートでボールが頭に当たる瞬間に、「最後までボールを見ろ!」とか「目を離すな!」などと指導されることが多いと思います。

たしかに目をつぶらない方が良いかも知れませんが、実際には誰でも目を閉じています。

実は、このように「目をつぶる」のは、ヒトの反射神経の作用によるものであって無意識に起こるものです。

そうすると、プロボクサーでもない限り、簡単には「目をつぶる」のを克服できません。

それでは、ヘディングシュートで「最後までボールを見ろ!」とか「目を離すな!」という指導を、どのように理解すれば良いと思いますか?

私が思うに、見えても見えなくても、目をつぶってもつぶらなくても、どうでも良いことだと思います。

むしろ目をつぶることによって、見えなくなる部分はイメージ化して補う…という、つまり感覚を研ぎ澄ますことの方が大切だと考えています。

その理由は、リフティングやキックなどを例にすれば分かります。

例えば、リフティングは足の甲をボールの真下に当てますが、本当に正しく当たっているのか?どうか?は、目で見ることが出来ません。

実は、見えない部分は足の感覚で判断しているのです。

キックの場合も同様で、ボールのどの辺に足が当たっているのか?などというのは、実際に見ることが出来ないので、これも感覚に頼っているわけですね。

こうした現象は、サッカー以外のスポーツでもよくあることです。

例えば野球でボールがバットに当たる瞬間、バレーボールでスパイクする瞬間、テニスでスマッシュを打つ瞬間などです。

こうした状況では、ヒトは見えない部分を大脳でイメージ化することが出来ます。

そうすると見えない部分をイメージ化する…、つまり感覚に頼ったプレーをすることになるのです。

そうした意味では、実はクリスチアーノ・ロナウドも、ヘディングシュートの時は目をつぶっています(動画などで確認するとよく分かります)。

やはり、ボールに当てる感覚を極限までイメージ化しているのでしょう。

もっと言えば、ヘディングシュートをたくさん練習して、ボールを見なくても正確にインパクト出来る…という繊細な感覚を身に付けたのだと思います。

だから、決して身体能力が高いとか天性の才能があるから…というわけではないのです。

要するにヘディングシュートの時に、「最後までボールを見ろ!」とか「目を離すな!」ということにこだわる必要はありません。

インパクトの時は、目をつぶろうが何をしようが、どうでも良いことなのです。

むしろ大切なのは、クリスチアーノ・ロナウドのようにヘディングシュートの練習をたくさんして、ボールに当てる繊細な感覚を身に付けることだとお考えください。

さて次は、ヘディングシュートの4つのコツの4つ目「(4)全身のバネ作用」を解説します。

(4)全身のバネを使う

①全身のバネ作用とは

ヘディングシュートで「全身を使う!」ことの大切さは、どのような指導者でも教えると思いますが、科学的な仕組みを理解している指導者は、ほとんどいません。

正しくは全身を使うというよりも、全身の「バネ」を使うということです。

ヒトの体には、大きく分けて二つのバネがあります。

一つ目は、鳩尾(みぞおち)を中心とした上半身のバネです(特に背骨)。
二つ目は、股関節を中心とした全身のバネです(背骨と下半身)。

この二つのバネは、鳩尾と股関節の脱力によってパワーを発揮します。

また、この二つのバネはそれぞれS字カーブになっていて、鳩尾(みぞおち)と股関節が中心になって上下に伸び縮みすることが出来ます。

この場合、ほとんどの日本人選手は、足だけ(下半身だけ)でサッカーをしますが、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいので、下半身の負担を大きくしてしまいます。

つまり、ヘディングシュートでジャンプする時は、下半身(足腰)で、重たい上半身を「よいしょ!」と持ち上げることになりますよね。

これでは、まるで上半身という重たい荷物を背負ってプレーするようなものです。

ところが海外のトップ選手たちは、こうした全身のバネ作用を、ヘディングシュートだけではなく、ドリブルやキックにも利用するため、爆発的なパワーとスピードを発揮できるのです。

