ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーでミスが起きる原因と正しい解決方法とは?

子供はサッカーの試合でたくさんミスをします。

そんな時、「監督やコーチに怒られるのではないか…。」
「チームメイトから責められるのではないか…。」
そんなことを考え出すと、今度は怖くなってプレーが消極的になってしまいますし、落ち込んで悩むこともあるでしょう。

そもそもサッカーはミスが多いスポーツです。
だから不安や恐怖を抱く必要はありません。
むしろ原因を明らかにして、再発しないための対策を考えることが大切です。

そこで今回はJリーグの試合中に起きたミスの事例とその背景、子供たちのメンタルなどについて解説します。

スポンサーリンク

1.試合中のミスの事例

サッカーの試合中は、シュート、パス、トラップなどのプレーでいろいろなミスが起こります。
しかもプロからアマチュア、育成年代の子供たちまで同じようなこと繰り返します。

そこで、ここではJリーグの試合中に起きた、小中学校の育成年代にもよくありがちなミスを動画を交えて解説します。

(1)シュートミス

① GKと一対一のミス

味方のスルーパスを受けてGKと一対一になった選手が、左足のインサイドでキーパーを抜こうとしたものの止められています。

ここで大切なことはシュートをミスしたという結果ではなく、原因や改善策に目を向けることです。

例えばGKがかなり前に出てきているので、無理して抜こうとせずにチップキックでも良かったと思います。

その他にもキーパーがしゃがみ込んで股を開いたところを狙った、股抜きシュートなども効果的です。

このようにGKと一対一で点が入りやすい状況であったとしても、確実に得点するためにはどうしたらよいのか?もっと他の方法はなかったのか?という改善策を検討することが重要です。

② ヘディングシュートのミス

右サイドからの「ふわっ」としたパスに対して、ヘディングシュートを外しています。
しかもGKの正面に飛ばしてクロスバーの上を超えています。
このクロスはヘディングしやすいボールですし、フリーの状況です。
こうしたプレーで決められないのは大きなミスです。

対応策としては、叩き付ける、もう少しボールの上をインパクトする、ファーサイドを狙うなどの工夫を考える必要があります。
そうした意味では、検討の余地が多いプレーのように思えます。
また本人の技術レベルに問題があるのならば、練習によってテクニックを磨くことも大切でしょう。

このように一つのプレーを単なるミスに終わらせないで、問題点を検討するなどの前向きな考えが必要です。

③ シュートの蹴り方のミス

左サイドからのグラウンダーのパスをフリーで受けましたが、コントロール出来ずにミスしています。
クロスのボールが速かったので、合わせることが難しかったのかも知れません。

ところがパスが出る0:17のシーンでは、マークに付いたディフェンスを振り切っています。
オフサイドぎりぎりのポジションなので難しいところではありますが、もう少し早い飛び出しを考える方法もあります。

またダイレクトでシュートしていますが、フリーなのでいったんトラップした後にシュートする方法もあったでしょう。
もちろんこうした局面でトラップをすると、DFにシュートコースを塞がれてしまう恐れがあります。
ところが、枠に向って蹴ることが出来るので得点の可能性は高くなるのです。

一方、キーパーがニアサイドに寄っているので、次の画像のように体幹をひねったシュートを打てばファーサイドも狙えたはずでしょう。

体幹をひねったファーサイドへのシュート

このように考えれば単なるシュートミスで終らせるのではなく、次に似たような状況が起きても確実に得点に結びつけることが可能になります。

スポンサーリンク

(2)パスミス

① 一人で2つのミス

このシーンでは、パスの出し手が二つのミスをしています。

一つ目はパスの受け手に対する相手のマークを見逃した判断の悪さです。
動画の0:21からのシーンを見ると、パスを出した直後に「まずい…」と思ったのか受け手の方に寄ろうとした動きからも分かると思います。

二つ目は短い距離でパススピードが遅くなってしまった技術的な問題です。
これはよくありがちなことですが、パスを蹴る時は長い距離であれば強く、短い距離では弱くなる傾向があります。
そうした意味では、距離に関係なく常に早いパスを出さないと相手に奪われてしまいます。

