ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

ドリブルが本当に上手くなる3つの練習法とは?即効・対人メニュー!

ドリブルが上手くなるために、最も大切なことは何だと思いますか?

いろいろなフェイントを覚えることでしょうか?それともたくさんの足技をマスターすることでしょうか?

たしかにそれも大切でしょうが、それだけでは上手くなりません。

答えは、相手にボールが取られないためのテクニックを身に付けることです。

なぜなら、サッカーは点を取ることも大切ですが、ボールを守らないと攻撃が出来ないからです。

そのためにも、ボールを簡単に奪われるような選手になってはいけないのです。

また海外のサッカークラブでは、ボールを失わない選手の評価は高く、セレクションでもこの基準は変わりません。

だからこそ、日本の育成年代のドリブル練習では、本当に役立つメニューを徹底するべきなのです。

そこで今回は、ドリブルが本当に上手くなって、相手にボールを取られなくなるための3つの練習法を紹介します。

スポンサーリンク

1.ドリブル練習と日本の現状

ドリブルが本当に上手くなるための練習法を紹介するために、先ずは日本の育成指導の現状と問題点を解説するので、ぜひお読みください。

日本のドリブル指導で最も問題なのは、子供たちの意識の中に、ボールを取られない、奪われない、守るという考えを植え付けていないことです。

特に海外の強豪国の子供たちと比べると、こうした点がハッキリしています。

そもそも、ボールを取られない、奪われない、守るという考えは、サッカーでは最も大切なことであり世界基準です。

ところが、日本の子供たちの意識にきちんと身に付かないのは、これまでのドリブル練習そのものに問題があるのではないでしょうか?

日本では、どこのクラブや少年団でもドリブル練習と言えばコーン・マーカードリブル、ターン、フェイント、一対一の対人トレーニングなどがありますよね。

また、こうしたドリブル練習のメニューは、日本でも海外でもほぼ変わりません。

そうすると、ドリブルの上手い子供がたくさん育って良いはずです。

それなのに、どうして子供たちにはボールを取られない、奪われない、守るという基礎基本の考えが身に付かないのでしょう?

そうした点で私たちが考えるべきことが、5つあります。

それは、
(1)ボールを奪い合う経験が少ない。
(2)一対一のトレーニングのレベルが低い。
(3)一人だけのトレーニングが多い。
(4)相手を抜くことが優先される。
(5)ボールを守るトレーニングが少ない。

そこで、次にこうした5つの点について順に考えてみましょう。

スポンサーリンク

(1)ボールを奪い合う経験が少ない

ドリブルの時にボールを守るという意識は、子供たちが奪い合う経験の中から生まれるものです。

そうした場合、海外のプロ選手たちは最初からクラブチームに所属していたわけではありません。

幼児期にストリートサッカーなどの遊びを通じ、ボールを奪い合う経験を経て守ることの大切さを学んだ後で、セレクションやスカウトなどによってクラブチームに入団したのです

これは、ブラジルでも、スペインでも、サッカー強豪国の子供たちはほぼ同じような経験を積んでいます。

この場合、一般的な育成のカテゴリーをジュニア、ジュニアユース、ユース、トップチームに分けると、次のようなピラミッドになりますよね。

育成カテゴリーのピラミッド

これに対して、強豪国の場合は、ジュニアのさらに下にストリートサッカーがあり、こうした遊びがボールを守るという意識付けの練習の場になっているのです。

また子供たちにとっては、ストリートサッカーが育成システムの中に組み込まれているとも言えるのです。

育成のカテゴリーのピラミッドにストリートサッカーが組み込まれているイメージ

こうした場合、日本では育成期の底辺の部分が欠けています。

つまりストリートサッカーのようなボールを奪い合う経験を経ない状態で、いきなりクラブや少年団に入団するため、ボールを守るという意識付けが不十分なのです。

特に、サッカーにとって大切な意識付けは、いろいろなフェイントや足技を覚えるよりも、出来るだけ早い時期に習得しなくてはいけません。

こうした状況を改善しない限り、いつまで経っても日本が強豪国に追い付けないのは当然のことなのです。

スポンサーリンク

(2)一対一のトレーニングのレベルが低い

ボールを奪い合うサッカーのドリブル練習で、最も多いメニューが一対一です。

これは次の動画のように、ジュニア~プロまで一貫して同じ方法でトレーニングします。

このトレーニングは極めて短時間のマッチアップで終わるので、成功しても失敗してもボールを守るという学習効果は低いままです。

もしも、これがストリートサッカーだったら、どうなると思いますか?

たぶん、子供たちは日が暮れるまで延々と続けていると思います。

そうした経験によって、ボールを守ることの大切さが身に付くわけですね。

そもそも学習とは、反復によって習得するものです。

長時間のトレーニングは必要はありませんが、短時間で集中出来るような反復メニューを工夫するべきでしょう。

さて次は、(3)一人だけのトレーニングが多い、(4)相手を抜くことが優先される、(5)ボールを守るトレーニングが少ない、について解説します。

今回の記事は、本気でドリブルが上手くなりたい、ご自分の子供にもっと上手くなってほしいと考えている方だけに読んでほしいと思っています。

だから、手っ取り早く上手くなる方法はないだろうか?などとお考えの方は、ここでページを閉じていただいて結構です。

それでも、世界的に通用するサッカー選手を育てたいのであれば、続きをお読みください。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。