ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ジンガの本当の意味!ブラジルサッカーの才能とは?

ブラジルの言葉で「ジンガを持っている!」という表現がありますが、これはサッカーの才能を意味します。

でも日本では、なぜか土屋健二さんのジンガステップが本物だと思い込んでいる方はかなり多いと思います。

そこで今回はジンガの本当の意味、ブラジルサッカーとの関係について詳しく解説します。

※土屋健二さんのジンガステップの真相を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ジンガステップは本当にサッカーが上手くなるのか?

スポンサーリンク

1.ジンガとブラジルサッカーの関係

(1)ジンガとカポエイラ

ジンガ(ginga)とは、ブラジルの公用語であるポルトガル語の「千鳥足」「よちよち歩き」などが語源になります。

また、国技の「カポエイラ」の基本ステップがジンガと呼ばれているのです(詳しくは動画をご覧ください)。

でも、どうしてジンガの動きが千鳥足やよちよち歩きと言われるのでしょう?

たぶん多くの方がそのように感じるはずですし、日本人にはなかなか分かり難いですよね。

その答えは、カポエイラの試合に秘められています。

カポエイラは、ブラジルがポルトガルの植民地時代に、アフリカから連れて来られた黒人奴隷によって考案した格闘技です。

ところが、黒人の格闘技であり反体制的ということで、国内では一時期禁止されていました。

そうした中、黒人たちはダンスのような動きを交えることで国の摘発を逃れて技を発展させたのです。

カポエイラの特徴は、ジンガの動きを駆使しながら、二人でお互いを蹴り合うようなアクロバチックで素早い動きをしますが、なぜか足技が多いですよね。

その理由は、黒人奴隷が手かせをはめられて、手が自由に使えなかったからだとされています。

ただし、蹴り合うと言ってもキックボクシングのように相手を傷付けるようなことはありません。

どちらかと言えば空手の寸止めに近く、白黒ハッキリさせるような格闘技ではないのです。

むしろ自分と相手がお互いの技で共演し、サンバのようなアップテンポのリズムに乗ってダンスのように楽しむスポーツに進化しています。

また大勢の人たちが輪になり、その中から二人ずつ入れ替わり立ち代わり参加して技術を披露するのも特徴ですね。

その際、カポエイラはアクロバチックな動きの中で、倒れそうで倒れない…、酔っぱらってふらふらしたかのような動作になります。

たぶんブラジル人にとっては、こうした全身を脱力させたジンガの動きが、千鳥足、よちよち歩きのように見えるのでしょう。

(2)ジンガとブラジルサッカー

① ジンガとは才能のこと

ブラジルにはサッカーの才能を表す表現として、「ジンガを持っている」という言葉があります。

これはどういう意味だと思いますか?

