ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

インサイドキックが上手くなるためには、海外のサッカー選手の正しい蹴り方を覚えましょう。

日本の指導者は、いまだにパター型の間違った蹴り方が多いです。

パター型のインサイドキックの問題点は、
・軸足を蹴る方向に向ける。
・股関節を使って蹴る。
・パス&ゴーがやり難い。

これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックの特徴は、
・軸足をやや内側に向ける。
・体幹のひねりを使って蹴る。
・パス&ゴーがスムーズ。

そこで、今回はパター型の間違った蹴り方、正しいインサイドキック、パスを正確にするための練習法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.パター型のインサイドキックとは

ここではパター型の間違ったインサイドキックは、どのような問題があるのか?と言う点を解説します。

次の動画をご覧になると分かりますが、パター型には3つの特徴があります。

(1)軸足を蹴る方向に向ける
(2)股関節を使って蹴る
(3)パス&ゴーがやり難い

そこで、次にこうした3つの問題を順に考えてみましょう。

(1)軸足を蹴る方向に向ける

蹴る方向に軸足を向けるのは、2つの問題があります。

①相手にパスコースが分かってしまう

パター型のインサイドキックで蹴ると、相手にパスコース分かってしまうため、パスカットされやすくなります。

例えば、次の画像でAがBにパスをしようとします。

その時、Aがパター型のインサイドキックだとしたら、Bに上体と軸足のつま先を向けることになります。

それを見た相手チームのCは、パスコースを見破ってパスカット出来るわけですね。

つまり軸足を蹴りたい方向に向けるのは、相手にパスコースを教えるようなものなのです。

②パスコースが変えられない

パター型の蹴り方は、上体と軸足を向けた方向にしか蹴れません。

そうすると、インパクトの直前でパスコースを変えることが出来ないのです。

ところが、海外の選手は、蹴る直前にパスコースを変えることが出来ます。

例:カゼミーロ(ブラジル代表)

カゼミーロの軸足の向きを見ると、かなりおかしな蹴り方をしていますよね。

これは、最初に真っ直ぐ蹴ろうとしたものの、途中でパスコースを変えて左側に蹴ったようです。たぶん、彼の目の前にいた相手のプレスをかわすためだと思います。

パター型では、このようにパスコースを変えて蹴るのはかなり難しいですね。

以上のように、上体と軸足を蹴る方向に向けるというのは、①パスコースが分かってしまう、②パスコースが変えられないという2つの問題があります。

それでは次に、パター型の2つ目の特徴である、股関節を使った蹴り方について考えてみましょう。

(2)股関節を使って蹴る

パター型のインサイドキックの蹴り方は、インステップキックのように膝を振るのではなく、股関節をスイングします。

そうすると、人体特性と医学的な面から2つの問題が起きます。

①人体特性の問題

最初にご覧になった動画のコーチは「インサイドキックはストロークを長くする…」と指導しています。

これは上体を立てたままで、股関節を前後に大きくスイングして蹴るわけです。

実際にやって見るとよく分かりますが、つま先と膝を横に向けて股関節を前後に大きく振ると、股関節にかなりの負担になります(医学的な問題は後述します)。

また股関節を使って蹴ると、フォロースルーでそっくり返ってしまいます。

このようにそっくり返ってしまうのは、股関節の負担を緩和するために、無意識でやってしまう人体特性です。

次の動画でも大学の先生が実演していますが、やはり、そっくり返ったパター型の蹴り方をしています。

もうお分かりでしょうが、クラブや少年団などで、そっくり返った蹴り方をしている子供がいたら、その子は100%パター型です。

このようにそっくり返ったおかしな蹴り方をすると、パス&ゴーがやり難くなりますが、この点については後述します。

さて、次は「医学的問題」と「パス&ゴーのやり難さ」について詳しく解説します。

もしも、あなたがパター型の蹴り方をしていたら、そのうち大変なことになるかも知れません。

そうならないためにも、ぜひ続きをお読みください!

②医学的問題

パター型特有の股関節を使った蹴り方は、医学的にどのような問題があると思いますか?

