ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

カットインの正しいやり方!海外と日本のサッカー選手の違いとは?

カットインが得意な海外のサッカー選手と言えば、ロッペンやディマリアが有名ですね。
この2人のカットインはとてもスピーディーですが、実は日本の選手とは全く違ったコツが見られます。

この場合、ほとんどの日本人はこのコツを理解していないため、膝、足首、股関節を酷使した動きの遅いカットインになっています。

そこで今回は、ロッペンやディマリアの動きから分かるカットインのコツ、正しいやり方、練習法について解説します。

スポンサーリンク

1.カットインとは

(1)カットインとは?

カットインとは、次の動画の0:24からのシーンにあるとおり、サイドからペナルティーエリアに向かってドリブルで切れ込むテクニックです。
サイドハーフの選手たちが、よく使いますよね。

カットインとは反対に、ゴールラインに向かって真っ直ぐ進むドリブルをカットアウトと言います。

カットインはペナルティーエリアに向かって切れ込むことで、クロス以外の攻撃の選択肢が増えます。
ところが、カットアウトは直接シュート出来ないので、どうしてもクロスが多くなり攻撃の選択肢が少なくなります。

カットインとカットアウト

カットインは、アウトサイドでディフェンスを抜きながらペナルティーエリアに向かうため、右サイドは左利き、左サイドは右利きの選手を配置するフォーメーションも多いです。
最近のクラブや代表チームでもこうしたケースが多く、それだけサッカーにおけるカットインの重要性が高いのでしょう。

(2)カットインの動作の特徴

カットインの動作は、ターンとブレーキの2つに分けることが出来ます。
そして、この2つの動作の仕組みをきちんと理解することが最大のコツになります。

ターンとブレーキの

そこで、海外のサッカー選手の例としてロッペンとディマリアのテクニックを見ながら、ターンとブレーキの動作を考えてみましょう。

スポンサーリンク

2.ロッペンとディマリアの例

ロッペンとディマリアのカットインの特徴は、ターンとブレーキが空中動作である点です。

(1)ロッペンのカットイン

ロッペンのカットインは、アウトのタッチ~ターンまで、次のように5つの動きに分けられます。
ロッペンの5つの動き

①アウトサイドでタッチ

最初に右足を地面に付けた状態で、アウトサイドでボールにタッチします。
この時のタッチは深く見えますが、実際には軽く触れる程度なので完全にボールを止めているわけではありません。

アウトサイドのタッチ

②体が浮く

ここではアウトサイドのタッチを終えて左足が着地しているので、ボールに軽く触れている程度です
この時は右足が宙に浮いています。
つまり、体が浮き始めている状態ですね。

体が浮く

③空中でターンの説明画像

ここでは、両足がわずかに宙に浮いています。
体を「く」の字にして、両膝が曲がっていることからも明らかです。
つまり、空中でターンを始めた状態ですね。

空中でターン

④ターンの終了

ここで空中でのターンを終え、ドリブルを再開しようとしています。
このターンは空中で体幹をひねる動作です(体幹ひねりの解説は後述します)。

ターンの終了

⑤ドリブルの再開

ここではペナルティーエリアに向かって、ドリブルを再開しています。

ドリブルの再開

これまでの一連の動きを見ると、ロッペンのカットインは空中動作でターンをするところに特徴があります
しかも日本人のカットインのように、膝と足首を使ってブレーキをかける様な動作ではありません。

こうした空中動作は、次のような体幹ひねりと同じです。

体が宙に浮いている状態は一種の無重力なので、地面に着地しているような摩擦抵抗はありません。
そうすると足のパワーに頼った日本人の遅い動作とは全く違い、まるで牛若丸のような身軽さと速さを兼ね備えているのです。
要するに、スピーディーなカットインが出来るわけですね。
空中動作の連続写真
こうした空中動作は、フィギュアスケートのスピンやジャンプにも似ています。
この動作は体に強い遠心力がかかるので、体幹と軸の強さで支える必要があります。

