ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

カットインの正しいやり方!日本と海外のサッカー選手の違いとは?

カットインが得意な海外のサッカー選手と言えば、ロッべンやディマリアが有名ですね。

この2人のカットインはとてもスピーディーですが、実は日本の選手とは全く違った特徴が見られます。

これに対して、ほとんどの日本人はこの特徴を理解していないため、膝、足首、股関節を酷使した動きの遅いカットインになっています。

そこで今回は、日本人に多いカットインのやり方、ロッべンやディマリアの特徴、正しいやり方、練習法について解説します。

1.カットインとは

(1)カットインとは?

カットインとは、次の動画の0:24からのシーンにあるとおり、サイドからペナルティーエリアに向かってドリブルで切れ込むテクニックで、自分からシュートを打ったり、パスをしたりという攻撃の選択肢が多くなるのが特徴です。

特にサイドハーフの選手たちが、よく使いますよね。

カットインとは反対に、ゴールラインに向かって真っ直ぐ進むドリブルをカットアウトと言います。

カットインが攻撃の選択肢が増えるのに比べて、カットアウトは直接シュート出来ないので、どうしてもクロスが多くなって攻撃の選択肢が少なくなります。

また、カットインは、アウトでディフェンスを抜きながらペナルティーエリアに入るため、チームによっては右サイドに左利き、左サイドに右利きの選手を配置するフォーメーションも多いです。

最近のクラブや代表チームでもこうしたケースが多く、それだけサッカーにおけるカットインの重要性が高いのでしょう。

(2)カットインの動きの特徴

カットインの動きは、ターンとブレーキの2つに分けられます。

そして、この2つの動作の仕組みをきちんと理解することが、上手くなるための最大のポイントです。

そこで先ずは、日本人に多いカットインのやり方を解説し、そのうえで海外のサッカー選手(ロッべンとディマリア)のテクニックを見ながら、日本と海外の選手たちの違いを考えてみましょう。

スポンサーリンク

2.日本人に多いカットインのやり方

ほとんどの日本人のカットインは、ロッべンやディマリアとは違ったやり方です。

次の画像はロッべンのカットインを参考にしたようですが、たしかに見た目は似ているものの、実は日本人によくありがちな特徴的な動きをしています。

その特徴とは、ロッべンやディマリアのように空中動作を使っていないということです(※空中動作については後ほど詳しく解説します)。

そのため、
・ターン直前で膝と足首を使ってブレーキをかける。
・ターンをする時も膝と足首を使って地面を蹴る。

つまり下半身(足腰)で、「ヨイショ!」と頑張るようなカットインになっているので、自分が想像している以上に動きは遅くなるのです。

また、膝、足首、股関節の負担も大きいので、特に中学や高校生年代になると、多くの方が痛みに悩んでいると思います。

そうした意味では、改善が必要ですね。

それでは、次に個々の動きを詳しく分析してみましょう。

(1)アウトサイドでタッチ

ここではロッべンと同じようにアウトサイドでタッチしていますが、特徴的なのは、この次の動きです。

(2)膝、足首、股関節でブレーキをかける

ここではロッベンやディマリアのような空中動作がなく、膝、足首、股関節でブレーキをかけています。

この場合、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいです。

そうすると、下半身で重たい上半身を「よいしょ!」と支えることになるので、その際は膝、足首、股関節に2G~3Gの衝撃を受け止めるわけですね。

これは、いわゆる「体重移動」と言って、このような動作を続ける限り、故障の原因になると思います。

(3)両足で着地

ここでの姿勢を見ても、ロッべンやディマリアのような空中動作は見られないので、やはり、頑張って足で地面を踏み込むしかありません。

先ほども解説しましたが、やはり、下半身を使って重たい荷物のような上半身を背負ってドリブルすることになるので、足腰の負担は大きいと思います。

(4)ドリブルの再開

ここでは左足を伸ばしていますが、これは地面を頑張って蹴ってスタートしているわけですね。

何度もくどいようですが、空中動作は一切使わずに下半身だけでドリブルしている証拠です。

やはり、日本人特有の低重心の低い姿勢で、しかも下半身(足腰)だけで頑張るような動きを続ける限り、このようなカットインになるわけですね。

ここで日本人に多いカットインの特徴をまとめると、次のとおりです。

① 空中動作を使っていない。
② 下半身の負担が大きい。

また、この2つの特徴は、最終的にカットインが速いか?遅いか?という決定的な違いに表れます。

そこで、次に、海外のサッカー選手の例として、ロッべンとディマリアのカットインを見ながら、彼らの特徴について考えてみましょう。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。