ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

カットインの正しいやり方!日本と海外のサッカー選手の違いとは?

カットインが得意な海外のサッカー選手と言えば、ロッべンやディマリアが有名です。

この2人の動作はとてもスピーディーですが、実は日本の選手とは全く違った特徴が見られます。

そこで今回は、日本人に多いカットインのやり方、ロッべンやディマリアの特徴、正しいやり方、練習法について解説します。

スポンサーリンク

1.カットインとは

(1)カットインとは?

カットインとは、次の動画の0:24からのシーンにあるとおり、サイドからペナルティーエリアに向かってドリブルで切れ込むテクニックで、自分からシュートを打ったり、パスをしたりという攻撃の選択肢が多くなるのが特徴です。

特にサイドハーフの選手たちが、よく使いますよね。

カットインとは反対に、ゴールラインに向かって真っ直ぐ進むドリブルをカットアウトと言います。

カットインが攻撃の選択肢が増えるのに比べて、カットアウトは直接シュート出来ないので、どうしてもクロスが多くなって攻撃の選択肢が少なくなります。

また、カットインは、アウトでディフェンスを抜きながらペナルティーエリアに入るため、チームによっては右サイドに左利き、左サイドに右利きの選手を配置するフォーメーションも多いです。

最近のクラブや代表チームでもこうしたケースが多く、それだけサッカーにおけるカットインの重要性が高いのでしょう。

(2)カットインの動きの特徴

カットインの動きは、ブレーキ(曲がる直前)とターン(曲がる動作)の2つに分けられます。

そしてこの2つの動作の仕組みをきちんと理解することが、上手くなるための最大のポイントです。

そこで先ずは日本人に多い間違ったカットインのやり方を解説し、そのうえで海外のサッカー選手(ロッべンとディマリア)のテクニックを見ながら、日本と海外の選手たちの違いを考えてみましょう。

2.日本人に多いカットインのやり方

(1)2つの問題

ほとんどの日本人のカットインは、ロッべンやディマリアとはかなり違ったやり方です。

その特徴は、ロッべンやディマリアのように古武術の浮身や膝抜きを使っていないため、下半身の負担が大きくなることです。(※浮身や膝抜きについては後ほど詳しく解説します)。

