ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカー初心者向け試合に役立つ練習メニューまとめ!

サッカーを始めたけど何を練習したら上手くなるのか分からない…という方は多いですよね。

でもご安心ください。私がブラジルのコーチ時代に学んだことをみなさんにお教えします。

そこで今回はサッカー初心者向けの試合に役立つ練習メニューを解説します。

スポンサーリンク

1.初心者に必要なサッカーの基礎基本

初心者が最初に覚えるべきサッカーのテクニックは、小学校低学年(小1~小3)で必要とされる基礎基本です。

こうした考え方は小中高の子供でも大人でも全く変わりませんし、こうしたスキルを身に付けるだけで実際の試合にかなり役立ちます。

ところが日本では基礎基本の指導が実にいい加減で、小学生年代から戦術指導をするケースが蔓延しています。

その理由は個人の育成が目的ではなく、勝利至上主義でチームが試合で勝つことを優先するからです。

このような育成指導の現状では、いつまで経っても日本のサッカーは強くなりません。

私は30年前にブラジル・サンパウロのクラブでジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていましたが、ブラジルの指導法は日本と全く違います。

ブラジルではジュニアユースまで基礎基本のトレーニングを徹底し、戦術の指導はユースになってからです。

もちろん海外の他の国もほぼ同じです。

そうした意味で、日本が未だにサッカー後進国である理由がお分かりではないでしょうか?

その一方で、最近ではサッカーYouTuberなどという人たちが、いろいろな曲芸的なテクニックを動画で披露しているため、そうしたものを真似したがる子供が増えています。

でもそうした曲芸は試合では役に立たないので、まずは試合で必要な基礎基本を身に付けましょう。

それにYouTuberはサッカー後進国の日本で育った本当のサッカーを知らない日本人なので、動画を見るのはご自由ですが、やはり本当に上手くなりたかったら真似はしない方が良いでしょう。

