ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

利き足リフティングの3つの効果!両足練習は役立たず?

日本では、両足リフティングをよく練習しますが、これは1000回やっても1万回やっても、サッカーにはあまり役立ちません。

なぜなら、足踏みや、歩く動作と同じなので、いくら繰り返しても意味がないからです。

ところが、利き足リフティングを続けると、とても大切な3つの効果があります。

そこで、今回は利き足リフティングの3つの効果を詳しく解説します。

1.体幹と軸足が強くなる

利き足でリフティングをする時は、逆足(軸足)で体を支えるため、自然と軸足が鍛えられます。

また、体を支えるという点で体幹も強くなるのです。

そもそも、体幹と軸足の強化が必要な理由は、サッカーのほとんどのボールプレーが片足立ちだからです。

だからこそ、利き足リフティングという、効果的なトレーニングが必要なのです。

そもそも片足立ちの姿勢は、一般生活ではあまり必要としません。

なぜなら、ヒトの日常生活で立ったり歩いたりする時は両足を使うからです。

また、歩いたり走ったりする時は、左右の足の軸を切り替えるだけなので、体の負担を感じません。

そうすると、日常生活では体幹や軸足を鍛える必要はないのです。

ところが、キック、ドリブル、トラップなどのプレーは片足立ちなので、利き足リフティングを練習して体幹と軸足を強化する必要があります。

逆の見方をすれば、両足を使った練習ばかりすると、かえって体幹や軸足が弱いまま成長してしまうのです。

そうすると、キックやドリブルなどのプレーが不安定になるわけですね。

※体幹と軸足を強化する方法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果

スポンサーリンク

2.利き足のテクニックが向上する

利き足リフティングを練習して、体幹と軸足を強化すると、利き足のテクニックが向上します。

これは建物と土台の関係に例えれば、すぐに理解出来るでしょう。

つまり、強固な土台に作られた建物は、地震があっても、びくともしない…、そうしたことと同じです。

別の見方をすると、土台を体感や軸足とすれば、建物がサッカーのいろいろなテクニックと置き換えると分かりやすいと思います。

その一方で、海外の選手のプレーはレベルが高いが、自分たちは見劣りする…。

だから、いろいろなテクニックをたくさん覚えないと上手くならない…。

もしも、このように考えていたとしたら、それは間違いです。

これを、先ほどの建物と土台の関係に例えてみましょう。

高機能で見栄えの良いオシャレな建物(サッカーで言えばテクニック)を作ったとしても、軟弱な土台(サッカーで言えば体幹や軸足が弱い状態)の上に建っていたら、果たしてその家はどうなるでしょう?

答えは言うまでもありません。

あっという間に倒壊します。

でも、多くの日本のサッカー選手は、先ずはいろいろなテクニックをたくさん覚える…などという勘違いをしています。

そうではなく、土台と建物の関係のように、体幹と軸足が強いからこそテクニックが安定する…。

このような順序で、考えなくてはダメなのです。

要するに、サッカー選手として、トレーニングするべき順番が間違っているわけですね。

ちなみに、海外のサッカー選手たちは、幼少期から大人になるまで、主に利き足でボールを扱い、逆足は軸足として使います。

そうした中で自然と体幹と軸足が鍛えられ、さらに利き足のテクニックも向上するという好循環の中で成長しています。

こうした点は、サッカー後進国の日本が見習うべきことですね。

さて、次は、リフティングと体の開きについて考えてみましょう。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。