ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インフロントキックの正しい蹴リ方と練習法!【動画解説付き】

インフロントキックをいくら練習しても上手くならない、ボールが浮かない…、遠くに飛ばない…、蹴り方がよく分からない…。
そんな悩みを持つ子供は、かなり多いでしょう。

このキックは、インステップキックやインサイドキックなどのように、ボールに対して足の特定の場所を当てるというような蹴り方ではありません。

インフロントの面を使ってボールにバックスピンをかけるという、いわば「面」でインパクトする蹴り方です。
そうすることで、ボールが高く浮いて遠くに飛ばせるのです。

そこで今回は、私の息子「とも」の実演動画をふんだんに盛り込みながら、インフロントキックと他のキックとの違い、ボールが浮く仕組み、バックスピンのかけ方、遠くに飛ばす方法、助走のやり方、正しい蹴り方、練習方法などの全てを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.インフロントキックとは?

インフロントキックは、ボールにバックスピンをかけるためにインフロントの面で擦り下げる蹴り方です。
また、バックスピンはカーブと同じように回転をかけるということです。
子供にとって、ボールに回転をかけるという蹴り方は、それまでに覚えたインステップキックインサイドキックに比べて格段に難易度が上がります。

こうした場合によくありがちなのが、インステップやインサイドを使ってボールの下の方をすくい上げるように蹴ってしまうことです。
これではバックスピンがかかるどころか、かえってドライブ回転になるので飛距離がほとんど出ません。

そこでインフロンキックの練習にあたっては、まず最初にインステップキックやインサイドキックと比較して、その違いを正しく理解することが大切です。
そして、その次にボールにバックスピンをかける仕組みを覚えないと練習の効果は上がりません。

サッカーは、単にボールを蹴っていれば上手くなるというものではありません。
頭を働かせて考えるスポーツです。

先ずは、インステップ・インサイドキックとインフロントキックの蹴り方の違いをきちんと理解しましょう。
そして、その次にバックスピンの仕組みを覚えてください。
そのうえで、今回の記事の後半部分で解説している、インフロントキックの蹴り方を練習することが大切です。

そうすることが、インフロントキックの蹴り方を覚えるための最短最速の近道になります。

(1)蹴り方の比較

① インステップキックとインサイドキック

この二つのキックの特徴は、ボールの中心をピンポイントで蹴るという点で同じ部類の蹴り方です。

インステップキックは、インステップ(足の甲)を使ってボールの中心を正確にミートすることで真っ直ぐに飛ばします。

インサイドキックもボールの中心を正確にインパクトします。

② インフロントキック

インフロントキックは、インフロントの面を使ってボールにバックスピンをかけて「ふわっ…」と浮かせる蹴り方です。
バックスピンとは、ボールを逆回転(下から上)させることにより、インパクト直後からボールの下側に上昇気流が発生し高く遠くに飛ばすのです。

スポンサーリンク

(2)インパクトの違い

ここでは、インステップ・インサイドキックとインフロントキックのインパクトの違いを解説します。

① インパクトの方法

インステップキックとインフロントキックの最大の違いは、インパクトの方法です。

インステップキックとインフロントキックのインパクトの比較

インステップキックの場合は、ボールを真っ直ぐに押し出す蹴り方です。

これに対してインフロントキックは、ボールにバックスピンを掛けるので上から下に擦り下げる蹴り方をします。
擦り下げる⇒擦るという蹴り方はカーブのキックと同じで、ボールに回転をかけるテクニックです。
ネット上や一般の書籍では、未だに下からすくい上げる…と言う表現を使うケースが見られますが、この蹴り方ではドライブ回転がかかってボールが浮きません。
こうした点にはくれぐれもご注意ください。

