ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ディフェンスの低い姿勢と低重心は間違い!【日本と海外の比較】

一対一のディフェンスで姿勢を低くするのは間違いです。

実は高重心で姿勢を高くするのが正解なのです。

世界有数のDFのセルヒオ・ラモスやジェラール・ピケも同じです。

そこで今回は日本人のディフェンス姿勢の特徴、海外のトップ選手のディフェンス姿勢(ラモス、ピケ)、高重心と低重心のディフェンスのメカニズムについて科学的に解説します。

スポンサーリンク

1.日本人のディフェンス姿勢の特徴

日本人のディフェンス姿勢で特徴的なのは、次の4つです。

(1)日本人の低い姿勢
(2)重心と支持基底面の関係
(3)胴長短足で低重心
(4)骨盤の形状と低重心

そこで、順に解説します。

(1)日本人の低い姿勢

こちらの動画を見ると、ディフェンスの一対一で腰を低くするという、日本人に多い典型的な姿勢が見られます。

動画の実演者によるとセルヒオ・ラモスやジェラール・ピケのディフェンスを参考にしたそうですが、ピケもラモスも、このような低い姿勢は取りません。

※詳しくは後ほど解説します。

また、こちらの高校生のディフェンスも同じように低い姿勢ですね。

動画を見ると、ドリブラーが抜く時にディフェンスが尻もちを付いてしまうシーンがよく見られます。

その理由は、姿勢を低くして腰を落とし過ぎているため、相手が抜いた時に体勢を立て直せないからです。

また相手に抜かれた時に足を伸ばしても、ボールに届かない…というシーンも多いですね。

これも姿勢の低さが原因です。

別の高校生の動画を見ても同じように重心が低いですね。

これだけ腰を落とすと、ボールを奪うための素早い動作は難しいでしょう。

今も昔も変わらない、日本の育成年代の典型的なディフェンスですね。

やはり日本人はどうしても、このような低い姿勢になりやすいのでしょう。

そこで、次に、こうした日本人の低い姿勢のディフェンスについて、重心移動の科学的な特徴を考えてみましょう。

(2)重心と支持基底面の関係

ディフェンスの姿勢を科学的に考える上で、先ずは重心移動の仕組みを理解しましょう。

特に重要なのが、ヒトの「重心(身体重心)」と「支持基底面」です。

重心は、ヒトが立った時の「へそ」の近くにありますが、姿勢を低くすると、それに比例して低重心になります。

また支持基底面とは、地面と接する足の部分を囲んだ仮想の面を指します。

そして重心と重心線(重心から垂直に下げた仮想の線)が、この面の中に入っていると姿勢が安定するので立ち続けることが出来るのです。

 

重心、重心線、支持基底面の仕組みは、とても大切なのでぜひ覚えておいてください。

※重心移動とサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は、次の記事を読みましょう。
重心移動でサッカーが100倍上手くなる!【中学生でも分かる】

