ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インフロントキックの正しい蹴リ方と練習法!【動画解説付き】

【インフロントキックの正しい蹴り方】

インフロントキックのバックスピンのかけ方が理解できたとしても、実際の蹴り方が間違っていたらボールは遠くに飛びません。

そこで、ボールと足の当てる場所、キックの助走、キックフォーム、ボールを遠くに飛ばす方法などについて順に解説します。

(1)ボールと足の当てる場所

ここでは、インフロントキックで蹴る時のボールの当てる場所や、足の当てる場所について解説します。

① ボールの当てる場所

インフロントキックを蹴る時は、インフロントの面や、親指の付け根を使ってボールを擦り下げます。

また、インパクトのポイントから数㎝程度擦り下げるので、ボールの下の方に足を当てると十分な擦り下げが出来ません。

だから、ボールの中心から1~2㎝程度下に当てるようにしましょう。

この場合、ボールのサイズ(4号球と5号球)によって当てる場所が変わってきますし、人によって足のサイズや形が違うので「中心から何センチ下…」ということも言い切れません。

そこで何度も蹴ってみて、自分なりの当てる場所を見付けましょう。

② 足の当てる場所

インフロントキックでボールを蹴る時の足の当てる場所は、インフロントの面と親指の付け根の2つです。

2つの場所の特徴をまとめると、

① インフロントの面は、
強いキックが蹴れる。
ボールを遠くに飛ばせる。
バックスピンの回転数が少ない。

② 親指の付け根は、
強いキックは蹴れない。
ボールはあまり遠くに飛ばない。
バックスピンの回転数が多い。

この2つの場所は、骨格の構造が違うので、インパクトでのボールの反発力が異なります。

インフロントの面は5本の骨が密着しているため反発力が大きいので強いキックが蹴れますが、親指の付け根は単に1本の骨だけなので反発力は少なく、それほど強いキックは蹴れません。

ご自分の足を触ってみるとよく分かりますよ。

また、2つの場所は擦り下げる面の長さ(広さ)が違うので、バックスピンの回転数も変わってきます。

インフロントの面は小さい(3~4㎝程度)のでバックスピンの回転数は少ないですが、親指の付け根は広くて大きいのでバックスピンの回転数は大きくなります。

よく、親指の付け根でインフロントキックを蹴ると、バックスピンがたくさんかかった「ふわっと」としたボールになると言われますが、実はこうした仕組みが理由なのです。

ちなみに「とも」の足は甲高・幅広なので、インフロントの面も、親指の付け根~小指までの面(先ほどのコントロールタッチの面)も、両方とも幅が広いです。

そうすると、蹴った時のバックスピンの回転数は他の選手よりも多くなるため、滞空時間が長く飛距離のあるボールを蹴ることが出来ます。

(2)キックの助走

① 助走の入り方と角度

助走は、ボールの飛ぶ方向に対して斜め後ろから…とよく言われますが、それだけでは狙った場所に正確に蹴れません。

なぜなら蹴った時にボールが進む方向は、助走のスタート地点と、実際に蹴る地点とでは、見た目の誤差が生じるからです。

そこでインフロントキックを練習する時は、毎回ボールの後ろに立って必ず飛ぶ方向を確認してください。

そうすることで、自分に合ったキックの助走の角度が分かるようになり、さらに正確なボールコントロールも身に付きます。

ちなみに「とも」の助走はほぼ一歩ですが、斜め後ろと言うよりもやや横方向から入ります。

下図の「A」で表記した軸足の向きに合わせて蹴りますが、助走のスタート地点「B」では急激に体幹をひねって半回転するという遠心力を使うので、斜め後ろよりも横方向から入る方が蹴りやすいのでしょう。

ちなみに、こうした体の回転を使った蹴り方は中村俊輔と似ているので、非力な子供にも、ぜひ真似してほしいですね。

スポンサーリンク

② 助走は一歩で蹴れるようにする

インフロントキックは、ロングボールを蹴ったり、サイドチェンジに使ったりします(小学生であれば、ゴールキックやコーナーキックでも使う)。

この場合、サイドチェンジは狭い場所で蹴ることが多いので、2歩も3歩も助走を取っていたら相手DFにボールが奪われてしまいます。

また、助走は蹴る直前の一歩を大きくすれば十分なので2歩も3歩も必要ありません。

そこで、ぜひ一歩の助走で蹴れるようになってほしいと思います。

※キックの助走のやり方を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのキックの助走は何歩で?動画と画像で詳しく解説

さて次は、キックフォームとボールを遠くに飛ばす方法を解説します。

この続きは下の四角のボタン「4」を押してください。