さてもそれでは次に具体的な練習メニューについて、ドリブル、キック、トラップ、リフティングの順で解説します。

2.ドリブル

(1)ドリブルの基礎基本

ドリブルの練習で最も大切なのは、足の指の繊細な感覚を身に付けるため、常に指を意識してボールにタッチすることです。

なぜなら足の指は「触覚」という5つの感覚器官(その他に視覚、聴覚、嗅覚、味覚)の一つだからです。

特に繊細なボールタッチは、足の指の感覚を研ぎ澄まさないと身に付きません。

そうした意味では裸足で練習するのも良いでしょう。

ちなみに世界的なドリブラーであるメッシ、ネイマール、クリスチアーノ・ロナウドや、日本代表の久保選手も足の指でボールタッチしています。

これに対して日本では、そうした基本さえも分かっていない指導者が多いので注意しましょう。

(2)練習メニュー

ドリブルの練習メニューは、①基本のドリブルと②足裏ドリブルに分かれます。

① 基本のドリプル

基本のドリブルの練習メニューは8種類ありますが、先ずは試合でよく使う『走るドリブル』を覚えてください。

サッカーのドリブルは走る動作と同じですが、ただ一点だけ違うのはボールにタッチするかどうかだけです。

そこで走る動作に合わせて、利き足を前に出した時に足の小指でボールにタッチしましょう。

これに対して、日本ではアウトサイド(足の横)やインステップでタッチするように指導するケースがありますが、これは間違いなので注意してください。

なおその他の練習メニューは次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ練習してください。

② 足裏ドリブル

足裏ドリブルの練習メニューは10種類ありますが、先ずは『足裏ボールタッチ』を練習してください。

実際の試合で足裏を使う時はボールを引く動作とイン・アウトの組わせが最も多いので、先ずは基本の3つの動作をきちんと身に付けましょう。

A.プル・インステップ
B.プル・アウトサイド
C.プル・インサイド

このトレーニングは何となくタッチするのではなく、ボールに触れる足裏や指の部分に全神経を集中してください。

そうすることによって繊細なボールタッチの感覚が身に付きます。

なおその他の練習メニューは次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ練習してください。

さて次はキックとトラップについて解説します。

2.キック

(1)キックの基礎基本

キックの練習で最も大切なことは、狙ったところに正確に蹴れるようになることです。

これに対して日本人は、日本代表の選手でさえもキックの精度がかなり低いと思います。

そこでキックの練習に当たってはやみくもに蹴るのではなく、蹴る前にボールの軌道をイメージしてください。

例えば30分連続して30回蹴るよりも、一回一回考えながら10回蹴った方が上手くなります。

つまり、こうしたイメージ作りがボールコントロールの正確さに繋がるのです。

なおキックの練習は、試合中によく使う①インサイドキックと②インステップキックの2つの蹴り方を覚えることから始めましょう。

(2)インサイドキック

① 正しい蹴り方を覚える

インサイドキックは、試合中ではパスによく使いますし、ゴール前であればシュートにも使えます。

ところが日本の指導者はパター型の間違った蹴り方を教えるケースが多いですね。

そうした蹴り方を覚えさせられる前に、先ずは正しい蹴り方を自分で身に付けましょう。

② 練習法

正しい蹴り方を覚えたら次の3つの練習をしてください。

A.左右の蹴り分け
B.プレスからの蹴り分け
C.マト当て

この3つを練習しておくと、試合で相手のプレスがあっても、周りを囲まれたとしても自在にパスが出せるようになりますし、パスそのものが正確になります。

なお正しい蹴り方と間違った蹴り方、練習メニューについては、次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ練習してください。

(2)インステップキック

インステップキックは、試合中ではシュートによく使いますが、正しく蹴ると強くて無回転のボールが飛びます。

この場合、「インテップキックは足の甲でボールの中心(真ん中)を蹴るように…」とよく言われますよね。

でもそうではなく、正しくはボールの中心軸に対して、その距離の分(ボール一個分)だけ真っ直ぐ押し出すように蹴らなくてはいけません。

そうすることで強くて無回転のボールが蹴れるのです。

こうした蹴り方が出来ずにバックスピンが掛かったりすると、シュートの威力が落ちてゴールキーパーにセーブされてしまいます。

そこで先ずは次の記事をお読みになって、ぜひ正しいインステップキックの蹴り方を覚えてください。

3.トラップ

(1)トラップの基礎基本

初心者がトラップを練習する時は、試合中に最も多く使うインサイドのトラップを練習しましょう。

この場合、日本のトラップの指導は次のように足元にボールを止めることが正しいとされています。

ところが、このようなトラップでは3つの問題があります。

① トラップしながらボールを動かすなどのダイレクトプレーには適さない。
② 軸足の前にボールをトラップするのは、敵に対して次のプレー(パス)が見破られる。
③ プレーの切り替えがやり難い。

したがって日本で一般的とされているインサイドのトラップは、これが全てと考えてはいけません。

(2)応用性の高いインサイドトラップ

正しいインサイドトラップは、これまで日本で一般的とされた中村選手のような止め方ではありません。

次のように、臨機応変にプレーが切り替えられるテクニックを身に付けるための基礎基本のスキルと考えてください。

つまり将来の一流選手を目指すための応用性の高い止め方を覚える…と言っても良いでしょう。

その場合のポイントは2つあります。

A.クッションコントロール
B.浮身を覚える

また、この2つのスキルが身に付けば中村選手のような単に止めるだけのトラップは簡単なので、あえて練習する必要はありません。

もしも練習するとしたら、5分もしないうちにマスターできるでしょう。

なお応用性の高いインサイドトラップについては、次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひお読みください。

