ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インステップキックの蹴り方と練習法!強いシュートの打ち方とは?

インステップキックが上手く蹴れない、強いキックを蹴りたい、ゴロになってしまう、シュートをふかしてしまう…と悩んでいる子供は多いのではないでしょうか?

でも、正しい蹴り方を覚えれば、誰でも無回転の強力な弾丸シュートを蹴ることが出来ます!

そこで今回は実演動画を使ってインステップキックの仕組み、蹴り方、全身を使った強いキック、練習方法など、あなたが知りたい全てのことを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.インステップキックの仕組み

インステップキックを正しく蹴ると、強くて無回転のボールが飛びますが、ほとんどの子供はコロコロと転がったり、バックスピンがかかったりするので、強いシュートが打てません。

その原因は、正しい蹴り方を教わっていないからです(日本の多くの指導者は分かっていない)。

そこで正しい蹴り方を覚えるために、まず最初にインステップキックの仕組みを理解しましょう。また、そのうえで全身を使った強いキックの蹴り方や練習法に取り組んでください(詳細は後述します)。

そうすることが、インステップキックを覚えるための最短最速の近道です。

(1)ボールの中心を蹴るとは?

インステップキックは「足の甲でボールの中心(真ん中)を蹴るように…」とよく言われます。

そこで先ずは、ボールの中心を蹴るとはどういうことか?どのようにインパクトすれば良いのか?という点を考えてみましょう。

ところで、ほとんどのクラブや少年団では「ボールの中心を蹴るように…」と教わりますが、実はそれだけでは上手く蹴れません。

なぜならボールは球体なので、全ての面が中心になるからです。

正しくは、ボールの中心軸に対して、その距離の分(ボール一個分)だけ、真っ直ぐ押し出すように蹴らなくてはいけません。

また、この場合の中心軸の距離とは、ボールの直径のことで、3号球は19㎝、4号球は20.5㎝、5号球は22㎝になります。

だから、単に「中心を蹴る…」というのではなく、中心軸に向かってインパクトする…というのが正解なのです。

さらに、このように正しく蹴るとボールが変形するので、凹む感覚を体感できます。

もしも子供が分かり難かったら、「だんご(ボール)を串刺し(中心軸)するイメージで蹴ると良い…」とアドバイスしてください。

このように蹴ったボールは無回転のブレ玉になり、ゴールキーパーがセーブし難いため、強力な武器になります。

なお、ボールを高く蹴ったり、低く蹴ったりする場合でも、この中心軸をインパクトする考えは同じです。

(2)ボールの中心軸と高低の蹴り分け

インステップキックで高く蹴ったり、低く蹴ったりする時に、例えば「下から上に蹴ればボールが浮くだろう…」などと簡単に考えてるのは止めましょう。

そうではなく、ボールの高低を蹴り分ける時は、地面と中心軸の角度をきちんと意識してください。

例えば、地面と水平に中心軸をインパクトすれば、ボールは無回転で水平に飛びます。

また、地面に対して中心軸の角度を上げれば、ボールは無回転の状態で高く飛ぶのです。

ただし中心軸を外すと、次のような失敗パターンが起きます。

(3)中心軸を外すと失敗する

インステップキックを失敗する場合に共通するのは、インパクトの時に中心軸を外して、ボールに回転が掛かってしまうことです。

また、この時のパターンは大きく2つに分けられます。

一つ目は、中心軸を上に外すとドライブ回転がかかるため、いったん高く上がってもすぐに落下するか、最初からゴロになるのかという、いずれかの弾道になります。

二つ目は、中心軸を下に外すとバックスピンがかかってボールが高く浮くため、シュートを打った時にゴールのバーを越えるような弾道になります(日本代表やJリーガーに多い)。

いずれの蹴り方もボールに回転がかかるのですが、これは前に向かうためのエネルギーを、回転運動がかかることで浪費してしまうことになります。

したがって、ボールの勢いが落ちるため、強いシュートが蹴れない…というわけですね。

このような失敗をしないためにも、ボールの中心軸に向かってインパクトする!という仕組みをきちんと覚えてください。

さて、こうした仕組みを覚えたら、次は、いよいよインステップキックの蹴り方について解説します。

初心者でも分かりやすく、詳しく説明しますで、ぜひお読みください!

