ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブルで「運ぶ」ことの本当の意味とは?

サッカーのドリブルは、ボールを運ぶことです。

だから、運ぶ途中で相手に奪われるような危険なプレーは避けるべきですが、特に避けたいのが、前に大きく蹴ってしまうことです。

ところが、日本の少年サッカーの指導では、こうした大切なことはあまり意識されません。

そこで今回は、ドリブルの基本がなぜ運ぶ…なのか?なぜ蹴ってはダメなのか?について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.ドリブルは運ぶプレー

次の動画のような一対一のドリブル練習は、ほとんどのクラブや少年団でやっています。

突破のドリブルの練習だと思いますが、一点だけ大きな問題があります。

その問題とは、相手を抜く時に大きく蹴ってしまうことです。

サッカーのドリブルで大きく蹴るのは、アドバンテージになると思われがちです。

たぶん子供たちは大きく蹴って、いち早く追い付けば良いと考えているのでしょう。

たしかにプロの試合でも、時々こうしたプレーが見られます。

でも、前方に大きなスペースがあるとか、DFラインの裏へ抜けた時などに限られています。

しかも現代サッカーは、コンパクト化しているので大きく蹴り出すだけのスペースも少ないはずです。

だから1試合の中では、こうした機会はせいぜい1~2回程度しか見られません。

そのためだけに、こうした練習を繰り返すとしたら、本末転倒ではないでしょうか?

また大きく蹴ると、次のような問題があります。

(1)ボールが自分の物ではなくなってしまう。
(2)相手と競争しなくてはならない。
(3)相手にボールを奪われる可能性がある。

ジュニア年代ではスピードやフィジカルの差が大きいので、これでも何とかなるでしょうが、ジュニアユースやユースなどでは通用しなくなります。

これはドリブルの基本である「運ぶ」という意味を、きちんと理解していないために起こる現象です。

ドリブルは蹴るプレーではありません。

運ぶプレーなのです。

ちなみにドリブルデザイナーの岡部将和さんも、相手を抜く時に大きく蹴っています。

次の動画を見ると良く分かるでしょう。

実は岡部さんが前に蹴ってもボールを奪われないのは、彼の足が速いからです。

また、彼のテクニックはサイドの一対一(大きなスペースが出来やすい場所)でのみ使えるものです。

そうした点を考えると、子供たちがサッカーコートのどんな場所でも蹴ってしまうのは望ましくありません。

※岡部さんのドリブルのテクニックを詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
岡部さんのドリブルは本当にサッカーに役立つのか?

さて次は、ドリブルで運ぶという意味について、もう少し深く掘り下げて考えてみましょう。

2.ドリブルで運ぶとは?

ドリブルで運ぶとは、荷物を運ぶという意味と同じです。

だから荷物を運ぶときは、次の点を守るのが大切です。

(1)目指す目的地に運ぶ。
(2)決められた時間内で運ぶ。
(3)荷物を安全に運ぶ。

特に運送会社は、この3点を守って仕事をしていますが、最も重要なのは何だと思いますか?