そのため、2つの問題があります。

(1)膝と足首を使ってブレーキをかける。
(2)膝と足首を使って地面を蹴る。

つまり下半身を使って「ヨイショ!」と頑張るようなカットインになっているのですが、自分が想像している以上に動きは遅いのです。

また、膝、足首、股関節の負担も大きいため、特に中学や高校生年代になると、多くの子供たちが足の痛みに悩んでいると思います。

そうした意味では、改善が必要ですね。

そこでこの2つの問題を考えてみましょう。

(2)膝、足首、股関節でブレーキをかける

ターン直前でアウトサイドでタッチしながら、膝、足首、股関節でブレーキをかけていますが、やはりロッベンやディマリアのように浮身や膝抜きを使っていません。

この場合、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいです。

そうすると、下半身で重たい上半身を「よいしょ!」と支えることになるので、その際は膝、足首、股関節に2G~3Gの衝撃を受け止めるわけですね。

これは「体重移動」と言って、このような動作を続ける限り故障の原因になりますし、素早い動き出来ません。

(3)膝と足首を使って地面を蹴る

ターンの後でドリブルを再開する時に左足で床(地面)を蹴ってスタートしています(左足がまっすぐ伸びている)。

何度もくどいようですが、浮身や膝抜きは一切使わずに下半身だけでドリブルしている証拠です。

やはり、日本人特有の低重心の低い姿勢で、しかも下半身(足腰)だけで頑張るような動きを続ける限り、このような動作になるわけですね。

ここで日本人に多いカットインの特徴をまとめると、次のとおりです。

① 浮身や膝抜きを使っていない。
② 下半身の負担が大きい。

また、この2つの特徴は、最終的に動作が速いか?遅いか?という決定的な違いになります。

そこで、次に海外のサッカー選手の例として、ロッべンとディマリアのカットインを見ながら、彼らの特徴について考えてみましょう。

2.ロッべンとディマリアの例

(1)ロッべンのカットイン

ロッべンのカットインの特徴は、次の①~②のターンの時に浮身を使い、合わせて②で体幹をひねりながら方向転換し、③のドリブル再開の時に膝抜きを使います。

特に①~②で両足がわずか(たぶん数ミリ程度)に宙に浮いていますが、これが「浮身」の状態です。

これは上半身を使って下半身を持ち上げるように宙に浮く…という不思議な動作ですが、この動きは高重心の人にしか出来ません。

これは何を意味すると思いますか?

実はロッベンのカットインにはブレーキを掛ける動作がなく、浮身を使って体を宙に浮かせながら「くるっ」とターンをしているのです。

このように体が宙に浮いてターンをする状態は一種の無重力なので、地面に着地している時のような摩擦抵抗が一切ありません。

そうすると足のパワーに頼った日本人の遅い動作とは全く違い、まるで牛若丸のような身軽さと速さを兼ね備えているのです。

こうした空中動作はフィギュアスケートのスピンやジャンプにも似ていますが、この動作は体に強い遠心力がかかり、体幹と軸の強さが必要なので、見よう見まねで出来るものではありません。

たぶんロッべンの体幹と軸足はとても強いのでしょう。

また③でドリブルを再開する時の後ろ足(右足)は曲がっていることから、日本人的な後ろ足で「よいしょ!」と踏ん張るような動きではないですよね。

この時にボールをタッチしている方の前足(左足)が一歩目になっているのですが、これは膝抜きが出来る人の特徴的な動き出しです。

しかもこの方が走り出しが速くなりますよ。

このようにロッベンのカットインがディフェンスが分かっていても止められない理由は、実はこうした浮身の空中動作と体幹・軸の強さにあったのです。

※ロッべンのターンや浮身のやり方をさらに詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ターンを鋭く速くする二つのコツ!海外サッカーと日本の違い
古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

さて、次はディマリアのカットインについて解説します。

(2)ディマリアのカットイン

ディマリアのカットインの特徴は、次のようにブレーキを掛ける時に膝抜きを何度も繰り返しながら、ターンの時に体幹をひねるという2段階の動作にあります。

こうした膝抜きの時は体がわずかに中に浮くので、合わせて浮身も使っているわけですね。

ちなみに膝抜きを簡単に言うと「膝かっくん」のことです。

これと同じ要領で自分で股関節と膝を急に脱力しても「膝かっくん」のように「がくん!」となりますが、この「がくん!」が膝抜きです。

また、膝抜きは古武術特有の動作で、例えば急に止まる時や急に走り出す時など、動作を急に変える時によく使われます。

そうした意味ではディマリアは日本古来の技を使っているので、日本人でも十分に出来る可能性があると思いますよ。

※膝抜きのテクニックを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
膝抜きでサッカーのプレーが劇的に改善!【練習法も解説】

(3)ロッべンとディマリアの共通点と違い

①共通点

ロッべンとディマリアのカットインの共通点は、それぞれ浮身を使うことです。

やはり体が浮くと地面の摩擦抵抗がない分だけスピーディーな動きになりますが、この動作は高重心でないと出来ません。

日本人のような低重心で頑張るような動きを続ける限り、いくら見た目を真似してもロッペンとディマリアのような動きは身に付かないでしょう。

この点は、多くの日本人が気が付いていない重要な点です。

②違い

ロッべンとディマリアのカットインの違いは、次のとおりです。

ロッべンは浮身を使ってターンをしますが、ブレーキ動作がありません。

その代りブレーキ動作のないターンは体に強い遠心力が発生するので、これを克服するために体幹と軸足の強さで補っているのです。

ディマリアは膝抜きを小刻みに使ってブレーキをかけながら、ターンをします(もちろん浮身の動作も見られます)。

どちらのテクニックも一見して難しそうですが、浮身、体幹ひねり、膝抜きなどの空中動作さえ覚えてしまえば小学生でも十分マスターできます。

ぜひチャレンジしてください。

さて次は、小中高校生向けにアレンジしたカットインの正しいやり方と練習法を詳しく解説します。

4.カットインの正しいやり方(小中学生向け)

