ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

幼児がサッカーを始める時の3つの注意点!【練習法も動画で解説】

幼児がサッカーの練習をするとしたら、何をやれば良いでしょう?ボールタッチ?リフティング?ドリブル?キック?

また、サッカーを始めるのなら早ければ早いほど良いと思いますか?

実は幼児がサッカーを始める前に、ぜひ知っておいていただきたい点が3つあります。

そこで、今回は幼児がサッカーを始める時の3つの注意点、幼児向けの練習法について解説します。

ぜひ、子育ての参考にしてください。

1.幼児がサッカーを始める時の3つの注意点

幼児がサッカーを始める前に、ぜひ知っておいてほしい点が3つあります。

(1)幼児期のサッカーと弊害

(2)幼児とサッカースクール

(3)幼児期の多様な運動経験

そこで、次に3つの点を詳しく解説します。

(1)幼児期のサッカーと弊害

サッカーは野球やテニスなどと同じで、特定の筋肉や関節を使い続けるスポーツです。

また、スポーツは専門特化したテクニックを身に付ける運動なので、成長が未熟な幼児にとっては体に大きな負担をかけます。

そのため、数年程度の期間をかけていろいろな運動を経験させるという、いわば準備期間が必要なのです。

一昔前であれば、鬼ごっこや追いかけっこ、木登りや川遊び、キャッチボールやドッヂボールなどの遊びを通じて自然と基礎的な運動能力を養成したものです。

実は、こうした外遊びはSAQ(スピード、アジリティ、クイックネス)やコーディネーショントレーニングにも役立っていたのです。

ところが現代の幼児期の子供たちは、そうした運動経験のない状態で、いきなりサッカーなどの専門的なスポーツを始めてしまうことが多いですよね。

そうして成長した子供たちは、狙った通りにボールが蹴れない、俊敏な動きが出来ないなど、意外と上手くならないことがあります。

これは自分の思い通りに体を動かすことが出来ないという、コーディネーション能力やSAQ能力が欠けているからです。

そうした点で、多様な運動経験のあった子と比べると、早期にサッカーを始めた子は、伸び悩み…という大きな問題が訪れます。

その一方で、スキャモンの成長曲線によれば、神経系の発達は概ね6歳頃で成人の90%程度になります。

これは、6歳頃までに様々な運動経験を積んで脳神経を発達させてからサッカーを始めないと、運動能力がアンバランスに成長してしまうことを意味します。

また、子供は足だけを使ってサッカーをすることが多いので、上半身が華奢になり、鉄棒が苦手、マット運動が出来ない、小学校高学年になっても一年生並みの握力しか出せない…という偏った成長をするケースも多いです。

つまり、幼児期の子供は、出来るだけいろいろな運動経験を積ませる方が良いわけですね。

もっと簡単に言えば、幼児期にサッカーをやらせるというのは、足し算や引き算がよく分からないうちに、方程式や二次関数を勉強するようなものです。

特に幼児期からサッカーをさせる場合は、こうした点にもご注意ください。

さて次は、幼児のサッカースクール、多様な運動経験について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。