2.インステップキックの蹴り方

ここではインステップキックの基本として、蹴る時の足の当てる場所、助走のやり方、キックフォームなどを順に解説します。

またその次に、全身を使った強いキックの蹴り方、練習法を説明します。

(1)足の当てる場所

①最適な場所の探し方

インステップキックは足の甲を使って蹴る…とよく言われますが、そもそも、この部分は指の付け根から足首付近までを指すので、とても範囲が広いです。

そうすると、どの部分をボールに当てて蹴れば良いのか?という点がハッキリしませんよね。

一般的には、足の甲の中心辺りとも言われますが、人によって足の形は違うので、必ずしもそれが正解とは言えません。

そこで、自分の最適なインパクトポイントを探す方法として、インステップリフティングで蹴ってみて、ボールが無回転になる場所を見付けてください。

特にボールの中心軸を確実にインパクトするためには絶対に必要なので、面倒くさがらずにやりましょう。

ところで、私の息子「とも」がインステップキックを蹴る時の、足の当てる場所は他の人と少し違いますが、参考のために、この点を解説します。

②蹴り方に正解はない

私は30年前に、ブラジル・サンパウロのクラブでアシスタントコーチをしていましたが、当時の子供たちのインステップキックの蹴り方はいろいろで、特に型にはまったものはなかったです。

当時の私がヘッドコーチからよく言われたのは「狙ったところに蹴れるのなら、どのようなフォームでも良い。」「蹴り方に正解はない。」と言うものでした。

また結果が全てなので、試合で無回転の強いシュートが蹴れれば、それで良いという指導です。

ところが、日本では「こうしなければならない!」とか「こうあるべき!」というように、型にはまった蹴り方を指導します。

でも、子供の足の形は全員が全く同じではないので、当てる場所は人それぞれ違っても構わないはずです。

だから、私は日本的な杓子定規の考えを持っていませんし、子供一人一人に合った蹴り方を指導するべきではないかと考えています。

ちなみに私の息子「とも」の場合も同じで、足の当てる場所は、足の甲と言うよりも足首やくるぶしに近い場所で蹴っています。

この場所は、無回転シュートを蹴る時によく使うインパクトポイントですね。

本人がコントロールしやすい場所で蹴っていますし、結果についても何ら問題はないので、私がいろいろ言う必要はないと思いますし、やはり自分の蹴りやすい場所で蹴るのが大切だと考えています。

その一方で、子供たちがインステップキックを上手く蹴れない原因は、子供一人一人の個性を無視した、画一的な指導に問題があるのではないでしょうか?

たかが足の当てる場所…と思われるかも知れませんが、日本はサッカー後進国なので、ブラジルなどの海外の育成指導を見習うべきだと思います。

※ボールの蹴り方に正解はない理由を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ボールの蹴り方には正解はない!ブラジルと日本サッカーの違い

さて、次はインステップキックの助走について解説します。

(2)インステップキックの助走

①助走の角度と入り方

インステップキックの助走の角度と入り方は、ボールの真後ろよりも斜め後ろからの方がスムーズに蹴れるとよく言われますが、それだけでは不十分です。

やはり、先ほどの足の当てる場所と同じように、何度も蹴って、どのような角度と入り方が良いのか?という自分なりの助走を見付けるのが大切です。

また、正確なボールコントロールのために、助走を始める前は、毎回ボールの後ろに立って狙う場所を確認してください。

なぜなら蹴った時にボールが飛ぶ方向は、助走のスタート地点と、実際に蹴る地点とでは見た目の誤差が生じるからです。

ちなみにゴルフ経験のある方なら分かると思いますが、ショットを打つ前に必ず狙う場所を真後ろから確認しますよね。

これと同じ要領で目標を確認しましょう。

また、インパクトの時の軸足の方向とボールが飛ぶ方向も一致させましょう。

ちなみに、息子の「とも」の助走はほぼ一歩ですが、斜め後ろと言うよりもやや横方向から入ります。

その理由は、助走のスタートの時に急激に体幹をひねって半回転するという遠心力(足を振り回すような蹴り方)を使うので、斜め後ろよりも横方向から入る方が蹴りやすいのでしょう。

助走の角度や入り方は、足の当てる場所と同じように子供の体型や足の長さ・形が違うため、正解というものはありません。

とにかく、何度も蹴って自分に合った助走のやり方を見付けるのがいちばんです。

②インステップキックの助走は一歩で蹴る

インステップキックはゴール前でシュートに使うことが多いですが、そうした場所は相手DFが多く、密集状態になっていることが多いです。

もしもこうした状態でたくさん助走を取っていたら、あっという間にシュートコースが塞がれて、せっかくの得点チャンスを逃すでしょう。

そこで次の動画のように、ぜひ一歩の助走で蹴れるようになってください。

このようなテクニックは、決して難しいことではなく、練習すれば、誰でも身に付く技術です。

コツとしては助走の時に、高くジャンプするようにして、バックスイングを大きくすれば一歩の助走で蹴ることが出来ます(次の画像「インステップキックのフォーム」の③のようにジャンプする)。