実はクリスチアーノ・ロナウドも、こうした全身のバネ作用を活かしていることから、打点の高いヘディングシュートが可能なのです。

こうした全身のバネは、ヒトに本来備わっている能力です。

だから彼の身体能力がずば抜けて高いから…といわけではなく、全身のバネ作用を正しく使えば、誰でもクリロナのようなヘディングシュートが出来るわけですね。

※全身のバネ作用詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

さて次は、クリスチアーノ・ロナウドが全身のバネ作用をどのように使っているのか?という点について、スタンディングヘッド、ダイビングヘッド、ジャンピングヘッドの順に詳しく解説します。

②クリスチアーノ・ロナウドの全身のバネ

クリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートのバネ作用で特徴的な点は、全身を板バネのように使うことです。

そこで、次に、スタンディングヘッド、ダイビングヘッド、ジャンピングヘッドの順に解説します。

【スタンディングヘッド】

スタンディングヘッドは、全身を板バネのように、弓なりに反らす点が特徴です。

このようにスタンディングヘッドは、弓なりに反らした板バネを反発させるだけなので、簡単に覚えられると思います。

【ダイビングヘッド】

ダイビングヘッドは、水泳の飛び込みのようで危険だ!と考える方は多いでしょう。

でも、スタンディングヘッドと同様に、全身を板バネのように利用すれば良いだけです。

また、倒れ込むようにインパクトをすれば簡単に覚えられますし、あえて飛び込む必要はありません。

実は、ダイビングヘッドとスタンディングヘッドの違いは、立ったままでインパクトするのか?倒れ込むようにインパクトするのか?だけです。

また、ダイビングヘッドを水泳の飛び込みのように考える必要はありません。

むしろ、倒れ込むようにインパクトすると覚えた方が簡単ですし、ケガも少ないと思います。

さて次は、ジャンピングヘッドを解説します。

【ジャンピングヘッド】

ジャンピングヘッドは、先ほどのダイビングヘッドやスタンディングヘッドと比べると、全身のバネの使い方が全く違いますが、コツを覚えれば、それほど難しくはありません。

特にクリスチアーノ・ロナウドのジャンプは、ヒザの力に頼らず、全身のバネ作用と合わせて腕の重さを使うという特徴があります。

また、この場合のジャンプの仕組みは、次の5段階に分けることが出来ます。

① 後方に大きく腕を振る。
② 振った腕を前方に戻す途中で逆C字型を作る。
③ ジャンプ直前に鳩尾(みぞおち)と股関節を一気に脱力する。
④ 腕の重さを使うため、腕を前に振ってジャンプしながらC字型を作る。
⑤ ボールにインパクトする。

特に大切なのは、ジャンプ直前で②逆C字型を作り、空中姿勢で④C字型になるという、C字型のバネ作用です。

このようにジャンプすると、ヒザの力に頼る必要はなくなるので、全身のバネが効果的に使えます。

それでは、次に実際のプレーを見てみましょう。

最初にボールの落下点を確認しながら、①後方に大きく腕を振ります。

次に、②振った腕を前方に戻す途中で、逆C字型を作ります。

このようなジャンプはクリスチアーノ・ロナウド独特のテクニックですが、バネ作用を活かすという点ではとても合理的ですね。

次に③ジャンプ直前で鳩尾と股関節を一気に脱力します。

ここで注目していただきたいのが、ヒザを深く曲げていない点です。これは日本人のようにヒザの力に頼ったジャンプではないことを意味します。

次に④腕の重さを使って前方に振りながらジャンプし、空中で背骨を反らした姿勢でC字型になっています。

ここで、ジャンプの際に腕の重さを使う意味を考えてみましょう。

ヒトの腕の重さは体重の6~7%なので、体重が60㎏の人であれば片腕で約4㎏になり、両腕では約8㎏になります。

また、腕の重さを使う場合は、肩関節を支点として後ろから前に勢いよく振り回すので、腕の重さが遠心力として働きます。

ちようど水を入れたバケツを、グルグルと振り回すようなイメージですね。

こうした腕の重さ+遠心力は、最終的に上方向のエネルギーに変換されるので、縮めたバネを伸ばす動きに利用できます。

つまり、腕の重さと遠心力を利用するとバネ作用の伸び縮みに相乗効果を生んで、打点の高いヘディングシュートが出来るわけですね。

以上のように、クリスチアーノ・ロナウドが、どのように全身のバネ作用を使ってヘディングシュートをしているのか?という点を考えると、スポーツ科学的にも医学的にも、とても合理的なのがよく分かります。

