ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

インステップキックの蹴り方と練習法!強いシュートの打ち方とは?

【インステップキックの練習方法】

インステップキックはいくらボールを蹴っても、基本が出来ていなければ上達することはあり得ません。

そこで、基本を重視した練習方法に取り組みましょう。

(1)利き足リフティング

海外のサッカー選手のインステップキックは強くて正確ですが、日本人は体幹と軸足が弱いのでキックフォームが安定しません。

そこで次の動画を参考にして、利き足を使ったいろいろなリフティングで体幹と軸足を鍛えましょう。

①ちょんちょんリフティング

②インステップリフティング

特に、体幹と軸足が強くなると、フィニッシュの時に蹴り足が横方向に流れます。

ところが、体幹と軸足が弱い選手は蹴り足が前に流れます。

そうすると、インパクトが貧弱でボールコントロールも落ちるため狙ったところに蹴れません。

特に日本人は、プロでもこの部分が弱いので、幼少期から絶対に鍛えておくべきです。

なお、ここで紹介したリフティングは、いくら両足でやっても歩く動作と同じであって、体幹や軸足は鍛えられないため、必ず利き足だけを使ってください。

※体幹と軸足を鍛える必要性、ちょんちょんリフティングの効果、利き足リフティングの重要性を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

(2)スイングの素振り

次の動画を参考にして、インステップキックの素振りをしてください。

その際、ボールを押し出すようなイメージでスイングしましょう。

中心軸動作と二軸動作の二種類ありますが、先ずは中心軸動作から練習しましょう。

この練習をする時は、全身をリラックスすることによって、次の4つが身に付くので、キックの威力が格段にアップします。

・筋肉の伸張反射
・背骨のバネ作用
・足の重さ
・足の遠心力

この練習方法は、野球のバッティングの素振りと同じ効果があるので、実際にボールを蹴る前に、こうした基本の練習も大切にしましょう。

(3)インステップキックを蹴る感覚を掴む

この練習方法は小学校低学年向けですが、大人が練習しても効果があります。

やり方としては、転がって来るボールにタイミングを合わせながら、インステップキックで蹴る感覚を身に付けましょう。

上手く行かない時は、思い切って足首に近いポイントで蹴ってみてください。

このポイントはボールとの接地面積が大きいので、低弾道ですが無回転になりやすいです。

ただし、先ほどの「(1)利き足リフティング」をしないで、この練習をしても効果はほとんどありません。

だから、必ずリフティングの練習と併用してください。

(4)一本歯下駄トレーニング

筋肉の伸張反射と背骨のバネ作用の習得のためには、一本歯下駄トレーニングが効果的です。

このトレーニングが身体能力を向上させる理由は5つあります。

・バランス感覚の習得
・全身のバネ作用が覚醒。
・高重心になる。
・足のアーチと足指の強化。
・二軸動作の習得。

キック動作と関係の高いワップダウンやワップアップの動きは、次の動画の0:59からのシーンを参考にしてください。

ただし、このトレーニングは下駄を履かなくても、ふつうのクツを履いて「とも」の動作を真似るだけで一定の効果があります。

※一本歯下駄トレーニングをもっと詳しくお知りになりたい方は、次の2つの記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

スポンサーリンク

【まとめ】

インステップキックの蹴り方で大切なことは、無回転の強いキックを蹴るために、ボールの中心軸に向かってインパクトすること、全身を使った蹴り方を覚えることです。

また、インステップキックの基本として、足の当てる場所、助走の角度や入り方、キックフォームなどを解説しましたが、これらの点については、よほどおかしな蹴り方をしていない限り、型にははめるようなことは止めた方が良いでしょう。

そもそもキックの蹴り方には正解はなく、試合で結果を出せばそれで良いので、子供一人一人の個性を尊重しながら、正しい理論に基づいた指導が普及されるべきだと思います。

私としては、ぜひたくさんの子供たちにインステップキックの強いシュートが蹴れるようになってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com