ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

土踏まずのアーチを作る方法!【足の痛みの原因は偏平足】

サッカー選手は、土踏まず、かかと、足首の痛みに悩む人が多いです。

この場合、痛みが続くといったん安静にしますが、トレーニングを再開すると、痛みが再発するため「持病だから仕方がない…」とあきらめる方は多いかも知れません。

私の息子「とも」は、小2の頃に「かかと」の痛みを訴え、そのたびに休養させましたが、再発を繰り返したため根本的には改善しませんでした。

そのため、土踏まずのアーチを作るためのトレーニングを続けたところ、痛みが消え、足回りの筋肉群も強化されました。

そこで、今回は「とも」と私の実体験に基づき、足の痛みの原因と、土踏まずのアーチを作るための方法について詳しく解説します。

【土踏まずのアーチ構造】

ここでは、痛みの原因となった部位や土踏まずのアーチ構造などについて解説します。

(1)痛みの原因と土踏まずのアーチ構造

「とも」のかかとの痛みは、いずれも炎症で2ヶ所ありました。

①足底筋膜の付け根
②アキレス腱の付け根

 

この部分は、ほとんどのアスリートが痛みを経験しているはずです。

ところが「とも」の場合、この2ヶ所は同時に痛いわけではありません。

足底筋膜の付け根が治るとアキレス腱の付け根が痛み出す…というように、ほぼ1ヶ月ごとに痛みの場所が変わりました。

この場合、痛みの場所が一箇所であれば、その部分を集中的にストレッチすれば良いのですが、2ヶ所の痛みが交互に変わるということで、原因とされる足の部位の構造を広範囲に調べる必要がありました。

そうしてたどり着いた原因は、土踏まずのアーチ構造が弱く、偏平足になりやすいというものだったのです。

スポンサーリンク

(2)土踏まずのアーチ構造

土踏まずのアーチ構造は、アーチが高くなっている方が強度が増します。

また、この部分が発達すると、自分の体重をムリなく支え、姿勢を維持し、飛び跳ねた後の衝撃を吸収する作用が生まれます。

さらに、板バネの機能があるので、飛ぶ、跳ねる、走るという動作に対しスプリングのように使えます。

 

土踏まずのアーチを物理的に考えると、太鼓橋と同じように、本来はとても強い構造を持っています。

太鼓橋は、ヒトが歩いて荷重が掛かっても、水平反力と圧縮作用が働いて支える仕組みになっていますが、これを土踏まずのアーチと比べると、大きな違いが一つあります。

それは太鼓橋の水平反力に相当する力は、土踏まずのアーチには存在しないということです。

これは何を意味するのか?というと、そもそも太鼓橋は地面に固定されているので、水平反力が働いてアーチ構造が維持出来ます。

ところが、土踏まずのアーチは地面に固定されているわけではないので、水平反力が働きません。

だから、いつも自分の体重に押されるだけなので、そのまま何もしなければ、だんだんとアーチが潰れてしまうのです。

そこで、土踏まずのアーチ構造を保つために必要となるのが、足回りの筋肉群の補強です。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。