ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブルシュートの正しい蹴り方!日本人に多い間違いとは?

ドリブルシュートでバーを越えたり、左右に大きく外したり、キーパーの正面に飛んでしまう…という失敗は意外と多いですよね。

そうならないためにも正しいシュートの蹴り方を覚えましょう。

そこで今回は正しいドリブルシュートと、日本で多い間違った蹴り方などを解説します。

スポンサーリンク

1.ドリブルシュートとは

(1)正しい考えと日本人の間違い

① メッシのドリブルシュート

ドリブルシュートは強く蹴った方が良い…、その方がゴールキーパーに取られ難い…というのは、日本の育成年代の指導者によくありがちな考えです。

だから子供たちは、ドリブルシュートをインステップキックで蹴るのが多いと思います。

そうすると勢い余って、ゴールを外してしまう…というのはよくありますよね。

でもそうではなく、点を取れるのであればシュートは何でも良いのです。

そもそもシュートの目的は点を取ることですよね。

その例として、世界的なドリブラーのメッシの5人抜きを見てください。

この時のメッシは最後にゴールキーパーを抜いて、インサイド(または親指)でシュートしていますよね。

これはメッシにとってシュートを打つ前までのドリブルが重要であって、後はゴールに流し込むだけ…なのです。

つまりシュートは、いわばオマケのようなものなのであって、もっと言えばゴールにパスをするのと同じというわけですね。

そうするとインステップキックで強く蹴る必要はありませんし、インサイド、インフロント、トーキック、チップキックなど、その状況で最適なシュートを選択すれば何でも良いのです。

こうした考え方は、元日本代表監督のジーコが残した格言としても有名です。

② ジーコの格言

元日本代表監督のジーコは1989年にブラジルのフラメンゴで引退しましたが、この年は私がブラジル・サンパウロのサッカークラブでアシスタントコーチを始めた年です。

当時のジーコは、ブラジルで「白いペレ」とか「白人のペレ」と称えられました。

その後、1991年に来日して住友金属と鹿島アントラーズで現役復帰しましたが、ジーコは次の格言を残しています。

「ゴールの空いているところにパスを通すこと。それがシュートというものだ。」

私がこの格言を初めて聞いたのは、ブラジルで見たテレビ番組のインタビューでした。

日本では、この言葉の意味を「シュートはゴールキーパーの取れない場所(例えばゴールの四隅)に蹴ること…」と考える人が多いですが、実はそれだけではありません。

本当の意味はシュートを特別なものとして考えるのではなく、ゴールに入れるのであれば何でも良いということです。

例えば次の動画の最初の方のシーンで、ジーコのドリブルシュートがあります。

いずれもインサイドやインフロントなどでゴールに流し込むように(パスをするように)蹴っていますよね。

これに対して、日本のシュート練習はインステップで蹴りますが、実際の試合ではインサイドやインフロントなどの方がコントロールしやすいです。

しかもインサイドキックは、インステップキックのように軸足を踏み込まなくても簡単に蹴れますからね。

この場合、日本ではドリブルシュートを蹴る時はボールが前に動いているので大きく軸足を踏み込んで蹴るとか、ボールが止まっている時と同じように蹴る…などという間違った情報が蔓延しています。

これはインステップキックを使ったシュートを想定しているわけですね。

そもそも先ほどのジーコの動画のように、ドリブルシュートでプロがインステップキックを蹴ることはほとんどありません。

もしも使うとしたらミドルシュートの時くらいです。

そうした意味で、どんな時でもインステップキックで蹴るというのは日本に多い間違いの一つですね。

なお日本ではこの他に、もう一つの間違った考えがあります。

(2)日本の間違った蹴り方

① 間違った例

日本ではドリブルシュートとは言っても、実際にはドリブルとシュートを分けています。

例えば次の動画ではペナルティーエリアの前にディフェンダーを想定したマーカーを置いて、これをドリブルで抜いてシュートをしています。

ジュニアやジュニアユースでも似たような練習をよくやりますよね。

でも、これはドリブルシュートではありません。

なぜなら、次のようにA⇒Bまではドリブルですが、B⇒Cはボールを大きく前に出してインステップキックを蹴っているので、いわばドリブルとシュートという二つのプレーに分かれているのです。

