ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ダブルタッチの2つのやり方!メッシとイニエスタの特徴とは?

ダブルタッチはとても簡単なので子供たちにも人気のテクニックです。
でも小学校高学年や中学生年代になるとなかなかそう簡単には上手く行きません。

こうした場合、ある2つの方法を覚えれば意外と簡単に相手を抜くことが出来ます。
海外のサッカー選手たちは特にシンプルな抜き方をするので、こうした点は日本の子供たちにもお手本にしてほしいですね。

そこで今回はダブルタッチを使う時の2つの方法について、メッシとイニエスタの動きを参考にして詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.ダブルタッチとは?

(1)ダブルタッチは簡単なテクニック

ダブルタッチは次の動画のように両足のインサイドを使って抜くという、サッカーのドリブルとしてはとても簡単なテクニックです。

次のようなタッピングの動きを覚えれば小学校低学年の子供でも簡単に使えるようになれます。

ダブルタッチの幅を持たせるという点では、私の息子「とも」が実演した次の動画のような練習も効果的です。

たぶんどこのクラブでも少年団でも、このようなやり方を教わるのではないでしょうか?
そうすると子供たちはサッカーの試合で何の工夫もしないまま、ダブルタッチを使って抜こうとします。

つまり相手との間合いや反応も気にしないで、自分から先に仕掛けてしまうわけです。

そうした場合は次のような問題が起こります。

(2)ダブルタッチの注意点

そもそもダブルタッチは相手の目の前でボールをさらしてしまうテクニックです。

ボールをさらすとは、最初からディフェンスの目の前でボールを動かすことです。
ダブルタッチがボールをさらす意味の説明画像

これはアウトサイドで抜く時のように、ボールを直接相手の後方に移動させるわけではありません。
またフェイント動作はありませんし、ボールを隠すようなテクニックでもありません。

そうするとディフェンスはボールが右→左に動くのが見えるので、ドリブラーの左足にプレスをかければよいわけです。

子供のサッカーの試合で、ダブルタッチに失敗する時はこのようなことが多いのではないでしょうか?

要するにダブルタッチはとても簡単に出来る分だけ、無防備になるというテクニックなのです。

やはりサッカーの試合で使う時にボールが簡単に奪われては意味がありません。

(3)ダブルタッチを成功させる2つのやり方

子供たちがサッカーの試合でダブルタッチを成功させるためにぜひ覚えてほしいのが、次の2つのやり方です。

・フェイントを使う。
・相手に足を出させる。

ダブルタッチをそのまま使うと無防備なので、ディフェンスとの駆け引きでが必要です。

そこで次に、フェイントを使うメッシのダブルタッチ、相手に足を出させるイニエスタのダブルタッチを順に解説します。

スポンサーリンク

2.ダブルタッチでフェイントを使う

(1)メッシのダブルタッチ

ダブルタッチを使う時の最も簡単なフェイントは、次の動画でメッシが見せた重心移動を組み合わせたやり方です。
メッシの動きがあまりにも速いので、特にスローモーションを注意して見てください。

この時のメッシは、アウトサイドで抜くようなフェイントを仕掛けています。
メッシのアウトサイドのフェイントの様子

次の動きでは、すぐにインサイドに戻してダブルタッチを始めます。
インサイドに戻してダブルタッチを開始する様子

結局、DFはメッシのフェイントで反応が遅れたため簡単に抜かれてしまいました。
DFが抜かれる様子

このフェイントは、アウトサイドを使った重心移動とインサイドの動きを組み合わせただけです。
サッカーのテクニックとしてはとても簡単なですね。
実は海外のサッカー選手たちは、このようなシンプルなテクニックをたくさん使います。

スポンサーリンク

(2)ダブルタッチのフェイント動作と練習法

先ほどのメッシのフェイント動作を私の息子「とも」が実演すると、次のような動きになります。

ここでのフェイントはアウトサイドで抜くようなフェイントというよりも、利き足側へのほんのわずかな重心移動だけです。
※動画では体重移動と表記していますが、重心移動と読み替えてください。
利き足側へのほんのわずかな重心移動によるフェイントの様子

次の動きはメッシと同じように、インサイドに戻してダブルタッチを始めます。
インサイドに戻してダブルタッチを始める様子

やはり利き足のアウトサイドからインサイドに切り替えるだけなので、とてもシンプルなフェイントです。
先ほどのメッシの動画でも見られましたが、試合中にダブルタッチを使う場合はこのような簡単なテクニックで相手は引っかかってしまうのです。

このような重心移動の練習法としては、インサイドとアウトサイドを使ったカットドリブルを練習すれば誰でも覚えられます。

またボールを使わない練習法としては、誰でも簡単に出来る重心移動体操もおススメです。

※重視移動とサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
重心移動でサッカーが100倍上手くなる!【中学生でも分かる】

さて次は相手に足を出させて抜く、イニエスタのタプルタッチを解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。