実は、この蹴り方は股関節の正常な可動域をはるかに超えた状態でスイングしているのです。

つまり股関節への負担の掛け過ぎになるわけですね。

しかも、このような蹴り方を続けると、グロインペイン症候群(股関節周辺の痛み)になる可能性が極めて高いです。

実際にも、元日本代表の長谷部誠、中村俊輔、中田英寿などが、この症例で悩んでいます。

もしも、あなたの子供がこのような蹴り方をしていたら、いずれ近いうちにケガを負うことになるでしょう。

このようなケガの問題は、関節の可動域という人体特性と深く関係します。

そこで、股関節の可動域を肩関節と比較しながら詳しく考えてみましょう。

先ずは股関節ですが、これは次の画像のように、大腿骨(足の付け根から太ももの部分の骨)と骨盤を結んだ関節です。

また大腿骨の付け根はボールのような球状関節になっているので、曲げたり回したりすることが出来ます。

ところが、この球状関節は骨盤に深く入り込んでいるため、肩関節に比べると可動域が制限されています。

ところが肩関節は球状関節が浅いので、可動域がとても広くなっていますよね。

実際に大きく腕を回せるは、こうした広い可動域のおかげなのです。

それでは、どうして股関節は肩関節に比べて、可動域が制限されていると思いますか?

それはヒトの股関節が、歩いたり走ったりする動作(ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向ける)に限定して進化したからです。

