ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インフロントキックの正しい蹴リ方と練習法!【動画解説付き】

インフロントキックをいくら練習しても上手くならない、ボールが浮かない…、遠くに飛ばない…、という子供はかなり多いでしょう。

実は、このキックはボールをすくい上げるのではなく、インフロントの「面」で擦り下げてバックスピンをかけるという蹴り方です。

そうすることで、ボールが高く浮いて遠くに飛ばせるのです。

そこで今回は、私の息子「とも」の実演動画を使って、インフロントキックと他のキックとの違い、ボールが浮く仕組み、バックスピンのかけ方、遠くに飛ばす方法、助走のやり方、正しい蹴り方、練習方法など、あなたが知りたい全てのことを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.インフロントキックとは?

インフロントキックは、ボールにバックスピンをかけるため、インフロントの面を使って擦り下げるという蹴り方です。

また、バックスピンはボールに回転をかけて浮かせるということで、子供にとっては、それまでに覚えたインステップキックやインサイドキックに比べて格段に難易度が上がります。

特に多い失敗例は、ボールをすくい上げて蹴ってしまい、ドライブ回転(バックスピンの反対)がかかって飛距離が出ないことです。

そこで 先ずはインステップキックやインサイドキックとの蹴り方の違いをきちんと理解して、その次にバックスピンの仕組みを覚えてください。

そのうえで、今回の記事の後半で解説している、インフロントキックの練習法にチャレンジしましょう。

そうすることが、インフロントキックの蹴り方を覚えるための、最短最速の近道です。

(1)蹴り方の比較

① インステップキックとインサイドキック

この二つのキックの特徴は、ボールの中心をピンポイントで蹴る(点で蹴る)ということです。

インステップキックは足の甲を使って、ボールの中心を正確にインパクトして真っ直ぐに飛ばします。

インサイドキックはインサイド(足の内側)を使って、やはりボールの中心を正確にインパクトします。

② インフロントキック

インフロントキックは、インフロントの面を使って擦り下げることで、ボールにバックスピンをかけて「ふわっ…」と浮かせる蹴り方です。

バックスピンとは、ボールに逆回転をかけることで、ボールの下側に上昇気流が発生し、高く遠くに飛ぶ仕組みです(詳しくは後述します)。

(2)インパクトの違い

ここでは、インステップ・インサイドキックとインフロントキックのインパクトの違いを解説します。

① インパクトの方法

インステップキックとインフロントキックの最大の違いは、インパクトの方法です。

インステップキックはボールを真っ直ぐに押し出すように蹴りますが、インフロントキックはボールにバックスピンを掛けるために擦り下げます。

このように擦り下げるのは、カーブを蹴る時の「擦り上げる」のと同じで、ボールに回転をかけるテクニックです。

ところが、一部のネットや書籍では、未だにボールをすくい上げる…と言うのが多いですが、これではドライブ回転がかかってボールが浮きません。

こうした誤った情報にはくれぐれも注意しましょう。

なおインサイドキックはインステップキックと比べると蹴り方は違いますが、ボールを真っ直ぐに押し出すというのは同じです。

② インパクトの瞬間のボールの変化

ここでは、インステップ・インサイドキックとインフロントキックのインパクトの瞬間を比べ、ボールにどのような変化が生じるのか?という点を解説します。

ア.インステップ・インサイドキック

この2つのキックはボールの中心軸に対して真っ直ぐに押し出すので、インパクトの瞬間にボールの中心が凹むようになります。

イ.インフロントキック

このキックは、インパクトの瞬間に1~2㎝程度擦り下げてバックスピンをかけるので、インパクト直後に「ボールが足に乗って転がる」感覚が起こります。

以上のように、インフロントキックは、バックスピンをかけないとボールが浮いて飛びません。

そこで、次はボールにバックスピンをかけるとはどういうことなのか?という仕組みをさらに詳しく解説します。

2.インフロントキックのバックスピンの仕組み

インフロントキックは、バックスピンの仕組みを理解すると早くマスターできるので、ぜひ覚えましょう。

(1)バックスピンとは何か?

バックスピンの仕組みを簡単に説明すると、ボールが坂道を登るようなイメージです。

この時、ボールを止めて、坂道の方をエスカレーターの下りのように動かしてみたらどうなるでしょう?

ボールに回転がかかって坂道を登ろうとします(バックスピンがかかる)。

それでは、坂道の代わりに、ヒトの足を使ってみたらどうなるでしょう?

