ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

インサイドキックが上手くなるためには、海外のサッカー選手の正しい蹴り方を覚えましょう。

日本の指導者は、いまだにパター型の間違った蹴り方が多いです。

パター型のインサイドキックの問題点は、
・上体と軸足を蹴る方向に向ける。
・股関節を使って蹴る。
・パス&ゴーがやり難い。

これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックの特徴は、
・軸足をやや内側に向ける。
・体幹のひねりを使って蹴る。
・パス&ゴーがスムーズ。

そこで、今回はパター型の間違った蹴り方、正しいインサイドキック、パスを正確にするための練習法について、詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.パター型のインサイドキックとは

ここではパター型の間違ったインサイドキックは、どのような問題があるのか?と言う点を解説します。

次の動画をご覧になると分かりますが、パター型には3つの特徴があります。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける
(2)股関節を使って蹴る
(3)パス&ゴーがやり難い

パター型のインサイドキックの3つの特徴

そこで、次にこうした3つの問題を順に考えてみましょう。

(1)上体と軸足を蹴る方向に向ける

蹴る方向に上体と軸足を向けるのは、2つの問題があります。

①相手にパスコースが分かってしまう

パター型のインサイドキックで蹴ると、相手にパスコース分かってしまうため、パスカットされやすくなります。

例えば、次の画像でAがBにパスをしようとします。

パター型のインサイドキックで蹴った時にパスカットされるイメージ

その時、Aがパター型のインサイドキックだとしたら、Bに上体と軸足のつま先を向けることになります。

それを見た相手チームのCは、パスコースを見破ってパスカット出来るわけですね。

つまり軸足を蹴りたい方向に向けるのは、相手にパスコースを教えるようなものなのです。

スポンサーリンク

②パスコースが変えられない

パター型の蹴り方は、上体と軸足を向けた方向にしか蹴れません。

そうすると、インパクトの直前でパスコースを変えることが出来ないのです。

ところが、海外の選手は、蹴る直前にパスコースを変えることが出来ます。

例:カゼミーロ(ブラジル代表)

カゼミーロの軸足の向きを見ると、かなりおかしな蹴り方をしていますよね。

これは、最初に真っ直ぐ蹴ろうとしたものの、途中でパスコースを変えて左側に蹴ったようです。

たぶん、彼の目の前にいた相手のプレスをかわすためだと思います。

カゼミーロのインサイドキック

パター型では、このようにパスコースを変えて蹴るのはかなり難しいですね。

以上のように、上体と軸足を蹴る方向に向けるというのは、①パスコースが分かってしまう、②パスコースが変えられないという2つの問題があります。

それでは次に、パター型の2つ目の特徴である、股関節を使った蹴り方について考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)股関節を使って蹴る

パター型のインサイドキックの蹴り方は、インステップキックのように膝を振るのではなく、股関節をスイングします。

そうすると、人体特性と医学的な面から2つの問題が起きます。

①人体特性の問題

最初にご覧になった動画のコーチは「インサイドキックはストロークを長くする…」と指導しています。

これは上体を立てたままで、股関節を前後に大きくスイングして蹴るわけです。

股関節を前後に大きく振る様子

実際にやって見るとよく分かりますが、つま先と膝を横に向けて股関節を前後に大きく振ると、股関節にかなりの負担になります(医学的な問題は後述します)。

また股関節を使って蹴ると、フォロースルーでそっくり返ってしまいます。

このようにそっくり返ってしまうのは、股関節の負担を緩和するために、無意識でやってしまう人体特性です。

次の動画でも大学の先生が実演していますが、やはり、そっくり返ったパター型の蹴り方をしています。

もうお分かりでしょうが、クラブや少年団などで、そっくり返った蹴り方をしている子供がいたら、その子は100%パター型です。

このようにそっくり返ったおかしな蹴り方をすると、パス&ゴーがやり難くなりますが、この点については後述します。

さて、次は「医学的問題」と「パス&ゴーのやり難さ」について詳しく解説します。

もしも、あなたがパター型の蹴り方をしていたら、そのうち大変なことになるかも知れません。

そうならないためにも、ぜひ続きをお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。