答えは(3)荷物を安全に運ぶ…です。

この場合の安全に運ぶとは、途中で事故に巻き込まれて荷物を壊したり盗難被害に遭わないことを意味します。

(1)目指す目的地に運ぶのは、目的地が多少ズレても運び直せます。
(2)決められた時間内で運ぶのも、多少遅れても大丈夫です。

実はこの二つは、自力で何とか解決出来ることです。

ところが(3)荷物を安全に運ぼうとして、事故や盗難に遭ったとしたら、自力で解決するのはかなり難しくなります。

警察や仲間の手助けが必要になることもあるでしょう。

サッカーのドリブルも全く同じで、ボールが奪われたら自力で解決するのが難しいため、味方の守備に助けてもらう必要があります。

しかもセンターライン付近で相手に奪われると、ショートカウンターになって大ピンチになるケースも多いです。

だから簡単に奪われるような安易なプレーは、絶対にやってはダメなのです。

ところが、先ほどご覧になった動画の子供たちは、ドリブルで大きく蹴っています。

これでは相手とのスピードやフィジカルの競争になるので、足が遅かったら奪われる可能性があるでしょう。

しかも、蹴った後に再び自分のモノに出来るのか?どうか?という一種の賭けに近いです。

さらにマイボールに出来る可能性は、成功か失敗かの50%しかありません。

こうした状況は、自らボールを危険にさらしているのと同じことです。

そこで、次にどうしたらドリブルで安全に運ぶことが出来るのか?という点を詳しく解説します。

3.ドリブルで運ぶとは自分の物にすること

サッカーの試合中にパスを受ける時はトラップが必要ですが、これはボールを自分の物にする!という意味があります。

こうした考えは、ドリブルをする時も同じです。

なぜなら、ボールを運ぶときに的確にコントロールして、自分の物にしないと相手に奪われるからです。

そもそもドリブルのボールコントロールとは、常にタッチを続けるという意味です。

タッチを続けるからこそ、自分の物に出来るのです。

先ほどの動画の子供たちのように、相手を抜くことだけを考えて大きく蹴ったら、その時点でコントロール出来ません。

それではどうしたら良いのか?というと、相手を抜こうが何をしようがタッチを続けるのが大切なのです。

また足からボールが離れたら、すぐにタッチをしなくてはいけません。

先ほどの動画の子供たちに対する正しい指導としては、相手を抜いたらすぐにタッチする…、という習慣付けが必要です。

日本の指導者は、こうした点に気が付かなくてはいけません。

そこで、次に私の息子「とも」のプレーを見てみましょう。

(1)マシューズフェイント

次の動画の0:34のシーンでは、三脚をDFに見立てています。

相手を抜いたら、次の相手に備えるために直ぐにインでタッチしています。

(2)クライフターン

やはり、クライフターンの後で直ぐにアウトでタッチしています。

要するにドリブルで運ぶときは、タッチを続けるからこそ相手からボールを守れるのです。

メッシも複数の相手を次々に抜く時は、小刻みなタッチを続けています。

たしかに懐のドリブルなど、相手に奪われない方法はいろいろとありますが、それらはとても狭い考え方です。

やはり大局的に見て、ドリブルの基本はタッチを続けるのが重要なのです。

このように、ドリブルでタッチを続けてボールを守るということは、特に狭い場所ほど慎重にしなくてはいけません。

そこで、次にこうした点をもう少し深く考えてみましょう。

スポンサーリンク

4.ドリブルで大切なことはトラップと同じ

狭い場所でドリブルする時は、常に利き足の前にボールを置いて守らなくてはいけません。

なぜなら、相手との距離が近いために奪われやすくなるからです。

つまり危険な場所ほど自分で最も自信のある方の足…、つまり利き足を使う必要があるのです。

次の動画をごらんいただくと「とも」のドリブルは、利き足の左からボールが離れると直ぐに左でタッチしています。

しかも、ほとんどのボールを左のヒザ下に置いてタッチを続けています。

つまりボールの置き場所が、常に決まっているのです。

こちらの動画は足裏を使っているので、先ほどの動画よりもかなり身体に近いところで扱っています。

そもそも足裏でコントロールすると身体の近くでボールを扱えるので、狭い場所では必須のテクニックです。

その反面、動きが遅くなるという特徴があるので、一つのコントロールミスで簡単に奪われます。

だからこそ、タッチを続けて守るという意識が必要なのです。

私は「とも」が小学校低学年の時から、ドリブルで相手を抜いたらすぐに利き足でタッチするように言い続けました。

タッチさえすればボールが自分の物になって守れるので、連続した相手にも即座に対応できるからです。

「とも」にとって、ドリブルで抜いたらすぐに利き足でタッチ…というのは習慣付けられた動作なのです(ほぼ条件反射のように…)。

私があまりにも口うるさく言っていたせいか、タッチの強弱も自然と意識したと思います。

もちろん、前方にスペースがあればボールを大きく出すのは言うまでもありません。

ドリブルで大切なことはトラップと同じです。
(1)絶対に奪われない。
(2)常に自分の物にする。

これを意識することで、初めてドリブルで「運ぶ」というプレーが成り立つのです。

5.まとめ

サッカーはボールを奪い合うスポーツです。

だから、相手にボールを奪われないことが最も大切なのです。

私が30年前に過ごしたブラジルでは、ボールが奪われた子供は二度とパスが貰えません。

なぜなら、マイボールを守ることさえできない…ということで味方の信頼を失うからです。

ところが、日本ではこうした考えがほとんどありません。

練習中や試合中にボールロストしても、ケロッとしている子供が多すぎます。

ハッキリ言いますと、サッカーに対する認識が甘すぎるのです。

こうして成長した子供たちが、プロになり日本代表になるわけです。

ドリブルの基本は運ぶことですが、「運ぶ」という言葉には、相手に奪われないことやボールを守るという意味が込められています。

日本の指導者たちには、ぜひこうした点に気が付いてほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com