ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーが上手くなるコツの掴み方!コツの本当の意味とは?

サッカーが上手くなるコツはないだろうか?とお探しの方は多いでしょう。

でも残念ながら、コツを覚えるだけでは上手くなりません。

そこで今回はサッカーが上手くなるためのコツの掴み方について解説します。

スポンサーリンク

1.サッカーのコツとは何か?

(1)コツに対する勘違い

あなたは手っ取り早くサッカーが上手くなりたいと思って、ドリブルのコツとかキックのコツなどとネットで検索したことがあると思います。

また、そこで見付けたものを一度くらいは試したはずです。

でも、それがあなたのために本当に役に立ちましたか?

もしも役に立っていないとしたら、2つの理由があると思います。

一つ目は、そのコツが何の意味もないお粗末な情報であったことです。

これは論外であって、サッカーを知らない人に対する冒涜(ぼうとく)ですね。

そうしたブログやホームページは悪質なので、二度と読まない方が良いでしょう。

二つ目は、あなた自身がコツの本当の意味をきちんと理解していないことです。

特に、この二つ目は大切です。

その場合、あなたがネットで調べる時に「コツが分かればすぐに上手くなるだろう…」というような特効薬を期待していませんでしたか?

実は、そうした思い込みは単なる勘違いです。

そもそもサッカーは足でボールを蹴るだけだから簡単に出来そうだ…と思われがちですが、そうではありません。

むしろ他の競技と比べると、覚えるべきテクニックがいろいろあるのでたくさん練習しないと上手くならないのです。

これは学校の勉強に置き換えるとよく分かります。

例えば学校のテストで100点を取るコツは何だと思いますか?

授業を真面目に受けて予習や復習をきちんとやったり、塾に行ったり家庭教師に教わったりなど、いろいろとありますよね。

でも根本的には、たくさん勉強しない限り成績は上がりません。

要するにサッカーもこれと同じで、コツを知ったとしても、たくさん練習しないと上手くならないのです。

でもあなたの考え方を変えて、コツの本当の意味をきちんと理解すればサッカーは上手くなります。

それは何だと思いますか?

(2)コツの本当の意味

技術・技能教育研究所の森 和夫博士によれば、コツの意味を次のように説明しています。

コツは「骨」と書く。

辞書で見ると「体を支える堅いもの、ものの中心にあってそのものを保持するもの、要点、急所」といった意味がある。

骨は人体の要所要所を構成している。コツとは「要領、ポイント、要点」をさしている。

「要領が良い」とは「処理のしかたがうまい。手際がよい」こととある。

つまりコツとは物事の「要領、ポイント、要点」を意味するわけですね。

また森博士は、コツと共に大切なものとして「カン」を挙げています。

カンは「勘」と書く。

「感覚や感じ方、捉え方」をいう。

重要な感覚、感じ方、捉え方のことだ。

「勘」と類義語の「直感」には「推理・考察などによらず、感覚的に物事を瞬時に感じとること」とある。

このようにある事象を前にして、何かをすばやく感じとることをさしている。

つまりカンとは感覚や感じ方などのことで、物事の本質的な何かを感じ取ることですね。

さらに森博士は、コツとカンの関係について次のように解説しています。

(コツとカンは)本当のところは根っこでつながっていることがわかる。

カンで得られたことをコツに反映させたり、コツで必要なことをカンで探ったりすることはよくあることだ。

私達は日常生活でも仕事の上でもカン・コツを使い分け、あるいは協働させているのである。

【引用出典:「カン・コツとは何か」

つまりコツとカンは密接に関係しているので、コツを知っただけでは意味がなく、カンも一緒に身に付けないと本当の意味で技術を習得したことにはならないのです。

お分かりですか?

これをサッカーに当てはめると、コツ(要領やポイント)だけではなくカン(感覚や感じ方)も必要ということですね。

実はカンを身に付けることによって、個々のテクニックの本質の部分、つまりコツを掴んだ…ということになるのです。

それでは、カンはどうやったら身に付くと思いますか?