先ほどの、カポエイラの基本ステップことではありませんよ。

実は、ブラジルではジンガ特有の左右に体を揺する動作が、ドリブルのフェイントに似ていると考えられているのです。

また単に足だけを使った小手先のフェイントではなく、全身を使って相手を騙すようなボディフェイクを指しています。

そうしたフェイント動作の上手いサッカー選手が、「ジンガを持っている!」と言われるわけですね。

つまり、ジンガはカポエイラでは基本ステップを指しますが、サッカーにおいては才能のことを意味するのです。

そうすると日本でおなじみの土屋健二さんのジンガステップは、ブラジル本来のジンガとは何の関係もありません。

なぜならこのステップはサッカーの動作を示すものであって、ジンガ本来の才能を意味するものではないからです。

むしろ、土屋さんが自分で名付けた造語でしかなく、本物のジンガではないのです。

さて次は、ジンガを持っているということで有名なネイマールとの関係、また日本とジンガの文化について解説します。

② ジンガとネイマール

ブラジルでは、ネイマールの才能を評して「ジンガを持っている」と称えられますが、過去に戻ればロナウジーニョやロビーニョなどもそのように呼ばれていました。

彼ら三人に共通するのは、全身を左右に揺するボディフェイントが得意という点ですね。

実際にも、ネイマールはそうしたフェイントをたくさん魅せてくれます。

一方、日本人がブラジルのサッカー選手を評して、華麗なドリブルテクニック!と称賛することがよくありますよね。

その場合、日本では彼らのフェイントを「足技」と呼ぶことが多く、フェイントは足だけを使ってやるもの…という誤った考えが多いようです。

また、日本ではパスサッカーが主流なので、ブラジル人のようなボディフェイントを使ったドリブルが少なくなっています。

実際にやったとしても、足だけを使うのでお世辞にも上手いとは言えませんし、これはJリーガーでもアマチュアでも同じですね。

これに対して、ブラジルではジンガのような全身を使ったボディフェイクの動きがあって、初めてドリブルのフェイントと評価されます。

そうした点で、日本にはジンガ(ボディフェイク)のようなサッカーの本当の文化が根付いていないと思えるのです。

そこで、次に日本とジンガの文化について考えてみましょう。

③ 日本にはジンガの文化はない

ブラジルではサッカーの才能を持つ選手は「ジンガがある」と言われますが、日本ではそうした例えはありません。

ところが、日本の野球では似たような表現があります。

例えば、コントロールの良いピッチャーのことを「針の穴を通すような…」と言い、ムダなボールに手を出さないバッターのことを「選球眼がある…」とも言いますよね。

このように日本の野球にジンガのような例えがある理由は、昔からの人気スポーツで長い歴史があったため、国民の文化として深く根付いていたからです。

それに比べてサッカーの人気が定着したのは、Jリーグが出来る30年ほど前からなので、歴史的には野球の半分もありません。

だから、野球選手を評価する独特の例え(ブラジルのジンガのような)が出来たわけですね。

その一方で、日本とブラジルは、文化の特徴にも大きな違いがあります。

それは日本が「静」の文化で、ブラジルが「動」の文化という違いです。

例えば格闘技を比較すると、その違いがよく分かります。

日本の相撲、柔道、剣道などは組み合って止まっている時間が長く、動き出すと一瞬で勝負が決まるので、静の文化の日本によく合います。

これに対してブラジルのカポエイラは、お互いにずっと動き続けたままで止まるようなことがないため、動の文化のブラジルに合うのです。

先ほどの野球も静の文化に合うので、日本では必然的に定着したのでしょう。

例えばピッチャーが一球投げるごとにプレーが始まり…、そしていったん終わって…というように動いて止まって…を繰り返します。

しかも、攻撃と守備が、将棋や囲碁のようにハッキリ分かれているという特徴もありますよね。

ところがサッカーは、前後半で45分間ほぼ休みなく動き続けますし、攻守が頻繁に切り替わるので「動」の文化の国の産物と言えます。

そうすると「静」の文化を持つ日本にとって、サッカーはそもそも馴染みにくいスポーツかも知れません。

いずれにしても、日本のサッカーにおいてブラジルのジンガのような文化が根付くためには、野球と同じようにもっと長い歴史の積み重ねが必要だと思います。

ところで、ブラジル人のドリブルにはサンバのリズムがあるとよく言われます。

そこで次に、ジンガとサンバの関係を詳しく解説します。

2.ジンガとサンバ

(1)ジンガとサンバステップ

ブラジルでおなじみのサンバのステップは、ジンガの動きが速くなったものと考えられています。

次の動画の1:09からのシーンがサンバの基本ステップですね。

ジンガとサンバは似ても似つかないと思われますが、実はそうでもありません。

ジンガは左手と右足を前に出すと右手と左足を後ろに下げ、その反対に右手と左足を前に出すと左手と右足を後ろに下げます。

また、サンバステップもジンガと同じように、手足を交互に動かします。

こうしたジンガとサンバの動きはクロスステップと言って、ダンスの基本動作です。

このクロスステップを速くすると、次のようなサンバステップになるわけですね。

そうした意味では、ジンガのステップがあったからこそサンバが生まれたと言えるのでしょう。

別の言い方をすれば、ジンガもサンバもブラジル人の心と体の中に刻み込まれているわけですね。

(2)サンバのリズムとドリブル

① サンバのリズム

ブラジルのサッカー選手のドリブルには、サンバのリズムが刻み込まれている…とよく言われます。

特に「ジンガを持っている!」と言われる、ネイマール、ロナウジーニョ、ロビーニョなどのドリブルを見ると何となく分かるような気がしませんか?

