ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーで最も大切な意識とは?【ブラジルと日本の違い】

サッカーで最も大切な意識は、何だと思いますか?
ドリブルでしょうか?
キックでしょうか?
トラップでしょうか?

小学生年代ならドリブルと答える方は、かなり多いと思います。
ジュニアユースになると、パスの精度を上げることが大切という方も多いでしょう。
もちろん、メンタル、戦術、オフザボールなども大切だという方もいるはずです。

たしかに、それぞれの考えは正しいと思います。
ただし、日本なら…。

私は、30年前にブラジルでジュニアのアシスタントコーチをしていました。
その時に実感したのは、子供たちのテクニックではありません。
チームの子供たちが大切にしていたことは、ボールを奪われない、守る、奪われたら奪い返すというサッカーの基礎基本の意識です。

そこで、今回はジュニア世代で本当に覚えるべき、サッカーの大切な意識について解説します。

スポンサーリンク

1.サッカーで大切な意識とは何か

(1)大切な意識とネイマールの言葉

2013年のコンフェデレーションズカップで、日本代表はブラジル代表と対戦して0対3で完敗しました。
ネイマールは試合後のスポーツ紙のインタビューで、日本代表の印象とサッカーの大切な意識について次のように語っています。

「日本代表には必死さが足りなかった。僕らでも泥臭く攻め続けるのに格好を気にしてるように見えた。」
「経済的には発展しているのに、広告だけで満足なのかな。」

インタビューを受けるネイマール

当時の日本では、「ネイマールが日本をバカにしている!」とか、「日本は弱いくせにカッコ付けているなんて…ふざけている!」などと謝った解釈が多かったようです。

でも、ネイマールは日本に対して、サッカーにとっての大切な意識を教えくれたように思います。

ブラジルでは、よく使われるサッカースラングでサッカーが下手な人のことを「japones」と呼びます。
japonesはポルトガル語で、本来の意味は日本人とか日本の国を指しています。

もうお分かりですか?

そもそも、日本人はサッカーが下手と思われているのです。
しかも、ブラジルだけではなく、世界的にもそのように考えられています。

そんなことはない!日本人は海外でも活躍している!という方も多いでしょう。
でも、そうしたことはほんの一握りの選手であって、海外のトッププロたちと対等に渡り合っている選手は少ないのです。

そうした中で、ネイマールが言いたかったのは、
・日本人はあまりサッカーが上手くない。
・それなら、形(パスサッカーのような華麗さ)にこだわっていてはダメだ。
・ブラジル代表であっても格好にはこだわっていない。
・むしろ必死になって泥臭いサッカーをしている。
・だから、日本も変わらなくては行けない。

これはサッカーの弱いチームが、強い相手と試合をする時の意識の大切さを説いているのです。

また、決して日本をバカにしているのではありません。
彼自身は何度か日本と対戦していますし、日本人の意識がいつまでも変わらないことを不思議に感じたのでしょう。

私が思うに、日本はサッカー先進国のトップ選手から大切な教えを受けたものと感じます。
もしかして、エールを送ってくれているのかも知れません。
日本サッカーの進歩のためには、こうした大切なアドバイスを謙虚に受け止めるべきではないかと思います。

こうしたサッカーにとっての大切な意識は、ブラジル代表の実際の試合にも表れています。

そこで、次に2013年コンフェデ杯のブラジル対日本の試合を振り返って考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)コンフェデ杯のブラジル代表の大切な意識

① ブラジルの一点目はボールを守る大切さ

ここでは、ネイマールのシュートの跳ね返ったこぼれ球を左サイドの選手が拾い、左サイドバックのマルセロにバックパスします。
一見して何でもないようなプレーですが、左サイドの選手がこぼれ球を正確に拾うという技術は、攻撃中のボールを守るという大切なプレーです。

その後、マルセロからFWの選手に縦パスを入れて落とします。
最後にネイマールがミドルシュートです。

これはクサビのパスという基本的な戦術ですが、こうしたパス(浮き球でもグラウンダーでも)からのシュートは、日本のどこのクラブでもジュニア年代から練習しているプレーではないでしょうか?
こうした点からも、基礎基本を大切にするブラジルの考え方が分かります。

② ブラジルの二点目は基礎基本の大切さ

ここではスローインを受けたネイマールが、ペナルティーエリア前に切り込んで来ます。
そして、日本のDFを引き付けたところで右サイドの選手にパスをします。

右サイドの選手のワンタッチパスを受けた、右サイドバックのダニエルアウベスはゴール前にクロスを蹴ります。

その時、ペナルティーエリア内のブラジルの選手たちは、それぞれがフリーになろうとします。
そうすることで、日本のDFはマークを絞り切れなくなります。
最後はパスを受けた選手が振り返ってシュートです。

このプレーを見た当時の日本のアナウンサーや解説者たちは、日本のDFがネイマールのドリブルに攪乱された…などと評していましたが、そうではありません。

ポイントは二つあって、
一つ目は中(ネイマール)→外(ダニエルアウベス)→中(シュートした選手)という基本的な戦術を活かしたことです。
二つ目は、クロスを受ける時のペナルティーエリア内のブラジルの選手たちが、それぞれがフリーになろうとするオフザボールの動きです。

こうした戦術はいわばふつうのプレーであって、それほど難しいものではありません。
やはり、基礎基本を大切にするブラジルの意識の高さが分かります。

これに対して、日本の攻撃でも似たようなシーンがありました。

これは中盤から縦パスを受けた本田のシュートシーンです。
結論から言えば、何の工夫もなくそのまま強引にゴールを狙って蹴っただけです。

しかもブラジルの中盤の選手たちは、DFラインの一つ前で本田を囲い込んでシュートコースを狭めています。
そうするとシュートを打ったとしても、ゴールする可能性は極めて低くなります。
ということは、ブラジルの選手は中を絞っているので、いったん幅を作りスペースを生み出すための発想が必要です。
そうした場合、左サイドの長友にパスしてからクロスを狙う方が有効だったように思われます。

このプレーを実況した当時の日本の解説者たちは「シュートで終わったことが大切!」とか「チームに勢いが出る!」などと言っていましたが、それは違います。
私からすれば強豪相手の数少ないチャンスなのに、もっと一つ一つのプレーを大切にするべきだったと思います。
端的に言えば小学生でもよくありがちな、格好付けただけのプレーでしかありません。

スポンサーリンク

③ ブラジルの三点目も基礎基本の大切さ

これは、左サイドから攻撃して来た日本の選手から、ブラジルのDFがボールを奪ってフリーの逆サイドの選手にパスします。
パスを受けた選手はそのままドリブルして、カウンターを始めます。

この時の日本のDFは、ドリブルする選手に注意を引き付けられてボールウォッチャーになります。
そして中で待つブラジルの選手は完全にノーマークになり、ラストパスからシュートを決めます。

こうしたカウンターは大切な基本の戦術です。
先ほどのネイマールの言った「僕らでも泥臭く攻め続けるのに…」という大切さを表したプレーですね。
また日本が攻め込んだことに対して反撃するということは、ボールを奪われたら奪い返すという大切さも意識されています。
要するにサッカーは点を取って勝つことが大切ですが、そのためにはなりふり構ってはいられないのです。

当時のザックジャパンは典型的なパスサッカーですが、やはりネイマールから見たら日本は格好つけていたように見えたのでしょう。

以上のように、ブラジルの基礎基本の大切さや泥臭さという点は、日本との大きな違いなのでしょう。

さて次は、ブラジルと日本の子供たちの意識の違いを詳しく解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。