ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

③筋肉の伸張反射(腸腰筋)

筋肉の伸張反射とは、筋肉をゴムのように伸び縮みさせる反射作用のことで、このテクニックを身に付けると、無意識のうちにとても速く体を動かせます。

※筋肉の伸張反射を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論で解明

この作用を浮身に使う場合、特に重要なのが腸腰筋の伸張反射です。

また、先ほどの①体のバネ作用、②みぞおち抜きと同じように、首から下を持ち上げるような使い方(腸腰筋の伸び縮みを利用する)と同様のイメージになります。

要するに、バネの伸び縮みの代わりに筋肉の伸縮を使うわけですね。

この場合、腸腰筋をゴムのように使うので、筋肉が太い方が伸縮作用が大きくなります(細いコムでは物足らない)。

そこで必要なのが、腸腰筋トレーニングです。

トレーニングの方法は、次の動画のとおり3種類あります。

・前方ジャンプ
・片足ジャンプ
・立ち腹筋

このメニューは体への負荷が大きいので、10歳以上か小学校3年生になってから始めてください。

※腸腰筋トレーニングを詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
腸腰筋トレーニングでサッカーがレベルアップ!基本メニュー3選

④肋骨のバネ作用(鞭身)

肋骨のバネ作用とは、先ほどディマリアのマシューズフェイントを例に解説した鞭身のことです。

特に肋骨を蛇腹のようにクネクネとさせると簡単に使えます。

※マシューズフェイントのやり方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説

また、もう一つの応用例として、小学生に大人気のダブルタッチにも使えます。

特にダブルタッチで有名な選手と言えば、イニエスタですよね。

この場合、次の連続写真の①から②を見ると、ディマリアのマシューズフェイントのように体を左側にくねらせているように見えませんか?

また③では元の姿勢に戻っていますよね。

これは振り子のように宙に浮いた状態の浮身の動作ですが、古武術的には鞭身(肋骨のバネ作用)も上手く使っているわけですね。

そもそも小柄で非力なイニエスタのダブルタッチが、どうして簡単に相手を抜けるのか?という疑問は、古武術という意外なところに答えがあるわけです。

そうした意味では、浮身、鞭身、沈身を上手く使った方が良いでしょう。

※ダブルタッチのやり方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ダブルタッチの2つの抜き方!イニエスタとメッシの意外な共通点とは?

なお、肋骨のバネ作用を身に付ける練習法としては、次の動画の体操が効果的ですが、一本歯下駄トレーニングも有効です(後述します)。

⑤体幹ひねり

体幹ひねりとは、文字通り体幹(上半身)をひねる動作のことですが、特にターンの時に浮身と合わせて使うと素早い方向転換が出来ます。

つまり、先ほどのバネ作用や筋肉の伸張反射の代わりに、「ひねる」という回転動作を使って体を浮かせるわけですね。

例えて言うと、竹とんぼを空に向かって飛ばすようなイメージに似ています。

この場合、日本では足の力に頼って無理矢理ターンすることが多いですが、これではかえって動きが遅くなりますし、ヒザや足首を故障する原因になるので注意しましょう。

インサイドのターン

インサイドのターンはどうしても大回りになりがちですが、体幹ひねりと浮身を組み合わせることで、その場でくるっと方向転換できます。

アウトサイドのターン

アウトサイドのターンと浮身を組み合わせると、フィギュアスケートのスピンのように鋭く反転出来ます。

特にターンの回転半径が小さいので、敵に周りを囲まれた時でも、その場を素早く切り抜けられます。

このテクニックは、プロでも使える選手が少ないのでぜひ覚えてください。

特にターンの基本は、いかに素早く小さく回転するのかが課題なので、こうした体幹ひねりは有効に使いましょう。

なお、体幹ひねりは次の体操をすると簡単に覚えられます。

この場合、筋肉の伸張反射を活かすためにも、次の画像のように、①・A1(上半身をひねる)と②・A2(下半身をひねる)というように、上半身が先行して下半身が連動するというイメージを持ちましょう。

そうすることで、上半身のひねりによって生じる遠心力を無駄なく下半身へ伝えられることから、素早くターンできます。

もちろん、あまり意識し過ぎるとぎこちなくなるので、最初のうちは上半身と下半身を交互にひねるだけでも結構です(慣れて来たら上半身先行→下半身連動のイメージを持つ)。

※ターンの素早いやり方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ターンを鋭く速くする二つのコツ!海外と日本のサッカー選手の違い
さて次は最後になりますが「(2)軸足と足のアーチの使い方」「(3)膝抜き」「(4)重心移動」「(5)一本歯下駄トレーニング」について解説します。
この続きは下の四角のボタン「5」を押してください。