ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

カーブの蹴り方と練習方法!【実演動画と画像で詳しく解説】

カーブを蹴る時は、昔であれば大きく曲げた方が良いとされましたが、そうした蹴り方は時代遅れです。

また、その一方で、日本人は欧米人と比べて胴長短足の低身長なので、体型に合った蹴り方を覚えた方が良いと思います。

そこで今回は、1.ボールが曲がる仕組み、2.蹴り方、3.練習方法などを詳しく解説します。

1.ボールが曲がる仕組み

カーブの蹴り方はかなり難しいので、先ずはボールが曲がる仕組みをきちんと理解しましょう。

そのうえで、今回の記事の後半で解説する正しい蹴り方を覚えてください。

そこで、先ずはボールが曲がる仕組みとして、次の3つを解説します。

(1)ボールが曲がるメカニズム
(2)スイングの仕組み
(3)カーブの弾道とGKの反応

(1)ボールが曲がるメカニズム

① マグナス効果

カーブを蹴った時にボールが曲がるのは、マグナス効果によるもので、これはボールが回転しながら飛ぶ時に左右の気圧が変化するため、気圧の低い方に引っ張られて曲がる…という仕組みです。

そこで、このメカニズムを図で詳しく解説しましょう。

右利きの選手を例にすると、最初はボールに反時計回りの回転が掛かりながら真っ直ぐ飛びます。

その際、ボールの右側と左側では空気の流れの違いによって気圧が変化します。

右側の空気は進行方向に逆らって流れるので、空気が停滞して壁(空気の層)が発生し、流れが遅くなって気圧が高くなります。

その反対に、左側の空気は進行方向とは逆向きに流れるので、流れが速くなって気圧が低くなります。

その結果、気圧の高い方から低い方に向かってボールが引っ張られるように曲がるというわけですね。

またボールのスピードが速いほど、左右の気圧差も大きくなるため、GKの手前で突然曲がるような鋭いカーブになります(鋭く曲がる)。

この場合、昔のカーブは大きく曲がった方が良いと言われましたが、現代は速く鋭く曲げる蹴り方が主流となり、またインパクトの際のパワーも必要です。

詳しくは、(3)カーブの弾道とGKの反応…の箇所で後述します。

ちなみに、この原理はインフロントキックでボールを飛ばす仕組みと同じです。

インフロントキックを蹴る時にボールを擦り下げると、下側の気圧が高く、上側は低くなって、気圧差が生じてボールが浮きますよね。

また、その時のインパクトのパワーが大きいほど、気圧差も大きくなって高く遠くに飛ぶわけです。

ところで昔の蹴り方では、大きく曲げるためにボールの回転数を多くする…という考え方がありました。

たしかに物理学的にはそのとおりなのですが、回転数が多すぎると別の問題が起きます。

そこで、次にボールの回転数について解説します。

スポンサーリンク

② ボールの回転数

カーブを蹴る時は、ボールを擦り上げて回転させる…と言われ、回転数が多いほどよく曲がる…とも思われがちです。

また、アマチュアよりもプロが蹴ったボールの方が回転数が多いのではないか?という疑問もあるでしょう。

この場合、時速100㎞で蹴ったボールの回転数は毎秒7~8回転なので、だいたい3~4m程度曲がります。

そうするとボールの回転数だけをもっと多くすれば、たしかに大きく曲げることは可能です。

ところが回転数を多くすると、ボールのスピードが落ちてしまい、GKにセーブされやすくなります。

こうした現象は、エネルギー保存の法則によって説明出来ます。

例えば、ボールが真っ直ぐ進むエネルギーを8として、回転のエネルギーを2とすると、その合計は10になりますよね。

この時に回転数が多くなって、そのエネルギーが2⇒5程度に増えたとすると、ボールが真っ直ぐ進むエネルギーは8⇒5に減ってしまいます。

なぜならエネルギー保存の法則によって、合計10の数値は変化しないので、この範囲内でエネルギーのやり取りをするからです。

つまり、ボールのスピードと回転数は反比例するので、回転数を多くするとスピードのエネルギーが使われてしまうわけですね。

そうした意味で、ボールの回転数はあまり関係なく、むしろ回転をかけ過ぎない方が良いのです。

それでは、効率的に曲げるためにはどのように蹴れば良いのか?ということで、次に(2)スイングの仕組みについて解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。