ただしこの状況でパスをすること自体は決して間違ってはいません。
例えばFCバルセロナの選手たちは、次の動画のように狭い場所でもパスを繋いできます。

しかも相手に囲まれていてもワンタッチかツータッチ以内で早いパスを回すので、パスカットされることが少ないです。

つまりパスをする時に相手のマークを確認するのはもちろんですが、パススピードやタッチ数も考慮したプレーわ意識することが大切なのです。
そうすることで問題の解決に繋がります。

② 意思疎通を欠くミス

センターバック→ボランチ→右のサイドバックに向けてパスを出しましたが、ここでも二つのミスが起きています。

一つ目は先ほども解説したように、短い距離なのでボランチから右サイドバックへのパススピードが遅かったことです。

二つ目はパスの出し手が右のサイドバックが少し前に出て受けるだろうと判断したものの、受け手側に意図が伝わっていなかった可能性があることです。

これはお互いの意思疎通を欠いたプレーであって、出し手と受け手の問題ともいえます。
こうした場合、両者がアイコンタクトや身振り手振りをするだけでも状況が変わったでしょう。
ただし出し手が中途半端なパスを出した可能性もあるので、この点は判断しにくいかも知れません。

パスはボールを繋いで守ることが大切なので、出し手と受け手の意思疎通を絶対に欠かしてはいけません。
こうしたプレーはどこのポジションでも起こるので、チーム全体で話し合って再発を防ぐなどの措置が重要です。

③ 出し手と受け手のミス

センターバックからサイドバックへのパスですが、ここでも二つのミスが起きています。

一つ目はパススピードが遅かったことです。

二つ目もパスの出し手と受け手の意思疎通を欠いたプレーであることです。
もちろん単なる出し手の問題かも知れません。

これもチーム全体で意思統一をすることで、似たようなプレーを繰り返さないような改善が出来ます。

なお、サイドバックはいったんミスをした後でも、すぐに切り替えてプレーをしています。
特に相手のプレーを遅らせるようにしたことは正しい判断です。
なぜなら、ここで突っ込んで簡単に抜かれてしまったとしたら、相手(柏レイソル)とセンターバック(セレッソ大阪)が二対一になってしまうからです。

このプレーは結果的に失点をしてしまいましたが、冷静に対応しようとしたサイドバックの姿勢には目を向けるべきでしょう。

スポンサーリンク

(3)トラップミス

GKからビルドアップのパスが出ましたが、センターバックがインサイドのトラップを弾くという初歩的なミスをしています。
こうしたことは、どのポジションの選手でも意外と起こり得ることです。

近年のサッカーはコンパクト化しているので、相手は猛然とプレスをかけてボールを奪いに来ます。
その場合、相手が狙ってくるのはトラップをしようとして動きが止まった瞬間です。
育成年代の試合中でもよく見られますが、こうした状況でボールが奪われた瞬間にピンチになってしまうことはかなり多いです。

私が30年前にブラジルにいた時は、こうしたケアレスミスをすると味方の信頼を失います。
そうすると、なかなかパスを出してもらえなくなります。

ボールを守るという意味ではトラップの技術はとても大切です。
キックやドリブルに比べると見過ごされがちのテクニックですが、日ごろからの練習が必要だと言えます。

そうすることで問題を未然に防ぐことが出来るのです。

スポンサーリンク

(4)状況判断のミス

① 意思疎通のミス

サイドバックからボランチの縦パスですが、ここでは二つのミスが起きています。

一つ目はパスを出す瞬間のサイドバックの動きをボランチが見逃したことです。
ボランチの対応としてはパスがいつ来てもきちんと受けられるよう、周りの3人の相手を見ていたのは良かったと思います。
でも周りに気を取られ過ぎていたためか、肝心のサイドバックとの意思疎通が出来ていなかったようです。

二つ目はサイドバックとボランチのアイコンタクトがきちんと出来ていなかったことです。
動画の0:25からのシーンを見ると分かりますが、サイドバックはボランチの方を見てパスを出そうとしています。
ところが、ボランチは右前方の相手に気を取られています。
それにも関わらず見切り発車のようにパスしたところは、サイドバックの方にも問題があります。

したがって、ここでは一見してボランチの責任のように思えますが、そうではなくサイドバックにも問題があったと言えるでしょう。

このように、パスは出し手と受け手のコミュニケーション不足によって問題が大きくなります。
そうした点では、日ごろの練習からきちんと声を掛け合うなどの基礎基本を見直すことが重要です。

