ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

シャペウのコツは膝抜き!試合に役立つ使い方とは?動画解説

シャペウは、ボールを浮かせて相手を抜くテクニックですが、特にブラジルの選手が得意にしています。

でも、ネイマールのようにやろうと思って、いくら練習しても、ボールが浮かない…、上手く行かない…、失敗してばかりという方も多いでしょう。

実はそうした失敗の原因の多くは、膝や股関節の使い方に問題があるのです。

でも、きちんとコツを覚えて練習をすれば、必ず出来るようになります。

そこで今回は、シャペウのコツと練習法を解説します。

スポンサーリンク

1.シャペウのコツ

(1)シャペウとは

シャペウとは、ボールを浮かせて相手の頭上を抜くテクニックですが、ブラジルの選手がよく使うことでおなじみです。

特に有名なのが、1958のワールドカップ決勝戦の時に、当時17歳のペレがシャペウで相手を抜いてゴールしたことで、世界中の話題になりました。

ちなみに、ネイマールもよく使いますよね。

ところで、シャペウはいろいろなパターンがありますが、ペレにしてもネイマールにしてもボールを浮かすという技術の基本は変わりません。

ところが、上手く出来ない方の多くは、膝や股関節を使って「よいしょ!」とボールを持ち上げるのではないでしょうか?

たしかにこの方法でもボールは浮きますが、モーションが大きく素早い動きが出来ないため、抜き技としては使えません。

たぶんこうした点は、多くの方が勘違いしていると思います。

実は、シャペウにとって大切なコツは、膝抜きです。

この膝抜きを覚えれば、ほぼマスターしたようなものです。

そこで次にシャペウのコツ「膝抜き」のやり方を解説します。

(2)シャペウと膝抜き

膝抜きの手順は3つありますが、特に大切なのがタイミングです。

やり方は次のとおりです。
① ボールを引いて、股関節と膝を脱力しながら膝を曲げる。
② 曲げた膝を急激に伸ばす。この時にカカトで地面を擦るように「とん!」と床を叩くとリズミカルになる。
③ ボールが指先に乗ったら、親指と人差し指を使って跳ね上げる。

先ほどの動画の0:40のシーンにもあるように、足の上にボールが乗って親指と人差し指の関節が少し曲がった瞬間に、この2本の指を板バネのように「ピン!」とボールを跳ね上げましょう。

でも、この跳ね上げは足指を鍛えないと、そう簡単には出来ません。

そこでおススメなのが、足指グーパーと足指スリスリです。

ちなみにブラジルの選手がシャペウを得意とする理由は、指のグリップと跳ね上げの力が強いからです。

彼らは幼少期から裸足でサッカーをすることが多いので、自然と鍛えられているわけですね。

だから膝抜きと足指の跳ね上げは、出来るだけ裸足で練習してください。

そうすると、シャペウが早く覚えられます。

さて次は、これまで解説した膝抜きよりも、さらにボールを高く浮かす方法として、背骨のバネ作用を使ったシャペウを解説します。

※膝抜きのやり方と足指の強化法を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
膝抜きでサッカーのプレーが劇的に改善!【練習法も解説】
土踏まずのアーチを作る方法!【痛みの原因は偏平足】

(3)シャペウでボールを高く浮かす

次の動画のように、背骨のバネ作用を使えば、止まっているボールも高く浮きます。

ここでの手順は3つです。

① ボールを引きながら、股関節と膝を脱力しつつ背骨を伸ばして膝を曲げる。
② 曲げた膝を急激に伸ばす。
③ ボールが指先に乗ったら、ワップダウンで背骨を折り曲げながら親指と人差し指を使って跳ね上げる。