しかも、彼は身体能力だけに頼っているわけではないので、誰でも練習すればクリスチアーノ・ロナウドに近づくことは可能なのです。

さて次は、これまでご紹介したヘディングシュートのコツを踏まえて、実際の試合でどのようにボールコントロールをするのか?というコツを解説します。

スポンサーリンク

2.ボールコントロールのコツ

ヘディングシュートのボールコントロールは、大きく分けて、左右(水平方向)と、上下(垂直方向)の2つあります。

この場合、上方向のヘディングシュートは、頭の生え際にボールを当てて、ゴールキーパーの頭上を超えれば良いだけ(誰でも出来る)なので、ここでの解説は割愛します。

そこで次に、左右のコントロール、下方向に叩きつけるコントロールを順に解説します。

(1)左右のコントロール

ヘディングシュートを左右に打ち分ける方法は、3通りあります。

① 同サイドへの真っ直ぐのシュート
② 左サイドへのシュート
③ 右サイドへのシュート

また、額のどの部分に当てるのか?顔は左右のどちらに向けるのか?という点も大切です。

それでは、順に解説して行きましょう。

①同サイドへの真っ直ぐのヘディングシュート

次の画像では、クリスチアーノ・ロナウドが左サイドのクロスに対して、半身の姿勢で額の右側からこめかみ寄りでインパクトしています。

そうすることで、同サイドへの真っ直ぐのシュートが打てるのです。

ちなみに、右サイドのクロスの場合は、顔と体の向きを、この反対にすれば良いだけです。

②左サイドへのヘディングシュート

次の画像では、左サイドのクロスに対して、額の中心から左寄りでインパクトしています。

そうすることで、左サイド(画像ではニアサイド)へのシュートになります。

ちなみに、右サイドのクロスの場合は、この反対にすれば良いだけです。

③右サイドへのヘディングシュート

この場合のボールコントロールのイメージは、顔と体の向きが、先ほどの②左サイドへのヘディングシュートと同じですが、当てる場所が違います。

先ほどの②左サイドへのヘディングシュートは額の中心から「左寄り」でしたが、右サイドを狙う場合は額の中心から「右寄り」になります。

 

ここでのボールコントロールは、2018ロシアワールドカップの日本対コロンビア戦の大迫選手のヘディングシュートが参考になります。

クリロナの例ではありませんが、GKとの駆け引きの様子も見られて、とても分かりやすいので参考にしてください。

この試合での状況としては、
・左サイドからのコーナーキックが、カーブ回転をかけて飛んで来ます。
・その時、大迫選手の顔と体は左側を向いています。
・その後、額の中心から右寄りでインパクトしています。
・インパクトしたボールは、アウト回転が掛かりながらゴールの右側に落ちました。

この間の状況を画像で詳しく見てみましょう。

先ずは、大迫選手のインパクト直前の様子です。

本田選手のカーブは左利きなので大迫選手に向かって来るボールになりますが、この時の大迫選手の顔と体は左側を向いています。

この姿勢で額の中心から右寄りでインパクトすると、先ほどのイメージ図のように、カーブのかかったボールが額の中心→右眉毛→右こめかみへと横方向に流れるので、そのままの回転が掛かった状態でゴールに飛んでいきます。