そもそもドリブルシュートを蹴る時は、ペナルティエリアの中で密集しているディフェンダーを抜きながらシュートを打ちますよね。

だからドリブルとシュートの関係は一体的に練習するべきなので、例えばディフェンダーをペナルティーエリアの中に立たせて抜いてからシュートするなどの工夫が必要なのです。

これに対して試合中のペナルティエリア付近で、ディフェンダーを抜いてGKと一対一になる…という状況はほとんどありません。

しかもGKと一対一であれば、こんな遠くから蹴るよりも、なるべくゴールに近づいた方がシュートが決まりやすいですよね。

そうするとこの動画の練習は、ドリブルとインステップキックという単なる技術練習を分けただけでしかないのです。

特にジュニア年代の子によくありがちなシュートを蹴ってバーを越えたり、左右に大きく外してしまうのは、こうした練習を繰り返したことが原因だと思います。

そうした意味では、次の動画の練習もほぼ同じです。

この練習ではゴール前にディフェンダーに見立てたマーカーやカラーコーンを置いて、ドリブルシュートを打っています。

しかも、ほとんどの子はマーカーやカラーコーンが置かれた場所をドリブルで抜けて、フリーになってからシュートしていますよね。

そうするとマーカーやカラーコーンが置かれた場所を抜けるまでがドリブルで、抜けるとシュートというように、やはりドリブルとシュートという二つに分かれているのです。

でも試合を想定するのであれば、マーカーやカラーコーンが置かれた場所に入った時点でシュートコースを見付けて蹴るべきです。

そもそもフリーになってからシュートしていたのでは、決定力なんて身に付きませんからね。

要するに日本のドリブルシュートは、ドリブルとシュートを分けて考えてしまう…という問題もあるわけですね。

② 間違った蹴り方のまとめ

ここで日本によくありがちな、ドリブルシュートの間違いと正しい考えをまとめておきましょう。

A.インステップキックだけで蹴ろうとする

これはジーコの格言にもある通り、インステップキックで強く蹴る必要はなく、インサイド、インフロント、トーキック、チップキックなど、その状況で最適なシュートの方法を選択すれば何でも良いのです。

B.ドリブルとシュートを分けている

ドリブルシュートの練習の時はディフェンダーを立たせたり、マーカーやカラーコーンを置いた場所から即座に蹴ることで、実際の試合でも慌てずにシュートを決められるようになります。

さて次は、世界的なドリブラーであるメッシのプレーを動画で見ながら、正しいドリブルシュートについて解説します。

2.正しいドリブルシュート

ここではメッシのドリブルシュートを例にしながら、正しいテクニックを解説します。

(1)ペナルティーエリアの中で蹴る場合

次の動画はメッシがペナルティーエリアの中に入って、左サイドから蹴ったものです。

この動画で大切な点は、シュートを打つ前のテクニックです。

特徴的なのは次の3つです。

① ゴールキーパーの動きを見ながら蹴る
② ヒザ下にボールを置く
③ シュートモーションが小さい

① ゴールキーパーの動きを見ながら蹴る

日本では「シュートはゴールの四隅を狙う…」とよく言われます。

だから、ニアサイドよりもファーサイドを狙った方が良いと考えられているのです。

でも先ほどのメッシの動画では、ニアサイドに蹴るシーンも多かったですよね。

実はメッシはシュート直前で、ゴールキーパーの動きを見ながら蹴っているのです。

例えば次の動画はニアサイドを狙ってシュートを打っていますが、メッシは相手を一人抜くたびにキーパーの動きを見ています。

こうしたメッシの目線に、あなたは気が付きませんか?