そこで、コツとカンの関係をサッカーのテクニックを覚えることに置き換えて考えてみましょう。

(3)コツが最初でカンが次

① リフティングの例

私は以前「リフティングのコツと練習法!小二の子供がたった一ヶ月で?」という記事を書きました。

その記事の中でリフティングを早く覚えるために、次の4つのコツを挙げています。

A.足の当てる場所を覚える
B.ボールが当たる場所を水平にする
C.練習の時は素足でクツを履く
D.ボールの空気圧を低くする

この4つのコツは、リフティングを練習するために最低限知っておいてほしい要領やポイントです。

そして練習法として、次の4つの順番を書いています。

A.ボールが足に当たる感覚を覚える
B.バウンドリフティングで蹴るタイミングを掴む
C.キャッチリフティング
D.片足リフティング

実は、この4つがカン(足に当たる感覚、蹴るタイミングなど)に該当するものです。

また、これは練習を繰り返すことで身に付きます。

つまりコツが最初で、カンは次のステップとしてたくさん練習して覚えなくてならないのです。

もっと言えば、コツだけではなくカンをきちんと身に付けないとリフティングは上手くならないわけですね。

その証拠にいちどリフティングを覚えたら、後はみんなカンだけで蹴っていますよ。

そもそもリフティングでボールを蹴り上げる瞬間は、足がどのように当たっているのか?なんてことは実際に見れませんよね。

だから、足の感覚に頼るしかないのです。

つまり、これがカンでリフティングをやっているという意味です。

もしかしてあなたはコツを知ったら、カンに該当する部分までも簡単に覚えられるのではないか…と勘違いしていませんか?

くどいようですが、カンはたくさん練習しない限り習得できないのです。

したがって、コツを知る⇒練習をたくさんしてカンが身に付く⇒上手くなるということになるのです。

② インフロントキックの例

インフロンキックは子供が小三か小四の頃に覚えると思います。

その時のコツに当たるのが、蹴り方のイメージです。

このキックはインステップキックやインフロントキックと違って、ボールを擦り下げてバックスピンを掛けないと遠くに飛びません。

そこで、次のような蹴り方のイメージを教えるのが最初のコツです。

もちろんボールを遠くに飛ばすためには、他にもいろいろなスキルが必要です。

でも最初に擦り下げのイメージがないと、何をやっても次に進まないのです。

これに対してカンに該当するのは、蹴り足がボールに当たる時のインパクトの「感覚」です。

この場合、インフロントキックをきちんと蹴れるようになると、足のインフロントの部分をボールが逆回転(つまりバックスピン)しながら転がる感覚が起こります。

そこで、私の息子は小三の頃に、この感覚を覚えるために次のように2~3mの距離でバックスピンを掛ける練習を3ヶ月くらいひたすらやりました。

その後、次のように少しずつ距離を伸ばしながらインフロントキックを習得したのです。

つまり最初にコツを覚えたら、後は練習でカンを磨くわけですね。

そうした意味で、コツだけを身に付けようとするのではなく、実際の練習によってカン(感覚や感じ方)を覚えることで初めてサッカーが上手くなるのです。

※サッカーと感覚の関係を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーの感覚で大切な2つの点!育成年代に必要な意識とは?

ちなみに私のブログの記事には、ドリブル、キック、トラップ、戦術などのいろいろなテクニックを掲載していますが、その全てにおいてコツとカンに該当する内容を詳細に解説しています。

手前味噌になりますが、ぜひ参考にしてください。

さて次は、誰でも簡単にできるサッカーのコツの見つけ方を解説します。

スポンサーリンク

2.コツは簡単に見付けられる

(1)コツと真似

私は30年前にブラジル・サンパウロのサッカークラブでジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていました。

もちろん現地の子供は日本の子たちよりも、とても上手かったです。

なぜブラジルの子どもたちが上手くなるのか?というと、みんなプロの一流のプレーを見て育ったからです。

しかもそれだけではなく上手い子を見て真似もしていました。

これは職人の世界と同じで、弟子が親方の技術を手本に覚えて一人前になるのと同じです。

つまり子供たちにとっては、お手本がたくさんあったわけですね。

そもそも子供はマネをするのが得意です。

また、サッカーが好きな子であれば「あの子は上手いなあ…、どうしたら上手くなれるのだろう…。」という疑問を持つはずです。

実は子供にとっての成長の第一歩は、こうした疑問を持つことです。

またそうした時にやってはいけないのが、一から十まで親が口出しすることです。

なぜなら、その時点で子どもは思考停止になってしまうからです。

もしも子供にアドバイスするとしたら、上手い人の真似をしてみたら…ぐらいで十分なのです。

その場合の手本は同じチームの子供でも、あこがれのプロの選手でも構いません。

子供はあなたのアドバイスによって、マネしたい選手=手本と目標を持つわけですね。

その後は、きちんと成長を見守ってあげましょう。

そもそも「学ぶ」の語源は、真似る(まねぶ)から来たと言われています。

また真似の中から、コツを見付け、さらにたくさん練習することでカンを覚えて上手くなるのです。

そうした意味で、ネットでいくらコツを探してもたいした情報は得られませんし、やはり本物にはかないません。

そうするよりも、先ずは上手い選手の真似をしてみたらいかがでしょうか?