さて、話しをディフェンスの姿勢に戻します。

ディフェンスで腰を落とすと、そのままでは尻もちを付くので、どうしても大股で低重心になります。

そうすると支持基底面も広くなるのです(低重心=支持基底面が広くなる)。

この場合、立った姿勢で歩幅を狭くしていたら高重心で支持基底面が狭くなるため、体を傾けるだけで重心移動が出来ます。

つまりプレーの初動が速い!というわけですね(詳細については後述します)。

ところが姿勢を低くすると体勢が不安定になるため、先ほども解説したとおり、両足を開いて大股になるので支持基底面が広がるのです。

そうすると重心移動がやりにくいので、ボールに足が届きにくくなってしまいます。

また、こうした支持基底面の広さは、抜かれて追いかける時の素早い反転を出来難くしています。

ここで、どうして支持基底面が広いと初動が遅くなるのか?という点について、もう少し詳しく解説しましょう。

ヒトは止まっている状態から走り出す時、いったん姿勢を低くしてから動き出しますが、この特性は小学生でもプロでも変わりません。

そもそもサッカーをやったことがない人でも、走り出す時は必ず姿勢を低くしてからスタートするはずです(短距離走のスタンディングスタートをイメージしてください)。

つまり初動で姿勢を低くするのは、ヒトの人体特性上で、とても自然な動作なのです。

この場合、高重心のディフェンスは、ふつうに立っているかのような姿勢を取っていますが、走り出す時は初動で自然に低くなれますよね。

ところが最初から腰を落とした低重心の姿勢では、それ以上は低くなれません。

そうするといったん姿勢を高くしてから、再び低くする…というムダな動作が必要になるのです。

例えば次の画像のように低い姿勢で構えていても、いったん高くしてからボールを突いていますよね。

こうした上下動はとても無駄な動きで、初動のスピードを遅くする原因にもなっています。

また、この場合に動きを速くするとしたら、いわゆる体重移動になります。

体重移動とは、足の力を使って重たい上半身を動かすようなものです。

特に上半身と下半身の体重比は6対4で上半身の方が重たいので、低重心のディフェンスは、重たい荷物を背負ってサッカーをするのと同じことなのです。

そうすると姿勢を低くすればするほど、ディフェンスの動きが遅くなる…という悪循環に陥るわけですね。

それだったら、最初から高重心でいたらどうなると思いますか?

勘の良い方はお気づきですよね。

もっと速く動けるのです!