この場合、ドリブラーがニアサイドから来れば、キーパーはファーサイドを狙ってシュートを打つのではないか…?と警戒します。

でもそうしたキーパーの心理によって、無意識のうちにファーサイド寄りに重心が傾いてしまうのです。

つまり、メッシはそうしたほんのわずかな姿勢の傾きを見逃さずにシュートしているわけですね。

しかも10年ほど前のスペインのテレビ番組で、メッシは動体視力が発達しているので卓球が強い…と解説しているのを見たことがあります。

この場合、動体視力が発達している人は眼球を動かして周囲の状況を即座に把握することが出来ます。

そうした意味でメッシにとっては、スピーディーなドリブルの動きの中でキーパーの動きを確認することぐらいは何ともないのでしょう。

※なお動体視力のトレーニングに関しては後述します。

これに対してシュートを蹴って大きくふかしたり、左右に外したり、正面に蹴ってしまうのは、そもそもボールだけに集中してしまってキーパーを見ていないことも原因の一つです。

そうするとドリブルシュートを蹴る時はボールが前に動いているので大きく軸足を踏み込んで蹴るとか、ボールの中心をきちんと見て蹴るとかなどは、根本的な問題の解決にはならないわけですね。

② ヒザ下にボールを置く

メッシのドリブルを見るとタッチがソフトなので、なかなか足からボールが離れませんよね。

これは、ドリブルする時のボールの置き場が「利き足の前」に決まっているからです。

特に利き足のレベルが高い選手ほど、次のような接近戦の突破のドリブルでヒザ下にボールを置きます。

また、いつでもボールが利き足の前やヒザ下にあるので、いちいちボールを見る必要が無くなるのです。

そうすると自然とボールから目が離れるので、相手が足を出そうとする動きや、その奥にある状況(景色)を見るようになるわけですね。

だから、先ほどのメッシのようにキーパーの動きさえも一瞬で視界に捉えられるのです。

この場合、日本では幼少期から両足練習を良くやるので、ボールの置き場は股の間になることが多く、きちんと利き足の前に置く選手は少ないです。

これでは突破のドリブルをしながらキーパーの動きを見るなんてことは、なかなか難しいと思います。

実際に日本代表でさえも、ヒザ下にボールを置いていない選手は多いですね。

③ シュートモーションが小さい

ドリブルシュートは密集状態の中で相手を抜きながら打つシュートなので、こうした激しい動きの中ではバックスイングがあまり取れません。

そうすると次のようにインサイドやインフロントを使って、シュートモーションを小さくします。

次のAでは踏込が小さいですし、Bではインサイドを使っているのが分かりますよね。

またCではシュートモーションが小さくてパワーが落ちる分を、体幹のひねり(上半身と下半身を雑巾絞りのようにひねる)で補っています。

こうした場合、くどいようですが日本ではドリブルシュートでインステップキックの強いシュートを蹴るなんて言うのが多いですよね。

もしもこれをまともに受け止めていたら、どうしてもキックフォームが大きくなるので、その間に相手ディフェンダーにシュートコースが塞がれてしまいます。

またゴールキーパーは、キッカーがシュートモーションに入った時点でシュートコースを予測します。

その場合、シュートモーションが大きくなればなるほどシュートコースを予測されやすくなるのです(どこに蹴るのかGKにバレてしまう)。

つまり、ふつうに考えたらペナルティーエリアの中でインステップキックを使うのは、よほどフリーでもない限り止めるべきなのです。

そうした意味では、シュートモーションはインサイドやインフロントを使って小さくした方が良いわけですね。

(2)ペナルティーエリアの外から蹴る場合

ペナルティーエリアの外から蹴るドリブルシュートは、ミドルシュートと同じような蹴り方になります。

もちろん蹴る時はフリーの状況であることが大前提です。

なぜなら遠い距離を蹴るので、シュートモーションが大きくなるからです(マークされていたらまともに打てない)。

ただし一点だけ違うのは、ボールが動いているということです。

そこでボールの動くスピードを落とすために、なるべくタッチを少なくするようにしましょう。

次の動画はメッシがペナルティーエリアの外からインステップキックとカーブを使ったシュートを打つシーンです。

いずれの場合も、蹴る直前はボールにタッチする頻度を少なくして、ボールスピードを落としているのが分かります。

・インステップキック

