ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

サッカーのキックが上手いとは?本当に上手くなる練習法!

 サッカーのキックが上手いとは、狙った場所に自由自在に蹴れることです。
 この辺に蹴れば良い…などという、大ざっぱな考えは今すぐ止めましょう。
 最も大切なことは、ピンポイントで目標を狙えるテクニックです。
 そこで今回は、キックの上手さ、育成年代の指導の問題点、上手くなるための練習法を解説します。

スポンサーリンク

1.キックが上手いとは?

(1)キックが蹴れるのと上手いのは違う

 サッカーのキックは、いろいろな蹴り方の種類があります。
 小学生であれば、インサイドキック、インステップキック、インフロントキックの順に覚えるでしょう。
 子供なりに、たくさん練習して蹴れるようなった。
 だからキックが上手くなった…。

 もしもそのように思っていたとしたら、大きな勘違いです。

 これは単に蹴り方を覚えただけであって、決して上手くなったわけではありません。

 つまり「蹴れる」と「上手い」は、全く別物なのです。

元日本代表の本田圭佑のキック

 たしかに練習して様々な蹴り方を覚えれば、試合でもいろいろなキックが使えるようになるでしょう。
 だからと言って、それで満足していてはダメです。

 これを野球のピッチャーに例えて考えてみましょう。

 子供がピッチングの練習をして、真っ直ぐのボールが投げられたとします。
 でも、速くて正確にコントロール出来ないとバッターを打ち取ることは出来ません。

 実は真っ直ぐ投げられるだけでは、ボールがどこに行くのか分からない…という意味もあるのです。
 これでは、試合で安心して投げられません。

 だから、インコースやアウトコース、高めや低めにコントロール出来るように練習します。
 またカーブやシュートなどの変化球も単に曲げるだけではなく、いろいろなコースに投げられるようになって初めて試合で通用するのです。

 これをサッカーのキックの話しに戻しましょう。

 そうすると、インサイドキック、インステップ、インフロントが蹴れるようになったからと言って、果たして試合で使いこなせるのでしょうか?
 野球のピッチャーで言えば、真っ直ぐ投げられるだけ…と同じですよね。

 つまり、サッカーのキックでいろいろな蹴り方を覚えたとしても、それだけでは実際に蹴ってみないと、ボールがどこに飛ぶのか分からないわけです。
 パス一つ取ってみても、きちんと蹴ることが出来ないかも知れません。

 でも、取り合えず蹴れるようになれば、試合に出場する子供たちは多いでしょう。
 そうした意味では、サッカーは実に大らかなスポーツだと思います。

 たぶんほとんどの子供たちは、いろいろな蹴り方を覚えて小中高と成長すれば、それなりのボールコントロールが出来るようになると思います。

 でも、それだけでは本当の意味で上手くなった…とは言えません。

 それではキックが本当に上手い…というのは、どういう意味なのでしょう?

スポンサーリンク

(2)キックが本当に上手いとは

 元日本代表監督のオシムは次のような格言を残しています。
 「サッカーが上手くなりたかったら、狙ったところに正確にキックが蹴れるようになりなさい」

 正にその通りだと思います。

 私は息子の「とも」に、この格言を小1の頃からずっと繰り返し言い続けています。

 要するに、どのようなキックでも狙ったところにピンポイントで蹴れるのが、本当の意味で上手い!と言うことなのです。

 次の動画の1:45からのシーンを見てください。
 元ブラジル代表のロナウジーニョが、リフティングからボレーを蹴ってゴールのバーに何度も当てています。
 つまり、これがキックが上手いということですね。

 Youtubeの投稿欄を見ると「このキックはCGではないか?」などと言うコメントも多いですが、決してそうではありません。

 私は30年前にブラジルサンパウロのクラブで、ジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていました。
 その頃、トップチームの練習を見学したこともありますが、選手たちはウォーミングアップでボールをキックしてバー当てをすることがありました。
 平然と何度も当てるので、さすがに上手いな…と驚いたものです。

 ところがジュニアやジュニアユースの選手たちの中にも、同じようなキックが蹴れる子供は多かったですね。

 それでは、次の動画の日本代表の選手たちのキックの様子を見て、あなたはどう思いますか?

 冒頭のシーンでは、元日本代表の本田が2~3回ほどバーに当てています。

 でも、ロナウジーニョのようにリフティングをしながらフルスイングで正確にキックしているわけではありません。
 ボールを地面に置いた状態から、時間をかけて「そっと」蹴っているのです。

 また本田の周囲の選手たちはシュート練習をしていますが、ゴールを外すシーンが多いですね。
 しかも無人のゴールに対してです。

 実際の試合であれば相手のプレッシャーもありますし、もっと難易度が上がります。

 たぶん、この動画は練習前のウォーミングアップかクールダウンを収録したものなのでしょう。
 もしそうであれば心身ともにリフレッシュしているので、いとも簡単に百発百中のキックが蹴れてもおかしくないはずです。
 しかも彼らは日本代表の選手ですから、誰よりもキックが上手いのが当たり前なはずです。

 あなたはこうした選手たちのキックの様子を見て、彼らが本当に上手いと思いますか?

 巷では日本の選手は決定力が不足している…とよく言われますよね。

 でも練習の時にこの程度のキックしか蹴れないのだから、決定力の不足ではなく、むしろキックそのものが下手…と考えた方が良いでしょう。

 このような選手たちの何気ない練習を見るだけでも、日本人のキックのレベルの低さがよくお分かりになると思います。

 一般的に国の代表選手のレベルは、その国の育成年代の指導の結果とか集大成と見なされています。
 つまり、どのような指導を受けて育ったのか?という結果を、選手という形として表現しているのです。

 やはり、日本代表の選手たちのキックが必ずしも上手いとは言えない現状は、育成年代の指導に問題があるのでしょう。

 そこで次に、育成年代のキックの指導について解説します。

 大切な内容なので、ぜひお読みください!

 ※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。