ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インフロントキックの正しい蹴リ方と練習法!【動画解説付き】

【バックスピンの仕組み】

インフロントキックは、バックスピンの仕組みを理解すると早くマスターできるので、ぜひ覚えましょう。

(1)バックスピンとは何か?

バックスピンの仕組みを簡単に説明すると、ボールが坂道を登るようなイメージです。

この時、ボールを止めて、坂道の方をエスカレーターの下りのように動かしてみたらどうなるでしょう?

ボールに回転がかかって坂道を登ろうとします(バックスピンがかかる)。

それでは、坂道の代わりに、ヒトの足を使ってみたらどうなるでしょう?

実はインフロントキックのダウンスイングが、これと同じ仕組みなのです。

つまり、ボールにバックスピンを掛けるためには、ダウンスイングが必要ということですね。

先ほど「インフロントキックはインパクトの瞬間に1~2㎝程度擦り下げてバックスピンをかけるため、インパクト直後にボールが足に乗って転がる感覚が起こる…。」と解説しましたが、その意味が改めてお分かりいただけのではないでしょうか?

そこで、次に実際に蹴っている画像を見ながら、バックスピンでボールが浮く仕組みを、もっと詳しく考えてみましょう。

(2)バックスピンでボールが浮くとは?

これまで、バックスピンの仕組みを解説しましたが、ここでは実際に蹴っている画像を見ながら、ボールが浮く仕組みを詳しく解説します。

① インパクト直前

次の画像はインフロントキックのインパクト直前の様子です。

この時、ボールに対して、インフロントの面を「点」で当てるのではなく、ここからさらに5ミリ~1センチ程度擦り下げるように蹴ります。

つまり、ボールの中心から少しだけ下の方をインフロントの面を使って擦り下げるわけですね。

このように擦り下げることで、ボールが足のインフロントの面を上に転がるような感覚が起きます。

私の息子は小二の頃にインフロントキックを覚えましたが、その時によく「ボールが足の上に乗っかって転がる…」と言っていました。

スポンサーリンク

② インパクト直後

次の動画は、インフロントキックの足の運びを撮影したものです。

とにかくこの動画を何度も見て、擦り下げる→バックスピンをかける→ボールが足のインフロントの面を転がる→ボールが浮く、という仕組みを頭に叩き込んでください。

このように急激なバックスピンをかけると、ボールの下から上に向けて上昇気流が発生してボールが浮くわけですね。

これに対してインステップキックやインサイドキックは、何度もくどいようですが「点」で押し出す蹴り方です。

このような蹴り方では、いくらボールをすくい上げても、ドライブ回転がかかって落下するだけなので、バックスピンのかかった浮いたボールを蹴ることは出来ません。

この点は子供にとってインフロントキックが上手く蹴れない原因なので、ぜひきちんと覚えてください。

さて次は、インフロントキックの正しい蹴り方として、「ボールと足の当てる場所」「助走」について解説します。

この続きは下の四角のボタン「3」を押してください。