・カーブ

この場合、日本ではボールが動いているので軸足を大きく踏み込むようにと言われますが、これではバランスを崩してしまいます。

実はそうではなく、次の2つの点が大切です。

A.体幹と軸足を強くする。

これはドリブルシュートが激しい動きの中で正確にシュートを打つことから、バランスを崩すたないために体幹と軸足を強くする必要があるのです。

そのためには、インステップキックの助走が一歩の踏込で蹴れるようになるのが目安です(練習法は後述します)。

B.シュートを打つ直前のタッチを少なくする

これは先ほども解説しましたが、ボールが動いているのでスピードを落とすことが必要です。

そのためにはドリブル中のタッチを少なくして、ボールのスピードを落とすためのコーディネーショントレーニングが必要になります(詳細は後述します)。

さて次は、ドリブルシュートの練習法について解説します。

スポンサーリンク

3.ドリブルシュートの練習法

ここでの練習法は、インサイドキックやインステップキックなどが蹴れることが前提です。

もしもそれぞれのキックが習得できていない場合は、次の関連記事を参考にして正しい蹴り方を覚えてください。

(1)ペナルティーエリアの中で蹴る場合

① ゴールキーパーの動きを見ながら蹴る

これはシュート練習をするよりも、動体視力のトレーニングをした方が効果的です。

そこで次のような速読トレーニングをしてください。

いろいろな教材が市販されていますし、子供が1人で簡単に出来るのでおススメです。

② ヒザ下にボールを置く

ヒザ下にボールを置けるようになるのは、利き足のレベルを上げることです。

そこで、次の動画の練習してください。

・ドリブルタッチの強弱の切り替え

一対一ゲーム

③ シュートモーションを小さくする

シュートモーションを小さくして蹴るためには、正しいインサイドキックを覚えましょう。

また浮き身が使えるようになると、素早くインサイドキックを蹴ることが出来ます。

(2)ペナルティーエリアの外から蹴る場合

① 体幹と軸足を強くする

体幹と軸足を強くするためには、ちょんちょんリフティングが最適です。

書店などで売られているような、体幹トレーニングの高価なDVD教材よりも数倍効果的です。

またフィジカルコンタクトにも強くなりますし、何と言っても手軽に練習できるのがいちばんですね。

そこでなるべく1000回連続で出来るようにしましょう。

② シュートを打つ直前のタッチを少なくしてボールのスピードを落とす

これは蹴る直前に、動いているボールのスピードを落とすためのコーディネーショントレーニング(触らないドリブル)です。

こうした地味な練習はほとんどの子がやりませんが、意外と効果的です。

また次のようなグリッドを作ってフリーのドリブルをしながら、ドリブル中にボールに触らないようにしてスピード落とす感覚を身に付けるのも効果的です。

4.まとめ

これまで正しいドリブルシュートと、日本で多い間違った蹴り方などをいろいろと解説しました。

この場合、日本でよくありがちな間違いと正しい考えを比べると次のとおりです。

(1)インステップキックだけで蹴ろうとする

これはジーコの格言にもある通り、インステップキックで強く蹴る必要はなく、インサイド、インフロント、トーキックなど、その状況で最適なシュートを選択すれば何でも良いのです。

(2)ドリブルとシュートを分けて考えている

ドリブルシュートの練習の時はディフェンダーを立たせたり、マーカーやカラーコーンを置いた場所から即座に蹴ることで、実際の試合でも慌てずにシュートを決められるようになります。

これに対してメッシのドリブルシュートを例にした正しい蹴り方の特徴は、次のとおりです。

(1)ペナルティーエリアの中で蹴る場合

① ゴールキーパーの動きを見ながら蹴る
② ヒザ下にボールを置く
③ シュートモーションを小さくする

(2)ペナルティーエリアの外から蹴る場合

① 体幹と軸足を強くしてシュートを打つ時のバランスを安定させる
② シュートを打つ直前のタッチを少なくしてボールのスピードを落とす

この場合、日本ではドリブルシュートを蹴る時はボールが前に動いているので大きく軸足を踏み込んで蹴るとか、ボールが止まっている時と同じように蹴る…などという間違った情報が蔓延しています。

そうした間違った情報に惑わされないよう、正しい練習をしてドリブルシュートが上手くなることを願っています。

【画像引用:Youtube.com