② 味方への指示ミス

DFラインを超えたこぼれ球に対して、センターバックがキーパーにキャッチを指示したものの走り込んできた相手にボールを奪われて失点しています。

動画の0:23からのシーンではセンターバックがキーパーに指示していますが、この時点では相手が猛然と走り込んでいます。
この時のセンターバックは相手が迫って来る様子が視界に入っていたはずです。
そうするとここではキーパーに指示して任せつつ、体を入れて相手の進路を塞ぐとか自らボールを受けて右サイド(センターバックの左手側)にパスをするなどの処理を考えておくべきだったでしょう。

実際にも、右サイドの味方はサイドに開いてフリーのパスコースを作っています。

こうした点を考えればセンターバックはミスを防げたはずです。
ほんの些細なことのように思われますが、こうした問題を反省して次につなげる意識が必要です。

③ 判断能力の低いミス

ここではサイドバック(またはサイドハーフ)が相手からプレスを受けたため、センターバック(またはサイドバック)にバックパスをしました。
ところがバックパスを受けた選手はリターンパスで戻してしまい、それを相手にパスカットされました。

これは判断能力の未熟なミスであって、失点に繋がりやすいとても危険なプレーです。
0:26のシーンでは、逆サイドを指差して「自分の方にパスを出してはダメなんだ!」というジェスチャーをしているところからも分かると思います。

そうした点ではGKにパックパスをするか、ペナルティーエリアの前にいる味方(中にポジションを取っている選手)にパスをすることが最適です。

こうしたプレーは試合経験を重ねることで解決出来ますが、むしろ練習の時点から状況判断を学ぶことも大切です。
プロらしからぬプレーなので、今一度基本に立ち返ることが重要なのです。

スポンサーリンク

(5)ゴールキーパーのミス

GKが相手のシュートを弾いて失点しています。

そもそもキーパーは、体の正面に来たグラウンダーのシュートは絶対に前に弾いてはいけません。
キャッチするか、左右のどちらかに大きく弾くことが必要です。
そうした点では技術的なミスでしょう。

もちろんGKとしてはキャッチ出来ると思ったのでしょう。
またキャッチするのか弾くのかという判断に迷ったかも知れません。

でも、こうしたプレーは練習しだいで何とかなる問題です。
起きてしまったことは仕方がないので、次に繋げるためにもきちんとしたトレーニングを積み重ねた方が良いでしょう。

ところで小学校低学年の場合、チームメイトが失点の責任をキーパーに転嫁することがあります。
そうするとGKをやるのを嫌がる子供が多くなるでしょう。
ところがGKのミスは先ほどのようなケースに限られます。

そもそも失点の原因の多くはディフェンスが相手をフリーにしたり、シュートコースを塞がなかったことなどであって、ほとんどのケースではGKに責任はありません。
だから子供たちには積極的にキーパーのポジションを経験してほしいと思います。

(6)ミスとは言えないアクシデント

相手のロングパスをセンターバックがクリアーしたところ、もう一人の選手にボールが当たってしまい失点しています。
これはどちらかと言うとミスではなくアクシデントです。

この状況では、クリアーしたボールに当たった方のセンターバックの責任のように思えるでしょう。
でもそのような場所にいたのが原因とは、必ずしも言い切れません。

この場合、相手FWにロングパスが飛んで来たわけですが、二人のセンターバックは両方とも何とかして止めなくてはならない思ってボールの落下地点に走り込むため、どうしてもお互いの距離が近くなってしまいます。

その結果クリアーボールが体に当たってしまうという、予測出来ない事態が起きたものと考えられます。
したがってこれはアクシデントです。

このように、試合中は一見してミスのように思われるプレーもありますが、実際には予測不能なアクシデントであることが意外と多いです。
こうした場合であっても、センターバックどうしで声をかけ合うなどの対応策は可能です。
そうすることでアクシデントも防ぐことが可能になるのです。

以上のように試合中にはいろいろなミスが起こります。
しかも、その原因や背景には、意外と見過ごされがちな様々な出来事が隠されています。
そうした点にも目を向けることが必要です。

また、ミスが起きて相手にボールを奪われると、失点になることがとても多いです。
言い換えれば、サッカーの得点はミスから生まれると言っても過言ではありません。

そうした意味でもプレー中に問題が起きた場合は原因や背景などを探りつつ、どうすれば良いのか?という改善策を検討することが大切なのです。

さて次は、ミスが起きた時はどのように対応するべきなのか?を解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。