ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの成長で子供にとって最も大切なことは何か?

 子供がサッカー選手として成長する時は、なかなか思い通りに行きません。
 だからこの子は才能がないのだろうか?と、親御さんが悩むこともあるでしょう。
 もしも、そう考えていたら間違いです。
 今回は、子どもの成長とはどういうことなのか?を解説します。
 ぜひ子育ての参考にしてください。

スポンサーリンク

1.成長することの本当の意味

(1)理想と現実

 子供の成長に対して親が大きな期待をかけるのは、どこの家庭でも変わりません。
 やはり、将来は立派なサッカー選手になってほしいと願うものです。
 先ずは、育成年代でチームのレギュラーになって試合で活躍してほしい。
 その上のカテゴリーでも成長して、やがてはプロになって日本代表に…と妄想を膨らましているかも知れませんね。

サッカーをやる小学校低学年の子供

 でも、そうした成長過程の中で、なかなか思い通りに伸びないことがよくあります。
 例えば、新しいテクニックを覚えようといくら練習しても出来ない…。
 練習では出来るプレーが、試合では上手く行かない…。
 このようなことは、子供の成長にとって日常的に見られます。

 実は、こうしたことは理想と現実のギャップから起こるものです。

(2)ブレークスルーポイント

 どこの家庭でも、親が子供に抱く理想の成長は右肩上がりです。
 でも、現実の成長は理想とはかなり違ってギャップがあります。
 実際には、とても長い停滞期を経た後で突然大きく成長するのです。
 こうした突然成長する時期が「ブレークスルーポイント」です。

ブレークスルーポイントの説明グラフ

 例えば、子供が3か月間で100回を目標にリフティングの練習を始めたとします。
 たぶん、最初の1ヶ月は10回でも出来れば良い方でしょう。
 ところが、ある日を境にして突然20回、30回と面白いように回数が伸びて行きます。
 コツを掴んだから…ということもあるでしょうが、むしろ地道に練習を続けた結果によるものです。
 「努力は報われる」という格言は本当なんですね。

 また、この現象は子供でも大人でも起きるものです。
 しかも、サッカーでも勉強でもどのような分野でも起こります。

 ところが、先ほどの子供のリフティングでいくら練習しても100回出来ない…と、途中で努力を止めてしまったらどうなりますか?
 ブレークスルーは起こらず、停滞期が続くだけです。
 たぶん、もう少し続けていたら大きく成長していたかも知れません。
 そうした意味では、子供がくじけそうになった時に親として優しく励ましてあげることも大切です。

努力を止めた場合とブレークスルー曲線の説明グラフ

 また親の心構えとして、子供が成長するうえでの停滞期をきちんと理解して、やがて来る成長期を信じて練習を見守ることが大切です。

停滞期と成長期を説明したグラフ

スポンサーリンク

(3)成長期と停滞期

 先ほどリフティングを例に、やや長期的(3ヶ月)な成長曲線の考え方を解説しましたが、これは日々起こり得る短期的な出来事にも当てはまります。
 例えば、最初の一ヶ月で3回出来た日もあれば、次の日は1回しか出来ない…ということはよくあります。
 また、突然20回出来たかと思うと翌日は10回しか出来ない、でも数日後には25回出来た…など、短期的にも成長期と停滞期を繰り返します。

短期的に成長期と停滞期を繰り返す説明をしたグラフ

 つまり子供が成長するうえでは、短期的にも長期的にも成長期と停滞期を繰り返すということです。
 親はこうした成長の仕組みもきちんと理解したうえで、子供と向き合うことが大切だと言えます。

(4)ブレークスルーは自然界の法則

 先ほど、成長するうえでのブレークスルーポイントの特性を解説しました。
 こうした特徴は、子供の身体的な成長過程でも同じ現象が見られます。

 特に小学校高学年~中学生の子供をお持ちの親ならお分かりでしょうが、この時期は身長が大きく伸びる時期です。
 これは大人になるための生物学的な自然現象ですが、ブレークスルーポイントが来たというふうに考えることも出来ます。

 一方、植物の成長サイクルにおいても成長期と停滞期があります。

 例えば、稲は梅雨前に田植えをして夏から秋を経て収穫します。
 その理由は、冬に田植えをしようとしても稲は休眠期(停滞期)で発芽しないからです。
 また、観葉植物などは一年中成長しているわけではありません。
 暖かい季節に成長して寒い時期は休眠しているのです。
 だから、休眠期にいくら水や肥料を与えても成長しませんし、むしろ枯れてしまう原因になるだけです。
 つまり、植物の成長過程においてもブレークスルーポイントを意識して育てることが大切なのです。

 要するに成長とブレークスルーポイントはヒトに特有な現象ではなく、自然法則の一つともいえるのです。

 そうした意味では子供は必ず成長します。
 親としては、成長の自然なメカニズムを理解して子供を見守ってあげましょう。

 さて次は、子供の成長と早熟・晩熟の関係を詳しく解説します。
 大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。