フィギュアスケートのスピンと体幹と軸の強さ

ロッペンのカットインのターンも同様に、強い遠心力がかかります。
しかも直線方向のドリブルから急激なターンをするので、やはり体幹と軸の強さが必要です。

ロッペンのカットインはとても速く、ディフェンスが分かっていても止められない秘訣は、実はこうした空中動作と体幹・軸の強さにあったのです。

※ロッペンのターンの特徴を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ターンを鋭く速くする二つのコツ!海外サッカーと日本の違い

スポンサーリンク

(2)ディマリアのカットイン

ディマリアのカットインの特徴は、ブレーキを掛ける時に膝抜きを使い、ターンの時に体幹をひねるという2段階の動作になります。

①利き足がボールに追いつく

ここではアウトサイドでボールにタッチしているように見えますが、実際にはロッペンよりもソフトに触る程度なので、完全にはボールの動きを止めていません。
どちらかと言えば、利き足がボールに追いついた程度の状態ですね。

利き足がボールに追いつく

②膝抜きでブレーキ

ここでは1回目の膝抜きをしています。
ディマリアのカットインの特徴は、膝抜きを使って体にブレーキをかけることですね。
また股関節と膝の曲がり具合を見る限り、ロッペンと同じような空中動作になっています。

膝抜き(一回目)でブレーキ

③左足が着地

ここではボールがほぼ動いていないか、止まりかけている状態です。
これ何を意味するのかというと、ディマリアはボールの動きが遅くなるのを見定めているということです。
別の見方をすると、ボールが自然に止まるのを待っているようにも思えます。

左足が着地

④膝抜き

ここでは2回目の膝抜きをしています。
次のアウトサイドのタッチに備えて、体にブレーキをかけようとしているのです。

膝抜き(二回目)

⑤アウトサイドのタッチ

ここでは左足を伸ばし、アウトサイトで深めのタッチしています。
これによって、ボールを左方向に移動させるのです。

アウトサイドでタッチ

⑥膝抜きとターン

先ほどボールを左側に動かしたので、今度は3回目の膝抜きと体幹ひねりによってターンを開始しています。

膝抜き(三回目)とターン

⑦体幹ひねりでターン

ここは、体幹ひねりを使ってターンをしている途中です。

体幹ひねりでターン

⑧ドリブルの再開

ターンを終えて、ペナルティーエリアに向かってドリブルを再開しています。

ドリブルの再開

これまでの一連の動きから考えると、ディマリアとロッペンは空中動作でカットインをする点は同じです。

ただし、ディマリアは膝抜きでブレーキ(小刻みに繰り返す)、次に体幹ひねりでターンという2段階の独特な動きをしています。

ちなみに膝抜きを簡単に言うと「膝かっくん」のことですね。
立っている状態から股関節と膝を急に脱力すると、このような動作になります。

膝かっくん

また、膝抜きは古武術特有の動作です。
例えば急に止まる時や急に走り出す時など、動作を急激に変える時によく使われます。

※膝抜きのテクニックを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
膝抜きでサッカーのプレーが劇的に改善!【練習法も解説】

スポンサーリンク

(3)ロッペンとディマリアの共通点と違い

①共通点

ロッペンとディマリアのカットインの共通点は、それぞれ空中動作を使うことです。
やはり空中動作は地面の摩擦抵抗がない分だけ、スピーディーな動きになります。
しかも、空中動作は高重心でないと出来ません。
日本人のような低重心でドタバタした動きを続ける限り、いくら真似てもロッペンとディマリアのような動きは身に付かないでしょう。
この点は、多くの日本人が気が付いていない大切な点です。

②違い

ロッペンとディマリアのカットインの違いは、次のとおりです。

・ロッペンは、アウトでタッチした後にターンをします。

ロッペンのターン

・ディマリアは膝抜きを使ってブレーキをかけてから、アウトでターンをします。

ディマリアのターン

どちらのテクニックも一見して難しそうですが、体幹ひねりや膝抜きなどの空中動作さえ覚えれば小学生でも十分マスター出来ます。

さて次は、間違ったやり方と正しいやり方、練習法などを詳しく解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。