こうした発想は、特にサッカー初心者にはおススメですよ。

さて次は動画を使った簡単なコツの見つけ方を解説します。

(2)動画を使ったコツの見つけ方

① Youtubeでプロのテクニックを見て真似る

先ほどブラジルの子供たちはプロの一流のプレーを見て育った…と解説しましたよね。

でも日本はサッカー後進国ですし、間違ったテクニックも多いのであまり参考にはなりません。

そこで海外のYoutubeの動画を参考にして、サッカーの個々のテクニックのコツを見付けましょう。

その際、日本のYoutuberのサッカー動画はほとんど参考にならないので、見ない方が良いでしょう。

そもそも、サッカー後進国の日本で育った人たちの真似をしても意味はありませんからね。

私が特におススメするYoutube動画はUEFAです。

UEFAは欧州サッカー連盟のことですが、チャンピオンズリーグの主催者としても有名ですよね。

この場合Jリーグのプレーを見ても良いのですが、残念ながらレベルが違います。

そうした意味では、やはり本物のプレーを参考にしましょう。

もちろんUEFA以外の海外動画でも良いと思います。

このチャンネルは主にチャンピオンズリーグのダイジェストを放映していますが、その中にはいろいろなスター選手の特集動画もあります。

その際、Youtube動画はPCやスマホなどのあらゆる端末でスロー再生出来るので、参考になるシーンをスローで繰り返し見てください。

※0.5倍速のスローで見ると日本の小学生並みのスピードになり、0.75倍速であれば中学や高校生くらいになります。

このようにして本物のプレーを何度も繰り返して見ると、サッカー初心者であっても、ドリブル、キック、トラップなどの個々のテクニックのコツが不思議と見付かります。

ちなみに日本代表の久保選手は小学生でFCバルセロナに入団する前に、こうした映像をお父さんとたくさん見ながらサッカーの勉強をしていたそうです。

ぜひ参考にしてください。

※スロー再生の仕方はYoutubeヘルプを参考にしてください。
Youtubeヘルプ「違う速度で動画を再生する」

② ビデオで撮影する

私は息子がサッカーを始めた小1のころから、チーム練習でも自主練でも可能な限りビデオ撮影をしていました。

なぜ、そこまでしたのかというと理由があります。

そもそも自分のテクニックがどうなっているのか…なんて、自分では見えませんよね。

そうした意味で、息子が自分のテクニックが正しいのかどうかをチェックするための記録として残したわけです。

また息子のテクニックを先ほどのUEFAに出て来る選手たちと比較して、何がどう違うのかを知ってほしかったという意味もあります。

そうすることで息子の憧れの選手の真似をしながら、自分なりにだんだんとコツが分かって来たのです。

また、そうして練習を繰り返すことでカンが身に付くわけですね。

ちなみに息子は小1の頃にクライフターンを練習していましたが、その後、本家のクライフと自分のテクニックを比べながら、その違いを見付けたのです。

そうした自分との違いが、コツ(キックフェイントを使うことなど)になるわけですね。

その一方で動画を撮影すると、やたらと増えて整理が付かなくなりますよね。

そうした場合は、どんどんYoutubeにアップロードしてしまいましょう。

Youtubeならたいていの動画はアップロードできますし、著作権などの違法性がない限り削除されることありません。

また公開設定を「非公開」や「限定公開」にすれば、他人から見られることもありません。

ちなみに私の場合は10年以上前にアップした動画も未だに残っていますよ。

そうした意味でYoutubeを使い倒して、サッカーの勉強に活かしながらいろいろなテクニックのコツを掴んでしまいましょう。

3.まとめ

これまでサッカーが上手くなるためのコツの掴み方について、いろいろと解説しました。

この場合、コツ(要領やポイント)だけではなく、カン(感覚や感じ方)も必要です。

またカンを身に付けることによって、個々のテクニックの本質の部分、つまりコツを掴んだ…ということになるのです。

そうした意味でコツばかりに目を向けるのではなく、ぜひたくさん練習してカンを身に付けましょう。

そうすることで初めてサッカーが上手くなるのです。

【画像引用:Youtube.com