ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーで最も大切なことは?【ブラジルと日本の違い】

サッカーで最も大切なことは、何だと思いますか? ドリブルでしょうか?キックでしょうか?トラップでしょうか?

小学生年代ならドリブルと答えるでしょうし、ジュニアユースではパスの精度という人も多いでしょう。

もちろん、メンタル、戦術、オフザボールなどが大切だという方も多いはずです。

たしかに、それぞれの考えは正しいと思います。

ただし、日本なら…。

私は、30年前にブラジルでジュニアのアシスタントコーチをしていましたが、その時に実感したのは、子供たちのテクニックではありません。

子供たちが大切にしていたことは、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという意識とサッカーの基礎基本です。

そこで、今回はジュニア世代で本当に覚えるべき、サッカーにとっての大切なことについて解説します。

1.サッカーで大切なこととは何か?

(1)ネイマールが教えた大切なこと

2013年コンフェデレーションズカップで、日本代表はブラジル代表と対戦して0対3で完敗しました。

その時、ネイマールは試合後のスポーツ紙のインタビューで、日本代表の印象とサッカーで大切なことについて次のように語っています。

「日本代表には必死さが足りなかった。僕らでも泥臭く攻め続けるのに格好を気にしてるように見えた。」「経済的には発展しているのに、広告だけで満足なのかな。」

インタビューを受けるネイマール

当時の日本では、「ネイマールが日本をバカにしている!」とか、「日本は弱いくせにカッコ付けているなんて…ふざけている!」などと言った謝った解釈が多かったようですね。

でも、ネイマールは日本に対して、サッカーにとっての大切なことを教えくれたように思います。

ブラジルではよく使われるサッカースラングで、サッカーが下手な人のことを「japones」と呼びます。

japonesはポルトガル語ですが、本来の意味は日本人とか日本の国を指しています。

もうお分かりですか?

つまり、日本人はサッカーが下手…と思われていて、しかもブラジルだけではなく、世界的にもそのように考えられているのです。

そんなことはない!日本人は海外でも活躍している!という方も多いでしょう。

でも、そうした選手はほんの一握りであって、海外のトッププロたちと対等に渡り合っている選手は少ないのです。

そうした中で、ネイマールが言いたかったのは、

・日本人はあまりサッカーが上手くない。
・それなら、形(パスサッカーのような華麗さ)にこだわっていてはダメだ。
・ブラジル代表であっても格好にはこだわっていない。
・むしろ必死になって泥臭いサッカーをしている。
・だから、日本も変わらなくては行けない。

スポンサーリンク

これはサッカーの弱いチームが、強い相手と試合をする時の大切なことを説いているのです。

また、その前提として、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すという泥臭さとサッカーの基礎基本の大切さ(上手くなりたかったら基礎基本を磨く)を説いているのであって、決して日本をバカにしているのではありません。

彼自身は何度か日本と対戦していますし、日本人の意識がいつまでも変わらないことを不思議に感じたのでしょう。

私が思うに、日本はサッカー先進国のトップ選手から大切なことを教わったものと感じますし、もしかして、エールを送ってくれているのかも知れません。

日本サッカーの進歩のためには、こうした大切なアドバイスを謙虚に受け止めるべきではないでしょうか?

実は、こうしたサッカーにとっての大切なことは、ブラジル代表の実際の試合にもよく表れています。

果たして、それは何でしょうか?

そこで、次に2013年コンフェデ杯のブラジル対日本の試合を振り返って考えてみましょう。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。