ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

ディフェンスの低い姿勢と低重心は間違い!【海外サッカーとの比較】

日本では、一対一のディフェンスの時に姿勢を低くするように指導しますが、これは大きな間違いです。

実は一対一のディフェンスで大切なのは、高重心で姿勢を高くすることです。

世界有数のディフェンダーであるセルヒオ・ラモスやジェラール・ピケも同じです。

そこで今回は、一対一のディフェンスの正しい姿勢、高重心のメリットと低重心のデメリットについて、科学的に解説します。

スポンサーリンク

1.日本人のディフェンス姿勢

日本人のディフェンス姿勢で特徴的なのは、次の4つです。

(1)日本人の低い姿勢
(2)重心と支持基底面の関係
(3)胴長短足で低重心
(4)骨盤の形状と低重心

そこで、順に解説します。

(1)日本人の低い姿勢

こちらの動画を見ると、ディフェンスの一対一で腰を低くするという、日本人に多い典型的な姿勢が見られます。

動画の実演者によるとセルヒオ・ラモスやジェラール・ピケのディフェンスを参考にしたそうですが、ピケもラモスも、このような低い姿勢は取りません。

※詳しくは後ほど解説します。

一対一で低い姿勢を取るディフェンス

また、こちらの高校生のディフェンスも同じように低い姿勢ですね。

動画を見ると、ドリブラーが抜く時にディフェンスが尻もちを付いてしまうシーンがよく見られます。

その理由は、姿勢を低くして腰を落とし過ぎているため、相手が抜いた時に体勢を立て直せないからです。
ドリブラーが抜く時にディフェンスが尻もちを付く様子
また相手に抜かれた時に足を伸ばしても、ボールに届かない…というシーンも多いですね。

これも姿勢の低過ぎが原因です。

相手に抜かれた時に足を伸ばしても、ボールに届かない

スポンサーリンク

別の高校生の動画を見ても同じように重心が低いですね。

これだけ腰を落とすと、ボールを奪うための素早い動作は難しいでしょう。

今も昔も変わらない、日本の育成年代の典型的なディフェンスですね。

次の画像は2017年・全日本少年サッカー大会決勝での一対一のシーンですが、両チームともJリーグの下部組織だけあって、選手たちのディフェンス姿勢は高重心でした。

ところが、肝心な時はどうしても姿勢が低くなるようですね。

小学生が姿勢を低くして守備をするシーン

やはり日本人はどうしても、このような低い姿勢になりやすいのでしょう。

そこで、次に、こうした日本人の低い姿勢のディフェンスについて、重心移動の科学的な特徴を考えてみましょう。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。