さて次はリフティングについて解説します。

スポンサーリンク

4.リフティング

(1)ちょんちょんリフティング

① 目的

ちょんちょんリフティングは、体幹と軸足を強化するためのトレーニングです。

この場合、サッカーのドリブル、キック、トラップとも激しい動きの中で片足立ちでプレーするため、体幹と軸足を鍛えて体を安定させる必要があります。

ところが日本では体幹トレーニングはやっても、軸足を強化する選手はほとんどいません。

だから日本人はいつまで経ってもサッカーが上手くならないのです。

そうした意味で、ぜひちょんちょんリフティングで鍛えましょう。

② 練習法

このリフティングは、親指と人差し指の付け根付近を使ってリフティングしてください。

この場合、軸足のふくらはぎ~太ももの筋肉は、お尻、背筋、腹筋などの体幹部の筋肉群と連動しています。

そうすると、ちょんちょんリフティングによって軸足が強くなる、自然と体幹も強化されて安定するわけですね。

回数の目安としては1000回連続できるようにしましょう。

だいたい500回を超える頃にはキックの飛距離が伸びますし、ドリブルの精度も高くなります。

とは言っても実際にやって見るとなかなか大変ですが、だからと言ってこの練習から逃げたらサッカーは絶対に上手くなりません。

なおちょんちょんリフティングについては、次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひお読みください。

(2)インステップリフティング

① 目的

日本の指導者たちは子供が幼少期のうちから両足練習ばかりやらせるので、大人になっても体が開いています。

体が開くとは、簡単に言えば両足を開いた棒立ちの状態です。

こうした選手はボールを持つ時に両足の間(利き足のインサイドあたり)にボールを置く悪いクセが付いています。

特に日本代表でもかなり多いようですね。

その場合の問題点は次のように3つあります。

A.パワーが集中できない。
B.体の軸が不安定。
C.上半身が使えない。

これに対して体が開かない選手は利き足の前(ヒザ下)にボールを置くので、誰が見てもよく分かると思います。

とは言っても、日本では少ないですけどね。

こうした体の開きは、野球、ゴルフ、格闘技などのあらゆるスポーツで、やってはいけない姿勢とされています。

なぜなら先ほどの3つの問題が起きてプレーのパフォーマンスが落ちるからです。

でも日本では、体の開きの弊害を理解していない指導者がとても多いですね。

そうした意味では、日本のサッカー指導が如何に間違っているのかがよく分かると思います。

② 練習法

体の開きを抑えるために最も効果的な練習は、利き足のインステップリフティングです。

このリフティングを練習すると体の開きがなくなるので、ボールを持つ時の姿勢がかなり良くなります。

最初のうちはボールがあっち行ったりこっち行ったりしますが、落ち着いて出来るようになったら、なるべく狭いエリアの中で練習するようにしてください(動画では1m四方にマーカーを置いて練習しています)。

回数の目安としては1000回連続で出来るようにしましょう

だいたい200~300回くらいを超えたあたりで、まるで海外のトッププレーヤーのように体の開きがなくなります。

そうすると初心者によく見られがちな、ドタバタした感じもなくなるのです。

なお体の開きについては、次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひお読みください。

(3)両足リフティング

両足リフティングは足踏みと同じ動作なので、コツを掴めば初心者でも簡単に出来るようになります。

私の息子は小学二年生の時に一ヶ月で覚えました。

この場合、日本では「両足リフティングをやると繊細なボールタッチが身に付く…」などとよく言われ、インステップ(足の甲)を使ったリフティングを推奨しています。

でもそれは間違っていますし、矛盾しています。

なぜなら繊細なボールタッチは、常に足の指を意識してボールに触らない限り身に付かないからです。

また、そもそもインステップは指ではないので、いくらこの場所でリフティングをやっても意味がありません。

そうした意味ではコントロールタッチ(親指と人差し指の付け根あたり)を使ったリフティングを覚えましょう。

そうすることでボールタッチに対する足の指の感覚が磨かれます。

両足リフティングについては、次の記事で詳しく解説してあるので、ぜひお読みください。

5.まとめ

これまでサッカー初心者向けの試合に役立つ練習メニューをいろいろと解説しました。

特に初心者が最初に覚えるべきサッカーのテクニックは、小学校低学年(小1~小3)で必要とされる基礎基本です。

こうした考え方は小中高の子供でも大人でも全く変わりませんし、こうしたスキルを身に付けるだけで実際の試合でもかなり役立ちます。

そうした意味では、ドリブル、キック、トラップ、リフティングをたくさん練習して、上手くなりましょう。

なお初心者を卒業したら、次の記事一覧を参考に、たくさんのテクニックを身に付けてもっとステップアップしてください。

ぜひあなたがサッカーを上手くなるように願っています。

【画像引用:Youtube.com