ワップダウンとは、ヒップホップダンスのテクニックの一つで、いったん伸ばした背骨を自分の体重を使って一気に脱力することです。

そうすると、その反動を使って、ボールを高く浮かせられるのです。

最初の動画では、ほんのわずかしかボールが浮いていませんが、ワップダウンを使えばここまで高く浮くわけですね。

また試合中の密集状態でほとんど膝が振れなくても、ワップダウンを使えば簡単に高くボールを浮かせられます。

ぜひ、ワップダウンを使ったシャペウも覚えてください。

なおワップダウンの動作は、次の動画の1:10からのシーンを参考にして練習してください。

動画では一本歯下駄を履いていますが、ふつうのクツで練習しても大丈夫です。

※一本歯下駄トレーニングをもっと詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

さて、これまで膝抜きやワップダウンの使い方を説明しましたが、これが出来るようになったら実戦練習をやりましょう。

2.シャペウの練習方法

先ずは基本のパターンとして、次の動画のように2人1組で3種類のシャペウを練習しましょう。

この場合、試合でシャペウを使う直前のボールの動きは、バウンドしているのか?グラウンダーなのか?止まっているのか?という3種類しかありません。

だから、この3つの基本パターンを身に付ければ、後はいくらでも応用が効きます。

(1)バウンドしているボール(動画の最初~0:24)

ボールがバウンドしている場合は、インステップを使って浮かすのが簡単です。

また膝抜きも必要ないので、きちんと足に当てられるかどうかだけを考えましょう。

ただし人によって足の形も違うので、自分のやりやすい場所を使ってください。

例えばインフロント、アウトサイド、つま先、親指と人差し指の付け根あたりなど、どこでも構いません。

(2)グラウンダーのボール(動画の0:25~0:48)

グラウンダーのボールを浮かせる時は、膝抜きを使いましょう。

この時、ボールが自分の方に向かって来るので、その勢いを利用して、膝抜き、親指・人差し指の跳ね上げを使えばボールが高く浮きます。

(3)止まっているボール(動画の0:49~最後まで)

止まっているボールは、いったんヒザ下くらいまで引くとやりやすいです。

また、膝抜き、親指・人差し指の跳ね上げ、背骨のバネ作用(ワップダウン)の3つのテクニックを使いましょう。

これは前のページの「1-(3)シャペウでボールを高く浮かす」の動画で解説した、ボールを高く浮かすテクニックとほぼ同じです。

なお、これまで解説した3種類のシャペウは、相手がプレスに来たタイミングを狙うと、簡単にかわせるので、いっそう効果的です。

以上が、シャペウの3種類のパターンです。

さて次に、シャペウに特有なボールを浮かす技術の応用として、膝抜きを使ったチップキックのやり方を解説します。

スポンサーリンク

3.チップキックへの応用

次の動画では、ドリブルをしながらチップキックを蹴っていますが、これはシャペウのコツである「膝抜き」を使います。

ボールを浮かすタイミングは、スローモーションでないと分かり難いですが、それだけ、膝抜きが自然な動きになっているということですね。

そうすると、相手にとっては、「いきなりボールが浮いた!」ということで反応が遅れます。

つまりドリブルの途中でボールを浮かすテクニックは、相手にとっても予測し難い動きなのです。

別の見方をすれば、それだけチップキックと膝抜きの相性が良く、自然なプレーだということですね。

膝抜きを覚えたら、ぜひチップキックにもチャレンジしてみてください。

※チップキックの蹴り方を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
チップキックの蹴り方と3つのコツ!これが分かれば上手くなる

4.まとめ

これまでシャペウのコツや練習法を解説しましたが、基本的には膝抜きさえ覚えれば簡単に出来るようになります。

またリフティングが出来ないとシャペウは覚えられない…と、勘違いされる方が多いですが、そもそも膝抜きとリフティングはあまり関係ないので、小学校低学年でも、練習すれば出来るようになるのです。

また、実際の試合中のボールの動きは、バウンドしているのか?グラウンダーなのか?止まっているのか?という3種類しかありません。

そうすると、3パターンのシャペウをきちんと覚えれば、後はいくらでも応用が利きます。

だから、まずはシャペウの基本テク二ックを身に付けましょう。

【画像引用:Youtube.com