でもほとんどの方は「アップテンポで軽快なリズムのこと?」とか「ドリブルの早さがサンバに似ている?」などと考えるかも知れませんよね。

実は、そのような漠然とした意味ではなく、サンバには独特な「リズムの訛り」があって、これがドリブルに活かされているのです。

次の動画の4:04からのシーンを見ると、そのヒント(リズムの訛り)が分かります。

動画ではやや分かり難いので、リズムの訛りを簡単に解説しましょう。

サンバの基本リズムは、3連打+1打で構成されています。

動画の実演者さんは、右手のスティックで3連打、左手で1打を叩いています。

「タ、タ、タ」「タン」の変則的な4拍子ですね。

こうした4拍子は、一般的な西洋音楽であれば全く同じ音調の4連打になります。

ドラムで叩くと右手、左手、右手、左手という「タ、タ、タ、タ」なので、リズムの訛りは起きません。

ところが、サンバのリズムの「タ、タ、タ」の三連打を速くすると、二打目の音が出ているはずなのに消えてしまう(または聞き取れない)という不思議な現象が起きます。

つまり「タ、タ、タ」ではなく、「タ、…、タ」と言った感じですね。

そうすると「タ、タ、タ」「タン」の4拍子で演奏しているはずなのに、なぜか「タ、…、タ」「タン」という3拍子に聞こえてしまうのです。

これがサンバのリズムの訛りです。

実はこうした訛りは、ブラジルのサンバやアフリカの民族音楽だけに見られる独特な音調です。

現代的な西洋音楽や日本の伝統音楽にはありませんし、そもそもこのリズム感は勤勉実直な日本人の日常生活には存在しません。

それでは、こうしたリズムの訛りが、果たしてどのようにドリブルに活かされているのか?ということですが、それは次の動画で説明しています。

3:40秒程度のそれほど長くない動画なので、ぜひ最後までご覧ください。

動画の実演者さんは、サンバのリズムの訛りをマシューズフェイントに例えていましたよね。

そこで、次にサンバのリズムの訛りとマシューズフェイントの関係について、次に詳しく解説します。

② サンバのリズムとマシューズフェイント

マシューズフェイントとは私の息子「とも」が実演する、次の動画のようなフェイントです。

そこでマシューズフェイントのリズム感を解析してみましょう。

この動きを詳しく見ると、先ず、①~④まで左足→右足→左足→右足の順に、交互に着地しています。

そうすると、次は左足で着地するはずですが、⑤では左足も右足も着地していません。

その理由は空中動作で体が浮いているからであり、こうした動作を古武術の「浮身(鞭身)」と言います。

そして⑥では右足で着地して、その後は相手を抜いています。

ここで、もういちど一連の動作を詳しく振り返ってみましょう。

先ず①~④では、左足「タ」→右足「タ」→左足「タ」→右足「タ」の規則正しいリズムなので、次の⑤では左足「タ」が着地するだろう…と相手は考えるはずです。

ところが左足は着地せずに、⑥になって右足で着地したということで、左足は「…」で、右足は「タ」のリズムになります。

ここで先ほどのサンバのリズムの訛りを思い出してください。

「タ、タ、タ」「タン」の4拍子で演奏しているはずなのに、なぜか「タ、…、タ」「タン」という3拍子に聞こえてしまう…ということでしたよね。

これをマシューズフェイントに例えると、通常なら「タ、タ、タ、タ、タ、タ」の6拍子になるはずですが、なぜか「タ、タ、タ、タ、…、タ」という5拍子になってしまいます(⑤で浮身を使っているため)。

