ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ヘッドストールのやり方!サッカーで体幹を使う大切さとは?

ヘッドストールは、頭にボールを乗せてバランスを取るリフティングの一種です。

でも、子供たちは、サッカーには役に立たないと思ってほとんどやりませんよね。

実は、ヘッドストールは体幹を正しく使えるようになるという点で、とても効果的な練習です。

そこで今回はヘッドストールのやり方、体幹が使えるようになる意味と大切さを解説します。

1.ヘッドストールとは

(1)ヘッドストールのやり方

ヘッドストールは、次の動画のようにボールを頭に乗せてバランスを取る練習です。たぶんほとんどの子供は、クラブや少年団の練習で一度はやったことがあるのではないでしょうか?

私の息子「とも」は小学四年生の時に練習して、だいたい2日間で出来るようになりましたよ。

動画の後半ではヒップホップのウェーブをやっていますが、頭に乗せているのは木製の菓子皿です。新聞、雑誌、段ボールの切れ端など、何を使って練習しても良いと思います。

最近はほとんどやりませんが、たぶん今でも1~2分くらいは出来ると思います。

スポンサーリンク

(2)ヘッドストールと体幹

ヘッドストールはコツを掴めば簡単ですが、出来る子と出来ない子がハッキリ分かれます。実際にやろうとしても、出来ない子は1秒も持ちこたえられません。

リフティングだったら何とかなるでしょうが、さすがにヘッドストールだけは難しいようですね。

実は、出来る子と出来ない子の大きな違いは、体幹が動かせるかどうかということです。

この場合、体幹を動かせない子は体が一本の棒のようになっていて、動かせる子は蛇腹のようにクネクネしているとイメージしてください。

特に出来ない子の多くは、体幹がほとんど動かせません(使えない)。そうすると股関節から下の部分…、つまり足だけでバランスを取ろうとします。

だからボールを落としてしまうのです。

ところが、出来る子は体幹を使ってバランスを取るので、ボールを落としません。

先ほどの「とも」の実演動画の後半でも紹介しましたが、ヘッドストールは、ヒップホップダンスのウェーブの動きを真似すれば出来るようになります。

次の動画の女性の体幹(胴体)に注目すると、クネクネと動かしていますよね。こちらの女性も体幹を動かすことで、ダンスの滑らかな動きが出来るのです。

このように、ヘッドストールは体幹を使ってバランスを取らないと上手く出来ませんが、サッカーの試合で直接使うわけではないので、必要ない…と思う方が多いでしょう。

ところが、そうではありません。

特に大切なことは体幹を動かすことで、サッカーのプレーのパフォーマンスにどう活かせるか?ということです。

そこで次に、サッカーで体幹を使う意味と大切さについて解説します。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。