ぜひチャレンジしてください。

※キックの助走の方法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
サッカーのキックの助走は何歩で?動画と画像で詳しく解説

さて次はインステップキックのキックフォームを解説します。

(3)インステップキックのフォーム

次の画像は、助走開始~フィニッシュまでのキックフォームです。

イメージトレーニングの参考にしてください。

このフォームの中で、特に注意していただきたい点が2つあります。

①押し出すように蹴る

インステップキックは、これまで何度も解説したとおり、ボールの中心軸をインパクトすれば、必ず無回転になります。

そこでインパクトの時に、ボール一個分だけ蹴り足を押し出すようにスイングしましょう。

そうすることで、ボールが凹む感覚が起こります。

②つま先が地面に当たる場合

インステップキックを蹴る時に足首を垂直に伸ばすと、つま先が地面に当たってしまうため、足首を少し寝かせた方が良いとよく言われます。

でも、あまり意識し過ぎると体が軸足方向に傾いて、インステップキック本来の押し出すような蹴り方ができなくなってしまいます(押し出すように蹴るためには上体を起こさないとダメ)。

そのため、インフロントキックのような擦り下げる(ダウンスイング)蹴り方になりやすく、ボールにバックスピンがかかり、強い無回転のボールが蹴れなくなることがあります。

でも、インステップキックのインパクトの時は、体が自然と軸足方向に傾く(ほんの少しですが)ので、あまり細かいことは意識しない方が良いでしょう。

また、つま先が地面に当たるような失敗があったとしても、練習を続ける過程で微妙な足首の角度を覚えて行くので、しだいに解消して行きます。

むしろ大切なことは、ボールの中心軸に向かってインパクトすることであり、それによってボールが無回転になるとともに高低の蹴り分けを覚えられるのです(地面と中心軸の角度を意識する)。

要するに、つま先が地面に当たるからと言って、過度に意識し過ぎるのは止めましょう。

以上が、インステップキックの基本の蹴り方です。

さて、次は、全身を使った強いキックの蹴り方を解説します。

3.全身を使った強いインステップキック

インステップキックを蹴る時は、全身を使うことで強力なパワーとスピードを発揮するので、ぜひ参考にしてください。

(1)全身を使ったキックとは

①強いキックが蹴れない例

次の動画をご覧いただくと分かりますが、この方の蹴り方はインパクトの瞬間に左腕が曲がり、上体が立ったままで、バックスイングが小さく、フォロースルーが大きいです。

これは何を意味するのか?というと、足の力だけで蹴っているということです。

せめて左腕を水平くらいにまで伸ばして上体を反らせば、大胸筋や腹斜筋の伸縮と背骨のバネ作用を使った強いインステップキックが蹴れるはずです。

この場合、ヒトの体重比は6対4で上半身の方が重たいため、上半身を使わないで足の力だけで蹴ると、上半身が単なる重り(重たい荷物のようになる)のようになってしまいます。

そのため、フルパワーで蹴っているつもりでも、上半身の重さと言うハンデを抱えているので、インパクトのパワーとスピードを十分に引き出せません。

その一方で、バックスイングが小さく、フォロースルーが大きいのは、やはりインパクトのパワーとスピードを損しています。

なぜなら、バックスイングの大きさ(蹴り足の振り幅)は、蹴り足の遠心力の大きさに比例するからです。

また、キックの遠心力はインパクトのパワーとスピードに影響するので、バックスイングが小さいと、強いボールが蹴れなくなります。

だから、動画の実演者は、パワーとスピード補おうとしてフォロースルーを大きくしているのでしょう。

でも、この蹴り方はおかしなもので、フォロースルーを大きくすると、今度はインパクトでバランスを崩す(蹴り終えた後に体が少しぐら付いている)ため、ボールコントロールが安定しません。

そうした意味では、改善点の多い蹴り方だと思います。

※サッカーのキック力を付ける方法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
サッカーのキック力を付ける7つの練習方法

②全身を使った強いキックとは

サッカーのキックは全身運動なので、強いキックを蹴るためには全身のパワーを引き出す必要があります。

特に大切な点は、次の四つです。

①筋肉の伸張反射
②上半身のバネ作用
③足の重さと遠心力
④二軸キック

この場合、小学生年代の子供は非力なので、サッカーに限らず、ほぼすべてのスポーツで、無意識のうちに全身を使ったプレーをしようとします。

そうすると必要最低限のテクニックだけ教えて、ある程度放任していたとしても、例えば全身を使った強いキックの蹴り方であれば、子供なりに覚えてしまうはずです。

ところが日本の育成指導の現場では、「こうあるべき!」という型にはまった指導をするので、例え、それが間違っていたとしても、従順な子供たちは指導者の教えを守ろうとしてしまうのでしょう。

その結果、サッカーであれば「足だけを使う…」という、間違った教えを受け入れて成長したのが、今の日本のプロたちではないでしょうか?

