ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーで最も大切なことは?【ブラジルと日本の違い】

サッカーで最も大切なことは、何だと思いますか? ドリブルでしょうか?キックでしょうか?トラップでしょうか?

小学生年代ならドリブルと答えるでしょうし、ジュニアユースではパスの精度という人も多いでしょう。

もちろん、メンタル、戦術、オフザボールなどが大切だという方も多いはずです。

たしかに、それぞれの考えは正しいと思います。

ただし、日本なら…。

私は、30年前にブラジルでジュニアのアシスタントコーチをしていましたが、その時に実感したのは、子供たちのテクニックではありません。

子供たちが大切にしていたことは、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという意識とサッカーの基礎基本です。

そこで、今回はジュニア世代で本当に覚えるべき、サッカーにとっての大切なことについて解説します。

スポンサーリンク

1.サッカーで大切なこととは何か?

(1)ネイマールが教えた大切なこと

2013年コンフェデレーションズカップで、日本代表はブラジル代表と対戦して0対3で完敗しました。

その時、ネイマールは試合後のスポーツ紙のインタビューで、日本代表の印象とサッカーで大切なことについて次のように語っています。

「日本代表には必死さが足りなかった。僕らでも泥臭く攻め続けるのに格好を気にしてるように見えた。」「経済的には発展しているのに、広告だけで満足なのかな。」

当時の日本では、「ネイマールが日本をバカにしている!」とか、「日本は弱いくせにカッコ付けているなんて…ふざけている!」などと言った謝った解釈が多かったようですね。

でも、ネイマールは日本に対して、サッカーにとっての大切なことを教えくれたように思います。

ブラジルではよく使われるサッカースラングで、サッカーが下手な人のことを「japones」と呼びます。

japonesはポルトガル語ですが、本来の意味は日本人とか日本の国を指しています。

もうお分かりですか?

つまり、日本人はサッカーが下手…と思われていて、しかもブラジルだけではなく、世界的にもそのように考えられているのです。

そんなことはない!日本人は海外でも活躍している!という方も多いでしょう。

でも、そうした選手はほんの一握りであって、海外のトッププロたちと対等に渡り合っている選手は少ないのです。

そうした中で、ネイマールが言いたかったのは、

・日本人はあまりサッカーが上手くない。
・それなら、形(パスサッカーのような華麗さ)にこだわっていてはダメだ。
・ブラジル代表であっても格好にはこだわっていない。
・むしろ必死になって泥臭いサッカーをしている。
・だから、日本も変わらなくては行けない。

これはサッカーの弱いチームが、強い相手と試合をする時の大切なことを説いているのです。

また、その前提として、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという泥臭さとサッカーの基礎基本の大切さ(上手くなりたかったら基礎基本を磨く)を説いているのであって、決して日本をバカにしているのではありません。

彼自身は何度か日本と対戦していますし、日本人の意識がいつまでも変わらないことを不思議に感じたのでしょう。

私が思うに、日本はサッカー先進国のトップ選手から大切なことを教わったものと感じますし、もしかして、エールを送ってくれているのかも知れません。

日本サッカーの進歩のためには、こうした大切なアドバイスを謙虚に受け止めるべきではないでしょうか?

実は、こうしたサッカーにとっての大切なことは、ブラジル代表の実際の試合にもよく表れています。

果たして、それは何でしょうか?