しかも、上半身を支えるために、関節が簡単に外れないようになっているのです。

その場合、歩いたり走ったりする動作は、ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けますよね。

これをサッカーの蹴り方に例えると、インステップキックのように蹴り足のつま先とヒザを前に向けて蹴るのが自然な動作と言えるはずです。

これに対して、先ほどの「とも」の画像のように、90°の外旋(つま先と膝を横に開く)の状態で蹴るのは、生物学的にも医学的にも想定外の動作なのです。

もうお分かりですよね。

こんな蹴り方を続けていたら、いつケガをしてもおかしくありません。

このように問題だらけのパター型には、その他にもパス&ゴーがやり難いという特徴があります。

そこで次にこの点を詳しく考えてみましょう。

(3)パス&ゴーがやり難い

パス&ゴーとは蹴った後にすぐ動き出すことです。

また、動き出しを速くしないと次のプレーに間に合わないので、パス&ゴーの動作はスムーズでなくてはいけません。

ところが、パター型はパス&ゴーがやり難いので、蹴った後の動き出しが遅くなります。

その理由は、パター型は蹴った後に体がそっくり返ってしまうため、体勢を立て直すのに時間がかかるからです。

もちろん、次の画像のように頑張って上体を立てれば、何とかパス&ゴーが出来るでしょう。

ところが、パター型でこのような無理な姿勢を取ると、股関節の可動域をさらに狭くさせるので、ケガの危険が高くなります。

そもそも、平常時(膝とつま先を前に向けた状態)の股関節の可動域は、120~130°です。

ところが、パター型のように90°外旋(つま先と膝を横に向けた状態)すると、45~60°くらいまで狭くなります。

さらに、頑張って上体を立てると、30~45°くらいになってしまいます。

こうなると、無理して!頑張って!姿勢を立て直して、パス&ゴーをしなくてはならないのです。

これでは、やり難いですよね(笑)。

どうしてこうなるのか?というと、パター型の蹴り方がヒトの動作特性に反する(股関節の可動域を無視した蹴り方)からです。

つまり、パター型の蹴り方は、どう考えても非科学的なわけですね。

でも、残念ながら、日本では昔からパター型が受け継がれてきました。

その理由は、日本人が真面目なため、指導者から、どんな理不尽なことを言われても、それを受け入れてしまうからです。

そうして育った選手たちがパター型になってしまうわけですね

さて、これまで説明した、パター型の間違ったインサイドキックには、いろいろな問題があります。

そこで、次に正しいインサイドキックの蹴り方を詳しく解説します。

スポンサーリンク

2.インサイドキックの正しい蹴り方

次の動画は、私の息子「とも」のインサイドキックの蹴り方です。

海外の多くの選手は、ほぼ同じような蹴り方をしています。

正しいインサイドキックの特徴は、3つあります。、
(1)軸足をやや内側に向ける
(2)体幹ひねりを使って蹴る
(3)パス&ゴーがスムーズ

そこで、次にこうした3つの特徴を順に解説します。

(1)軸足をやや内側に向ける

インサイドキックの正しい蹴り方は、軸足をやや内側に向けることです(パー型は真っ直ぐ前に向ける)。

そうすると、2つのメリットがあります。

①強いキックが蹴れる

軸足を内側に向けるのは、タニラダーでいう「パワーポジション」の姿勢と同じです。

パワーポジションとは、ヒザを内側にロックするという、身体が開かない半身の姿勢なので、パワーを一点に集中させることが出来ます。

だから、強いキックが蹴れるのです。

実際に蹴ってみると分かりますが、軽く蹴ってもボールスピードがとても速いです。

②相手にパスコースを見破られない

インサイドキックを蹴る時に相手にパスコースが見破られてしまうのは、蹴る方向に軸足のつま先を向けるからです。

ところが、正しいインサイドキックは軸足を蹴る方向ではなく、少し内側に向けます。

これなら相手にパスコ―スを見破られないので、安全なパスを出せます。

またインパクト直前までにインサイドの面を作れば良く、また先ほど解説したパワーポジションによって、ボールを半分押し出す程度で強いキックが蹴れるのです。

海外の多くの選手たちも、軸足をやや内側に向けたインサイドキックが多いです。

特にボランチの選手はパスの精度が必要なので、相手にパスコースを見破られるとパスカットされてしまいます。

だから、こうした相手を騙すようなフォームになったのでしょう。

特にパスの多いボランチの選手たちは、こうした蹴り方が多いですね。

例えば、トニ・クロースの軸足のつま先は、やや内側を向いています。

またブスケツも、やはり軸足のつま先は少し内側を向いています。

そもそもスペイン人は、パター型のような窮屈なインサイドキックは嫌がります(笑)。

さて、次は「体幹ひねりを使って蹴る方法」と「パス&ゴーのスムーズさ」について解説します。

(2)体幹ひねりを使って蹴る

インサイドキックは、バックスイングが大きく取れないという特徴があります。

その理由は助走の距離が少なく、ほぼ一歩で蹴るからです。

そうした場合、体幹ひねりを使うことで解決しますが、その場合のメリットは3つあります。

そこで、次にこの点を詳しく解説します。

①筋肉の伸張反射を使える

体幹ひねりを使うと、バックスイングの大きさに関係なく、強く遠くに蹴ることが出来ます。

その理由は、筋肉の伸張反射が使えるからです。

伸張反射とは、急激に伸びた筋肉が元に戻ろうとして収縮する反射運動です(伸ばしたゴムが急激に縮む仕組みと同じ)。

この伸張反射は、例えば熱いものを触った時にすぐに手を離す…という反射神経と同じなので、とてもスピーディーな動作になります。

具体的には、バックスイングで大胸筋や大腿四頭筋などが伸び、フォロースルーまでの間にこれらの筋肉が急激に収縮して、大きなパワーを生み出すわけです。