私の息子「とも」のカットインは、ディマリアとロッべンの動きを組み合わせてアレンジしたものです。

いわば良いとこ取りですね。

小中学生向けにアレンジしているので、ぜひ試してみてください。

(1)ブレーキのかけ方

カットインのブレーキの掛け方は動画の1:01のシーンを見るとよく分かります。

まるで「とも」の体がホバークラフトのように「すーっ」と地面に浮いた状態で、ブレーキをかけているように見えませんか?

これはディマリアのような小刻みな膝抜きではなく、小学生でも出来る膝抜きと浮身を使った簡単なやり方です。

このやり方で特に大切なのが、「みぞおち抜き」ですが、これを使った浮身と膝抜きをしながらブレーキをかけているわけですね。

みぞおち抜きとは、へその少し上にある「みぞおち」を脱力すると、この部分が少し縮み、その後、反射的に伸びます(後述のみぞおち抜き:反射)。

つまり、みぞおちを一種のバネやクッションのように使うわけです(練習法は後述します)。

この動きは、意外と簡単に覚えられるので、これに慣れて来たらディマリアのような小刻みな膝抜きをしても良いですし、ロッペンのようなカットインにチャレンジしても良いでしょう。

(2)ターンのやり方

先ほどの膝抜きとみぞおち抜き(またはワップダウン)のブレーキに引き続いて、ターンのやり方としては、

①アウトサイドのタッチ
②みぞおち抜き:反射
③体幹ひねり(ロッべンと同様)

これらの動きを合わせて行います。

このうち②の「みぞおち抜き:反射」は、先ほど解説した「みぞおち抜き」の反射作用です。

これは「くの字」に曲げた体を、真っ直ぐに反発させるような動きにもなります。

また「みぞおち抜き:反射」は、③体幹ひねりとタイミングを合わせると効果的です。

このようなやり方は、最初のうちは難しそうに感じますが、慣れればタイミングを掴めるようになります(練習法は後述します)。

実際にやって見ると分かりますが、「とも」のようなカットインは、不思議なくらいに足の力を使いませんし、膝、足首、股関節への衝撃もありません。

また、身体をリラックスすればするほど、みぞおち抜きと体幹ひねりが十分に使えるので、想像以上に速い動きが体感出来ます。

※みぞおち抜き、体幹ひねりなどを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選
体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

それでは次に、正しいカットインのやり方を覚えるための練習法を解説します。

スポンサーリンク

5.カットインの練習法

カットインをマスターするためには、ロッべンやディマリアの見た目をいくら真似ても意味がありません。

なぜなら、浮身、膝抜き、みぞおち抜き、体幹ひねりの習得と、体幹と軸足の強化が必要だからです。

そこで、先ずは次の練習にチャレンジしてください。

※なお浮身の練習法については、次の記事をお読みください。
古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