なお詳細は後述します。

(3)日本人は胴長短足で低重心

日本人は欧米人並みに身長が伸びたので、足も長くなったはず…と誤解している方は意外と多いですが、実は胴長短足傾向は昔から変わっていません。

つまり、身長は伸びても、股下は伸びていないのです。

文部科学省の平成27年度学校保健統計調査報告書によれば、子供たちは身長の伸びに比較して足の長さは伸びていない…という結果が判明しました。

この報告書の「年代別比下肢長(5~17歳までの変化)」によれば、日本の子供は成長期に身長は伸びても足はほとんど長くならないのです。

つまり、日本の子供たちは依然として胴長短足というわけですね。

このような胴長短足の日本人は、日常生活でも低重心になります。

例えば、家の中ではクツを脱ぎますよね。また畳や床に座ったりしませんか?たぶん「よっこらしょ!」と腰かけたりするはずです。

実は、こうした日常生活は、胴長短足で低重心の日本人にとって、非常に心地良い姿勢なのです

だから、日本人はサッカーでディフェンスをする時は腰を低く…という安定した姿勢を取るようになるのです。

要するに、無意識のうちに、「どっしり」とした低い体勢になってしまうわけですね。

先ほどの高校生やJリーグの下部組織の子供たちも、試合中の一対一ではどうしても無意識のうちに重心が低くなってしまうのでしょう。

これに対して欧米人は家の中でもクツを履いたまま、立っているか椅子に座っているので、ほとんどの姿勢が高重心のままです。

要するに日本と欧米人の重心や姿勢の違いは、サッカー以前の日常生活から来るものなのです。

(4)日本人の骨盤の形状と低重心

ヒトの骨盤の形状は前傾、直立、後傾という三種類に分かれています。

このうち骨盤前傾は欧米人に多い形状ですが、つま先重心なので走る動作に最適です。

これに対して、骨盤直立は日本人に多いですが、どちらかと言えばカカト重心のため、日常生活であれば安定しているものの、走る動作には適していません。

しかも胴長短足で低重心と言う特性もあるため、どちらかと言えば、相撲、柔道などの「どっしり」とした静的な安定性を求める競技に向いています。

骨盤後傾は、いわゆる猫背で姿勢の悪いタイプなのでスポーツには向きませんが、実は日本人に多い骨盤直立は骨盤後傾になりやすいのです。

その理由は簡単で、腰の曲がった老人を見れば分かると思いますが、加齢によって姿勢が悪くなってしまうからです。

これは日常生活で畳や床に座って過ごすことが多く、そうした面からも姿勢が悪い=低重心になりやすいのです。

例えば座っている時に正座をしていれば骨盤は前傾しますが、あぐらなどの姿勢では骨盤後傾になってしまいます(たぶんほとんどの人はふだんは正座をしないはずです)。

また、イスに座っていたとしても、背中が曲がりやすいので腰が丸まって骨盤が後傾します。

これに対して、欧米人に多い骨盤前傾の人は背中が反っているため、年を取っても猫背になり難いです。

欧米の老人で、腰が丸まっている人が少ないことからも明らかでしょう。

このように考えると日本人は生まれてから大人になるまで、姿勢が悪くなりやすい生活を続けることから、自然と骨盤直立~後傾に変化するのです。

しかも胴長短足なので、さらに重心が低くなります。

そうなると、日本人は相撲の力士のように、いつでも「どっしり」とした姿勢になるわけです。

これは無意識のうちにそのようになってしまうので、どちらかと言えば安定感を好むともいえますね。

そうした意味では、サッカーの一対一のディフェンスで、腰を落とした低重心になっても、本来「どっしり」とした姿勢を好むので、仕方がないのかも知れません。

※骨盤の形状とサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
骨盤前傾トレーニングで身体能力アップ!一流アスリートの特徴とは?
サッカーのドリブルの姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