なおインサイドキックはインステップキックと比べて、蹴り方自体は異なりますが、ボールを真っ直ぐに押し出すという仕組みは同じです。

インサイドキックはインステップキックと同様にボールを真っ直ぐに押し出す蹴り方である旨の説明

② インパクトの瞬間のボールの変化

ここでは、インステップ・インサイドキックとインフロントキックのインパクトの瞬間を比べると、果たしてボールにどのような変化が生じているのか?という点を解説します。

ア.インステップ・インサイドキック

この2つのキックは、ボールの中心軸を通ってボール一個分だけ真っ直ぐに押し出します。
そのため、強いキックを蹴るとボールの中心が凹むような感覚が足に起こります。

ボールの中心が凹むような感覚が起きる旨の説明

イ.インフロントキック

このキックは、インパクトの瞬間に1~2㎝程度擦り下げてバックスピンをかけます。
そのため、インパクト直後にボールが足に乗って転がる感覚が起こります。

ボールが足に乗って転がる感覚が起きる旨の説明

以上のように、インステップやインサイドキックは点でインパクトすれば良いということで、小学校低学年の子供にとっては比較的覚えやすい蹴り方でしょう。

ところが、小学校高学年になってインフロントキックを練習する場合はバックスピンという、ボールに回転をかける蹴り方を覚えなくてはなりません。

子供にとっては、ボールに回転を掛けるというサッカーのキックにとっての最初の難関に当たります。
ここは、ぜひとも解決していただきたいと思います。

そこで、次からはインフロントキックでボールにバックスピンをかけるとはどういうことなのか?という仕組みについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

2.インフロントキックのバックスピンの仕組み

インフロントキックの練習をする場合、バックスピンをかける仕組みを理解すると早く覚えられます。
そこでこうした点を考えてみましょう。

(1)バックスピンとは何か?

バックスピンを簡単に説明すると、ボールが坂道を登るようなイメージのことです。

ボールが坂道を登るイメージ

この時、ボールを坂道の途中で止めて坂道そのものをエスカレーターの下りのように移動させたらどうなるでしょう?
やはり、ボールにバックスピンがかかって坂道を登ろうとします。

坂道がエスカレーターの下りのように移動してもボールにバックスピンがかかる旨の説明画像

それでは、この坂道をヒトの足に例えたらどうようになるでしょう?
実はインフロントキックのダウンスイングが、これと同じ仕組みなのです。

ダウンスイングのイメージ

こちらの画像は先ほどご覧になったものです。

ボールが足に乗って転がる感覚が起きる旨の説明

先ほど解説した「インフロントキックはインパクトの瞬間に1~2㎝程度擦り下げてバックスピンをかけるため、インパクト直後にボールが足に乗って転がる感覚が起こる…。」という意味が、改めてお分かりいただけのではないでしょうか?

そこで、次に実際に蹴っている画像を見ながら、バックスピンでボールが浮くという仕組みを掘り下げて考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)バックスピンでボールが浮くとは?

先ほどまでの解説の中で、バックスピンをかける仕組みがご理解いただけたと思います。
ここでは実際に蹴っている画像を見ながら、インパクトでボールが浮く仕組みを解説します。

① インパクト直前

次の画像はインフロントキックのインパクト直前の様子です。
インパクト直前
蹴り足が少しブレていますが、ボールにインフロントの面を「点」で当てるのではありません。
ここから、さらに1~2㎝程度擦り下げるように蹴るのです。

次の裸足の画像をご覧いただくと良く分かりますが、ボールの中心からやや下の方をインフロントの面を使って擦り下げます。

インフロントの面を使って擦り下げる旨の説明

このように擦り下げることで、ボールがインフロントの面を転がる感覚が起きるのです。

インフロントの面を転がる感覚が起きる旨の説明

② インパクト直後

次の動画は、インフロントキックの足の運びを撮影したものです。

次の画像は、インフロントキックのインパクト直後の様子です。
やや分かり難いですが、この状態が先ほど解説した「ボールがインフロントの面を上に転がる…」ということです。

インパクト直後にボールがインフロントの面を上に転がる旨の説明

ボールがブレているのは、蹴った瞬間に急激なバックスピンが掛かったためです。
このように急激なバックスピンがかかると、ボールの下から上に向けて上昇気流が発生します。
それによってボールが浮くわけです。

これに対してインステップキックやインサイドキックは、「点」で押し出す蹴り方です。

インステップキックとインサイドキックのインパクトの瞬間の説明

このような蹴り方ではいくらボールの下をインパクトしても結局はすくい上げるようなキックになるだけです。
そうすると、バックスピンのかかった「ふわっ」としたボールを蹴ることは出来ません。

以上が、インフロントキックのバックスピンの仕組みです。

さて次は、インフロントキックを遠くに飛ばす方法を解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。