ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

天才サッカー少年とは?努力は才能を超える!

日本には、天才サッカー少年と呼ばれる子供たちがたくさんいます。

でも、これはメディアが勝手に作り出した幻想かも知れません。

その理由は、少年時代にもてはやされた選手ほど大人になってから伸びないからです。

そこで、今回は天才サッカー少年とは何か?才能と努力の意味について解説します。

1.日本の天才サッカー少年

ここでは、天才サッカー少年と呼ばれる選手たちの現状について、次の3つの点を解説します。

(1)日本は天才サッカー少年の宝庫?
(2)マスメディアと天才少年
(3)天才少年の成長と人生

(1)日本は天才サッカー少年の宝庫?

日本のサッカー界で天才少年と言えば、久保建英くん、中井卓大くん、石井久継くんの3人が有名ですよね。

このうち久保くんはFCバルセロナ(後にFC東京からレアル・マドリード)、中井くんはレアル・マドリード、石井くんはJリーグの下部組織に入団しています。

この3人は、日本の子供たちにとって、最近まで自分と同じ小学生だったこともあり、「努力すればひょっとして…」ということで、ジュニア年代の身近な目標になっているようですね。

また、親御さんも「うちの子も、もしかして…」というふうに考えているかも知れません。

そうすると3人に続け!とばかりに一生懸命になるので、次々と天才サッカー少年が登場するのでしょう。

この場合、ネットで「天才サッカー少年」と検索するといろいろな子供が出て来ますよね。

例えば、Youtubeの「BLAZE A NEW PATH」には、何と総勢50人近くの少年たちが紹介されています。

この子たちが本当に天才だとすると、日本のサッカー界の未来は頼もしいばかりです。

日本がワールドカップで優勝するのも、そう遠くはないかも知れませんね(笑)。

でも、こうした風潮は、マスメディアがいたずらに好奇心を掻き立てているだけではないでしょうか?

スポンサーリンク

(2)マスメディアと天才少年

マスメディアは、自社の記事やテレビ、ラジオ、ネットの視聴率が上がることを考えています。

これは普通の会社と同じで、世間に広まれば、広告収入などが増えて儲けになるからです。

だから、「天才サッカー少年、現る!」などと私たちをあおりたてるわけですね。

私が思うに、メディアは騒ぎ過ぎと言うよりも「騒ぎ好き?」と言えるでしょう(笑)。

要するに、メディアとしては自社の情報が売れれば良いだけなのかも知れません。

こうした現状に対し、子供の頃に天才サッカー少年と言われた選手たちが、大人になって挫折したとしましょう。

そうするとメディアが一斉に飛び付いて記事のネタにしたり、あの人は今?などと話題にしますよね。

例えば、帝京高校に入学して1年生から10番を付けた磯貝洋光は、東海大学、ガンバ大阪で活躍して日本代表に選出されましたが、ケガが原因で引退しています。

その後、ゴルファーになったり、大工仕事やスポーツコンサルタントに転身しています。

国見高校出身で全国高校サッカー選手権で活躍した平山相太は、オランダのヘラクレス・アルメロ、FC東京、ベガルタ仙台に在籍しましたが、引退後は指導者を目指して仙台大学に入学しています。

和製フリットと呼ばれた石塚啓次は、ヴェルディ川崎で活躍後、川崎フロンターレ、名古屋グランパスエイトと渡り歩き、引退後はスペインに移住してうどん店を開業しています。

その他にも、じん帯断裂のケガに悩まされた財前宣之、10年に一人の逸材とされた阿部祐大朗など、数多くの天才サッカー少年たちがいました。

こうした選手たちは、ずっと天才…と言われ続けましたが、すでに表舞台から去って、自分の人生を歩んでいるのです。

その場合、彼らのことをメディアが面白おかしく取り上げるのは、「天才」という言葉をネタにしているだけにしか思えません。

その一方で、こうした天才少年たちの生き様に対し、好奇心を駆り立てられる人は多いようです。

特に、少年時代は天才ともてはやされ、挫折を味わって、大人になったらふつうの人…。正にジェットコースターのように浮き沈みの激しい人生です。

テレビを見ている方は興味津々ですし、人の不幸は蜜の味…というのかも知れません。

でも、こうした選手たちは、少年時代に念願だったプロの道を歩んだわけですし、ある意味では希望が叶ったとも言えるのでしょう。

もちろん天才サッカー少年と言われる今の子供たちも、プロを目指しているのでしょうが、現実には厳しい道のりが待っています。

そこで次は、(3)天才少年の成長と人生について解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。