さて次は、海外のトップ選手(ピケ、ラモス)のディフェンス姿勢を解説します。

2.海外のトップ選手のディフェンス姿勢

海外のトップ選手たちのディフェスは、日本のサッカー選手と比べて高重心です。

そこで世界で有数のディフェンダーである、(1)セルヒオ・ラモスと(2)ジェラール・ピケの実際のディフェンスを考えてみましょう。

(1)セルヒオ・ラモス

ここでは、4つの事例をあげて解説します。

① サイドに追い込むディフェンス

次の連続写真では、ラモス(白)が赤の選手をサイドに追い込み、右膝で相手の左腰を押し(正確には膝蹴りに近い)、バランスを崩したところでボールを奪っています。

その時のラモスの姿勢は、アプローチ~コンタクトまでほぼ立った状態ですね。

② 正面からのディフェンス

ドリブルで向かって来る相手に対し、ラモスはやや半身(極端ではない)になりながらも、姿勢を高くして待ち構えます。

その後、相手が抜こうとする動きを見て、後ろ足でボールを突いて奪いましたが、もちろん姿勢は高いままですね。

次のシーンも似ていますが、ラモスは半身の姿勢さえも取ろうとしないで、高い姿勢を維持しながらプレスを掛けています。

日本の子供たちが試合中にこのような姿勢でディフェンスをしていたら、監督やコーチたちは「姿勢を低くしろ!」とか「腰を落とせ!」などと怒るでしょう。

でも海外では、ラモスのような姿勢が正解なのです。

③ 前後から挟むディフェンス

ドリブルして来る相手を真正面で待ち構え、後ろから追いかけてきたカゼミーロ(14番)と挟んでボールを奪いました。

この時も高重心のままですね。

④ ペナルティーエリア内でのディフェンス

ペナルティーエリアに入ってきた相手の胸を押して、バランスを崩したところでボールを奪いました。

ここでは、時折、やや低い姿勢を見せましたが、日本人のような極端な低重心のディフェンスではありません。

以上がラモスのディフェンス姿勢ですが、これまで低い姿勢が当たり前…と思っていた方にとっては驚きかも知れませんね。

さて次は、FCバルセロナのジェラール・ピケのディフェンス姿勢を解説します。

(2)ジェラール・ピケ

ここでは3つの事例をあけで解説します。

① サイドの一対一のディフェンス

ピケは、左サイドの一対一で半身になっていますが、日本人のように極端な低い姿勢ではありません。

その後、相手が股抜きを狙いましたが、両足で挟むようにボールを奪いました。

この場合、日本では大股で腰を落とすので簡単に股抜きされてしまいますよね。

なぜなら、腰を落とし過ぎているので、素早く股を閉じられないからです。

右サイドの一対一でも高い姿勢のままですね。

また相手にコンタクトする時は、日本で指導するような下からの低い突き上げは見られず、上体を立てたまま相手に当たっています。

② サイドの突破を阻止するディフェンス

相手はサイドの突破を狙ってドリブルして来ましたが、ピケは半身の姿勢で中を切りながらボールをサイドラインに弾いています。

この時の姿勢は走る動作と同じで、高重心のままですね。

③ 正面からのディフェンス

相手は浮き球がバウンドしたところを狙ってロングキックを蹴ろうとしましたが、ピケは高い姿勢のままで胸にボールを当てて跳ね返しています。

姿勢を高くしていたからこそ、このようなディフェンスが出来たわけですね。

これは、ラグビーのチャージと同じで、低い姿勢では絶対に上手く行きません。

高重心を保ち、勇気を持ってコンタクトしましょう。

以上がピケのディフェンス姿勢ですが、今までやって来たの何だったのか…と落胆する方も多いでしょうが、今からでも遅くないのでぜひ改善しましょう。

さて次は、ラモスとピケが高重心である理由について、テクニック的な面から解説します。

(3)ラモスとピケが高重心の理由

ラモスとピケのディフェンスが高重心である理由は、結論から言えば、相手からボールを奪うためです。

この場合、ふつう一対一のディフェンスの対応は、二つに分かれますよね。

① ボールを奪う(味方が多い時)
② 相手の動きを遅らせる(味方が少なく、戻りを待つ時)

