ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

インサイドキックが上手くなるためには、海外のサッカー選手の正しい蹴り方を覚えましょう。

日本の指導者は、いまだにパター型の間違った蹴り方が多いので参考になりません。

パター型のインサイドキックの問題点は、
・上体と軸足を蹴る方向に向ける。
・股関節を使って蹴る。
・パス&ゴーがやり難い。
これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックは、
・軸足をやや内側に向ける。
・体幹のひねりを使って蹴る。
・パス&ゴーがスムーズ。

そこで、今回はパター型の間違った蹴り方、正しいインサイドキック、パスを正確にするための練習法について、詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.パター型のインサイドキックとは

ここではパター型の間違ったインサイドキックには、どのような問題があるのか?と言う点を詳しく解説します。

次の動画をご覧になるとよく分かりますが、パター型のインサイドキックには3つの特徴があります。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける
(2)股関節を使って蹴る
(3)パス&ゴーがやり難い

パター型のインサイドキックの3つの特徴

いずれも、サッカーのプレーにとっては大きな問題です。

そこで、次にこうした3つの問題を順に考えてみましょう。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける

インサイドキックで蹴る方向に上体と軸足を向けることは、2つの点で問題があります。

①相手にパスコースが分かってしまう

現代のサッカーは、とてもコンパクトな状況で試合をします。
そうなるとパター型のインサイドキックでは、相手にパスカットされやすくなります。

例えば、次の画像でAがBにパスをしようとします。

パター型のインサイドキックで蹴った時にパスカットされるイメージ

その時、Aがパター型のインサイドキックだとしたら、Bに上体と軸足のつま先を向けることになります。
それを見た相手チームのCは、パスコースを見破ってパスカット出来るのです。

つまり軸足を蹴る方向に向ける…という蹴り方は、相手にパスコースを教えるようなものなのです。

②蹴り分けが出来ない

そもそもパター型のインサイドキックで蹴る選手は、幼少期から「上体と軸足を蹴る方向に!」と指導されてきたはずです。
そうすると、上体と軸足を向けた方向にしか蹴ることが出来ません。
これは、インパクトの直前で蹴り分けが出来ないことを意味します。

また上体を蹴る方向に向けるということは、海外の選手のように体幹をひねってパスコースを変えることも出来ません。

例:カゼミーロ(ブラジル代表)
この蹴り方は、インパクト直前にパスコースを変えていますね。

カゼミーロのインサイドキック

このように、インサイドキックで蹴りたい方向に上体と軸足を向けることは、いろいろな弊害が起きます。

それでは次に2つ目の問題点である、股関節を使っ蹴り方について考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)股関節を使って蹴る

パター型のインサイドキックは、ヒザ振りではなく股関節の振り幅と筋肉の強さを利用します。
そうすると、人体特性と医学的な面から2つの問題が起きます。

①人体特性の問題

最初にご覧になった動画では、インサイドキックはストロークを長くする…と指導しています。
これは上体を立てたままで、股関節を前後に大きく振ることを意味します。

股関節を前後に大きく振る様子

実際にやって見ると分かりますが、上体を立てて股関節を前後に大きく振るという動作は股関節にかなりの負担になります。
そうなるとこうした負担を緩和するため、フォロースルーで無意識のうちにそっくり返ります。

次の動画では大学の先生が実演していますが、やはりフォロースルーでそっくり返ったインサイドキックをしています。

このようにそっくり返ってしまうのは、股関節の負担を避けたい…という無意識下で起きた人体特性なのです。

②医学的問題

次の画像は、最初にご覧いただいた動画で実演した、コーチのバックスイングからフォロースルーまでの動きを、私の息子「とも」が真似たものです。
足首を直角に開いた90°の外旋の状態で、スイングしています。

足首を直角に開いた90°の外旋の状態でスイング

これは何を意味すると思いますか?
パター型のインサイドキックを医学的に考えると、股関節の正常な可動域をはるかに超えた状態でスイングしているということです。
つまり、股関節に負担を掛け過ぎているのです。

この状態で強いキックを蹴ろうとすると、股関節の周囲の筋肉に損傷を起こす恐れがあります。

またこのような動作を長期間続けると、グロインペイン症候群になる可能性が極めて高いです。
グロインペイン症候群とは股関節周辺の痛みのことです。
サッカー選手では長谷部誠、中村俊輔、中田英寿などが、この症例で悩みました。

こうしたことは、実は股関節の可動域と深く関係します。

そこで、可動域の問題を肩関節と比べながら考えてみましょう。

先ずは股関節です。
股関節は大腿骨と骨盤を結んだ関節です。

股関節の骨格図

大腿骨の付け根の部分には、ボール型の球状関節があります。
この球状関節を使うことで、股関節を曲げたり回したりすることが出来るのです。
ところが、この球状関節は骨盤に深く入り込んでいるため、肩関節に比べると可動域が制限されています。

一方、肩関節は球状関節が浅く入り込んでいるので、可動域がとても広くなっています。
実際に大きく腕を回したり出来るのも、やはりこうした広い可動域のおかげですね。

肩関節の骨格図

それでは、どうして股関節の可動域が制限されていると思いますか?

それはヒトの股関節が、歩いたり走ったりする動作に限定して進化したからです。

そうした場合、歩いたり走ったりする動作はヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けます。
これをサッカーの蹴り方に例えると、インステップキックのように蹴り足のつま先とヒザを前に向けるのが自然な動作だと言えるはずです。

ということは先ほどの「とも」の画像のように、足首を開いた90°の外旋の状態でスイングするのは、生物学的にも医学的にも想定外の動作なのです。

そればかりではありません。
長年、こうしたインサイドキックを続けるとケガの発症にも繋がるのです。

このような問題の多いパター型のインサイドキックですが、その他にもパス&ゴーがやり難いという特徴があります。
そこで次にこの点を詳しく考えてみましょう。

スポンサーリンク

(3)パス&ゴーがやり難い

次の画像はパター型のインサイドキックで、最初にご覧いただいた動画のコーチのバックスイングからフォロースルーまでの動きを真似たものです。

パター型のインサイドキックの真似

この蹴り方ではパス&ゴーに向きませんが、頑張って上体を起こせば何とかなるでしょう。
例えば、最初の動画に出てきたコーチが、子供たちの頭を抑えて無理に上体を立てさせていましたが、これを続ければ何とかパス&ゴーが出来る…という意味です。

子供の頭を抑えて無理に上体を立てる

ところがこうしたインサイドキックでは、股関節をさらに痛めやすくなるのは明らかです。
なぜなら上体を無理に立てるということが、股関節の可動域を無視した窮屈な姿勢だからです。

窮屈に感じる理由は足首を90°に開いて外旋した状態で、上体を立てると股関節の可動域が平常時よりも狭くなるからです。

股関節の可動域の変化

股関節を前方に曲げる場合の可動域は、平常時で120~130°です。
ところが足首を90°に外旋すると、せいぜい頑張っても45~60°くらいになります。

どうしてこうなるのか?というと、先ほども解説したとおり歩いたり走ったりするというヒトの基本的な動作が、ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けることを想定して進化したからです。
つまり足首を90°に開いて外旋した状態でスイングするというのは、どのように考えても非科学的なのです。

以上のように窮屈な状態で蹴って…、さらに頑張って上体を立て直す…。
こうしたことを続けていたらスムーズなパス&ゴーは、絶対に出来ません。

さて、これまで説明したとおりパター型の間違ったインサイドキックにはいろいろな問題があります。

そこで、次に正しいインサイドキックの蹴り方を詳しく解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。