実は、先ほどの、①筋肉の伸張反射、②上半身のバネ作用、③足の重さと遠心力、④二軸キックなどは、スポーツ科学的に考えても正しい理論なので、指導者たちはきちんと勉強するべきだと思います。

そうした意味では、私がわざわざこうした内容を記事に書かなくても、正しい理論に基づいた指導が全国に普及するよう願うばかりです。

さて、それでは次に4つの点を順に解説して行きましょう。

(2)強いインステップキックを蹴る方法

①筋肉の伸張反射

筋肉の伸張反射とは、筋肉がゴムのように伸び縮みする動きを利用した反射運動です。

この動きは反射神経と同じで、例えば目に異物が入った時に直ぐに目を閉じる…というのと同じ原理なので、とても速い反応で筋肉が動きます。

またインステップキックを蹴る時のバックスイングでは、上腕筋、大胸筋、腹斜筋、腸腰筋、大腿四頭筋などをゴムのように伸ばすと、フォロースルーまでの間に急激に縮みます。

つまり、このような筋肉の伸び縮みの反射作用を使うことで、インパクトスピードが格段に上がって強いインステップキックを蹴れるのです。

特にバックスイングを大きくする(筋肉を伸ばす)ことで、これに比例して筋肉が縮む時の反射作用が大きくなります。

また、サッカーのような動的スポーツでの筋肉の使い方は、力を入れてパワーを発揮するのではなく、筋肉の伸び縮みという反射作用を使って、パワーを最大限に引き出すのが正しい考え方です。

たぶん多くの方は、筋肉に力を入れないとパワーを発揮できない…というように勘違いしていると思いますが、筋肉に力を入れてパワーを出すのはウェイトリフティングなどの一部の競技に限られています。

こうした点は、ぜひご注意ください。

※伸張反射を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

②上半身のバネ作用

上半身のバネ作用は、サッカーのいろいろなテクニックで効果的に使えます。

特に、インステップキックを蹴る時は、バックスイングでの身体を反らす姿勢から、フォロースルーでの元に戻す動きの中で、強力な背骨のバネ作用が働きます(背骨が板バネのように作用する)。

バックスイングでは体を弓なりに反らし(背骨のバネを反らす)、フォロースルーでは反らした背骨のバネが急激に巻き戻されています。

このようにバックスイングを大きくすると、上半身のバネ作用に加えて、先ほど解説した筋肉の伸張反射との相互作用により、インパクトのパワーがさらにアップするわけです。

※体のバネ作用を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
バネ作用でサッカーがレベルアップ!ドリブルやキックに効果抜群

③足の重さと遠心力を使う

インステップキックで足の重さと遠心力を使うと、スピードとパワーがさらにアップします。

足の重さを使うという意味は、ヒトの片足あたりの重さが体重の約18%なので、体重が70㎏のヒトの場合は約12㎏の足の重さをハンマー投げのように使うということです。

また遠心力を使うという意味は、足の縦回転の遠心力を利用して強力なパワーを生み出すことです。

こうした場合、意外と思われるかも知れませんが、リラックスして軽く蹴った方が足の重さと遠心力を効果的に使えます。

練習すれば簡単に身に付くので、ぜひ覚えてください。

※足の重さと遠心力を使った蹴り方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
サッカーの正しい蹴り方!ヒザを強く速く振るのは間違い?

④二軸キックの蹴り方

次の動画は、中心軸動作と二軸動作の蹴り方を比較したものです。

インステップキックの二軸動作とは、インパクトからフォロースルーにかけて、軸足→蹴り足へと軸を切り替えることです。

この動作は、蹴り足を意識すれば誰でもこうした蹴り方が出来ますが、二軸動作のメリットは、軸足に乗ったパワーを100とした場合、蹴り足に100を漏れなく伝えられるという点です。

