ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

団子サッカーはいつまで?日本とブラジルの本質的な違い!

団子サッカーは子供のオムツやおねしょと同じで、そのうち卒業します。

だからと言ってそんなに待っていられないとか、どうにかならないのか?という意見もあるでしょう。

たしかにそうした心配もありますよね。

そこで、今回は子供の団子サッカーについて、日本とブラジルの違いや、私の息子が卒業した様子などを解説します。

1.団子サッカーと日本の子供たち

小学校低学年の子がサッカーをする時は、どうしても団子サッカーになってしまいますよね。

なぜこうなってしまうのか?というと理由は2つあります。

一つ目はサッカーをよく知らないこと、二つ目はこの時期の子供の特徴です。

(1)サッカーをよく知らない

小学校低学年は5人制や6人制などの比較的少人数の試合が多くなります(もちろん8人制もある)よね。

そうすると大人の目線であれば5対5とか6対6と考えるので、みんなで協力しながら試合をしてほしいと思うはずです。

でも子供にとってはそうではなく、自分を基準にした1対5や1対6の関係であり、5人制であれば1人目が1対5、2人目も1対5…となるため、チーム同士の横のつながりがないのです。

もちろんふだんはチームメイトとして仲良しなのでしょうが、それはあくまでも試合を離れた友達関係の場合であって、試合となれば一人だけの世界になってしまうのです。

またこの時期の子供はドリブルがほぼ全てなので、相手が何人いようが自分で全員を抜いてゴールを決めたいと考えています。

だからパスをすることはほとんどありません。

というか、子供はパスをする必要性が理解できないのです。

しかも味方が持っているボールを奪おうとする子もいるので、そうした場合は自分以外は全てが敵になります。

この場合、サッカーは団体競技なのでパスが必要だろう…という意見もあるでしょう。

でも残念ながら、それは大人の理屈でしかありません。

そもそも、この時期の子供にそうした考えを求めること自体がナンセンスなのです。

だから、子供の目線に合わせない限り、どうして団子サッカーになるのか?というのは大人には理解出来ないでしょう。

(2)小学校低学年の子供の特徴

文部科学省によれば、小学校低学年の子供は幼稚園や保育園児の甘えた特徴を残しつつも、大人の言うことを聞きながら、やって良い事や悪い事を覚えるとされています。

でも、こうしたことは家庭や学校などで大人が子供のそばにいて、いろいろと日常生活に深く関わっている場合だけです。

例えば、これは良い…、あれはダメというように、子供の生活態度に大人が価値判断を決めますよね。

つまり大人という日常生活で審判の役目をする人がいる時だけ、この時期の子供は良い悪いを判断できるのです(例:子ども同士でイジメが始まるのは大人がいない時)。

これに対してサッカーの試合では、そうは行きません。

ピッチ上は同年代の子供だけなので、良い悪いを決める大人がいません。

もちろんコーチが子供たちと一緒にピッチに入って、いろいろと指示するスタイルの試合もあるでしょうが、プレーそのものには関与できません。

また団子サッカーをして味方にパスをしなかったとしても、反則をしているわけではないので子供には罪悪感はないのです。

そうするとカオス(混乱状態)になってしまうだけで、収拾が付かなくなるのは当然だと思います。

この場合、ちまたで有名な教育学者や心理学者などは、この時期の子供はエゴの塊で協調性がないから団体競技には向かない…という意見もありますが、私はそれは違うと思います。

そもそも子供は反則をしていませんし、何ら悪い事をしていないので責めることは出来ないのです。

そうした意味で、小学校低学年の子供の団子サッカーは自然なものだと思います。

スポンサーリンク

(3)団子サッカーを止めさせようとする指導者

チームによっては、小学一年生からパスを回して団子サッカーをまったくやらないクラブや少年団がありますよね。

私にとっては不思議でなりません。

たぶん、そのチームの指導者はとても優秀か?そうでないか?のどちらかだと思います。

この場合にとても危険なのは、指導者が強制的に団子サッカーを止めさせることです。

そもそもこの時期の子供は日常生活での善悪の判断は出来ても、チームプレーの善し悪しまでは分かりません。

だから、みんなで協力して試合をする⇒つまりパスの必要性はあまり感じないのです。

そうした意味で子供たちの理解度は「団体競技だからパスを繋いでゴールを目指すのが大切…」というのではなく、コーチに言われたからやっているだけと考えた方が良いでしょう。

これは小学校の運動会などで、先生に言われた通りのダンスやかけっこをした…というのと変わりません。

そうすると、こうした状況で育った子供たちは幼少期から大人の操り人形になってしまい、言われたことしか出来ない選手になってしまうのです。

実際にも歴代の日本代表の外国人監督は、ほぼ口を揃えて「日本の選手たちは言うことを聞き過ぎる(言われたことだけをやろうとする)」と言います。

私が思うにこの時期の子供たちに対しては、大人が知恵を絞って自然と団子サッカーを卒業できるような創意工夫(練習メニューの改善など)が必要だと思います。

これに対してブラジルの子供たちの様子はかなり違います。

そこで、次にこの点を考え見ましょう。

この続きは、下の四角いボタン「2」を押してください。