ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

グラウンダーシュートの蹴り方と練習法!

【練習法】

グラウンダーシュートはインステップで蹴るので、そのための練習法が必要です。

(1)利き足リフティング

海外のサッカー選手のキックは強くて正確ですが、日本人は体幹と軸足が弱いので安定しません。

そこで次の動画を参考に、利き足を使ったリフティングで体幹と軸足を鍛えましょう。

①ちょんちょんリフティング

②インステップリフティング

※体幹と軸足を鍛えることや、ちょんちょんリフティングなどの効果を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

(2)インステップキックのスイングの素振り

次の動画を参考にして、インステップキックの素振りをしてください。

中心軸動作と二軸動作の二種類ありますが、先ずは中心軸動作を練習しましょう。

(3)体幹ひねり

グラウンダーシュートをファーサイドに蹴る時は体幹のひねりが必要なので、次の動画を参考にして、たくさん練習してください。

特に体幹ひねりは、上半身のひねりが先行して、下半身が連れて勝手に動く…というようにイメージしてください。

そうすることで、上半身をひねることによって生じる遠心力を、下半身へと伝えることが出来ます。

ただし、筋肉の伸張反射を活かすためにも、次の画像のように、①・A1(上半身をひねる)と②・A2(下半身をひねる)というように、上半身が先行して下半身が連動するというイメージを持ちましょう。

もちろん、あまり意識し過ぎるとぎこちなくなるので、最初のうちは上半身と下半身を交互にひねるだけでも結構です(慣れて来たら上半身先行→下半身連動のイメージを持つ)。

スポンサーリンク

【まとめ】

これまで、グラウンダーシュートの蹴り方、コースの蹴り分け、練習法などを詳しく解説しました。

特に、多くの方が勘違いしやすいのが、グラウンダーシュートはゴロを蹴るだけ…と考えてしまうことです。

今回の記事をお読みになって、グラウンダーのシュートは無回転で蹴ってGKの手前でバウンドさせることが重要(キーパーが嫌がる蹴り方)!という点は、お分かり頂けたと思います。

また、ニアサイドやファーサイドへの蹴り分けも重要なテクニックですが、練習すれば誰でも出来るようになります。

育成年代の子供たちには、得点力アップのためにも、ぜひグラウンダーシュートを覚えてほしいと思います。

【画像引用:Youtube.com