ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マルセイユターンのやり方!小一の子供がたった30分で?

マルセイユターン(マルセイユルーレット)は、ある一つの練習を30分やるだけで簡単に覚えられるテクニックです。

私としては、ぜひ多くの子供たちに覚えてほしいと思います。

そこで、今回はマルセイユターンのやり方と練習法、試合で使う場合の注意点などを詳しく解説します。

1.マルセイユターンのやり方

マルセイユターンで有名な選手と言えば元フランス代表のジダンですが、日本ではマルセイユルーレットとも呼ばれていますよね。

ひらりひらりと相手を抜くのは、やや難しそうに思えますが、実は簡単に覚えられます。

そこで、次にマルセイユターンの練習法を解説します。

(1)マルセイユターンの練習

マルセイユターンのやり方を簡単に言うと、
・最初に利き足でボールの上をタッチ。
・次に逆足でタッチ。
・2つの動作を体を回転(遠心力を使う)させながら行う。

実はたったこれだけです。

①マルセイユターンのタッチ

最初にマルセイユターンのタッチを覚えるため、次の動画のように押したり引いたりを繰り返してください。

フロントタッチはボールの真上というよりも、やや斜め上(利き足側)になります。

足裏を使ってボールの斜め上をフロントタッチ

バックタッチは、足裏を使ってボールを引くようにしてください。

足裏を使ってボールを引くようにバックタッチ

たぶん、これくらいならほとんどの子供さんが出来るはずです。

そうすると幼稚園や保育園の子供でも、マルセイユターンが出来てしまうのではないでしょうか?

この時のタッチは、足裏の親指~小指までの指の腹の部分と、拇指球から小指球(ぷよぷよした場所)までの部分を使って、ボールの上を正確に捉えてください。足裏の親指~小指までの指の腹の部分と拇指球から小指球までの部分で正確にタッチする

でも、このような練習がマルセイユターンにとって何の役に立つのか?という疑問もあるでしょう。

そこで、次にこの点について解説します。

スポンサーリンク

②マルセイユターンとタッチの関係

マルセイユターンに必要なフロントタッチとバックタッチについて、ジダンの動作を例にして解説します。

次の画像をご覧いただくと、ジダンは最初に利き足(右足)を使ってボールの斜め上をタッチしています。

これがフロントタッチですね。ジダンのフロントタッチの動作

この時のジダンは、実際にはボールを後ろに引くのでバックタッチのようにも見えますが、マルセイユターンに入る直前の動作はフロントタッチです。

つまり、この時の動作はフロントタッチのように入って、バックタッチのようにボールを引くというもので、要するに2つのタッチが合わさった動作ですね。

次に体を回転させながら、逆足でバックタッチをします。ジダンのバックタッチ

そして、マルセイユターンを終えて、ふつうのドリブルに移ります。ふつうのドリブルに移ったジダン

どうでしょう?簡単そうに思えませんか?

以上のようにフロントタッチとバックタッチの意味が分かれば、それほど難しくはないということですね。

それでは、次のステップに進みましょう。

③マルセイユターンのジャンプのタイミング

ここでの練習は、マルセイユターン直前の動作を習得します。

先ほど練習したフロントタッチを「1、2」のタイミングでやってみましょう。

マルセイユターンのジャンプのタイミングは次の画像にもあるように、最初は利き足でタッチ、次にジャンプしながら逆足でタッチします。

利き足タッチからジャンプして逆足タッチまでの連続写真

この利き足→逆足のタッチを、ボールの上で体を回転させながら行う動作が、マルセイユターンになります。

それでは次に、マルセイユターンのやり方を図解入りで詳しく解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。