実はインフロントキックのダウンスイングが、これと同じ仕組みなのです。

つまり、ボールにバックスピンを掛けるためには、ダウンスイングが必要ということですね。

先ほど「インフロントキックはインパクトの瞬間に1~2㎝程度擦り下げてバックスピンをかけるため、インパクト直後にボールが足に乗って転がる感覚が起こる…。」と解説しましたが、その意味が改めてお分かりいただけのではないでしょうか?

そこで、次に実際に蹴っている画像を見ながら、バックスピンでボールが浮く仕組みを、もっと詳しく考えてみましょう。

(2)バックスピンでボールが浮くとは?

これまで、バックスピンの仕組みを解説しましたが、ここでは実際に蹴っている画像を見ながら、ボールが浮く仕組みを詳しく解説します。

① インパクト直前

次の画像はインフロントキックのインパクト直前の様子です。

この時、ボールに対して、インフロントの面を「点」で当てるのではなく、ここから、さらに1㎝程度擦り下げるように蹴ります。

もっと詳しく見ると、ボールの中心から、少しだけ下の方をインフロントの面を使って擦り下げます。

このように擦り下げることで、ボールがインフロントの面を上に転がる感覚が起こります。

② インパクト直後

次の動画は、インフロントキックの足の運びを撮影したものです。

とにかくこの動画を何度も見て、擦り下げる→バックスピンをかける→ボールが足のインフロントの面を転がる→ボールが浮く、という仕組みを頭に叩き込んでください。

このように急激なバックスピンをかけると、ボールの下から上に向けて上昇気流が発生してボールが浮くわけですね。

これに対してインステップキックやインサイドキックは、何度もくどいようですが、「点」で押し出す蹴り方です。

このような蹴り方では、いくらボールをすくい上げても、ドライブ回転がかかって落下するだけなので、バックスピンのかかった浮いたボールを蹴ることは絶対に出来ません。

この点は、子供にとってインフロントキックが上手く蹴れない原因なので、ぜひきちんと覚えてください。

さて次は、インフロントキックでボールを遠くに飛ばす方法を解説します。

3.インフロントキックでボールを遠くに飛ばす方法

インフロントキックのバックスピンのかけ方が理解できたとしても、実際の蹴り方が間違っていたらボールは遠くに飛びません。

そこで、ボールと足の当てる場所、キックの助走、キックフォーム、ボールを遠くに飛ばす方法などについて順に解説します。

(1)ボールと足の当てる場所

ここでは、インフロントキックで蹴る時のボールの当てる場所や、足の当てる場所について解説します。

① ボールの当てる場所

インフロントキックを蹴る時は、インフロントの面や、親指の付け根を使ってボールを擦り下げます。

また、インパクトのポイントから数㎝程度擦り下げるので、ボールの下の方に足を当てると十分な擦り下げが出来ません。

だから、ボールの中心から1~2㎝程度下に当てるようにしましょう。

この場合、ボールのサイズ(4号球と5号球)によって当てる場所が変わってきますし、人によって足のサイズや形が違うので「中心から何センチ下…」ということも言い切れません。

そこで、何度も蹴ってみて、自分なりの当てる場所を見付けましょう。

② 足の当てる場所

インフロントキックでボールを蹴る時の足の当てる場所は、インフロントの面と親指の付け根の2つです。

2つの場所の特徴をまとめると、

① インフロントの面は、
強いキックが蹴れる。
ボールを遠くに飛ばせる。
バックスピンの回転数が少ない。

② 親指の付け根は、
強いキックは蹴れない。
ボールはあまり遠くに飛ばない。
バックスピンの回転数が多い。

この2つの場所は、骨格の構造が違うので、インパクトでのボールの反発力が異なります。

インフロントの面は5本の骨が密着しているため反発力が大きいので強いキックが蹴れますが、親指の付け根は単に1本の骨だけなので反発力は少なく、それほど強いキックは蹴れません。

