ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ジンガステップは本当にサッカーが上手くなるのか?

土屋健二さんが考案したジンガステップは、サッカーが上手くなるという評判があって、たくさんの子供たちに広まりました。

また、現在でも全国各地のサッカー教室で指導しています。

そこで今回は、土屋さんのジンガステップを習得すると、本当にサッカーが上手くなるのか?という点について詳しく解説します。

1.ジンガステップとは?

(1)ジンガステップと土屋健二

ジンガステップは、サッカーのデモンストレーターでリフティング王と言われる土屋健二さんが考え出した、ボールキープのテクニックです。

土屋さんは小年時代に医者を目指していましたが、テレビ東京で放映されていた「ダイアモンドサッカー」がきっかけで、20歳からサッカーを始めました。

また、イングランド、ブラジル、アルゼンチンで武者修行をしながら、実戦に活かせるリフティング技術を研究しています。

その後、1995年にナイキリフティング大会で優勝し、1997年には元ブラジル代表でサッカーの神様と呼ばれるペレと対面し、リフティングの優れた技術に高い評価を得ました。

そして2003年4月に土屋さんが理想とするスーパージンガが完成し、現在でも進化を続けているのです。

その後、2010年にはマラドーナDVD発売記念動画コンテストに参加して最優秀賞を受賞しました。

そうした実績を積み重ねたリフティング技術ですが、数多くの試合のハーフタイムショーなどで披露しています。

また、現在は日本各地でサッカー教室を開催し、たくさんの子供たちにジンガステップを指導するなど忙しい日々を過ごしているのです。

スポンサーリンク

(2)ジンガステップとウェーブ理論

土屋さんが考案したジンガステップの特徴は、ブラジルやアルゼンチンなどの南米のサッカー選手が持っている独特なリズムからヒントを得た「揺れ(ウェーブ)理論」にあります。

南米の選手たちの独特のリズムとは、全身を揺らしながら相手のタイミングを外すことにあるそうです。

これによって相手は、前後左右どのように動くのか?パスをするのか?ドリブルをするのか?という予測が出来なくなるのです。

そのためボールを奪おうとすると簡単に抜かれてしまうため、安易に足を出すことさえも出来なくなります。

こうしたウェーブはメッシ、ネイマール、ペレ、マラドーナのプレーにも見られ、こうした全身の揺れこそが南米の選手たちの独特のテクニックを支えているとも言います。

そして、こうした全身の揺れを誰もが体得できるように考案したのが「ジンガステップ」なのです。

ジンガステップを使うと全身の揺れによって、相手のタイミングを外すことが出来ますが、そればかりではなく足に吸い付くようにボールタッチが柔らかくなります。

そうした結果、相手に簡単に奪われなくなるという点で最強のボールキープ術と考えているようです。

また土屋さんによれば、ジンガステップは現在たくさんの種類があり、今でも進化を続けているそうです。

さて次は、ジンガステップが日本人に合ったテクニックであるという点を解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。