(1)膝抜き

一本歯下駄トレーニングを練習すると、自然に「膝抜き」が出来るようになります。

でも、次の動画のように下駄を使わない簡単なトレーニングもあるのでぜひ参考にしてください。

・膝抜き歩き

・階段歩き

(2)みぞおち抜き

みぞおち抜き(みぞおち抜きとはみぞおちの脱力)は、次の動画を参考にしてください。

先ほどと同様に下駄を使わない簡単なトレーニング法です。

また、みぞ落ち抜きを覚えると、自然と反射的な動き(みぞおち抜き:反射)もマスターできます。

※みぞおち抜きをする時に、息を「ふっ」と吐くと感覚が掴みやすいと思います。

(3)体幹ひねり

体幹ひねりは、次の動画を参考にしてください。

この動作は、カットインで素早くターンするための大切なテクニックです。

またサッカーのいろいろな動きにも活かせるので、ぜひ普段の練習に取り入れてみてください。

なお、体幹ひねりは、単に上半身と下半身を逆回転する動作ではありません。

上半身の動きに連れて、下半身が自然に連動する…というようにイメージしてください。

そうすることで、上半身の捻りによる遠心力を効果的に下半身へと伝えることが出来ます。

ただし、筋肉の伸張反射を活かすためにも、次の画像のように、①・A1(上半身をひねる)と②・A2(下半身をひねる)というように、上半身が先行して下半身が連動するというイメージを持ちましょう。

もちろん、あまり意識し過ぎるとぎこちなくなるので、最初のうちは上半身と下半身を交互にひねるだけでも結構です(慣れて来たら上半身先行→下半身連動のイメージを持つ)。

(4)体幹と軸足を鍛える

ロッべンのカットインは、空中動作でターンするので、フィギュアスケートのスピンのような強い遠心力が発生するので、体幹と軸足の強化が必要です。

そのための練習としておススメなのが、「ちょんちょんリフティング」です。

実は、これだけで体幹と軸足が十分に強化されます。

高価なサッカー教材を購入するよりも、何十倍も効果的ですよ(笑)。

※体幹と軸足を鍛えることや、ちょんちょんリフティングの効果を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果

(5)カットインの練習

膝抜き、みぞおち抜き、体幹ひねりなどの動きが身に付いたら、実際にカットインを練習してみましょう。

読者のみなさんは右利きの方が多いと思うので、「とも」のカットインの右利きver.を作ったのでイメージトレーニングの参考にしてください。

練習にあたっては、最初のうちはボールを使わず、ゆっくり歩きながらイメージ作りをしても良いでしょう。

そのうえで、次の二つの動きを意識してください。

①ターンの直前で膝抜きとみぞおち抜き
②ターンの時に体幹ひねり

この時、事前に浮身の動作をマスターすれば、特に意識しなくても体は浮きます。

またターンの後の体幹ひねりは、実際にはほんのわずかだけです。

でもイメージトレーニングをする時は、「出来るだけ大きく速く体幹をひねってターンしよう!」。

そんなふうにイメージしながら練習してみてください。

さらに最も大切なことは、絶対に足で踏ん張らないということです。

体幹ひねりは、フィギュアスケートのスピンやハンマー投げのような強い遠心力を生み出すので、足のパワーを使うよりも何倍も速いターンが出来ます。

むしろ足の役割は、利き足のアウトサイドで軽くボールをタッチするだけ…。こんなふうに考えてみてください。

日本人的な足の力だけに頼った間違ったカットインの動きが身に付いている方は、慣れるまでが大変かも知れません。

でも「急がば回れ!」です。

ぜひ練習してみてください。

6.まとめ

これまで、日本人と海外の選手(ロッべン、ディマリア)のカットインの違いとともに、正しいやり方や練習法を解説しました。

特に日本と海外のサッカー選手の最も大きな違いは、浮身や膝抜きなどを使えるかどうかということです。

また、浮身は高重心でないと使えません。

だから、日本人のような低重心でドタバタするような動きを続ける限り、いくら見た目を真似ても本当の動きは身に付かないのです。

これは多くの日本人が気が付いていない大切な部分です。

特に指導者たちが子どもたちにカットインを教える場合、この点をきちんとした理解したうえで正しいやり方を教えてほしいと思います。

ぜひたくさんの子供たちが、正しいカットインを覚えるよう願っています。

【画像引用:Youtube.com