※伸張反射を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

でも、実際には伸張反射以外にも、骨格のバネ作用、足の遠心力と重さなどの作用も合わさるので、爆発的なパワーを発揮できます。

※骨格のバネ作用、足の遠心力と重さを使った蹴り方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

②蹴り分けが簡単に出来る

体幹ひねりを使うと体の向きを簡単に変えられるので、蹴り分けがスムーズになります。

だから、蹴る直前でパスコースを変えるようなプレーが簡単に出来るのです。

※キックの蹴り分けを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

③股関節の負担がない

体幹ひねりを使った蹴り方は、パター型のような股関節の負担は全くありません。

なぜなら、ヒザ振りが自然だからです。

つまり、正しいインサイドキックには、「股関節を使って蹴る…」という発想がないのです。

(3)パス&ゴーがスムーズ

正しいインサイドキックは、パター型のように、蹴った後にそっくり返るようなことはありません。

最初から最後まで、ずっと直立姿勢を保てるので蹴り足が自然に前に出ます。

つまり蹴り足が一歩目になって、パス&ゴーがスムーズになるということですね。

実際に蹴ってみるとよく分かりますが、全く意識しなくても一歩前に出ます。

現代サッカーはスピード化しているので、パスを出したら直ぐに次のプレーに移らなくてはいけません。

だから、パター型のように、蹴った時にそっくり返ってしまい…、頑張って体勢を立て直す…というのでは遅いのです。

そのためにも、ぜひ正しいインサイドキックを覚えてください。

(4)インサイドキックの当てる場所

最後になりますが、インサイドキックの当てる場所について解説します。

これはU12~U13くらいまでに、最低でも3箇所は覚えてほしいです。

①一般的なインサイドの面(蹴りやすいポイントで良い)→10~20m程度の距離を蹴る。

②インフロント⇒カーブ回転をかける。
厳密に言えばインサイドキックではありませんが、パスの種類を増やす意味でぜひ覚えましょう。

③くるぶしの近く→20m以上の長い距離を蹴る。

さて、次はインサイドキックで正確なパスをするための練習法を解説します。

スポンサーリンク

3.インサイドキックの練習法

インサイドキックを使ったパス練習は、試合を想定した練習メニューが大切です。

その場合のポイントは2つです。
・キックの直前で左右のどちらかに蹴り分けること。
・狙った場所に正確に蹴ること。

次の動画は、「とも」と私で実演した、インサイドキックの基本的なパス練習のメニューです。

インサイドキックの練習メニューは、3つあります。
(1)左右の蹴り分け
(2)プレスからの蹴り分け
(3)マト当て

そこで、次に3つの練習メニューを順に解説します。

(1)左右の蹴り分け

①蹴り分けとは?

これまで解説したインサイドキックの正しい蹴り方を身に付けると、左右の蹴り分けがスムーズになります。

また体幹ひねりを使うので、インパクトの直前でパスコースを変えることも出来ます。

そもそも、インパクトの直前でパスコースを変えるのは、簡単そうで意外と難しいです。

例えば、FCバルセロナの選手たちは、相手選手の間で受けることが多いですよね。

そうした場合、相手選手との距離が近過ぎて、トラップの際にボールを奪われたら意味がありません。

だからパスの出し手は相手DFの動きを見ながら、パスコースを変えることがあります。

こうしたプレーは、Youtubeなどで一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

ポイントとしては、蹴る直前の蹴り足の向き?体幹をどのように捻ってキックしているのか?という点に着目してください。

②蹴り分けは体幹の使い方が重要

サッカーは、足だけでプレーするものではありません。

特にインサイドキックの蹴り分けは、パスを出す直前に行うものです。

その場合、例えば密集状態では十分にヒザを振って蹴ることは出来ないでしょう。

でも、体幹をひねるだけで、強いキックを蹴ることが出来ます。

このような試合中の状況も想定して、体幹を使った正しいインサイドキックをぜひ覚えてください。

③左右の蹴り分けの練習方法

左右の蹴り分けは、なるべくワンタッチで練習しましょう。

その理由は、練習の時から試合中の状況を想定するためです。

そもそも試合中は、いつもフリーということはありませんし、むしろ密集状態の方が多いので、トラップする暇もないはずです。

だからこそ試合中の状況を意識して、ワンタッチで練習するべきなのです(プロの練習はワンタッチかツータッチ)。

もちろん慣れるまでは、ツータッチでも構いません。

なお、利き足側に蹴り分ける場合と軸足側に蹴り分ける場合とでは、身体の使い方が少し変わるので注意してください。

(ア)利き足側に蹴り分ける場合

利き足側に蹴リ分ける場合は、あまり強く蹴れません。

そこで強いインサイドキックを蹴るために、体幹ひねりに「みぞおち抜き」と「ワップダウン」の動きをプラスします。

みぞおち抜きとワップダウンは、背骨を直立した姿勢から一気に「く」の字に曲げるという、重力落下運動を利用した蹴り方です。

簡単に言えば、大きく背伸びをした状態から一気に力を抜いて「ストーン!」と体を沈ませるような動きですね。

つまり、この落下運動を、蹴る時のパワーに変換するわけです。

ちなみに、背伸びしてから沈むという動作は、筋肉の伸張反射も使っています。

体幹ひねり、みぞおち抜き、ワップダウンの動き、筋肉の伸張反射を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

