ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マルセイユターンのやり方!小一の子供がたった30分で?

マルセイユターン(マルセイユルーレット)は、ある一つの練習を30分やるだけで簡単に覚えられるテクニックです。

また試合中にスピードに乗った状態で、このテクニックを使うと相手にボールを奪われ難いという特徴もあります。

それなのに、少年サッカーの試合ではあまり使われません。
マルセイユターンは簡単ですし、正しく使えば相手に奪われることはほとんどありません。
私としては、ぜひ多くの子供たちに覚えてほしいと思っています。

そこで、今回はマルセイユターンのやり方と練習法、試合で使う場合の注意点などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.マルセイユターンのやり方

マルセイユターンで有名な選手と言えば、元フランス代表のジダンですね。
日本ではマルセイユルーレットとも呼ばれています。

ひらりひらりと相手を抜いて行く華麗なテクニックです。

マルセイユターンは一見して難しそうに思えますが、実は簡単に覚えられます。

そこで、次にマルセイユターンのやり方と練習法を解説します。

(1)マルセイユターンの練習

マルセイユターンのやり方を簡単に言うと、
・最初に利き足でボールの上をタッチ。
・次に逆足でタッチ。
・2つの動作を体を回転(遠心力を使う)させながら行う。
たったこれだけです。

①マルセイユターンのタッチ

マルセイユターンの練習として、次の動画のように先ずは押したり引いたりを繰り返してください。

フロントタッチはボールの真上というよりも、やや斜め上(利き足側)になります。

足裏を使ってボールの斜め上をフロントタッチ

バックタッチは、足裏を使ってボールを引くようにしてください。

足裏を使ってボールを引くようにバックタッチ

たぶん、これくらいならほとんどの子供さんが出来るはずです。
そうすると幼稚園や保育園の子供でも、マルセイユターンは簡単に出来てしまうのではないでしょうか?

この時のタッチは、足裏の親指~小指までの指の腹の部分と拇指球から小指球までの部分を使って正確にボールの上を捉えてください。

足裏の親指~小指までの指の腹の部分と拇指球から小指球までの部分で正確にタッチする

でも、このような練習がマルセイユターンにとって何の役に立つのか?という疑問もあるでしょう。
そこで、次にこの点について解説します。

②マルセイユターンとタッチの関係

マルセイユターンに必要なフロント・バックタッチの動きについて、ジダンの動作を例にして解説します。

次の画像をご覧いただくと、ジダンは最初に利き足の右を使ってボールの斜め上をタッチしています。
これがフロントタッチの動作です。

ジダンのフロントタッチの動作

この時のジダンは、実際にはボールを後ろに引きます。
そうするとバックタッチのようにも見えます。
でもマルセイユターンに入る直前の動作はフロントタッチです。

いわば、この時の動作はフロントタッチのように入って結果的にバックタッチのようにボールを引くというものです。
要するに2つのタッチが合わさった動作ですね。

続いて体を回転させながら、逆足でバックタッチをしています。

ジダンのバックタッチ

そして、マルセイユターンを終えて、ふつうのドリブルに移るわけです。

ふつうのドリブルに移ったジダン

さて、以上のようにフロント・バックタッチの意味を理解したら、次のステップに進みましょう。

③マルセイユターンのジャンプのタイミング

ここでの練習は、マルセイユターン直前の動作を習得します。
先ほど練習したフロントタッチを使って「1、2」のタイミングでやりましょう。

マルセイユターンのジャンプのタイミングは次の画像にもあるように、
最初は利き足でタッチ。
次にジャンプしながら逆足でタッチです。

利き足タッチからジャンプして逆足タッチまでの連続写真

この利き足→逆足のタッチを、ボールの上で体を回転させながら行う動作がマルセイユターンになります。

スポンサーリンク

(2)マルセイユターンのやり方と図解

マルセイユターンに必要なフロントタッチとバックタッチ、ジャンプのタイミング(利き足→逆足のタッチ)を掴んだら、実際にやってみましょう。

この時のコツは、ボールに向かって勢いよく体を回転させることです。
そうすると体に強い遠心力がかかって、速く回転することが出来ます。

動画だけでは分かり難いので一連の動作を図解します。

最初にアウトサイドを使ってボールを少し前に出します。
その理由は最初のタッチをジャンプして行うため、ボールが体に近すぎると窮屈になってマルセイユターンがやり難くなるからです。
このようにすることで、ジャンプするためのゆとりが出来ます。

アウトサイドでボールを前に出す

ただし、試合中はあえてこのようにしなくても大丈夫です。
その理由は、ドリブル中にボールが勝手に前に動いているので、自然とゆとりが出来るからです。
くれぐれも練習の時だけ…とお考えください。
とにかく、ボール2~3個分の間合いがあれば良いということだけです。

ボール2~3個分の間合いを作る

次に逆足でスタートしてください。

逆足でスタートする

ボールの手前まで進んだら、必ず逆足で踏み切ってください。

ボールの手前を逆足で踏み切ってから利き足でフロントタッチ

次に逆足でジャンプした勢いを利用して、利き足でボールの斜め上(右利きの場合は、やや右より)をタッチしてください。

この時は、思い切って勢いよく体を回転させましょう。
この勢いで遠心力が働き、スムーズに回転することが出来ます。
特に「回転して前を向く!」という強い気持ちが大切ですね。

逆足の踏切の勢いを活かして遠心力を使って回転する.1

最初に利き足でボールの斜め上をタッチする理由は、体を大きく回転させて強い遠心力を生み出すためです。
その遠心力を利用して、速く前を向くわけです。

利き足でボールの斜め上をタッチすると体を大きく回転出来る

この原理は、ハンマー投げの室伏選手をイメージすると分かりやすいと思います。
鉄球が遠くに飛ぶのは、体を回転させて強い遠心力を生み出すからです。

ハンマー投げをする室伏選手

そうした際によくありがちなのが、マルセイユターンでボールの真上をタッチすることです。
そうすると回転が小さくなってしまうので注意してください。

ボールの真上をタッチすると体の回転が小さくなる

特に試合中、子供たちがマルセイユターンをする時は、ボールの真上を小回りしてしまうことが多いです。
やはり遠心力が働かないので、体を回転させるターンの動きも遅くなります。
そうすると相手のプレスを受けやすくなり、ボールが奪われて失敗することが多くなるのです。最悪の場合はコケてしまいます(笑)。

さて話しを基に戻して、次に利き足で着地、逆足でバックタッチになります。
これはジダンと同じようにボールを引く動作です。

利き足で着地してから逆足でバックタッチ

2つのタッチを終えて着地した後、この時点でも体に遠心力が働いているので自然と前を向くことが出来ます。

着地した後でも体に遠心力が働いているので自然と前を向くことが出来る

ここで回転が終わって、ふつうのドリブルに移ります。

ふつうのドリブルに移る

以上がマルセイユターンのやり方です。

でも、これだけでは単にテクニックを覚えただけですし、実際の試合ではボディコンタクトを意識した使い方が必要です。

そこで、次に実際の試合でのマルセイユターンの使い方のコツなどを解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。