ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ヘディングのボールコントロールに役立つ練習法!

【練習法】

(1)ヘッドストール

ヘッドストールは頭でボールを扱う感覚を身に付けるとともに、体幹を使うスキルが身に付きます。

そこで、次の二種類のヘッドストールを練習してください。

①頭に乗せる

次の動画のように、体幹をくにゃくにゃさせるイメージでヘッドストールを練習してください(目安は最低1分くらい)。

この場合、ヘッドストールは体幹を上手く使わないと出来ません。

頭だけでいくら頑張っても、せいぜい2~3秒くらいでボールを落とすでしょう。

前のページで「ヘディングが上手く出来ない理由として最も多いのは、頭や首だけを使ってしまうこと…」と解説しましたよね。

つまり飛んできたボールに対してタイミングを合わせて上手くヘディングするためには、体幹をひねったりバネのように使って素早く反応する必要があるのです。

そうした意味でぜひヘッドストールをたくさん練習しましょう。

②手や足を使って頭に乗せる

先ほどの①が出来るようになったら、次のように手で投げたり足で蹴って頭にボールを乗せてヘッドストールをやってください。

これは試合中の動いているボールを扱うという意味のボールコントロールに役立ちます。

ここで、前のページで解説した大迫選手のヘディングの例を思い出してください。

要するに彼のテクニックの基本は、このような練習に秘められているのです。

(2)リフティング

①インステップ→頭

インステップ→頭→インステップ→頭…というように連続のリフティングを繰り返してください。

特に、頭⇒インステップ(利き足)に戻す…というボールコントロールをイメージしてやりましょう。

もちろん途中で太ももを使ったとしても、最終的にインステップに戻せば構いません。

この練習は、ヘディングからクッションコントロールやウェッジコントロールをやればトラップ練習にもなります。

トラップが上手くなりますし、ヘディングを怖がる子供にも効果的です。

②ヘディングの連続

これまでのヘッドストールや、インステップ→頭のリフティングが出来るようになったら、ヘディングの連続リフティングをやってください。

この練習は、ヘッドストールを先に覚えないと意味がありません。

なぜなら落ちてくるボール(軌道)にタイミングを合わせる時は、頭や首だけではなく体幹も合わせて使うからです。

何度もくどいようですが、ヘディングは頭や首だけではなく体幹も使わないと的確なボールコントロールが身に付かないのです。

この場合、このリフティングやヘッドストールが上手く出来ない子は体が一本の棒のようになっています。

これに対して上手い子は、体幹を「くにくにゃ」と使ってバランスを取ろうとします。

こうした点は、日本の指導はあいまいです。

そうした意味では、ぜひヘッドストールを先に覚えましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】

これまで、一人で出来るヘディングのボールコントロールの練習法を解説しました。

この場合、ヘディングは頭にボールを当てるだけではなく、狙ったところにコントロール出来て初めて意味があります。

もちろんヘディングシュートだけではなく、ヘディングからの正確なトラップも重要です。

その際、必ずヘッドストールを先にマスターしてから、リフティングを練習しましょう。

そうしないとヘディングの正確なボールコントロールを身に付けるのは、かなり難しいでしょう。

この点は日本ではあいまいなので注意してください。

ぜひ多くの子供たちがヘディングのボールコントロールが上手くなってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com