ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

【浮身、沈身、鞭身の使い方と練習法】

たぶん、今回の記事をお読みになって「浮身はジャンプではないか?だから足の力が必要ではないか?」とお考えの方も多いと思います。

でも、そう簡単なものではなく、実は全身を上手く使わないと浮身、鞭身、沈身は身に付きません。

そこで、ここではそれぞれのスキルの使い方と練習法について、次の点を順番に解説します。

(1)体幹の使い方
(2)軸足と足のアーチの使い方
(3)膝抜き
(4)重心移動
(5)一本歯下駄トレーニング

(1)体幹の使い方

ここでは体幹を使って、どのように浮身の姿勢を取るのか?という点を5つのポイントに分けて解説します。

①体のバネ作用
②みぞおち抜き
③筋肉の伸張反射(腸腰筋)
④肋骨のバネ作用(鞭身)
⑤体幹ひねり

①体のバネ作用

体のバネ作用とは、背骨のS字カーブをバネのように伸び縮みさせてスピードとパワーを生み出すことです。

その際、これまでの記事では地面に足が付いた状態(浮いていない状態)でバネ作用を使う方法を解説してきました。

例えばキックの時は体を弓なりに反らせて巻き戻し、ドリブルの突破の時は縮めて伸ばす…という動きですね。

※体のバネ作用を身に付ける方法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

これに対して浮身の場合は、次の画像のように平常時の立った状態から、背骨のバネを縮めた結果、浮身になるのではないかと考えています。

これは操り人形のように首から下の部分を空中に持ち上げるようなイメージですね。

また浮身から沈身になる場合は、そのまま重力落下すれば低い姿勢を維持できるので、自然と突破できる体勢になります。

その場合の背骨の伸縮のイメージは、平常時のS字カーブが浮身の時に伸び、また瞬時に縮むことで、体が浮く状態になると思います。

ちなみに、次の動画は私の息子「とも」がアウトで抜く時の浮身と沈身の様子です。

特にご覧いただきたいのが、「とも」がドリブルを開始してから浮身になるまでの頭の位置が、ほとんど上下動していませんよね?

まるでホバークラフトのように、地面を滑っているようです。

これは先ほども解説したように、背骨のS字カーブ(バネ)を縮めて、首から下を持ち上げるように体を浮かせているわけですね。

特にヒトの体のバネは、体幹(上半身)に集中しています。また、次に解説する②みぞおち抜き、③筋肉の伸張反射(腸腰筋)、④肋骨のバネ作用(鞭身)、⑤体幹ひねりも全て体幹を使ったものです。

つまり、いくら足の力で頑張ったとしても、体幹を上手く使わない限り、浮身は出来ないわけですね。

なお、練習法としては一本歯下駄トレーニングが最適ですが、詳細については後述します。

②みぞおち抜き

みぞおち抜きとは、先ほどの背骨のS字カーブを利用したバネ作用と似ています。

この場合、背骨を使ったバネ作用は大きな反発力を生み出しますが、体を速く動かしている時にはなかなか使いにくいという欠点があります(もちろん全く使えないわけではない)。

これに対して、胴体の真ん中辺にある「みぞおち」を急激に縮めて→伸ばすという「みぞ落ち抜き」を使うと、背骨のバネ作用ほどの大きな反発力はありませんが、スピーディーな動きの中で簡単にバネ作用を生み出します。

また浮身に使う場合は、背骨のバネ作用と同じように、首から下を持ち上げるようなイメージになりますね。

みぞおち抜きを使った浮身の動作としては、カットインのターンのように、速い動きを瞬時に切り替える時に使うと効果的です。

またドリブル以外では、インサイドキックにも使えます。

この場合は必ずしも浮身を使う必要はなく、ほんのわずかに伸び上がった後の沈身の時に、みぞおち抜きをすれば、ヒザを大きく振らなくても速いキックを蹴ることが出来ます。

こうした蹴り方の使い方としては、密集状態で相手に周りを囲まれてしまうとなかなかパスを出せませんよね。

そうした場合でも、ヒザをほとんど振らずに、みぞおち抜きで体を「く」の字に折り曲げるように、ストーンと垂直に脱力して、蹴り足を前に放り出すようにすれば速いパスを出せます。

特に中盤や前線の攻撃的なポジションの選手は、密集状態でボールを奪われないようにするという点で必須のテクニックです。

なお練習法としては一本歯下駄トレーニングが最適ですが、詳細は後述します。

さて次は体幹の使い方の5つのポイントの残りの3つ「③筋肉の伸張反射(腸腰筋)」「④肋骨のバネ作用(鞭身)」「⑤体幹ひねり」を解説します。

この続きは下の四角のボタン「4」を押してください。