ご自分の足を触ってみるとよく分かりますよ。

また、2つの場所は擦り下げる面の長さ(広さ)が違うので、バックスピンの回転数も変わってきます。

インフロントの面は小さい(3~4㎝程度)のでバックスピンの回転数は少ないですが、親指の付け根は広くて大きいのでバックスピンの回転数は大きくなります。

よく、親指の付け根でインフロントキックを蹴ると、バックスピンがたくさんかかった「ふわっと」としたボールになると言われますが、実はこうした仕組みが理由なのです。

ちなみに「とも」の足は甲高・幅広なので、インフロントの面も、親指の付け根~小指までの面(先ほどのコントロールタッチの面)も、両方とも広いです。

そうすると、蹴った時のバックスピンの回転数は他の選手よりも多くなるため、滞空時間が長く飛距離のあるボールを蹴ることが出来ます。

(2)キックの助走

① 助走の入り方と角度

助走は、ボールの飛ぶ方向に対して斜め後ろから…とよく言われますが、それだけでは狙った場所に正確に蹴れません。

なぜなら蹴った時にボールが進む方向は、助走のスタート地点と、実際に蹴る地点とでは、見た目の誤差が生じるからです。

そこでインフロントキックを練習する時は、毎回ボールの後ろに立って必ず飛ぶ方向を確認してください。

そうすることで、自分に合ったキックの助走の角度が分かるようになり、さらに正確なボールコントロールも身に付きます。

ちなみに「とも」の助走はほぼ一歩ですが、斜め後ろと言うよりもやや横方向から入ります。

下図の「A」で表記した軸足の向きに合わせて蹴りますが、助走のスタート地点「B」では急激に体幹をひねって半回転するという遠心力を使うので、斜め後ろよりも横方向から入る方が蹴りやすいのでしょう。

ちなみに、こうした体の回転を使った蹴り方は中村俊輔と似ているので、非力な子供にも、ぜひ真似してほしいですね。

② 助走は一歩で蹴れるようにする

インフロントキックは、ロングボールを蹴ったり、サイドチェンジに使ったりします(小学生であれば、ゴールキックやコーナーキックでも使う)。

この場合、サイドチェンジは狭い場所で蹴ることが多いので、2歩も3歩も助走を取っていたら相手DFにボールが奪われてしまいます。

また、助走は蹴る直前の一歩を大きくすれば十分なので2歩も3歩も必要ありません。

そこで、ぜひ一歩の助走で蹴れるようになってほしいと思います。

※キックの助走のやり方を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのキックの助走は何歩で?動画と画像で詳しく解説

さて次は、キックフォームとボールを遠くに飛ばす方法を解説します。

(3)キックフォーム

キックフォームで大切な点は、ボールにバックスピンをかけるために、ダウンスイング(擦り下げ)を意識することです。

次の画像は、バックスイングからフィニッシュまでの様子です。

特にご注意いただきたいのが、インステップキックとのフォームの違いです。

インステップキックはボールを地面と水平に押し出すために、上体と足首をやや垂直に立ててインパクトします。

これに対してインフロントキックは、ダウンスイングをするために、上体を軸足側に傾け、足首を少し横に開いて擦り下げます。

またバックスイングを大きく取ることで、飛距離が伸びます。

(4)ボールを遠くに飛ばす方法

インフロントキックでボールを遠くに飛ばすためには、特に全身を使った蹴り方が必要です。

そこで、次に、筋肉の伸張反射、上半身のバネ作用、足の重さと遠心力を使う方法を解説します。

① 筋肉の伸張反射

伸張反射とは、筋肉の伸び縮みの反射運動のことで、これは反射神経と同様に熱い物を触った時にすぐに手を離す…と同じくらいに素早い動作が起きます。

つまり、この筋肉の伸び縮みの反射作用(ゴムの伸び縮みと同じ)をキックに活かして、パワーとスピードを発揮するわけですね。

特にバックスイングの時に伸びる筋肉は、上腕筋、大胸筋、腹斜筋、腸腰筋、大腿四頭筋などで、これらの筋肉がフォロースルーにかけて急激に縮みます(急激に巻き戻される)。

そうすると筋肉に力を入れて蹴るよりも、インパクトスピードが格段に上がって強いキックが蹴れるのです。

※筋肉の伸張反射の仕組みを詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

② 上半身のバネ作用

上半身のバネ作用とは、バックスイング(体を反らす)→フォロースルー(巻き戻す)までの板バネのような背骨の曲げ伸ばしをキックのパワーに利用するものです。

特にバックスイングの時の弓なりの姿勢を大きくすると、背骨のバネの反発が大きくなって、強いキックを蹴ることが出来ます。

※バネ作用を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
バネ作用でサッカーがレベルアップ!ドリブルやキックに効果抜群

③ 足の重さと遠心力を使う

インフロントキックで足の遠心力と重さを使うと、運動エネルギーがボールに伝わって強く遠くに飛ばすことが出来ます。

この場合の遠心力とは、足の縦回転運動のエネルギーを利用するということです。

また、足の重さは、片足あたり体重の約18%なので、体重が60㎏のヒトの場合は約10㎏の重さをパワーに変えるということになります。

※足の重さと遠心力を使った蹴り方を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーの正しい蹴り方!ヒザを強く速く振るのは間違い?