そこで、次に2013年コンフェデ杯のブラジル対日本の試合を振り返って考えてみましょう。

(2)コンフェデ杯から分かるサッカーにとっての大切なこと

① ブラジルの一点目はボールを守る大切さ

ここでは、ネイマールのシュートの跳ね返ったこぼれ球を左サイドの選手が拾い、左サイドバックのマルセロにバックパスします。

一見して何でもないようなプレーですが、左サイドの選手がこぼれ球を正確に拾うという技術は、攻撃中のボールを守るという、とても大切なことです。

その後、マルセロからFWの選手に縦パスを入れて落とし、最後にネイマールがミドルシュートを決めています。

この時、実際に得点したのはネイマールですが、ここでの大切なことは、左サイドの選手がボールを守ろうとしたプレーです。

こうしたプレーがなかったら得点には結び付かなかったでしょう。

とても地味なプレーですが、ブラジル代表のボールを守る大切さがよく分かりますよね。

② ブラジルの二点目は基礎基本の大切さ

ここではスローインを受けたネイマールが、ペナルティーエリア前に切り込んで、日本のDFを引き付けたところで右サイドの選手にパスをします。

右サイドの選手のワンタッチパスを受けた、右サイドバックのダニエルアウベスはゴール前にクロスを蹴ります。

その時、ペナルティーエリア内のブラジルの選手たちは、それぞれがフリーになろうとします。

そうすることで、日本のDFはマークを絞り切れなくなります。

そして最後はパスを受けた選手が振り返ってシュートです。

このプレーを見た当時の日本のアナウンサーや解説者たちは、日本のDFがネイマールのドリブルに攪乱された…などと評していましたが、そうではありません。

ポイントは二つあって、

一つ目は中(ネイマール)→外(ダニエルアウベス)→中(シュートした選手)という基本的な戦術を活かしたことです。

二つ目は、クロスを受ける時のペナルティーエリア内のブラジルの選手たちが、それぞれがフリーになろうとするオフザボールの動きです。

こうした戦術はいわば基本のプレーであって、それほど難しいものではありません。

やはり、基礎基本を大切にするブラジルの意識の高さが分かります。

これに対して、日本の攻撃でも似たようなシーンがありました。

これは中盤から縦パスを受けた本田のシュートシーンですが、結論から言えば、何の工夫もなくそのまま強引にゴールを狙って蹴っただけです。

しかもブラジルの中盤の選手たちは、DFラインの一つ前で本田を囲い込んでシュートコースを狭めています。

そうするとシュートを打ったとしても、ゴールする可能性は極めて低くなりますよね。

ということは、ブラジルの選手は中を絞っているので、いったん幅を作ってスペースを生み出すための発想が必要です。

そうした場合、左サイドの長友にパスしてからクロスを狙う方が良かったように思います。

このプレーを実況した当時の日本の解説者たちは「シュートで終わったことが大切!」とか「チームに勢いが出る!」などと言っていましたが、それは違います。

私からすれば強豪相手の数少ないチャンスなのに、もっと一つ一つのプレーを大切にするべきだったと思います。

要するに、小学生でもよくありがちな、格好付けただけのプレーでしかありません。

やはり、基礎基本や一つ一つのプレーをいかに大切にするべきか?ということがよく分かると思います。

③ ブラジルの三点目も基礎基本の大切さ

これは、左サイドから攻撃して来た日本の選手から、ブラジルのDFがボールを奪ってフリーの逆サイドの選手にパスします。

パスを受けた選手はそのままドリブルして、カウンターを始めます。

この時の日本のDFは、ドリブルする選手に注意を引き付けられてボールウォッチャーになります。

そして中で待つブラジルの選手は完全にノーマークになり、ラストパスからシュートを決めています。

こうしたカウンターは大切な基本の戦術です。

先ほどのネイマールの言った「僕らでも泥臭く攻め続けるのに…」ということを表現したプレーですね。

また日本が攻め込んだことに対して反撃するということは、ボールを奪われたら奪い返すという大切さも意識されています。

たしかにサッカーは点を取って勝つことが大事ですが、そのためにはなりふり構ってはいられないのです。

当時のザックジャパンは典型的なパスサッカーですが、やはりネイマールから見たら日本は格好つけていたように見えたのでしょう。

以上のように、ブラジル代表のボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという意識とサッカーの基礎基本の大切さという点は、日本との大きな違いになっているのです。

さて次は、ブラジルと日本の子供たちの意識の違いを詳しく解説します。

スポンサーリンク

2.ブラジルと日本の子供たちの「大切なこと」の違い

(1)ブラジルの子供たちにとって大切なことは

ブラジルでは、サッカーにとっての大切なことは、子供の時に自然と身に付きます。

これは、日本の子供たちとのサッカー観の違いとも言えるでしょう。

特にハッキリしているのは、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという意識と、基礎基本の大切さです。

私が30年前にブラジルにいたころ、子供たちが街中でよくストリートサッカーをしていたのを見かけましたが、そこではドリブルでもトラップでもキックでも、簡単にボールを奪われると仲間から相手にされなくなります。

そうすると、子供たちは悔しくて何度も基礎基本の反復練習をして上手くなろうとしますし、今度は必死になってボールを奪い返そうとします。

つまり、何度も同じ目に会いたくないわけですね。

だからボールを奪われない、守るという大切さが身に付き、奪われたら奪い返すという考えにも繋がるのです。

こうしたサッカーにとっての大切なことは、ジュニアユースやユースになってからも変わりません。

例えば試合中にパスをする場合、受け手がトラップミスをするとその選手は除け者にされます。

これは仲間の信用をなくすことであって、こうしたミスが一度でも起こると信頼を回復するまでにはとても時間がかかります。

この場合、相手はトラップの瞬間を狙って奪いに来るので、パスの出し手は受け手が取れないくらいのイチかバチかのパスを出すことが多いです。

また「受けられない方が悪い!」と思われることもしばしばですね。

だから練習の時も真剣勝負ですし、緊張感に満ちています。

子供たちの表情を見るといつもリラックスしているように見えますが、気持ちの中では常にボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという、サッカーにとっての大切なことが根付いているのです。