つまり相手にとっては、タイミングが狂ってしまうわけですね。

実は、これがフェイントの時の「サンバのリズムの訛り」なのです。

これに対して「…」の部分はフェイントで浮身を使うわけですが、こうした動作がない場合はサンバのリズムの訛りは起こりません。

つまり浮身が使えないと相手のタイミングは狂いませんし、フェイントとしては通用しないのです。

例えば日本人によくありがちな足だけのフェイント(インとアウトだけ)には浮身がないので、相手は騙され難くなります。

その理由はジンガのように全身を大きく揺するようなフェイント動作がなく、やはり足だけを使うことに原因があるのです。

そうするとサンバのリズムの訛りが起きないわけですね。

このように、ブラジルのサンバはドリブルのリズムに活かされています。

特に大切なことは、ジンガのように全身を大きく揺するようなフェイント動作をすることです。

これによって、体が浮いて「サンバのリズムの訛り」が起きて、相手のタイミングを狂わせることが出来るのです。

要するに、フェイント動作は足だけを使っていては全く通用しないということをご理解ください。

※マシューズフェイントや古武術とサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説
古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

さて次は、日本の子供たちが本物のジンガを身に付けるための練習法を解説します。

スポンサーリンク

3.ジンガを身に付けるためには?

ネイマール、ロナウジーニョ、ロビーニョのような「ジンガを持っている」選手になるためには、二つのトレーニングが効果的です。

(1)一本歯下駄トレーニングで身体能力を高める

ドリブルのフェイントはジンガのように全身を大きく揺することで、フェイク動作が使えるようになりますが、こうした動きを身に付けるためには、全身の筋肉と骨格をくまなく動かせるようになるのが大切です。

そこで、おススメなのが一本歯下駄トレーニングです。

一本歯下駄トレーニングは、次の5つの点で身体能力がアップします。
・バランス感覚が身に付く。
・全身のバネ作用が覚醒する。
・高重心になる。
・足のアーチと足指が鍛えられる。
・二軸動作が身に付く。

こうした身体能力が身に付けば、ジンガのように全身を使ったフェイント動作が出来るようになります。

私のブログの読者で、実際に自主練で取り入れている子供さんは上半身と下半身が連動したり、上半身の柔軟性や肩甲骨の脱力、背骨や肋骨のバネ作用が身に付いているはずです。

また、一本歯下駄トレーニングはリラックスして行うので、カポエイラのジンガステップのような脱力した動作も習得できますし、筋肉の伸張反射も起こせます。

そうすると、ネイマール、ロナウジーニョ、ロビーニョのように、しなやかな動作が身に付いたり、スピードやパワーまでも発揮できるようになるのです。

私の息子「とも」のドリブルも、全身をリラックスさせるので「くにゃくにゃ」した動きをしますが、これが、先ほどの「しなやかな動作」を指します。

そうすると口の悪い方は、この動きを「オネエ」と言ったりしますが、実はネイマール、ロナウジーニョ、ロビーニョの動きをスローモーションで解析すると似たような「なよなよ」した動きをしています(笑)。

また、一本歯下駄トレーニングをやっていると人とやらない人を比べると、動きのしなやかさの違いがハッキリ分かりますね。

ぜひチャレンジしてみてください。

(2)ドリブルのリズム感を養成する

先ほどご覧になった「【ドリブル】ジンガの正体 【ブラジルサッカー】」という動画の2:36からのシーンにあるように、ドリブル練習の時にサンバに使うような打楽器(音が出れば何でも良い)を叩いてリズム感を変化させるのは効果的ですね。

そうすることで、子供たちは直観的にドリブルのリズムを変化させるようになります。

意外と簡単な練習法なので、小中学生の育成年代のサッカー選手にはぜひ取り入れてほしいと思います。

4.まとめ

これまでジンガの本当の意味、カポエイラやサンバとの関係について解説しました。

ジンガはブラジルにおいてはサッカーの才能を評する大切な言葉であり、歴史的にも文化的にもブラジル国民の心と体に根付いています。

ところが、日本では土屋健二さんのジンガステップが本物…、などという間違った解釈があります。

そもそもジンガはサンバとともにブラジルの文化が生み出したもので、日本人には理解し切れないほどの奥深さがあるのです。

そこで、日本の子供たちにはぜひ本物のジンガを理解して、本当の意味でサッカーが上手くなっていただきたいと願っています。

【画像引用:Youtube.com