以上がインフロントキックの蹴り方とボールを遠くに飛ばす方法です。

さて次は、初心者でも出来る簡単な練習法を解説します。

スポンサーリンク

4.練習方法

インフロントキックの練習は、単にボールを蹴るだけでは上手くなりません。

蹴り方のサポートするための練習メニューを組むことが大切です。

(1)利き足リフティング

強くて遠くに飛ばすキックを蹴る時は、身体全体に強い遠心力がかかるため、体幹や軸足が貧弱な状態ではフォームがグラついて、思い通りに蹴れません。

そこで、利き足リフティングをたくさん練習して、体幹と軸足を鍛えましょう。

これから紹介するリフティングは、いずれも1000回を目指してください。

特におすすめなのが、次のちょんちょんリフティングです。

テニスボールやスーパーボールを使ったリフティングもおススメです。

インステップリフティングもやってみましょう。

インステップ、アウトサイド、インサイド、頭、胸、太ももなど、身体のいろいろなところを使ったコンビネーションもやってみましょう。

※体幹と軸足を鍛えること、ちょんちょんリフティングの効果などを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果

体幹と軸足が強化されると、フィニッシュで蹴り足が横方向に流れるようになります。

蹴り足が前に流れるようでは、ボールコントロールが安定しないため、狙ったところに正確に蹴れません。

インフロントキックは単に遠くに飛ばせばよいというわけではなく、ピンポイントで正確なコントロールも必要なのです。

特に日本人は、世界的に見てもこの部分の強化が遅れています。

あなたの子供さんがプロを目指すのであれば、この部分は絶対に鍛えておくべきでしょう。

なお、ここで紹介したリフティングは全て利き足だけを使ってください。

いくら両足でリフティングしても、歩いたり足踏みしたりする動作を繰り返すだけなので、体幹や軸足は鍛えられません。

※利き足リフティングの効果を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

(2)スイングの素振り

次の動画を参考にして、キックフォームの素振りをしてください。

この練習の目的は正確なキックフォームを身に付けることですが、それだけではありません。

全身をリラックスして素振りすることで、
筋肉の伸張反射
上半身のバネ作用
足の遠心力と重さを使う
この3つテクニックが身に付いて飛距離が格段にアップします。

この時の注意点は、次の三つです。

・筋肉に力を入れないこと。
力を入れてしまうと先ほどの3つテクニックが使えなくなるからです。

・上から下に蹴るイメージを持ってダウンスイングをすること。
ダウンスイングを覚えることで、擦り下げがスムーズになります。

・フィニッシュの時、蹴り足が上がり過ぎないようにすること。
蹴り足がヒザよりも上に上がり過ぎると、すくい上げるようなキックになって、バックスピンが掛かり難くなってしまうので注意しましょう(ボールにドライブ回転がかってしまう)。

この練習は野球のバットの素振りと同じで、単にボールを蹴るよりも何倍もの効果があります。

地味な練習ですが、ぜひやってみてください。

(3)バックスピンの感覚を掴む

バックスピンの感覚を掴むため、インフロントの面や、親指の付け根を使ってボールを擦り下げるようにダウンスイングで蹴りましょう。

距離は5~6mから始めてください。

先ほどの利き足リフティングを続けて体幹と軸足が安定すると、だんだんと飛距離が伸びて来ます。

だから、先ほどの利き足リフティングと必ず並行して練習してください。

小学校低学年であれば、次のように自宅でも出来るので、先ずは2~3mの距離から始めても良いでしょう。

(4)一本歯下駄トレーニング

体のバネ作用と筋肉の伸張反射を身に付けるためには、一本歯下駄トレーニングも効果的です。

このトレーニングを続けると体のバネ作用と筋肉の伸張反射の相互作用によって、強くて飛距離のあるインフロンキックが蹴れるようになります。

特に、バネ作用を身に付けるうえで効果的な、ワップダウンやワップアップの動きは、次の動画の0:59からのシーンを参考にしてください。

※ただし、下駄をお持ちでない場合は、クツを履いてトレーニングをしても一定の効果はあります。

※一本歯下駄トレーニングをもっと詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

5.まとめ

これまでインフロントキックの蹴り方として、インステップキックやインサイドキックとの違い、ボールが浮く仕組み、バックスピンのかけ方、遠くに飛ばす方法など、正しい蹴り方の全てを詳しく解説しました。

小学生にとって、インフロントキックは意外と難しい蹴り方です。

ここはぜひとも解決する手助けをしたい…。

そうした想いから今回の記事を書いたのですが、ちまたに出回っているような、いい加減なものではなく、本当に役に立つ内容を厳選してお伝えしました。

そうした意味では、全国のサッカー少年・少女への参考にしていただきたいと考えています。

今回の記事をお読みになったお父さんやお母さんたちも、自信を持って子供さんたちに教えてあげてください。

一人でも多くの子供たちが、インフロントキックを上手く蹴れるように願っています。

【画像引用:Youtube.com