ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーのキックが上手いとは?本当に上手くなる練習法!

2.育成年代のキックの指導の問題点

(1)ジュニア世代のキックの指導

元日本代表監督の岡田武史さんが、かなり前にFOOT×BRAINという番組に出演しましたが、その中で次のようにコメントしています。

彼がコーチ研修として海外のクラブにいた頃、二人の小学生が向かい合ってキックの練習をしていた時のことです。
お互いが15m程度の距離に離れて、強くて正確なキックを蹴り合っていたそうです。
その様子を見て「海外の子供たちはこんなに上手いのか!」と驚いたそうです。

「日本の育成年代の指導は、キックの重要性を見直すべきではないか…」とも話していました。

元日本代表監督の岡田武史

これに対してジュニア年代では、練習に占めるドリブルの割合がかなり多いと思います。
小学生はドリブルを優先すべき…という指導者さえも多いですね。
たしかに大切なテクニックなので、練習量が多いのは分かります。

でもドリブルは、そのほとんどがグラウンダーのボールですし、難しくて出来きないテクニックはそれほど多くありません。
すぐには出来なくても、練習すれば何とかなります。
だから、クーパーコーチングのようにいろいろな技術を詰め込まなくても良いと思います。
そうでなくとも、両足リフティングなどと言うムダな練習も多いですからね。

そうした一方で、試合になるとパスを繋ぐことを優先します。
また試合中にドリブルをして相手にボールを取られると、怒り出す監督やコーチたちも多いはずです。

そうすると、子供たちはせっかく覚えたドリブルを自然とやらなくなります。

そればかりではありません。
試合中にパスミスやシュートミスがあれば、烈火のごとく怒鳴り散らす始末です。

私が思うに、こうした指導者の姿勢は滑稽にさえ感じます。
なぜなら観客に向かって「私のキックの指導が悪い!」と、公言しているようなものだからです(笑)。

そもそもキック練習の比重が低いのだから、子供がミスをしても全く不思議ではありません。
たぶん育成の本質が分かっていないのでしょう。

そう考えると、もっとキックの練習の割合を増やして、子供たちを上手くさせるべきではないでしょうか?

でもこうした状況は、ジュニアユースになるとさらに違った問題が現れます。

スポンサーリンク

(2)ジュニアユースのキックの指導

子供が、ジュニアユースのセレクションを受けたとします。

その場合、インステップキックは無回転にならずに、バックスピンがかかってしまう…。
インフロントキックは単に遠くに蹴るだけ…。
インサイドキックはピンポイントでパスを蹴れない…。

このようなレベルでも合格する子は意外と多いです。

その理由は、戦術の理解度、オフザボールの動きの質、状況判断の的確さ、プレースタイルなどが重視されるからです。
つまり、チームが勝つために必要な選手を合格させるということですね。

実はこうした選手選考の判断基準は、プロが移籍したり、育成からトップチームに昇格する時(チームに必要かどうか)と同じです。

そもそも、日本の育成年代の指導の根底にあるのは勝利至上主義です。
極論すると、チームが勝てばそれで良いのです。
だから、本当の意味の育成をしていないという現実があります。

お分かりですか?

育成とは、プロのようにチームを強くすることではありません。
個々の選手を育てることなのです。

また途中で辞めてしまう子がいたとしたら、それは指導者の責任です。
指導者は、チームに所属する子供たち全員を上手くする義務があるのです。
だからこの年代の指導では、キックはもちろん、いろいろなテクニックの基礎基本を徹底的に習得させるべきなのです。

ところが実際の練習では、戦術、オフザボール、状況判断などの試合形式の練習が主体です。
もちろん多少はテクニックの指導もあるでしょうが、お茶を濁す程度でしょう。

先ほどの動画で、日本代表の選手たちのシュート練習の様子を見ましたよね。
彼らが育成年代の時に、果たしてどのような指導を受けたのかが何となく想像できるのではないでしょうか?

これではキックが上手くなるはずがありません。

ここで言う上手いとは、オシムが言っていた「狙ったところに正確にキックが蹴れるようになる」ということです。
つまり、ロナウジーニョのようなキックの精度を習得しなくてはダメなのです。

日本ではジュニアユースを卒業すると、その上はユースか高校になります。
そして、その後はプロ、社会人、大学になります。

実は、その時点になってからキックを上手くする…というのでは、すでに遅いのです。
なぜなら、日本の選手は事実上ユース年代で成長が止まるので、テクニックは大きく伸びません。
つまり日本にいる以上は、大人になってから劇的に成長することはほとんどないのです。

一方、海外の選手たちはジュニアユースまでにキックを初めとした基礎基本を徹底的に指導されます
もちろん戦術なども覚えますが、その比重はあまり高くはありません。
本格的な戦術指導はユースになってからです。
そうすると、ユースを卒業してから飛躍的に伸びて来るのです。

要するにユースから先の時点で、海外の選手たちは日本の子供たちを大きく追い抜いてしまうわけですね。

簡単に言えば「ウサギとカメ」と同じです。
日本の子供たちがウサギで、海外の子供たちはカメなわけです。

キックの指導一つとっても、日本と海外ではこれだけ違うのです。

スポンサーリンク

(3)キックが上手くならない現実

サッカーのキックのテクニックは、とても奥が深いです。
また、いろいろな種類がありますし、蹴り分けの技術も必要です。

ところがもしも苦手なキックがあったとしたら、それ以上は成長しません。
だから、一生懸命練習して克服しなくてはならないのです。

つまり、オシムの格言にあるように「キックは狙ったところに正確に蹴れる…」までには、たくさんの練習が必要なのです。
だからジュニアやジュニアユースの子供たちには、キックをたくさん練習させた方が良いのです。

元日本代表監督のオシム

でも、そうした大切な時期に試合形式の練習ばかりやらせていたら、いつまで経ってもキックは上手くなりません。
そうして大人になると厳しい現実が待っています。

あなたは日本代表やJリーガーのキックが、きちんと狙ったところに百発百中で蹴れていると思いますか?
選手たちは正確に蹴っているはずだ!と言う意見もあるでしょうが、私が見る限りは受け手が何とか誤魔化しているだけに思えます。

その他にもゴール前でシュートを外してしまう…と言うシーンをよく見るはずです。
例えばコパアメリカ2019で、中島選手がペナルティーエリア付近で相手に囲まれながらシュートを打って失敗するシーンがよくありました。
たぶんフリーの状況であれば、シュートを決められたのでしょう。

あなたがそうしたシーンを見て「惜しいなあ…」と感じていたら、それは違うと思います。
なぜなら、プロはどのような状況でも決めなくてはならないからです。

キックが本当に上手い選手は、相手に囲まれても、どんなにプレッシャーが厳しくても決められます。

だから、子どもの頃からきちんと練習させるべきなのです。

やはり、日本の選手がピンポイントでキックを蹴る技術がないのは、育成年代できちんと練習させなかった証拠です。

子供がユースや高校までの育成年代を終えた時点で正確なキックが蹴れなかったら、どこのクラブでも使い物になりません。
ましてや海外に挑戦…などというのは、夢のまた夢です。

厳しい言い方ですが、これが現実です。

元日本代表監督の岡田さんも話していたように、やはり日本の育成年代の指導ではキックの重要性を見直すべきではないかと思います。

そうすることで、本当にキックが上手くなる子供が増えると考えています。

さて次は、キックが上手くなるための基本的な練習法を解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「3」を押してください。