ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インステップキックの蹴り方のコツと正しい練習方法!【動画解説】

子供がサッカークラブや少年団で教わるインステップキックは、足の甲でボールの中心を狙う…ということくらいでしょう。
そうすれば、必ず強いキックが蹴れるはず…と指導される程度です。

ところがいくら練習しても上手くならない…、強いキックが蹴れない…、シュートをふかしてゴールを越えてしまう…。
実際にも、そうした子供は多いと思います。
やはり、教え方に問題があるのでしょう。

私としては、ぜひ無回転の強力な弾丸シュートの蹴り方を覚えてほしいと思います。

そこで今回は、私の息子「とも」の実演動画をふんだんに盛り込んで、特に無回転の強いシュートにこだわり、インステップキックの正しい蹴り方、練習方法、二軸動作のシュートなどを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.インステップキックの蹴り方の仕組み

インステップキックを正しく蹴ると、ふつうは強い無回転のボールが飛んで行きます。

ところが、ほとんどの子供はボールにバックスピンがかかったり、コロコロと転がったりします。
そうした子供たちはボールの中心を蹴っているつもりなのでしょうが、これでは強いキックにはなりません。

そこで正しい蹴り方を覚える前に、まず最初にインステップキックの仕組みを理解することが大切です。
そうすることが、正しい蹴り方を覚えるための最短最速の近道です。

(1)インステップキックでボールが無回転になる仕組み

インステップキックは、インフロントキックカーブのようにボールに回転をかけるわけではないので比較的覚えやすい蹴り方です。
そこで先ずは、ボールの中心を蹴る意味や正しいスイングの方法などを考えてみましょう。

①ボールの中心とは

インステップキックは足の甲でボールの中心を蹴りますが、これだけではかなり大ざっぱです。
なぜならボールは球体なので、次の画像のように全ての面が中心になるからです。

ボールの中心の説明

この場合、正しいインステップキックは、ボールの中心軸に向かって真っ直ぐに押し出すように蹴ることです。
このようにインパクトすると、ボールが凹む感覚を体感できます。

ボールの中心軸に向かって真っ直ぐに押し出すように蹴る

こうして蹴ったボールは、「カルマン渦」が発生して無回転のブレ玉になります。
インステップキックでブレ玉を蹴れるようになると、ゴールキーパーはキャッチし難いので強力な武器になるのです。

なお、このように中心軸をインパクトする考え方は、インステップキックのスイング軌道と深く関係します。

②インステップキックのスイングの軌道

次の画像のように、インステップキックのスイング軌道がボールの中心軸を通ると必ず無回転になります。

スイング軌道がボールの中心軸を通ると無回転になる説明

でも、このスイングでは地面と水平に蹴っているので、グラウンダーのボールになりやすいです。

ボールを浮かせる場合は、次の画像のように、ボールの下から上に向かって中心軸を通過するように蹴れば、無回転の強いインステップキックになります。

ボールを浮かせる場合の説明

この場合、上手く蹴れずに失敗する時はいくつかのパターンがあります。

③インステップキックで失敗するパターン

インステップキックで失敗する蹴り方のパターンは、大きく分けて2つあります。

一つ目は、スイング軌道が中心軸から下に外れてバックスピンがかかることです。
これはインフロントキックのような、擦り下げるスイングになります。
そうすると、ボールが浮き上がって威力が半減します。

スイング軌道が中心軸から下に外れてバックスピンがかかる

二つ目は、スイング軌道が中心軸の上に外れてゴロになることです。
これでは地面を転がるだけなので、やはりボールの威力が落ちてしまいます。

スイング軌道が中心軸の上に外れてゴロになる

このような失敗をしないためにも、インステップキックのスイング軌道はボールの中心軸を真っ直ぐ通過させる!という点をきちんと覚えてください。

さて、これらを覚えたら、実際に蹴る時のフィジカル面を考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)強いインステップキックを蹴る方法

インステップキックを蹴る時は、全身を使うことで強力なパワーとスピードを発揮します。
そこで、次にこうした点を解説します。

①強いインステップキックが蹴れない例

次の動画をご覧いただくと分かりますが、この方の蹴り方はインパクトの瞬間に左腕が曲がっています。

これは何を意味するのか?というと、上半身の筋肉やバネ作用を使わずに足の力だけで蹴っているということです。
せめて左腕を水平くらいにまで伸ばせば、大胸筋や腹斜筋を使った強いインステップキックが蹴れるはずです。

ところが蹴る時に上半身を使わないと、この部分が単なる重りのようになるだけです。
この場合、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいです。
そうすると上半身を使わないキックは、まるで重たい荷物を背負っているようなものです。
やはり、全身を使わないと強いインステップキックは蹴れません。

②全身を使った強いインステップキックの蹴り方

次の画像は「とも」のインステップキックのフォームです。

全身を使った強いインステップキック

バックスイングを大きくするのは、上腕筋から腸腰筋までの筋肉と背骨を伸ばすためです。
フォロースルーでは、先ほどの筋肉と背骨を縮めています。

こうした一連の動作は、筋肉の伸張反射と背骨のバネ作用を使っているということです。
また同時に足の重さと遠心力も使っています。

この蹴り方の秘訣は、全身をリラックすることです。
そうすることで、パワーとスピードを十分に発揮出来るのです。
さらに足の重さと遠心力が使えるようになると、自然と二軸動作が身に付きます。

やはりインステップキックは、全身を使って蹴ることで威力がアップするのです。
なお、これらの詳しいことは後ほど改めて解説します。

さて次は、いよいよインステップキックの蹴り方になります。
そこで、足の当てる場所、助走、キックフォーム、強く蹴る方法などについて順に詳しく解説します。

他のサイトでは、説明されていない内容が盛りだくさんです。
ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。