ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

チップキックの3つのコツ!メッシのように蹴る方法とは?

チップキックでお手本になる選手と言えば、やはりメッシでしょう。あれだけの速いドリブルからあっさり決めるのは、まさに神技ですね。

でも、メッシの真似をしようと思って、いくら練習しても上手く蹴れない…。蹴り方がよく分からない…。コツはないだろうか…?と悩んでいる方は多いと思います。

でも、コツを掴んで練習すれば、必ず上手くなります!

そこで今回は、チップキックの蹴り方と3つのコツ、GKとの駆け引きなどを詳しく解説します。

1.チップキックとは

チップキックが上手く蹴れない人は、ループシュートのような蹴り方になってしまうことが多いです。

これでは、いくら練習しても上手くなりません。

そこで先ずは、それぞれの違いと特徴を理解しましょう。

そのうえで、後ほど解説するチップキックの3つのコツを覚えてください。

(1)軌道の違いとゴールキーパーとの位置関係

チップキックとループシュート(ループキック)は、蹴った後のポールの軌道や飛距離に大きな違いがあります。

・チップキックは急激に浮くが、飛距離は短い。
・ループシュートは弧を描くので、飛距離が長い。

このようにチップキックとループシュートは、テクニックとしては全く別物です。

そこで次に、それぞれの特徴について、私の息子「とも」の実演動画を交えながら解説します。

(2)チップキックの特徴とは

チップキックは蹴った直後にボールが急激に浮きますが、ドライブ回転を掛けるので、飛距離は短く、直ぐに落ちて来ます。

その理由はゴールキーパーとの一対一の時、GKの目の前で頭上を越えるように蹴るからです。

また、ゴールのクロスバーを越えないためにも、ボールの飛距離は短く、直ぐに落下した方が良いのでドライブ回転をかけるのです。

スポンサーリンク

(3)ループシュートの特徴とは

ループシュートは蹴ったボールが弧を描くので、インフロントキックのように飛距離が長くなります。

その理由は、ペナルティーエリアの外など、遠い場所からゴールを狙うためです。

たしかに、この蹴り方ならボールは浮きますが、膝と股関節を使ってボールを持ち上げるように蹴るため、どうしてもモーションが大きくなります。

そうするとチップキックのように、トップスピードのドリブルから素早く蹴る…、キーパーの目の前で突然ボールが浮く…、というのは、ほぼ不可能です。

要するに、ループシュートとチップキックは全く違う蹴り方…とお考えください。

特に多くの方が、この2つの蹴り方の違いを理解していません。

ボールが浮くという点では似ていますが、蹴り方、軌道、試合での使い方などは全く違うので、ご注意ください。

さて次は、いよいよチップキックの3つのコツを解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。