でも、日本では相手の動きを遅らせるディレイ戦術やパスコースを切る守備が優先されます。

例えば試合中に「一発で行くな!」とよく言いますが、これは簡単に抜かれてピンチになるのを恐れるからですね。

「抜かれるよりもパスを出された方が、まだマシだ!」という発想があるのでしょう。

そうすると相手の動きを遅らせたり、パスコースを切るだけの消極的な守備戦術になるわけです。

また、そうしたディフェンスでは、その場に出来る限り止まることが必要になります。

何しろボールを奪うのはあくまでも建前であって、実際には二の次だからです。

そうすると相撲の力士のような低い姿勢で、山のように動かない…、というディフェンスになるのです。

その反対に優秀なディフェンダーは、最初からボールを奪うことを考えるので、ラモスやピケのように、足を出す、体を当てる、体を入れるなどのプレーが多くなります。

ところが、ピケやラモスは足を出す…などのプレーだけに止まりません。

実はスライディングタックルを使ってボールを奪うか、サイドラインやゴールラインの外に弾いてしまうプレーが多いのです。

その理由は、当たりが激しくてファールを取られたとしても、ピンチを救う方がチームにとって大切だと考えているからでしょう。

こうしたプレーはGKがシュートを弾くのと同じでし、海外のディフェンダーにはかなり多いプレーです。

さて、次はこうしたスライディングタックルをする場合のメリットを考えてみましょう。

スライディングする場合、高重心を保った状態から滑り込むと、相手よりも早くボールに追い付けます。

まるで、高い滑り台に乗って一気に下りるようなものですね。

ところが日本人のような低重心では、このようなプレーは無理でしょう。

なぜなら、すでに姿勢が低いので、いくら頑張っても空中に浮くことすら出来ず、すぐに地面に落ちてしまうからです。

まるで、低い滑り台で一生懸命に遠くに滑ろうとするようなものですね。

こうした点からも、ディフェンスの姿勢は高くするのが正しいのです。

さて次は、高重心と低重心の選手の動きを比較して、そのメカニズムを科学的に詳しく解説します。

スポンサーリンク

3.高重心と低重心のディフェンスのメカニズム

ここでは、高重心と低重心のディフェンスの違いを、科学的なメカニズムに基づき、次の3つについて詳しく解説します。

(1)重心と支持基底面の違い
(2)ボールを奪う動作の違い
(3)反転動作の違い

これまで説明した内容のまとめと復習の意味もあるので、ぜひお読みください。

(1)重心と支持基底面の違い

ディフェンス姿勢の高重心と低重心を比べた場合、最も大きな違いは支持基底面の広さですよね。

この場合、高重心は支持基底面が狭く重心移動が簡単なため初動が早くなりますが、その反対に低重心の初動は遅くなるのです。

でも、実はもう一つの違いがあって、それは相手から見た「間合い(上の画像の水色の線)」の感覚です。

この場合、高重心のディフェンスは、相手から見るとまるで立っているだけの姿勢に見えます。

そのため威圧感がないので、相手は不用意に間合いを詰めてしまう傾向があるのです。

そうすると、待ち構えていたディフェンスにボールを奪われやすくなるわけです。

まるでワナを仕掛けて獲物を待ち伏せするようなものですね。

これに対して低重心は最初から身構えているので、相手は警戒して簡単には飛び込んで来ません。

だから相手の動きを遅らせたり、パスコースを切るだけの消極的な守備戦術が効果的なのです。

まるで「ここにはワナがあるから危険!」と教えているようなものですよね。

ところが低重心の場合は初動が遅いので、動き出したドリブラーに付いて行けず、あっけなく遅れてしまうことが多くなります。

(2)ボールを奪う動作の違い

ディフェンスの高重心と低重心の違いは、相手のボールを突いたり弾いたりする動作にも見られます。

高重心は支持基底面が狭く重心が外れやすいので、足がボールに届きやすいですが、その反対に低重心は届きにくいです。

これはピケやラモスのスライディングタックルと同じ原理ですね。

スライディングは滑り台のように高い姿勢から一気に滑り込んでボールを奪いますが、足を出す時も同じです。

つまり足を出す時は、高重心で立った状態からの方が簡単にボールに届くのです。

ちなみに日本代表が海外の代表チームと対戦した時や、Jリーガーが海外のクラブに移籍した時に「相手ディフェンスは足が伸びてくる!」と感想を漏らすことがよくあります。

これはアニメの「ONE PIECE」に出てくるルフィーのように足が伸びるわけではなく、相手選手は単に高重心でディフェンスしているだけのことなのです。

そもそも日本人は、国内の低重心のディフェンスを相手にしていますよね。

だから、そのような姿勢に慣れてしまい、外国人との一対一では不思議な感覚に陥るのでしょう。

また高重心のディフェンスは威圧感がないので不用意に間合いを狭くしてしまう…という点を合わせると、日本人のドリブルが海外で通用しない理由がお分かりになると思います。

つまり高重心のディフェンスにとって、日本人は「飛んで火にいる夏の虫」ということですね。

(3)反転動作の違い

ディフェンスにおける高重心と低重心の違いは、相手が抜こうとした時に振り返って追いかけるという反転動作にも見られます。

高重心は支持基底面が狭いことから、重心が支持基底面から外れやすいので、すぐに振り向いて追いかけることが出来ます。

その反対に低重心は支持基底面から外れにくいですし、そもそも低い姿勢なので、この体勢から振り向くのはかなり大変です。

だから、筋肉のパワーに頼るので、試合中に何度も繰り返すと体力を失いやがては疲れて動きが悪くなってしまいます。

そもそもヒトが止まっている状態から走り出す時は姿勢を低くしながらスタートしますよね。

そうすると高重心の場合は立ったような状態からそのまま振り返って低い姿勢になれるという、とてもスムーズな走り出しが出来るのです。

ところが低重心は、すでに低い姿勢なので、これ以上は低くなれません。

しかも歩幅が広いため、いったん姿勢を立て直さないと、相手の動きに付いて行けないのです。

ディフェンスで姿勢を低くすることは、反転動作においてもこれだけの不利な点があるのです。

要するに損はあっても、得なことは何一つないわけですね。

4.まとめ

これまで一対一のディフェンスで低重心になることのデメリット、セルヒオ・ラモスやジェラール・ピケを例にした高重心の利点について解説しました。

日本のディフェンスの低い姿勢は明らかに間違いなので、これではいつまで経っても世界の強豪国に太刀打ちできません。

数多くの子供たちがぜひ高重心のディフェンスを習得して、本当の意味でサッカーが上手くなってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com