つまり、顔と体は左を向いていても、ボールは右方向に飛んで行くわけですね。

一方、コロンビアのGKは大迫選手が左を向いているので、左に来る!と読んだのでしょう。

右ヒザに重心が掛かっている様子からも、よく分かりますよね。

次に大迫選手のインパクトの瞬間です。

ここでコロンビアのGKは、重心が右ヒザだけではなく、体全体が右寄りになったことから、読み通りにヘディングシュートが来る!と思ったのでしょう。

GKの体勢を、上の画像と比較してみてください。

最後はゴールの瞬間ですが、コロンビアのGKはほとんど反応できません。

やはり、大迫選手の左向きの体勢を見て、読みが外れてしまったのでしょう。

ゴール前では、こうした駆け引きが頻繁に起きているので、選手たちの顔や体の向きを見るだけでもヘディングシュートの参考になりますね。

さて次は、下に叩きつける時のボールコントロールについて解説します。

(2)下に叩きつけるコントロール

ヘディングシュートで下に叩きつけるのは、必ずしも首を振っているわけではなく、遅いボールの時だけです。

また、クリスチアーノ・ロナウドはボールが速くても遅くても、叩きつける場合は「く」の字型の姿勢になっています。

これは、出来るだけボールの上側をインパクトするためですね。

そうすることで、速いボールでも叩きつけることが出来るのです(ただし低いボールのみ)。

だったら、いっそのことボールが速くても遅くても、クリロナのように「く」の字型にすれば良いだけですね(小学校低学年でも簡単に覚えられます)。

そこで次に、遅いボールと速いボールを、叩きつける方法をそれぞれ解説します。

① 回転の掛かったボールは失速したタイミングを狙う

コーナーキックやクロスは、ヘディングシュートがしやすいようにキッカーがカーブ回転を掛けることが多いですが、このようなボールは曲がる時に失速するので、このタイミングを狙って「く」の字型の姿勢でインパクトしましょう。

次の画像はクリスチアーノ・ロナウドが、右サイドからのカーブ回転がかかったクロスをヘディングシュートしようとするシーンです。

ここではボールが失速して落ちて来たので、少しだけジャンプして「く」の字型の姿勢で叩きつけています。

もちろん、ボールに回転が掛からず真っ直ぐ飛んできたとしても、「く」の字型の姿勢でインパクトするのは、全く同じです。

②速くても低ければボールの上を叩ける

今回の記事の最初の方で、速いボールに対して首を振って叩きつけるのは難しいことを解説しましたが、低いボールであれば「く」の字型の姿勢を取ることで叩きつけることが出来ます(この場合でも首を振るのは止めましょう)。

次の画像はクリスチアーノ・ロナウドが、右サイドからのクロスをヘディングシュートしようとするシーンです。

低いボールが向かってきたので、ジャンプはほんの僅かだけです。

ここで「く」の字型の姿勢で、ボールをインパクトします。

こうした速くて低いボールを叩く時は次の二点が大切です。

・アゴを引いてまゆ毛の近くに当てる。
・ボールの中心から少し上を叩く。

いずれにしても、ボールを叩きつける場合は、飛んで来るボールが早くても遅くても、クリスチアーノ・ロナウドのように「く」の字型の空中姿勢を取ることが大切ですね。

くどいようですが、頭と首を振ってボール叩きつけるのは絶対に止めましょう。

3.まとめ

これまでクリスチアーノ・ロナウドのテクニックを参考に、ヘディングシュートのコツやボールコントロールのコツを解説しました。

ヘディングシュートのコツで覚えてほしいのは、次の4つです。
(1)頭と首を固定する
(2)半身になる
(3)当てる場所と感覚
(4)全身のバネを使う

ボールコントロールのコツで覚えてほしいのは、次の2つです。
(1)左右のコントロール(頭と体の向き、当てる場所)
(2)下方向に叩きつけるコントロール(「く」字型の姿勢)

特にクリスチアーノ・ロナウドのヘディングシュートは基本に忠実で、科学的に考えても正解なのです。

だから、彼の身体能力が高いから出来る…、というわけではなく、練習すれば誰でも出来るようになります!

これに対して日本の育成指導は、額の生え際でインパクトする、首を振って叩きつける、下半身(足腰)だけでジャンプする…など、未だに間違った教え方が多いです。

私としては、世界的な名選手のクリスチアーノ・ロナウドをお手本に、ぜひ多くの子どもたちに正しいヘディングシュートを覚えてほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com