ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

背中トラップの正しいやり方と練習法!

背後からロングボールが飛んで来たけど足が届かずトラップできない…という時のために、ぜひ背中トラップを覚えましょう。

きっとあなたの心強い武器になります。

そこで今回は、背中トラップの正しいやり方と練習法を解説します。

スポンサーリンク

1.背中トラップとは

背中トラップとは、背後から飛んで来るロングボールに対し、背中を使ってボールを止めるテクニックです。

だふん日本では、プロでも出来る人が少ないと思います。

その際、この止め方は、次のように二つあります。

一つ目は背中に当てて前に落としますが、ボールが当たる瞬間に頭を少し下げると背中が丸くなるので前に落ちやすくなります。

二つ目は後ろに落としますが、ボールが当たる瞬間に上体を立てると壁が出来るので後ろに落ちやすくなります。

このように二つの止め方とも仕組みを理解すれば、それほど難しくはないのでぜひ覚えてください。

またトラップする場所は、首の付け根から少し下の部分です。

もちろん後頭部にボールが当たらないよう気を付けてください。

さて次は練習法を解説します。

2.練習法

(1)ネックキャッチを覚える

①ネックキャッチとは

背中トラップでボールを止める場所は、首の付け根から少し下の部分でしたよね。

この部分は、フリースタイル・リフティングのネックキャッチで止める場所と同じです。

そこで次のようにネックキャッチをやって、ボールを止める感覚を身に付けましょう。

②ネックキャッチの練習

ネックキャッチが上手く出来ない時は、次の二段階で練習してください。

背中にボールを乗せる

背中にボールを乗せる時に、前を向いて(頭を上げる)手を後ろに出すと、背中が反ってボールが落ちません。

そこで、この姿勢を維持するようにしましょう。

ボールを投げて乗せる

先ほどの姿勢を意識しながら、手でボールを投げてタイミング良くボールを乗せてください。

この二段階のネックキャッチが上手く出来るようになったら、今度はインステップで蹴ってボールを乗せるようにしましょう。

(2)蹴ったボールで背中トラップ

ネックキャッチが出来るようになったら、蹴ったボールを背中でトラップしてください。

最初のうちは低い高さと短い距離から始めて、だんだん高さと距離を伸ばしてみましょう。

特に背中の前に落とす、後ろに落とすという二つの止め方を練習してください。

その際、クッションコントロールのように「ピタッ」と止めることは出来ないので、ネックキャッチの場所にボールが当たって前か後ろに落ちれば十分です。

もちろん、ボールが背中に当たる直前まで目を離さないように注意しましよう。

タイミングさえ掴めば、意外と簡単に覚えられますよ。

もちろん最初のうちは手で投げてもらったボールをトラップしても良いと思います。

くれぐれも後頭部に当てないように注意してください。

スポンサーリンク

3.まとめ

これまで背中トラップの練習法を解説しました。

この場合、背中の前に落とす、後ろに落とすという二つの止め方を覚えましょう。

ネックキャッチが出来て止めるタイミングを掴めば、簡単に出来るようになりますよ。

背後からロングボールが飛んで来たけど足が届かずトラップできない…という時の最終手段として、きっとあなたの心強い武器になります。

ぜひ多くの子供たちが背中トラップを上手くなってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com