ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ダブルタッチの2つの抜き方!イニエスタとメッシの意外な共通点とは?

ダブルタッチは、覚えるのは簡単でも、試合では意外と失敗することが多いテクニックです。

実は、失敗する原因の多くは、ダブルタッチ独特の「ボールをさらす」という動作を上手く使えていないという点にあるのです。

でも、ある2つの抜き方を覚えると、簡単に相手を抜けるようになります。

特にお手本になるのが、イニエスタとメッシのダブルタッチですね。

そこで今回はダブルタッチを使う時の2つの抜き方について、イニエスタとメッシを参考に詳しく解説します。

1.ダブルタッチの注意点

(1)ダブルタッチは簡単?

ダブルタッチは、次の動画のように両足のインサイドを使うだけなので、比較的簡単に覚えられる抜き技です。

特に、次の動画のようなタッピングを練習すれば、小学校低学年でもすぐにマスター出来てしまうでしょう。

また、インサイドの幅を広くするという点では、私の息子「とも」が実演する次の動画のような練習もよくやりますよね。

たぶん、どこのクラブでも少年団でも、このようなやり方を教わるのではないでしょうか?

でも、日本では、多くの方がダブルタッチのやり方を勘違いしていると思います。

そこで、次にこの点について解説します。

スポンサーリンク

(2)ダブルタッチの勘違い

ダブルタッチが上手いサッカー選手と言えば、イニエスタを思い浮かべる方は多いと思います。

特に、大きなディフェンダーをあっさり抜く姿は、まるで牛若丸(イニエスタ)と弁慶(ディフェンス)みたいですね(笑)。

でも、日本では、ボールを横にスライドさせる時のやり方を勘違いしている方が多いと思います。

例えば、次の動画の実演者を見ると、タッチも速いし、幅も広いので、一見すると正しいのでは?と思われますが、少し残念なところがありますね。

それは足だけでボールを動かしているという点です。

特に注目してほしいのは、右足から左足のタッチまでの間に、まるでカニの横歩きみたいに、頭と体が同じ高さで横に動いていますよね(後ろにある吊り橋と比較すると分かりやすい)。

実は、このダブルタッチは足の力を使って体重移動をしているのです(体重移動とは筋肉の力を使って「よいしょ」と体を動かすこと)。

この場合、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいため、足の力に頼った動作は上半身を重たい荷物として背負うようなものですね。

でも、イニエスタのダブルタッチは違います。

次の連続写真を見ると、右→左のインサイドのタッチの時に、頭の位置がほとんど変わりませし、しかもタッチの幅は、それほど広くない…、むしろ狭いのでは?とは思いませんか?

これは、カニ歩きとは違って、全身を振り子のようにして宙に浮かせているのです。

このように体を浮かせる動作のことを、古武術では「浮身」と言います。

なぜ、このような体の使い方が良いのか?というと、そもそもヒトの動作は体を浮かせた方が、地面との摩擦抵抗がないので素早く動けるからです。

また素早く動けるので、タッチの幅を広くする必要もありませんし、さっさと相手を抜き去った方が良いのです。

たぶん、この点はほとんどの方が勘違いしていると思います!

これに対して、カニの横歩きのようなタッチでは、浮身を使っていないので、地面の摩擦抵抗をまともに受けて動きが遅くなります。

だから、もっとタッチを速くしたり、幅を広くようとして、足の力を使って一生懸命に頑張る(体重移動)わけですが、これでは本末転倒のような気がしますね。

特に、日本人は低重心のため、このような動作になりやすいことから、注意した方が良いでしょう。

※浮身とドリブルの関係や習得法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】

※「浮身」を身に付ける手っ取り早い方法は、一本歯下駄トレーニングが最適なので、興味のある方は、次の記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

さて、話しを元に戻しましょう。

ところで、子供たちがダブルタッチを練習する場合、動きだけなら簡単に覚えられますが、その反面、実際の試合では上手くいかずに、相手にボールを奪われてしまうことがあります。

例えば、相手との間合いなどを全く気にしないで、自分から先に仕掛けて自爆してしまうケースですね。

これは、ダブルタッチ特有の「相手にボールをさらす」という動作に原因があります。

そこで、次に、ボールをさらすとは何なのか?について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。