これに対して中心軸動作のメリットは、軸足が安定するのでボールコントロールが良くなるという点です。

なお、二軸で蹴るとパワーアップするという考えがありますが、これは間違いで、例えば元々のパワーが50しかない場合は、50しか伝えることが出来ません。

つまり、二軸のキックは、軸足が強くなって初めて意味があるわけですね。

なお、二軸動作と中心軸動作はどちらが良いのか?というと、必ずしもそのように決める必要はなく、どちらかといえば局面に応じた使い分けが必要です。

例えば、フリーの状況で全身のパワーを使って蹴れる場合は二軸で蹴った方が良いですし、その反対にシュートコースが狭く、ピンポイントでコントロールする時は中心軸動作で蹴るなど、使い分けを考えると良いでしょう。

以上が、全身を使った強いインステップキックの蹴り方です。

これを踏まえて、次に初心者でも出来る簡単な練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

4.インステップキックの練習方法

インステップキックはいくらボールを蹴っても、基本が出来ていなければ上達することはあり得ません。

そこで、基本を重視した練習方法に取り組みましょう。

(1)利き足リフティング

海外のサッカー選手のインステップキックは強くて正確ですが、日本人は体幹と軸足が弱いのでキックフォームが安定しません。

そこで次の動画を参考にして、利き足を使ったいろいろなリフティングで体幹と軸足を鍛えましょう。

①ちょんちょんリフティング

②テニスボールやスーパーボール

③インステップリフティング

④コンビネーション

特に、体幹と軸足が強くなると、フィニッシュの時に蹴り足が横方向に流れます。

ところが、体幹と軸足が弱い選手は蹴り足が前に流れます。

そうすると、インパクトが貧弱でボールコントロールも落ちるため狙ったところに蹴れません。

特に日本人は、プロでもこの部分が弱いので、幼少期から絶対に鍛えておくべきです。

なお、ここで紹介したリフティングは、いくら両足でやっても歩く動作と同じであって、体幹や軸足は鍛えられないため、必ず利き足だけを使ってください。

※体幹と軸足を鍛える必要性、ちょんちょんリフティングの効果、利き足リフティングの重要性を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

(2)インステップキックのスイングの素振り

次の動画を参考にして、インステップキックの素振りをしてください。

その際、ボールを押し出すようなイメージでスイングしましょう。

中心軸動作と二軸動作の二種類ありますが、先ずは中心軸動作から練習しましょう。

この練習をする時は、全身をリラックスすることによって、次の4つが身に付くので、キックの威力が格段にアップします。

・筋肉の伸張反射
・背骨のバネ作用
・足の重さ
・足の遠心力

この練習方法は、野球のバッティングの素振りと同じ効果があるので、実際にボールを蹴る前に、こうした基本の練習も大切にしましょう。

(3)インステップキックで蹴る感覚を掴む

この練習方法は小学校低学年向けですが、大人が練習しても効果があります。

やり方としては、転がって来るボールにタイミングを合わせながら、インステップキックで蹴る感覚を身に付けましょう。

上手く行かない時は、思い切って足首に近いポイントで蹴ってみてください。

このポイントはボールとの接地面積が大きいので、低弾道ですが無回転になりやすいです。

ただし、先ほどの「(1)利き足リフティング」をしないで、この練習をしても効果はほとんどありません。

だから、必ずリフティングの練習と併用してください。

(4)一本歯下駄トレーニング

筋肉の伸張反射と背骨のバネ作用の習得のためには、一本歯下駄トレーニングが効果的です。

このトレーニングが身体能力を向上させる理由は5つあります。

・バランス感覚の習得
・全身のバネ作用が覚醒。
・高重心になる。
・足のアーチと足指の強化。
・二軸動作の習得。

キック動作と関係の高いワップダウンやワップアップの動きは、次の動画の0:59からのシーンを参考にしてください。

ただし、このトレーニングは下駄を履かなくても、ふつうのクツを履いて「とも」の動作を真似るだけで一定の効果があります。

※一本歯下駄トレーニングをもっと詳しくお知りになりたい方は、次の2つの記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

5.まとめ

インステップキックの蹴り方で大切なことは、無回転の強いキックを蹴るために、ボールの中心軸に向かってインパクトすること、全身を使った蹴り方を覚えることです。

また、インステップキックの基本として、足の当てる場所、助走の角度や入り方、キックフォームなどを解説しましたが、これらの点については、よほどおかしな蹴り方をしていない限り、型にははめるようなことは止めた方が良いでしょう。

そもそもキックの蹴り方には正解はなく、試合で結果を出せばそれで良いので、子供一人一人の個性を尊重しながら、正しい理論に基づいた指導が普及されるべきだと思います。

私としては、ぜひたくさんの子供たちにインステップキックの強いシュートが蹴れるようになってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com