ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーを教える時に子供にとって最も大切なことは何か?

あなたは、子供にサッカーを教える時に、最も大切なことは何だと思いますか?

上手くさせること?試合で勝つこと?

でも、それは間違っています。

そこで今回は、全国の指導者に向けて、サッカーを教える時に大切なことは何か?また私が実際の試合で子供たちに教えた事例などを解説します。

お父さんお母さんの子育ての参考にもなるので、ぜひお読みください。

1.教えるとは何か?

(1)教えることと自立

サッカーの練習や試合中、監督やコーチたちは大声で「ああしろ!こうしろ!」とよく言いますが、これは子供にとって何を意味していると思いますか?

実は、答えを教えてしまっているのです。

しかも子供は大人と比べてサッカーの経験が浅いので、それを唯一の正解と考えてしまいがちです。

そうすると、監督やコーチたちの言うことを聞いていれば良い…ということで思考停止になってしまうのです。

そんな教え方で、子供たちは成長するのでしょうか?

特に弱小チームの指導者に、よくありがちなことだと思います。

これに対して、ご家庭のお父さんやお母さんたちも同じことをしています。

例えば、子供が朝起きたら「早くご飯を食べて!」「歯を磨いた?」「忘れ物はない?」「遅刻するよ!」なんて言ったりしていませんか?

また、学校から帰ったら「宿題はやった?」「風呂は入ったの?」「早くご飯を食べて!」「早く寝なさい!」と言っているはずです。

もちろん子供のことを可愛く思って、いろいろとやってあげたいのはよく分かります。

でも子供にとっては、親の言うことを聞いていれば良い…ということで、自立を妨げているのです。

つまり子供にとっては、サッカーをする時も家庭にいる時も、自立出来る状況ではないわけですね。

そもそも、子供は大人になったら結婚して家庭を持たなくてはいけません。

もしも、大人になった時に自立できなければ困ってしまいますよね。

またサッカーの場合も同じで、例えば子供が小1でジュニアチームに入団したとしたら、指導者たちが教えられるのは6年間しかありません。

その上には、ジュニアユースやユースのカテゴリーもあるのです。

もしもジュニアの年代で、監督やコーチたちの言うことしか出来ない選手に育ってしまったら、その子の将来はどうなるのでしょう?

単なるロボットにしかなれませんし、プロになるなんて夢のまた夢です。

つまり、いろいろと教えているつもりでも、子供の自立には何の役にも立たないのです。

お分かりですか?

子供に教える…ということは、その子が成長した後の自立を見据えなくていけないのです。

それでは、どうしたら良いと思いますか?

スポンサーリンク

(2)答えは教えない

学校でテストをする時、先生は問題用紙と答案用紙を一緒に配ったりしませんよね。

こんなことをしたら、全員が満点になってしまいます(笑)。

ところが、先ほども解説したように、サッカー指導者も親たちも、子供に対してこれと同じようなことをしているのです。

ところが、学習塾の講師はそうしたやり方は絶対にしません。

「いつやるの?今でしょ?」で有名な林先生は予備校の講師で、今やテレビの司会や作家などのマルチタレントとして大人気ですよね。

そうした林先生であっても、やはり最初から答えを教えているわけではないのです。

例えば、林先生がクイズ番組などでゲストに出題する時、次のようなシーンを見たことはありませんか?

林先生「高血圧の改善に良いとされている食材の○○は、どのように調理したら良いのでしょう?」

ゲスト「うーん。分からないなぁ…」

林先生:①「それでは、みなさんはふだん〇〇をどのように調理していますか?」

ゲスト「焼いたりとか…、煮たりとか…」

林先生:②「先ほどの説明VTRでは、○○は熱を加えると栄養分が落ちると説明していましたよね。」

ゲスト:「あっ!」

林先生:③「それでは答えをフリップにお書きください。」

実は、こうしたシーンには、人に物事を教える時の秘訣が隠されています。

①でヒントを与え、②で気付かせて、③で考えさせているのです。

こうした「ヒントを与える→気付かせる→考えさせる」という三段階の手法は、塾の先生が子どもに教える時の典型的な指導法で、今も昔も変わりません。

しかも、この三段階のうち、もっぱらやっていることは「ヒントを与える」だけで、その他の「気付かせる」と「考えさせる」は子供にやらせているのです。

ところが、そうであっても、なかなか正解に辿り着けない子供もいるでしょう。

その場合は、子供の学力レベルに合わせてヒントを噛み砕いて根気よく出し続けます。

また塾の先生としては、ほとんど答えになってしまうようなヒントを出すことになったとしても、別に構わないと考えているのです。

なぜなら、子供が自分で気付いて、考えて、答えを出すという達成感を体験させるためです。

これによって、子供が本当の意味で成長するわけですね。

そう言えば、少し前に「やる気スイッチ…」なんてCMがありましたよね。

これは子供に達成感を体験させることで、やる気がどんどん出て来る…という仕組みです。

要するに、「教える」とは問題の答えを教えるのではなく、ヒントを教えることなのです。

そうすることによって、子供は、気づいて、考えて、答えを出すわけですね。

さて次は、「ヒントを与える→気付かせる→考えさせる」について、もっと具体例をあげながら、さらに詳しく考えてみましょう。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。