こうした面倒なことをしないで、逆足で蹴ったらどうか?なんて思う人も多いでしょう。

でも、そうすると体が開いてしまいます。

※体の開きによる弊害を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

それに、そのようなことを考える前にきちんと利き足のレベルを上げましょう。

利き足のレベルを上げれば、必ずサッカーが上手くなります。

実際にも海外のトッププレーヤーたちは、利き足を上手に使ってパスを蹴り分けています。

日本はサッカー後進国なので、海外の選手たちのプレーから、きちんと学びましょう。

※サッカーと利き足の関係を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。

(イ)軸足側に蹴り分ける場合

軸足側に蹴る場合は、フィギュアスケートのスピンのように、軸足でくるっと回りながら蹴ってください。

そうすると足の重さと遠心力が使えるので、インパクトのスピードが速くなります。

さて、これまで紹介したインサイドキックの練習メニューは、正確に蹴り分けることが狙いでした。

でも、相手からのプレスという状況を想定した練習も必要です。

そこで次に、相手のプレスを想定した練習方法をご紹介します。

(2)プレスからの蹴り分け

インサイドキックの蹴り分けが出来るようになったら、今度は2人1組になって相手のプレスを想定してみましょう。

蹴り分ける要領は、利き足側も軸足側も、先ほどの蹴り分けと同じです。

ただしプレスを受けると慌てやすいので、最初のうちはツータッチ(止めてから蹴る)でも良いですが、慣れて来たらワンタッチにしましょう。

蹴り方のポイントは、次の3つです。

① 軸足(立ち足)をリラックスする。

そうすることで、トラップと蹴り分けがスムーズになります。

② プレスに来る相手を出来るだけ引き付ける。

相手との間合いを取りながら慌てないようにしましょう。ドリブルの時にフェイントを使って相手を抜くようなイメージと同じです。

③ ボディコンタクトの直前で身体の向きを作る

体の向きを作るときはタイミングが大切です。

最初から蹴る方向を向いていると、相手にパスコースが見破られてしまうので、相手がコンタクトする直前で体の向きを作ってください。

なお、この時にパスをしないでドリブルを仕掛けることも出来ます。

パスからドリブルの切り替えは、コーディネーション能力(変換能力)の一つです。遊び感覚で子供にやらせると、こうした切り替えが簡単に身に付きます。

そうは言っても、最初のうちはプレスを受けて慌てるので、なかなか上手く出来ません。

そういう時は間接視野を使って、ボール、相手、蹴る方向を見るようにしましょう。

慣れてくれば、意外と簡単に出来るようになりますよ。

ちなみに、この練習は二人でやる鳥カゴみたいなものです。

ぜひ参考にしてください。

(3)マト当て

この練習は、インサイドキックで、狙ったところに正確に蹴れるようになるのが目的です。

試合中でもパスの精度は重要ですし、インサイドを使ってシュートすることも多いです。

その場合、最初のうちはゆっくり蹴っても良いので先ずは正確さを重視して練習してください。

慣れて来たら、徐々に蹴るスピードをアップすれば良いだけです。

この時に大切なのが、ボールの軌道を正確にイメージすることです。

例えば、地面に見えない線をイメージするだけでも、かなり効果的です。

U13やU12であれば、10m程度の距離はピンポイントで当てましょう。小学校低学年であれば、3~5mくらいで十分です。

「とも」は、小1のころに3メートルの距離から始めました。

幼稚園や保育園、小学校低学年までは遊び感覚でやっても良いでしょう。例えば、ペットボトルをボウリングのピンの代わりに並べて、当てたりするのも面白いですね。

夢中になって遊ぶうちに、インサイドキックのコントロールを覚えるのも良いと思います。

ちなみに、ブラジルの子供たちも似たようなことをしていました。

また、単にマト当てするだけではなく、試合を想定したイメージ練習も可能です。

例えば、次の図のようにCとDにマーカーやコーンをおいて、AからBにパスを出すという練習も良いでしょう。

この時に大切なのが、人ではなく「スペースにパスを出す」という意識です。

テレビなどで見た試合中のパスのシーンを思い出しながら、マーカーやコーンの位置を変えて練習をすると、もっと効果的なトレーニングが出来ると思います。

4.まとめ

日本では、Jリーガーでも日本代表でも、いまだにパター型の間違ったインサイドキックを蹴る選手が多いです。

これは、子供の頃に教えられた指導が原因です。

パター型の特徴は、
①軸足を蹴る方向に向ける。
②股関節を使って蹴る。
③パス&ゴーがやり難い。

これでは、いつまで経っても海外のサッカーに追い付きません。

正しいインサイドキックの特徴は、
①軸足をやや内側に向ける。
②体幹ひねりを使って蹴る。
③パス&ゴーがスムーズ。

海外の選手の多くは、このような蹴り方をしています。

日本はサッカー後進国なので、ぜひ海外のサッカー選手の蹴り方を見習って、正しいインサイドキックを覚えましょう。

一方、インサイドキックの練習法は3つのメニューを紹介しましたが、私が30年前に過ごしたブラジルでも基本的なトレーニングばかりでした。

ブラジルは日本と比べるとサッカー強豪国ですが、基礎と基本はどの年代でもきちんと練習します。
基本を大切にするからこそ、サッカーが上手くなるのです。

ぜひ、こうした基本の練習を大切にしてください。

そうすることで、インサイドキックが上手くなるのです。

【画像引用:Youtube.com