そうした中で、ブラジルでは子供の頃から一つ一つのプレーを大切にするという、基礎基本の意味を理解するのです。

そこで次に、日本の子供たちについて考えてみましょう。

(2)日本ではサッカーにとっての大切なことが根付かない

日本の育成年代は、サッカーにとっての大切なことが根付かないように感じます。

たしかに指導者は、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すということも教えてはいるのでしょう。

でも、指導現場ではサッカーの技術を教えることから入るように感じます。

つまり、テクニックしか教えていないわけですね。

例えばドリブルはこうやって運ぶ。キックはこのように蹴る。トラップはこうして止める。というような指導です。

ジュニアユースやユースになったとしても、教わる内容のレベルが高くなるだけで、技術を指導するという考えは変わりません。

そうすると子供たちはその技術を一生懸命に反復練習しますが、先ほどのブラジルの子供たちのようなボールを奪われない…など、サッカーにとっての大切なことが根付かないのです。

そもそも、日本ではブラジルの子供たちのストリートサッカーのように、幼少期から激しくボールを奪い合いながら成長するという経験が欠けています。

だから、一つ一つのプレーを大切にするという意識も育たないのでしょう。

私は、ときどき日本のジュニアやジュニアユースの試合を見ますが、一つ一つのプレーにはどうしても淡泊な感じがあるように思えます。

例えばドリブル、トラップ、キックが失敗して相手にボールを奪われても、ケロッとしていて悔しさが感じられません。

これではいくら試合をしても、同じことを繰り返すだけではないでしょうか?

一方、日本のパスの指導では「受け手が取りやすいようにパスを出せ!」などと言われますが、そうすると受け手に優しい安全なパスが多くなりますよね。

つまり、日本のパスは受け手が優先なのです。

これは、先ほどのブラジルの子供たちとの大きな違いです。

まるで安全運転で試合をしましょう…と、言っているようなものですね。

これでは、ボールを守るというサッカーにとっての大切なことは身に付きません。

また、日本ではFCバルセロナのパスサッカーのような戦術を多くのチームが取り入れています。

その際、バルサのパス回しは状況判断が大切と思われていますが、実はそれだけではありません。

それは守備戦術の優位性にあるのです。

ショートパスを繋げるためには、選手同士の間隔を10~15m程度にコンパクトにします。

その結果、仮に相手にボールを奪われた場合でも、プレスをかけめための距離が短いので、いち早く奪い返すことが出るのです。

つまりボールポゼッションを続けるためには、守備のしやすさも同時に考えるという発想です。

さらにそうした戦術の根底にある考え方には、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すというサッカーにとっての大切なことが根付いているのです。

そもそも、そうしないとチキタカ特有のポゼッションが成り立たちません。

こうした大切なことを理解しないで育った日本の子供たちは、教科書的なプレーだけになりますし、セオリーに基づいた試合しか出来なくなります。

先ほどコンフェデ杯の様子を解説しましたが、日本がブラジルと対戦したことは過去に何度もありますよね。

そうした際、試合後の日本代表の選手たちから「まるでこちらの動きが手に取るように分かっているようだ…」とか、「次のプレーを読まれているようだ…」などという感想をよく耳にします。

これは、ひとえにサッカーのセオリーに基づく技術や戦術以前の問題であって、やはり大切なことが身に付いていないことの副産物のように思います。

ちなみに、こちらの動画はブラジルワールドカップの出場を決めた後の日本代表のインタビューの様子です。

ここでは、本田がしきりに個の力を説いています。

ここで言う、個の力とは単なるテクニックの部分ではないように感じます。

たぶん技術の根底にある、サッカーにとっての大切なこととして、ボールを守る、奪われない、奪われたら奪い返す、基礎基本を磨くということを説いているように思いますね。

3.まとめ

これまでジュニア世代で本当に覚えるべきサッカーにとっての大切なこととして、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返す、基礎基本を磨くことについて解説しました。

子供たちは、誰でもサッカーが上手くなりたいと考えています。

そうした場合、ドリブル、トラップ、キックなどの基本技術を身に付けることはもちろん大切ですし、戦術の知識、フィジカルやスピードなどの身体能力を高めることも必要でしょう。

でも、そうしたことの根底には、常にボールを守る、奪われない、奪われたら奪い返すという意識と基礎基本の大切さを身に付ける必要があるのです。

なぜなら、サッカーはボールを奪い合うスポーツですし、基礎基本が身に付いていないと上手くなれませんからね。

そうしたサッカーにとっての大切なことを意識しながら、子供たちには成長してほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com