ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インステップキックの蹴り方と練習法!強いシュートの打ち方とは?

【インステップキックの蹴り方】

ここではインステップキックの基本として、蹴る時の足の当てる場所、助走のやり方、キックフォームなどを順に解説します。

またその次に、全身を使った強いキックの蹴り方、練習法を説明します。

(1)足の当てる場所

①最適な場所の探し方

インステップキックは足の甲を使って蹴る…とよく言われますが、そもそも、この部分は指の付け根から足首付近までを指すので、とても範囲が広いです。

そうすると、どの部分をボールに当てて蹴れば良いのか?という点がハッキリしませんよね。

一般的には、足の甲の中心辺りとも言われますが、人によって足の形は違うので、必ずしもそれが正解とは言えません。

そこで、自分の最適なインパクトポイントを探す方法として、インステップリフティングで蹴ってみて、ボールが無回転になる場所を見付けてください。

特にボールの中心軸を確実にインパクトするためには絶対に必要なので、面倒くさがらずにやりましょう。

ところで、私の息子「とも」がインステップキックを蹴る時の、足の当てる場所は他の人と少し違いますが、参考のために、この点を解説します。

②蹴り方に正解はない

私は30年前に、ブラジル・サンパウロのクラブでアシスタントコーチをしていましたが、当時の子供たちのインステップキックの蹴り方はいろいろで、特に型にはまったものはなかったです。

当時の私がヘッドコーチからよく言われたのは「狙ったところに蹴れるのなら、どのようなフォームでも良い。」「蹴り方に正解はない。」と言うものでした。

また結果が全てなので、試合で無回転の強いシュートが蹴れれば、それで良いという指導です。

ところが、日本では「こうしなければならない!」とか「こうあるべき!」というように、型にはまった蹴り方を指導します。

でも、子供の足の形は全員が全く同じではないので、当てる場所は人それぞれ違っても構わないはずです。

だから、私は日本的な杓子定規の考えを持っていませんし、子供一人一人に合った蹴り方を指導するべきではないかと考えています。

ちなみに私の息子「とも」の場合も同じで、足の当てる場所は、足の甲と言うよりも足首やくるぶしに近い場所で蹴っています。

この場所は、無回転シュートを蹴る時によく使うインパクトポイントですね。

本人がコントロールしやすい場所で蹴っていますし、結果についても何ら問題はないので、私がいろいろ言う必要はないと思いますし、やはり自分の蹴りやすい場所で蹴るのが大切だと考えています。

その一方で、子供たちがインステップキックを上手く蹴れない原因は、子供一人一人の個性を無視した、画一的な指導に問題があるのではないでしょうか?

たかが足の当てる場所…と思われるかも知れませんが、日本はサッカー後進国なので、ブラジルなどの海外の育成指導を見習うべきだと思います。

スポンサーリンク

※ボールの蹴り方に正解はない理由を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ボールの蹴り方には正解はない!ブラジルと日本サッカーの違い

さて、次はインステップキックの助走について解説します。

この続きは下の四角のボタン「3」を押してください。